⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第8回 [2023.7.18]

第二巻 天七代 とこ酒の文 (3)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 あめななよとこみきのあや (その3)
 天七代 とこ酒の文 https://gejirin.com/hotuma02.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 ゐつよのかみは おおとのち おおとまえなり
 つのくゐは おおとのにゐて いくくいお とまえにあひみ
 つまとなす かれをはとのそ めはまえと やもつつきまて
―――――――――――――――――――――――――――――
 五代の尊は オオトノチ オオトマエなり
 ツノクヰは 皇殿に居て イククイを 門前に会ひ見
 妻となす 故 男は “殿” ぞ 女は “前” と 八百続き全て
―――――――――――――――――――――――――――――

■五代の尊 (ゐつよのかみ)
「5代目の国君」 の意です。

 初代から4代目までを確認しておきましょう。

 初代:クニトコタチ (ミナカヌシ+トホカミヱヒタメ8尊+キツヲサネ&アミヤシナウ11尊)
 二代:クニサツチ    
 分割統治・中央集権制の導入
 三代:トヨクンヌ     君/臣/民 の身分が発生
 四代:ウビチニスヒヂ  男/女の性別が発生


■オオトノチ (皇殿内) ■オオトマエ (大門前) ■ツノクヰ ■イククイ
ツノクヰが皇殿の内に居る時、宮の正門の前でイククイと会見し、これを妻とします。
これが オオトノチ(皇殿内) と オオトマエ (大門前) の名の由来です。
またこれにより、男尊を “殿”、女尊を “前” と言い習わすようになりました。
したがって ツノクヰ は オオトノチの別名、イククイ は オオトマエの別名です。

 ツノクヰ/イククイの語義は未解決ですが、“ツノ(角)” は “トノ(殿)” の
 変態であるため、オオトノチ/オオトマエ と同じ意味の可能性があります。
 他文献は、ツノクヰ/イククイ オオトノチ/オオトマエ の親であるとします。


■故 (かれ)
シカレバ(然れば) の略です。シカレバは シク(如く)+アレバ の短縮です。


■八百続き全て (やもつづきまて)
「非常に長い期間続いて終了し、」 という意です。

 “八百(やも・やを)” は「数が非常に多いさま」を表す数です。
 この意味を表す数は、ヤソ(八十)、ヤチ(八千)、ヤヨロ(八万)、ヤソヨロ(八十万)、
 ヤモヨロ(八百万)、ヨロチ(万千) など、他にもたくさんあります。
 マテ(▽全て)は マチテ(▽全ちて)の短縮で、これは ミチテ(満ちて)の変態です。
 ですから 「満ちて・至って・極まって・終って」 などの意となります。

 

【概意】
五代目の国君は、オオトノチとオオトマエの夫婦であった。
ツノクヰが皇殿内に居る時、大門前でイククイと会見し、これを妻とする。
それゆえ以後 男尊を “殿”、女尊を “前” と言い習わすようになった。
この時代も長く続いて終了し、



―――――――――――――――――――――――――――――
 むよのつき おもたるのかみ かしこねと
 やもおめくりて たみおたす
―――――――――――――――――――――――――――――
 六代の嗣 オモタルの尊 カシコネと
 八方を恵りて 民を治す
―――――――――――――――――――――――――――――

■オモタル ■カシコネ
日本を治める6代目の国君はオモタル&カシコネの夫婦尊でした。
他文献は 面足(おもだる)尊・綾惶根(あやかしこね)尊 などと記します。

 オモタルは  ヤオモ(八面)+タル(足る) の略で、ヤオモ(八面)は ヤモ(八方)とイコールです。
 したがって 「八方を足らす(恵む)尊」 という意でしょう。カシコネは カシコ(畏)+ネ(▽和) で、
 「畏き人に和す者・尊と対となる者」 を表すのではないかと考えてます。


■恵る・▽巡幸る (めぐる)
現在の メグル(回る・廻る・巡る) には自動詞の意味しかありませんが、
古くは他動詞の意味がありました。すなわち 「回す・めぐらす・配る」 等の意です。
これは 「恵む・ほどこす」 と同義となりますので、“恵る” と当て字しています。
用途は限定的で、「あちこち巡って恵む」 の意味で使う場合が多いです。

 夫婦の国君は天空を巡る日と月に擬えられます。日と月は昼夜 空を巡りながら
 地を恵んでいますが、夫婦の国君も地を恵んで幸を運ぶ日と月だというわけです。
 それゆえ天皇の “みゆき” は、“御幸・行幸” と当てられ、また “巡幸” とも呼ばれます。

 天が下 和して恵る 日月こそ 晴れて明るき 民の父母なり 〈ホ7〉


■治す (たす)
ヲサメル(治める)と同じですが、タスは 「足す」 また 「助す」 で、
「足らし助けてほどよく調える」という原義です。

 

【概意】
6代目の嗣のオモタル尊は、カシコネと共に八方を恵みて民を治す。



―――――――――――――――――――――――――――――
 をうみあつみの なかはしら ひかしはやまと ひたかみも
 にしはつきすみ あしはらも みなみあわそさ
 きたはねの やまとほそほこ ちたるまて
 およへともよほ つきこなく みちおとろひて わいためな
―――――――――――――――――――――――――――――
 近江安曇の 中柱 東はヤマト ヒタカミも
 西はツキスミ アシ原も 南 阿波・ソサ
 北は根の ヤマトホソホコ チタルまで
 及べど百万穂 嗣子なく 道 衰ひて わいため無
―――――――――――――――――――――――――――――

■近江 (をうみ・あふみ)
「中央・中心」 を意味する地名で、ヤスカワ(▽和側)・アワ国 などの換言です。
場所は後世の 「近江」 と同じですが、アワウミ(▽和海・淡海 =琵琶湖)とは区別されます。

 オフ/アフ(合ふ)+ウム/フム(▽和む / 踏む) の同義語短縮 “オウム・アフム” の名詞形です。
 「釣り合うさま」 が原義で、釣り合う位置である 「中心・中央」 を意味します。
 ホツマツタエでは 「中心・中央」 を意味する場合には、おおかた “ヲ” の表記を用います。


■安曇 (あづみ)
アツム(集む)の名詞形で、「集中」 を原義とし、「壺・都」 を意味します。 ▶壺(つぼ)
滋賀県高島市に安曇川が流れますが、この河口域に都があったのかもしれません。


■中柱 (なかはしら)
建物の 「最初に立てる中央の柱」 のことで、ミハシラ(実柱・真柱)とも呼びます。
この場合は 「国家の中軸・国家の大黒柱」 を意味します。つまり 「都」 です。


■ヤマトヒタカミ
ヤマト(和) は 「合・間・和・収・内・中」 などの意を表しますが、
この場合は 「内地・本州」 を意味するのではないかと思います。
ヒタカミ(日高み)は 「日が上る方角・東」 を意味し、この国の主がトヨケです。
現在の東北地方(青森県を除く)に当たります。


■ツキスミ (▽尽州・究州)
「九州」 の古名で、ツクシ(▽尽州・筑紫)とも呼ばれます。
「(日月が)尽きる地方」 つまり 「西の州」 という意です。

 ツキは ツク(尽く・着く)の名詞形で、「行き着いて果てるさま・終着・ゴール」 などの意。
 スミは シメ(締め) や シマ(▽州・島)の変態で、「限り・区切り・区分・区画」 を意味します。


■アシ原 (あしはら:▽朝原・葦原)
「中央政府国・朝廷」 を意味することが普通なのですが、 ▶朝廷
この場合は 「御上が治める領・中央政府の統治下にある地」 を意味します。

 アシは アス(▽合す・▽和す)という動詞の名詞形で、アサ(朝)の変態です。
 アシ/アサは この場合 「まとめ・統べ・治め・纏り」 などの意です。
 ハラ(原)は 「広がり・範囲・領域」 などを意味します。


■阿波 (あわ・あは)
「四国(しこく)」 の古名です。さらに古くは ソアサ、イヨ(伊予)と呼ばれました。

 この時代の四国は まだ分割されていないため、阿波/伊予/ソアサは 「四国の全域」 を指します。
 アワ(阿波)の名は、アワ歌 によって民の言葉が直ったことに由来します。

  ソアサ国 サクナギの子の イヨツヒコ
  歌に言葉を 習わせて 二名を求む アワツヒコ 〈ホ5〉


■ソサ
「紀州」 の別名です。 ▶紀州(きしゐ)
ソサは スサの変態で、「スサブ(荒ぶ進ぶ遊ぶ) 所」 の意と考えます。

 
■根 (ね) ■根の国 (ねのくに)
ネ(根)は ネノクニ(根の国)の略。
ネノクニはまた コヱネノクニ/コシネノクニ(越根の国)の略です。
今の 「北陸地方」 をいい、福井県・石川県・富山県・新潟県 を含みます。
少し古い言い方だと、若狭・越前・加賀・能登・越中・越後です。


■ホソホコチタル・サホコチタル
語義は未解決ですが、現在の 中国地方 (=山陽+山陰) をいいます。
“ソコチタル” とも呼ばれ、“サホコ国”  “チタル国” と略します。
また西中国(にしなかくに)と呼ばれる場合もあります。
辞書には 細戈千足国(くわしほこのちだるくに) と記されます。

 根の国とホソホコチタルの国はいずれも、イサナキの父アワナキが開拓した国であるため、
 この時点では両国の区別はあいまいで、サホコチタルは根の国の延長として扱われています。

 
■百万穂 (もよほ)
モヨ(百万)は 「1,000,000」 です。 ▶数詞
ホ(穂)は 真榊が1年に伸ばす枝の長さ(=半寸)をいい、「年」 の同義語です。


■道 (みち)
単に “道” という場合、多くは アメナルミチ(陽陰和る道) をいいます。
この場合は 「相反するものを調和する道・やわし治める道」 を意味します。


■わいため (弁別)
「順番に巡ってゆくさま」 を原義とし、「順序・秩序・筋道」 などを意味します。

 

【概意】
近江の安曇を都として、東は本州ヒタカミも、西は九州の領も、
南は四国と紀州、北は北陸と中国地方にまで治めが及ぶも、
100万年を経ても嗣子が生れず、治める道の衰えて世に秩序無し。

 
 ミナカヌシ─天の八尊─地の十一尊─クニサツチ(2代)─トヨクンヌ(3代)┐
 ←…… クニトコタチ(初代) ……→                 │
                                  │
       ┌――――――――――――――――――――――――――┘
       │
       └ウビチニ
       (4代)├――――ツノクヰ
         スヒヂ  (5代)├――――オモタル
               イククイ  (6代)├ … (断絶)
                     カシコネ



―――――――――――――――――――――――――――――
 ときにあめより ふたかみに
 つほはあしはら ちゐもあき いましもちひて しらせとて
 ととほこたまふ
 ―――――――――――――――――――――――――――――
 時に天より 二尊に
 「壺はアシ原 千五百秋 汝 用ひて 領らせ」 とて
 経と矛 賜ふ
―――――――――――――――――――――――――――――
 
■天 (あめ・あま)
アム(▽上む)の名詞形で、「上・高み・中心」 などを原義とし、
この場合は 「御上・中央政府・都・皇」 を意味します。 ▶御上

 この時の暫定的な中央政府はヒタカミにありました。なぜ暫定的かといえば、
 オモタル&カシコネに代嗣がなかったため、クニトコタチの皇統を受け継ぐ
 本来の中央政府が断絶したからです。
 この国家危機を支えたのは、ヒタカミ国主のトヨケ(斎名タマキネ)でした。
 トヨケは根の国主の息子タカヒトと、自分の娘のイサコを婚姻で結び、
 この夫婦を国家君主として新たな中央政府(皇統)を打ち立てるのです。


■二尊 (ふたかみ)
「イサナキ&イサナミ」 の夫婦君を指します。この二尊はアマテルの両親であるため、
特に ミウヱフタカミ(御上二尊) と呼ばれる場合もあります。

 
■壺 (つぼ)
ツメ(詰め・集め)、ツモ(▽積)の変態で、「集積・集中・中心・要所」 などが原義です。
「都(みやこ)・大きな町」 などをいい、 略して ツ(都・津) です。
この場合は 地理的にも政治的にも日本の中心であった 「中国」 (なかくに) を指します。

 ★中国 (なかくに)
 中国は、クニトコタチより連綿と皇統を保ってきた中央政府の本領ですが、
 その皇統も6代目のオモタル&カシコネで断絶し、この時点では中国の主は不在と
 なっています。地理的には 「ヒタカミ・根の国・サホコチタルを除く本州」 です。


■アシ原 (あしはら:▽朝原・葦原)
先ほどの “アシ原” と異なり、これは 「中央政府の本領・朝廷」 を意味します。 ▶朝廷

 つまりこのアシハラも “中国(なかくに)” の換言であり、
 他文献には 葦原中国(あしはらのなかつくに) という表現も見られます。


■千五百秋 (ちゐもあき)
「中国の全1500村の総収穫高」 をいいます。 ▶中国(なかくに)

 ★千五百 (ちゐも)
 23アヤで説かれますが、「中国に存在する村の総数」 です。

 ★秋 (あき)
 アク(上ぐ)の名詞形で、「あがり・収穫・生産高」 などが原義です。


汝 (いまし)
イマス(坐す・在す)の名詞形で、「(目の前に) いる人」 という意です。
 
 ★います・ゐます (坐す・在す)
 イ/ヰ(“居る” の連用形)+マス(坐す・在す交ず) の同義語連結です。
 「結び付く/結い合わす・すわる/据える」 などが原義で、もとは尊敬語ではありません。


■領らす (しらす)
シル(知る・領る)+アス(▽合す・▽和す) の短縮で、
「我が物とする・支配する・治める・調える」 などの意です。


■経と矛 (ととほこ)
ト(▽経)は タマ(▽尊・瓊)と同義で、「尊いもの・上に置くもの・優先するもの」 を
原義とし、具体的には 「経(たて)・法」 をいいます。そのモノザネがタマ(珠)です。
ホコ(矛)は 「懲戒力・警察力」 を象徴するモノザネです。 ▶モノザネ

 したがって “経と矛 賜ふ” は、二尊が 法を定めて施行する権利と、
 それに従って裁き・懲戒する権利を授かったことを意味し、
 すなわちそれは、中央政府の君 (国家君主) に認定されたことを示すものです。

 

【概意】
時にヒタカミの中央政府より、イザナギとイザナミの二尊に、
「中央政府の中国は千五百村の収穫がある。これを用いて汝が治めよ」 と、
“経と矛” (法と警察力の行使権) を授ける。

 
 ホツマの23アヤでは次のように語られています。

 天の尊 嗣なく政 尽きんとす 故イサナギに 宣給ふは
 「響アシ原の 千五百秋 瑞穂の田あり 汝 行き 領すべし」 とて
 経と矛と 授けたまわる  〈ホ23〉



―――――――――――――――――――――――――――――
 ふたかみは うきはしのゑに さくりうる
 ほこのしつくの おのころに みやとのつくり
―――――――――――――――――――――――――――――
 二尊は うきはしの上に さくり得る
 祝のしづくの オノコロに 宮殿造り
―――――――――――――――――――――――――――――

■うきはしの上 (うきはしのゑ)
ウキハシは ウク(受く・請く)+ハス(▽合す・▽和す) の名詞形で、
ウケアイ(請合い)ウケイ(誓ひ) と同じです。これは 「約束・契約・協力」 を意味し、
この場合は 「根の国とヒタカミ国の協力」 をいいます。

イザナギは根の国主の子、イザナミはヒタカミ国主の娘でした。二人を結婚させて
夫婦の国君とし、それを以て中央政府を復活しようという 「協力・契約」 です。
この 「協力の上」 に二尊は立脚しています。


 クニトコタチ─クニサツチ┐
   (I)     (II)  │
 ┌───────────┘
 ├トヨクンヌ─ウビチニ┬ツノクヰ─オモタル
 │ (III)    (IV) │  (V)   (VI)   
 │          │           
 │          └アメヨロツ┬アワナキ──イサナキ
 │          (養子)↑  └サクナキ    │
 │             └─────┐     │
 ├ハコクニ─東のトコタチ┬アメカガミ─アメヨロツ  │
 │      (初代)  │             │
 └ウケモチ       └タカミムスビ─トヨケ─イサナミ
               (2〜4代)   (5代)


■さくる (決る・刳る)
サカル(盛る)の他動詞形で、シャクル(決る・刳る)の変態です。
「上げる・すくう・栄す」 などの意を表します。

 根とヒタカミの2国間の協力の上に立脚する二尊は、
 和の道が衰えて 秩序の失われた国家をすくい上げるのです。


■祝のしづく (ほこのしづく)
ホコ(▽祝)は ホグ(祝ぐ)の名詞形で、ホギ(祝・寿)の変態です。
ここでは 「成功・成就」 などを意味します。
シヅク(滴)は「結んだもの・結果・成果・果実」などをいいます。

 ★しづく (滴・)
 シツ(▽親つ・▽執つ)+ツク(付く) の短縮 "シツク" の名詞形です。
 「合い/合わせ・結び」 が原義で、水とは本来無関係です。
 辞書は “水や液体のしたたり落ちる粒” と説明しますが、
 「(落ちたり流れたりせずに) 結んで形となったもの」 をいいます。


■オノコロ
この場合は、国家の中心・中枢である 「中央政府・都」 を意味します。

 オノコロについては18アヤで詳しく説明します。

 

【概意】
二尊は、根国とヒタカミ国の協力の上に立脚して、
和の道が衰えて秩序の失われた国家をすくい上げ、
その成功の果実として得た都に、中央政府の宮殿を造り、



―――――――――――――――――――――――――――――
 おおやまと よろものうみて
 ひとくさの みけもこかひも みちなして
 わいためさたむ いさおしや
―――――――――――――――――――――――――――――
 大ヤマト 万物生みて
 人草の 食も籠交ひも 道 成して
 わいため定む 功や
―――――――――――――――――――――――――――――

■大ヤマト・大和・▽大日本 (おおやまと)
「ヤマト(和)の道が覆う範囲」 を意味し、今風に言えば 「日本国家・大日本国」 です。
この “オオ” は オフ(覆う)の名詞形です。 ▶ヤマト(和・大和・倭)
 
 ★ヤマト (地名:和・大和・倭・▽日本)
 地名としてのヤマトは、和の道が最初に通った ナカクニ(中国) の別名として始まります。
 そして和の道がしだいに多くの地に敷かれ、国家全域に通るに及んで 日本の国号となります。


■万物生む (よろものうむ)
中央政府の皇統がオモタル&カシコネで断絶した後の、長き混乱の時代の中で、
社会のシステムはダウンし、人々の生活も その心も獣と化し、すべてが無の状態に帰します。
時に皇統を受け継いだ二尊は 再び無から万物を生み出さねばなりませんでした。

 ★万・萬 (よろ)
 ヨル(揺る)の名詞形で、「揺れ動くさま」 を原義とし、
 「多種多様・たくさんあるさま・いろいろあるさま」 を意味します。イロ(色)の変態です。


■人草 (ひとくさ)
“人” は 「君と臣」 をいいます。
“草” は アオヒトクサ(青人草/青人種) の略で、「民」 の別称です。
ですから “人草” は 今風に言えば、人民(じんみん)・臣民(しんみん) です。

 君と臣は一人前の 「人」 ですが、民は アオヒトクサ(青人種) と呼び、
 「いずれ人に育つ種(たね)・半人前」 と考えられています。


■籠交ひ (こかひ・こかい・こかゐ)
コカヒには複数の意味があるのですが、ここでは 「衣服をつくること」 をいいます。

 コ(籠)は 「囲み・包み」 が原義で、「籠・繭・衣」 などをいい、
 カヒ(交ひ)は 「まじえ・結い・編み・織り」 などの意です。


わいため (弁別)

 

【概意】
全国に万物を生み、人民の衣食をまかなう道を示し、
再び秩序を定めるという功を打ち立てるのである。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨