⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第101回 [2024.1.1]

第十九巻上 乗り法 一貫間の文 (1)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 のりのりひとぬきまのあや (その1)
 乗り法 一貫間の文 https://gejirin.com/hotuma19-1.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 のりのりひとぬきまのあや
 ふたかみの みよのよわひも やすらかに
 をうみのたかに ゐまさんと
 みこわかひとに あまてらす ひつきおゆつり ますときに

―――――――――――――――――――――――――――――
 乗り法 一貫間の文
 二尊の 御世の齢も 安らかに
 近江のタガに 居まさんと
 御子ワカヒトに 和照らす 日月を譲り ます時に

―――――――――――――――――――――――――――――

■乗り (のり) ■乗り法 (のりのり)
特に指定がない場合、ノリ(乗り)は 「馬に乗ること・乗馬」 をいいます。
ですから ノリノリ(乗り法) は 「馬の乗り方・乗馬法」 です。


■一貫間 (ひとぬきま)
本文中で説明します。


二尊 (ふたかみ)

■御世の齢 (みよのよわひ)
ミヨ(▽和・▽御世)は 「合わせ・統べ・まとめ」 などが原義で、
ここでは 「(国家の) 統治」 を意味します。
ヨワヒ(齢)は 「経過・成り行き・進展・熟成・老熟」 などが原義です。
ですから 「国家統治の成り行き・経過」 などの意となります。

 
■近江 (をうみ・あふみ)
「中央・中心」 を意味する地名で、アワ(▽和)国ヤス(▽和・安) などの別名です。
場所は現在の滋賀県ですが、アワウミ(▽和海・淡海 =琵琶湖)とは区別されます。

 オフ/アフ(合ふ)+ウム/フム(▽和む・績む / 踏む) の同義語短縮 “オウム・アフム” の
 名詞形です。「釣り合うさま」 を表し、釣り合う位置である 「中心・中央」 を意味します。
 ホツマは 「中心・中央」 を意味する場合には、おおかた “ヲ” の表記を用います。


タガ (▽治曲・多賀)
全国を巡幸して各地に宮を構えた二尊も、タガが最後の宮となります。


■居まさん・坐さん (ゐまさん)
ヰ(‘居る’ の連用形)+マス(尊敬)+ン(意思) で、
ヰマス(在す・坐す)オワス(御座す・在す) の変態です。
この場合は 御子ワカヒトに皇位を譲って 「隠居しよう」 という意味です。

 退位して隠居することを 下り居、退位後の宮を 下り居の宮 といいます。


ワカヒト

■和照らす日月 (あまてらすひつき)
和して恵る日月” の換言で、「君主・皇位・またその地位」 を表します。
和照る日月、和照る君、和照らす君、和つ日月、和つ君 などとも呼ばれます。

 天が下 和して恵る 日月こそ 晴れて明るき 民の父母なり 〈ホ7ー4〉

 

【概意】
乗り法 一貫間の文
二尊の国家統治の成り行きも安らかで、近江の多賀におわさんと、
御子ワカヒトに “和照らす日月” を譲ります時に、


 実は この時点でイサナミは生きているのか?という大きな疑問があります。
 イサナミは紀州クマノで 自分が生んだカグツチの火に焼かれ、アリマに葬られて
 いますから (ホ5-2)、ここに言う “二尊” は イサナキ1人である可能性が高いです。
 そうなると イサナキ/イサナミに対する “フタカミ” という尊称は、単に
 「二人の尊・夫婦の尊」 という意味だけではない、ということになりますが、
 これについては27アヤで再考察したいと思います。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ひたりのとみは おもいかね みきさくらうち
 かなさきは ひおうつします ゑをやとみ
 かたはうけもち をはしりは むまやをさめそ
 きみとみと こころひとつに つかさとれ

―――――――――――――――――――――――――――――
 「左の臣は オモイカネ 右サクラウチ
 カナサキは 日を写します 上老臣
 カダはウケモチ ヲバシリは 馬屋治めぞ
 君 臣と 心一つに 司れ」

―――――――――――――――――――――――――――――
 
■左の臣 (ひだりのとみ・たのとみ) ■鏡の臣 (かがみのとみ) ■ヤタ臣 (やたをみ)
「皇のすぐ左に侍る臣」 の意で、「最側近の臣」 をいいます。 ▶ひだり ▶た
この臣は 天と地(神と人)を結ぶ アメノマツリ(陽陰の纏り) を主な任務とします。
今風に言えば、いわゆる 「祭祀」 です。
アマテルが三種の宝を定めてからは、“鏡の臣”  “ヤタ臣” とも呼ばれるようになります。

 日本では、日が発する 「=東」 が、日の没する 「=西」 より上位となります。


オモイカネ・オモヒカネ

■右 (みぎ) ■右の臣 (みぎのとみ) ■モノヌシ ■剣の臣 (つるぎのとみ) ■垣臣 (かきをみ)
「皇のすぐ右に侍る臣」 の意で、「第2側近の臣」 をいいます。 ▶みぎ
行政全般を司ることを任務とし、モノヌシ とも呼ばれます。
アマテルが三種の宝を定めてからは、“剣の臣”  “垣臣” とも呼ばれるようになります。


サクラウチ

カナサキ

■日を写します上老臣 (ひおうつしますゑをやとみ)
「日の神がその威光をお写しになる」 という意です。 ▶写し日
これは 「アマテルの代理として地を照らす」 ことを意味し、
この場合は ツキスミ(=九州) を治めることをいいます。

 またカナサキは “スミヨロシ 尊” のヲシテと 御衣の末 賜ふ
 「ツクシの 民 統べて 結ひ治むべし 我が代り」
 〈ホ8-9〉

そのためカナサキは、古事記では 宇都志日金折命(うつしひかなさく) と記されます。

 ★上老臣 (ゑをやとみ)
 ヱ(上)+ヲヤ(▽老・▽上・祖)+トミ(臣) で、「老熟の臣」 を意味します。
 ヱヲヤは ウヲヤ(大老) の変態です。


カダ (荷田)

ウケモチ (▽活茂)
このウケモチは中央政府における閣僚名で、今で言えば 「農業大臣」 です。


■ヲバシリ (▽馬領り)
トヨケの孫で、タケミカツチの父です。
ヲバ(▽馬)+シリ(領り) で 「馬を治める者」 という意です。 ▶領る
ヲバは ムマ(馬)・ウマ(馬)・オマ(馬) などの変態です。

         ┌フツヌシ
        ??┤
         └アサカ姫┐
              ├──アマノコヤネ
 ツハヤムスビ─??─ヰチヂ─┘     │
                    │
 トヨケ─??─ヲバシリ─タケミカツチ─ヒメ


■馬屋治め (むまやをさめ)
馬屋(厩)を治める者」 という意で、ヲバシリ(馬領り)の換言です。


■心一つに (こころひとつに)
「君と臣が心を一つにして」 という意で、“睦まじく” と同義となります。
新たな国君の即位の礼において、先帝が新帝に必ず告げる重要な言葉です。

 後にアマテルは皇位継承の証しとして三種の宝を定めますが、
 新帝と左/右の臣に三種を分けて授けます。
 これは “君と臣が永く一つに和すように” という意を込めたものです。

 この故に 三種を分けて 授く意は “永く一つに 和る” 由を
 文に記して 御手づから 文を御孫に 授けます 〈ホ24〉

 

【概意】
「左の臣はオモイカネ。右はサクラウチ。
カナサキは日を写します上老臣。
カダはウケモチ。ヲバシリは馬屋治めぞ。
君と臣、心を一つにして民を司れ。」 と御言宣。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ときにをはしり ひたかみの みやにもふてて みちこえは
 とよけのかみの をしゑには

―――――――――――――――――――――――――――――
 時にヲバシリ ヒタカミの 宮に詣でて 道 乞えば
 トヨケの尊の 教えには

―――――――――――――――――――――――――――――

ヒタカミの宮 (ひたかみのみや)

詣づ (もふづ)

■道 (みち)
「馬の道・馬術の道」 をいい、“乗り法” の換言です。


トヨケ
ヲバシリの祖父です。

 

【概意】
時にヲバシリはヒタカミの宮に詣でて、
馬の道を乞えば、トヨケの尊の教えには、



―――――――――――――――――――――――――――――
 のりはちみちお つねとなす
 まこにたつなお ひかせおき むまのみきより ふみのほり
 しくやすくらの あふみなわ まちにゐきあけ

―――――――――――――――――――――――――――――
 乗りは地道を 常となす
 馬子に手綱を 引かせ置き 馬の右より 踏み上り
 敷く安鞍の 鐙縄 襠に居木上げ

―――――――――――――――――――――――――――――

地道 (ぢみち)
「締まった道・手堅い道・確かな道」 などの意で、基本となる乗馬法です。
ヂミ(地味)+ミチ(道) の短縮で、ヂミ(地味)は シム(締む)の変態 “チム” の名詞形です。


■馬子 (まご)
マ(馬)+コ(▽飼) で、「馬飼い・馬の世話をする者」 をいいます。
コは コフ(飼ふ交ふ支ふ)の名詞形の短縮です。


手綱 (たづな)
轡につなげた綱で、これを操作して馬を制御します。 ▶画像
クツハヅナ(轡綱)とも呼ばれます。


■踏み上る (ふみのぼる)
フミオル(踏み降る) の逆です。


■安鞍・和す鞍 (やすくら)
「やわす鞍」 の意で、馬の背を傷つけないように、サドルの下に敷く柔らかな敷物です。
後世は 下鞍(したぐら) と呼ばれます。 ▶画像

 ★鞍・座・蔵・臓・▽位 (くら)
 ククル(括る)・クラブ(比ぶ) などの母動詞 “クル” の名詞形で、
 「合わせ・凝り・梱り・固定」 などが原義です。
 鞍・座・蔵・位は  「何かを括り付ける物/所」、臓は 「凝固したもの」 を意味します。


■鐙縄 (あぶみなわ)
「鐙を吊す縄」 です。後世は 力革(ちからがわ) と呼ばれます。 ▶画像

 ★あぶみ (鐙)
 辞書は 「足踏み」 の意といいますが、違うと考えています。 ▶画像

 ★縄 (なわ)
 ナフ(綯ふ・▽和ふ)の名詞形です。


■襠 (まち)
マタ(叉・股・胯)の変態で、「合わせ・交わり・交わる所」 などが原義です。
この場合は、馬の背のまん中の少し凹んだ部分 (首部と臀部の間) をいいます。 ▶画像


居木 (ゐき)
ヰク(▽結く)の名詞形で、「(人体を) 結うもの」 という意です。
後世に言う 鞍橋(くらぼね) 全体を、ホツマは “ヰキ” と呼んでいるようです。
平たく言えば 人が腰掛ける 「椅子・サドル・座席」 です。 ▶画像

 

【概意】
乗馬は “地道” を 常となす。
馬飼に手綱を引かせておき 馬の右側より踏み上り、
安鞍を敷いて、鐙縄を付けて、襠に居木を上げ、



―――――――――――――――――――――――――――――
 こころみて ももとはるひの ゆるみあひ
 こしすえのりて やわやわと 
 むまのあしとり いきすあひ あわすかなめの のりのりそ

―――――――――――――――――――――――――――――
 試みて 腿と腹帯の 緩み・合ひ
 腰据え乗りて やわやわと
 馬の足取り イキス相 合わす要の 乗り法ぞ

―――――――――――――――――――――――――――――

■試みる (こころみる)
ココル(▽回転る)+ミル(見る) の連結で、「回してみる」 を原義とし、
実際に 「動かしてみる・運転してみる・やってみる」 ことをいいます。

 ココルは コク(転く漕ぐ)+コル(転る) の短縮で、
 コルは コロガル(転がる)の母動詞。両語とも 「回る/回す」 が原義です。


■腿 (もも)
これは 「馬に乗る人の腿」 をいいます。


腹帯 (はるび)
ハラオビの音便変化で、「鞍を固定するため、馬の腹に括る帯」 をいいます。 ▶画像
人のハラオビ(孕帯)と区別するため “はるび” と呼ぶのだろうと考えます。


■緩み・合ひ (ゆるみあひ)
“合ひ” は ここでは 「締まり」 の意です。ですから 「緩みと締まり」 という意です。


■やわやわ (▽和々)
「融和するさま・調和するさま」 を表します。


イキス (息子・息素・息数)

 

【概意】
実際に乗って動かし、人の腿と腹帯の “緩みと締まり” <具合を見て>、
腰を据えて乗り、やわやわと馬の足取りと人の呼吸を同調させる 肝要の乗り法ぞ。



―――――――――――――――――――――――――――――
 つねにこころお うへきなり むまはうまれて ものしらす
 あたはしるとき のりおつそ かねてをしゑは かなふもの

―――――――――――――――――――――――――――――
 常に心を 得べきなり 馬は生れて もの知らず
 熱走る時 乗り落つぞ 兼ねて教えば 適ふもの

―――――――――――――――――――――――――――――

■熱走る (あだはしる)
アダは アツ(熱)の変態です。ですから 「熱走する・熱狂して走る・暴走する」 などの意です。

 ★走る (はしる)
 カク/カケル(駆く/駆ける)の同義語で、2つの意味があります。
 (1) ハス+シル の同義語短縮で、ハスは アス(明す)の変態、シルは スル(擦る)の変態。
   両語とも 「行き来する・まわる・めぐる」 が原義で、「行く・伝わる・通じる」 などの意。
   これが本来の意味で、その速さ・遅さには関わりがありません。
 (2) スバシル、ツッパシルタバシル などの略で、「素早く行く・ハッスルする」 の意。
   現在はこの意味に用いられることが多くなっています。

 カク/カケル(駆く/駆ける)もまったく同じで、この2つの意味があります。


兼ねて (かねて)
ここでは 「重ねて」 の意です。



【概意】
常に馬の心を得るべきなり。
馬は生れて物事を知らぬため、暴走する時に乗り落ちるぞ。
重ねて教えれば適応するものである。



―――――――――――――――――――――――――――――
 またいつのりは はせるとき
 しとなめくらお しきおひて はるひゆるめす

―――――――――――――――――――――――――――――
 また厳乗りは 馳せる時
 下滑鞍を 敷き置ひて 腹帯緩めず

―――――――――――――――――――――――――――――

■厳乗り (いつのり)
イツ(厳・稜威)+ノリ(乗り) で、最速かつ最高技術の乗馬法です。


■馳せる (はせる)
ハス(馳す)の連体形で、「勢いづける・急がす・ハッスルさせる」 が原義です。


■下滑鞍 (しとなめくら)・下滑 (しとなめ)
シトは シタ(下)の変態、ナメ(滑・▽和)は 「やわし・和らげ」 の意です。
「居木の下に敷く座布団」 で、高速走行時の衝撃を和らげるクッションとして用います。
後世には 鞍褥(あんじょく) と呼ばれます。 ▶画像

 ★しと (垂と・▽下・▽湿)
 シツ(垂づ)の名詞形で、「下がるさま・落ちるさま・勢いのないさま」 などが原義です。
 シツ(垂つ) は “下”  “しとしと”  “しっとり”  “しずしず”  などの母動詞です。

 ★なめ (嘗・滑・▽和)
 ナム(並む・舐む・▽和む)の名詞形で、「合い合わすさま・まとめ・やわし・纏り」、
 また 「舐めたようなさま・なめらか・やわらか」 の意を表します。

 

【概意】
また厳乗りは、早駆けの時には下嘗鞍を敷き置き、腹帯は緩めず。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ひちよけの たれかわうはと なるゆえは
 はせゆくみちに なかくほの こみそにゆきて
 あふみにて そのたれかわお うちあおつ

―――――――――――――――――――――――――――――
 泥除けの 垂皮 浮羽と なる故は
 馳せ行く道に 中窪の 小溝に行きて
 鐙にて その垂皮を 打ち煽つ

―――――――――――――――――――――――――――――

■泥除け (ひぢよけ)
馬の腹の両脇を覆う泥よけ具です。 ▶画像
後世には “障泥・泥障” と書いて あおり と呼ばれるようになりますが、
その由来がこれから説明されます。

 泥 (ひぢ)
 ヒツ(漬づ沾づ)の名詞形で、「下がるさま・沈むさま・没するさま」 が原義です。
 天地創造の過程で下った 「陰・水と埴」を意味し、ウビ(泥) の同義語です。


■垂皮 (たれかわ)
「垂れ下げた皮」 という意で、上の “泥除け” のことをいいます。
カワ(皮・革)は 「表面を覆うもの・カバー」 全般をいい、その材種は関係ありません。


■浮羽 (うば)
ウフ(▽上ふ・▽浮ふ)の名詞形で、「浮き上がらせるもの」 が原義です。
ウハの短縮形が ウ(羽) であり、また ハ(羽) なのだろうと思います。
“浮羽” は筆者の宛字です。


■中窪 (なかくぼ)
「道のまん中が凹んでいるさま」 をいうのでしょう。


■打ち煽つ (うちあおつ)
泥除けの垂皮を 「鐙で蹴って浮き上がらせる」 という意です。
アオツ(煽つ)は アオル(煽る)・アオグ(煽ぐ) の同義語で、
「上げる・勢いづける・栄す・活性化する」 などが原義です。
後世はこれを “あおりを打つ” と呼ぶようになります。

 

【概意】
泥除けの垂皮が浮羽となるわけは、
走り行く道に中窪の小溝に行った時、鐙でその垂皮を打ち煽つ。



―――――――――――――――――――――――――――――
 うちあおたれて かせふくみ はねとなるとき とひこさす
 たとひとふとも のるひとの ゆくりなけれは あえとはす

―――――――――――――――――――――――――――――
 打ち煽たれて 風含み 羽となる時 跳び越さす
 たとひ跳ぶとも 乗る人の ゆくり無ければ あえ跳ばず

―――――――――――――――――――――――――――――

■羽 (はね)
ハヌ(跳ぬ)の名詞形です。
ハヌは ここでは 「バタバタする/させる・跳ぶ/跳ばす・飛ぶ/飛ばす」 などの意です。
ちなみに トバス(飛ばす)の変態 “ツバス” の名詞形が ツバサ(翼) です。


たとひ (縦い・仮令・縦令)

ゆくり (縁)
ユカリ(縁)の変態で、「結びつき・交わり・関わり」 などが原義です。
この場合は 「合図・意志の伝達・GOサイン」 などをいいます。


■あえ跳ばず (あえとばず)
ここでは 「跳べない・跳躍できない」 という意となります。 ▶あえ

 

【概意】
打ち煽られて風を含み、羽となる時に跳び越さす。
跳ぶと言っても、乗る人の合図がなければ馬は跳べない。

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨