⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第32回 [2023.8.19]

第七巻 遺し文 清汚を直つ文 (6)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 のこしふみさがおたつあや (その6)
 遺し文 清汚を直つ文 https://gejirin.com/hotuma07.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 ことのりお もろかはかりて
 あめもとる おもきもしむの なかはへり ましわりさると
 すかさあを やゑはゐもとむ したたみの さすらやらいき
―――――――――――――――――――――――――――――
 言宣を 諸が諮りて
 天戻る 重きも親の 半ば減り “交わり去る” と
 空かさ天男 八方這いもとむ 下回みの さすら遣らいき
―――――――――――――――――――――――――――――

■言宣 (ことのり)
「言葉を述べること・宣言」 です。
この場合は差使が伝えたムカツ姫の言葉をいいます。

 ムカツ姫より 差使に 
 「活モノ祈り よみがえす ハナコの四百割 償のえば 清汚を明せよ」 〈ホ7-5〉


■天戻る (あめもどる)
これは 「天に戻る」 の意で、一周してスタート地点に戻るという意味です。
天(12時)をスタートした時計の針が、360度を1周して天(12時) に戻る
ことをいいます。これは犯した罪が360クラ以上であるということです。


親 (しむ)
ここでは 「親族殺害分の罪」 という意です。
ソサノヲが死なせてしまったハナコは アマテルの側室ですから、
ソサノヲにとって義理の姉に当たります。


交わり去る (まじわりさる)
大きく4つに分れる公の刑罰の内、2番めに重い刑です。
ソサノヲは髪・爪抜きを受刑しても、まだ720クラの罪が残っていましたが、
ハナコが蘇生して400クラが減じられると320クラになり、270〜359クラには
「交わり去る」 の刑が適用されます。


■空かさ天男 (すかさあを)
「すかされた親王・地位を外された皇子」 という意です。
皇族から外され、人との交わりを禁じられる 「ソサノヲ」 を指します。

 スカサは スカス(空かす)の名詞形です。アヲは ア(▽上・天)+ヲ(男) で、
 「御上の男子・皇子親王」 をいうものと考えます


■八方這いもとむ (やゑはゐもとむ・やえはいもとむ)
ヤエ(八方)は ヤモ(八方)の換言で、「あちこち這いまわる」 という意です。
▶エ(方)
 ▶はいもとおる(這い回る)

 ★モトム (▽回む)
 マドフ(惑ふ)の変態で、モトオル(回る・廻る)と同じです。
 「往き来する・うろうろする・回る・徘徊する」 などの意です。


■下回み・下民 (したたみ)
タミは タム(回む)の名詞形で、シタタミは 「下を動き回るもの」 を意味します。
そしておそらくこれが 「民」 の原義です。つまり “シタタミ” の略が タミ(民)と考えます。
ここでは 民の身分に落とされた 「ソサノヲ」 を指します。


■さすら遣いき (さすらやらいき)
「追い払うなり・流し遣るのであった」 などの意です。

 サスラ+ヤラフ(遣らふ)+キ(=しかり・けり) で、
 サスラは 「そらし・流し・追放」 をいい、ヤラフは 「追いやる」 の意。
 キは シカリ → ケリ → キ の転で、「しかり・そうである・相違ない」 など、
 断定の意を添えます。

 ★遣らふ (やらふ)
 ヤル(遣る)+アフ の短縮で、アフは オフ(追ふ・逐ふ)の変態です。
 ですから 「追いやる・追い払う・おっぱらう」 などの意です。
 今に言う『これをやろう』とか『この野郎』の “やろう” の語源と考えます。

 

【概意】
言宣を諸守が協議して、360度を一周する重罪も、親族殺害分が
免除されて半分ほどに減り、“交わり去るの刑” となる。
すかされた親王は、あちこち這い回る民として流し遣るのであった。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ををんかみ しろしめされは あまてらす
 ひとのおもても たのしむに みちすけのうた
 あはれ あなおもしろ あなたのし あなさやけ おけ
 さやけ おけ あはれ おもしろ さやけ おけ あなたのし
―――――――――――――――――――――――――――――
 大御神 知ろし召されば 和照らす
 人の面も 楽しむに みちすけの歌
  『天晴れ あな面白 あな楽し あな明やけ 可笑
 明やけ 可笑 天晴れ 面白 明やけ 可笑 あな楽し』
―――――――――――――――――――――――――――――

大御神 (ををんかみ)

■知ろし召さる (しろしめさる)
シロス(知ろす)メス(召す)ル(尊敬)で、「知る」 の3重尊敬の表現です。
聞し召す・聞し召さる” と同義です。


■和照らす (あまてらす)
「和(やわ)して照らす」 の意で、和して恵る(やわしてめぐる) の換言です。
「ほどよく調えて恵む」 という意で、日月が地球を養って潤す如くに、君が臣民を
慈しむことをいいます。そしてその発想の起源は、日月の大神霊の顕現アマテルが
和して恵る日月” となって世を照らしたことにあります。

 現在 アマを “和” と表す例はほとんどありませんが、唯一 アマナウ(和ふ)という語が
 辞書に載っています。アマネク(遍く) なども “和く” と当字して欲しいところです。


■みちすけ (▽見直)
ミツ(見つ)+スク(直く) の名詞形で、両語とも 「合う/合わす・直る/直す・調う/調える」
などが原義です。「(汚穢・曲が) 直り調うさま」 をいいます。
ミナオス(見直す) の意に近いため、“見直” と当て字しています。


■あはれ (▽陽陰晴れ)
アワ(陽陰)+ハレ(晴れ) の短縮で、アメハレ(陽陰晴れ)の変態と考えます。
「直って治まるさま・汚穢隈が祓われるさま」 をいいます。
今に言う 天晴(あっぱれ) でしょう。しかし 哀れ(あわれ) とは別です。


■あな
“はなはだしい” の ハナ(甚)の変態で、「至って・極めて」 が原意です。


■面白 (おもしろ) ■面白し (おもしろし)
オム+シル(知る・領る) の同義語連結の名詞形で、オムは オモフ(思ふ)の母動詞です。
両語とも 「合う/合わす・寄る/寄せる」 が原義で、「心を寄せるさま・心惹かれるさま」 を
いいます。シ(=如し)を付けて形容詞になります。


■明やけ (さやけ)
サユ(冴ゆ)+ケ(=カ・如・然) で、「冴えるさま」 が原義です。
サヤケシ(明けし)の語幹で、サヤカ(明か)サワヤカ(爽やか) などと同義です。
「まっすぐで曲りや曇りのないさま」 をいいます。


■可笑 (おけ)
おかし(可笑し)の “おか” の変態です。

 

【概意】
それをお知りになると、大御神は世を和して照らす。
人々の表情も楽しめば、みちすけの歌。
『あっぱれ あな面白 あな楽し あな明やけ 可笑
 明やけ 可笑 あっぱれ 面白 明やけ 可笑 あな楽し』

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 あひともに ておうちのへて うたひまふ
 ちわやふるとそ たのしめは
 これかんくらに あまてらす ををんかみなり
―――――――――――――――――――――――――――――
 合共に 手を打ち伸べて 歌ひ舞ふ
 「幸振る」 とぞ 楽しめば
 これ上位に 和照らす 大御神なり
―――――――――――――――――――――――――――――

■合共に (あひともに)
「合せて共に・諸共に・みんな一緒に」 などの意です。


■打ち伸ぶ (うちのぶ)
ウツ(打つ)+ノブ(伸ぶ・延ぶ) の連結で、「勢いよく伸ばす」 の意と思います。
打ち(うち・ぶち)は、“打ち上げる”  “打ち込む” など、次に続く動詞に
「勢いよく・思いっきり」 の意を添えます。(“踏み”もそうです。)
ただこの場合は 「手をたたいて伸ばす」 の意の可能性もあるとは思ってます。


■幸振る (ちわやふる・ちはやふる)
チワヤ/チハヤ+フル(振る) で、チワヤ/チハヤは チハフ(幸ふ)の名詞形で、
「勢いづくさま・栄えるさま・優れるさま・幸い」 などを意味します。
フル(振る)は 「回る/回す・めぐる/めぐらす・循環する/させる」 などの意です。
ですから 「幸いがめぐる・幸いをめぐらす」 などの意になります。

 チハフ(幸ふ)は チフ(▽繁ふ)+ハフ(栄ふ・生ふ) の短縮で、
 チフは チホ(千穂・頂・長・超)の母動詞です。


■上位・上座 (かんくら)
カン/カミ(上・神)+クラ(座・▽位・▽比) で、
この場合は 「上位・上流・源流・源泉」 などの意を表します。
さきに出てきた カンクラ(神座) と語源は一緒です。

 

【概意】
諸共に手を勢いよく伸ばして歌い舞う。
「幸いがめぐり来る」 とて楽しめば、その源泉は
“和して照らす大御神” にあることを知る。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 さすらをは みことおうけて ねにゆかん
 あねにまみゆる しはしとて ゆるせはのほる やすかはへ
 ふみととろきて なりうこく
―――――――――――――――――――――――――――――
 「さすら男は 御言を受けて 根に行かん
 姉にまみゆる 暫し」 とて 許せば上る ヤスカワへ 
 文 轟きて 鳴り動く
―――――――――――――――――――――――――――――

■さすら男 (さすらを)
この場合は 「逸れた男・外れた男・曲った男・罪ある男」、また
「外された男・追放された男」 の意で、ソサノヲ自身を指します。 ▶さすら


■御言 (みこと)
コト(言)の尊敬語で、「国君またはそれに準ずる人の言葉」 です。
ここでは父イサナキの次の御言をいいます。

 さきにタラチヲ 「ハナキネは 根の国・サホコ 領すべし」  〈ホ6-5〉


■姉 (あね)
「ヒルコ」 を指します。霊の蝕(しむのむし)を持つソサノヲは、姉のヒルコと
御隈野の臣(みくまののとみ:イサナミの臣) の世話を受けていました。

 「ハナキネは 根の国・サホコ 領すべし」
 いまだヒルコと 御隈野の 臣が助けて 後の君 〈ホ6-5〉


ヤスカワ

■文轟く (ふみとどろく)
トドロク(轟く)は 「まわる・めぐる・往き来する・伝わる」 などが原義です。
ですから 「文が伝わる」 という意味です。

 ★文・記・碑 (ふみ)
 フムの名詞形で、このフムは フル(振る)の変態です。
 ですから 「振るもの・回すもの・往き来させるもの・伝え」 などが原義です。


■鳴り動く (なりうごく)
ナル(鳴る)+ウゴク(動く) の連結で、やはり両語とも
「めぐる・往き来する・伝わる・響く」 などが原義です。
ここでは “ソサノヲ来たる” という情報が 「鳴りめぐる・鳴り響く」 ということです。

 

【概意】
「罪人として追われる男は、父の御言を受けて根の国へ行こう。
姉に一目まみえたい。しばしの猶予を」 と言うので許可すれば、
ソサノヲはヤスカワへ上って行く。
それを知らせる文が伝わり、現地にその情報が鳴りめぐる。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 あねはもとより さすらをか あるるおしれは おとろきて
 おととのくるは さはあらし くにうはふらん
 かそいろの よさしのくにお すておけは あゑうかかふと

―――――――――――――――――――――――――――――
 姉は本より さすら男が 粗るるを知れば 驚きて
 「弟の来るは 直はあらじ 国奪ふらん
 父母の 任の国を 捨て置けば 敢え窺ふ」 と

―――――――――――――――――――――――――――――

■本より (もとより)
ここでは 「生れ付き」 という意です。
陽陰の節の乱れる時に孕んだソサノヲの先天的な霊の蝕み(=霊の蝕)をいいます。


■粗るる (あるる)
アル(粗る)の連体形で、今風には “荒れる” です。


 ★粗る (ある)
 アル(離る・散る)と同一で、「離れる・逸れる・曲る・外れる」 などが原義です。
 またコースから外れると、たいていは脱落してアウトになるため、
 「落ちる・劣る・衰える」 などの意にもなります。

  現在は 例えば 「荒れ地」 など、“粗” の意味にも “荒” が当て字されています。
  両者は正反対の意味で、“荒” は 「勢い強きさま」、“粗” は 「勢い弱きさま」 です。


■直はあらじ (さはあらじ)
サは サガ(清汚・直曲)の サ(清・直)で、ここでは 「まっすぐ・素朴・純粋」 を表します。
“じ” は否定の 「ず」 の推量形で、“あらじ” は 「あるまい・ないだろう」 の意です。


■らん
“あらぬや” (〜ではないのか?) が、“あらん” → “らん” と縮まったものです。
ですから元来は否定の疑問・反語、それが推量の意味に発展するわけです。
また “らん” →  “ん” と縮まり、後世は “らむ” へと転じます。
“奪ふらん” は 「奪うのではないか・奪うんじゃね?」 という意味です。


父母 (かぞいろ・かそいろ)
タラの換言で、「父母・両親」 を意味します。 ▶タラ

 カゾは カス(▽上す)の名詞形で、「上るさま・陽」 を意味し、
 イロは “日の入り” の イリ(入り) や オリ(下り)の変態で、「下るさま・陰」 を表すと考えます。


任 (よさし)
ヨス(寄す)+シク(如く) の連結から “く” を省いたク語法で、
「寄せ・差し向け・預け・ゆだね・任せ」 などを意味します。


敢え (あえ・あゑ)
アフ/アユ(合ふ和ふ)の連用形です。
ここでは 「(心を)合わせて・心して・意識的に・故意に」 などの意です。
打消の語を伴うと 「合わない・叶わない・〜できない」 の意となります。


うかがふ (窺う・伺う)

 

【概意】
姉ヒルコは、ソサノヲが生れ付き蝕まれていることを知るため、
驚いて 「弟が来るのは何か裏がある。国を奪うのではなかろうか。
父母が委ねた国を捨て置いて 故意にこちらを窺う」 と。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 あけまきし もすそおつかね はかまとし
 ゐもにみすまる からまきて ちのりゐものり ひちにつけ

―――――――――――――――――――――――――――――
 総角し 裳裾を束ね 袴とし
 五百瓊ミスマル 絡巻きて 千乗り・五百乗り 肱に付け

―――――――――――――――――――――――――――――

総角・揚巻 (あけまき)
アケ(開け・▽分け)+マキ(巻・▽環・▽髷) の意で、
「左右に分けて両脇で輪状に束ねる髪型」 をいいます。
みずら(角髪)ともいい、少年の髪の結い方です。


裳裾 (もすそ・みもすそ)
モ(裳)+スソ(裾)で、モ(裳)は 「下にまとう衣」 をいいます。

 ★裾 (すそ)
 スサブ(荒ぶ)の母動詞 “スス” の名詞形で、「下・末・隅・外れ」 を表します。
 スサ・ソサ は スソ(裾)の変態です。


袴 (はかま)
ハク(剥ぐ・▽分く)+ま(=もの) で、「2つに分れる物」 の意です。


■五百瓊ミスマル (ゐもにみすまる)
ニ(瓊)ニタマ(熟玉) の略で、「優れた玉・宝石・珠」 をいいます。
ミスマル(御統)は 「多数が一つに結ばれたもの」 をいいます。
よって五百瓊ミスマルは 「500の珠の連結」 という意味です。

 ★ミスマル (御統)
 ミス(見す)+スマル(統まる) の短縮で、「合わせまとまる」 の意です。
 ムスバル(結ばる)
の変態で、ここでは名詞形ですから 「結ばれ」 です。


絡巻く (からまく)
カル(着る・▽和る・▽交る)+マク(巻く) の同義語短縮です。


■千乗り (ちのり) ■五百乗り (ゐものり)
「1000本の矢が乗る靫(ゆき)」 と、「500本の矢が乗る靫」 をいいます。
この場合のノリには “箆入” の字が当てられています。

 

【概意】
髪を総角にして、裳裾を束ねて袴とし、
五百珠のミスマルを絡め巻き、千乗り・五百乗りの靫を肱に付け、

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ゆはすおふりて つるきもち かたにわふんて けちらして
 いつのおたけに なしりとふ
―――――――――――――――――――――――――――――
 弓弭を振りて 剣 持ち かたにわ振んで 蹴散らして
 逸のお猛に 詰り問ふ

―――――――――――――――――――――――――――――

■弓弭 (ゆはす・ゆはず)
これは ユハス(結わす)の名詞形で、「(弦を) 結い合す本体」 をいい、ユミ(弓)の別名です。
なお ユミ(弓)は ユヒ(結ひ)の変態です。


■かたにわ振んで (かたにわふんで)
カタニワは ヲヱクマ(汚穢隈・汚穢曲)アオ(阿汚)イワ(忌) などと同義です。
フンデは フリテ(振りて)の音便で、「めぐらす・配る・振りまく」 などの意です。

 カタニワの カタは 「傾くさま・曲るさま・ガタガタなさま」 をいいます。
 ニワは ニフ(鈍ぶ)の名詞形で、ヌバ(射干) ・ナヱ(萎え) などの変態であり、
 「鈍るさま・萎えるさま・衰えるさま」 を意味します。


蹴散らす (けちらす)


■逸のお猛 (いつのおたけ)
「並外れた勢い・すさまじい威勢」 というような意です。

 ★稜威・厳・逸 (いつ・ゐつ)
 イツ(出づ・▽秀つ)の名詞形で、
 「秀でるさま・勢いのあるさま・突出するさま・並外れるさま」 などが原義です。

 ★お猛 (おたけ・おたき)
 オツ(▽秀つ)+タク(長く・焚く) の名詞形で、イツ(稜威・厳)の同義語です。
 「勢い余るさま・いきり立つさま・勇むさま・激しさ・荒々しさ」 などを表します。
 オタケビ
ともいいます。


■詰り問ふ (なじりとふ・なぢりとふ)
すり寄るにじり寄る詰め寄るじりじりと迫る」 などの意です。

 ナジル(詰る)ニジル(躙る)の変態で、「往き来させる・なする」 などが原義です。
 トフ(問ふ・訪ふ)は 「巡る・行く・来る・たずねる・探し求める」 などの意です。

 

【概意】
弓弭を振りて剣を持ち、汚穢隈を吹き散らかしながら、
並外れた威勢でじりじりと迫り来る。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨