⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第23回 [2023.8.5]

第六巻 日の神十二后の文 (2)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ひのかみそふきさきのあや (その2)
 日の神十二后の文 https://gejirin.com/hotuma06.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 きつさねの つほねはかわり みやつかゑ
 そのなかひとり すなおなる せおりつひめの みやひには
 きみもきさはし ふみおりて あまさかるひに むかつひめ
 つひにいれます うちみやに
―――――――――――――――――――――――――――――
 東西南北の 局は替り 宮仕え
 その中一人 素直なる セオリツ姫の ミヤビには
 君もきざはし 踏み降りて “あまさかるひに 向つ姫”
 つひに入れます 内宮に
―――――――――――――――――――――――――――――

東西南北 (きつさねのつぼね)

■宮仕え (みやつかゑ・みやつかえ)
「主人に付いてお世話すること」 をいいます。
は 「中心・主」 を意味し、この場合は 「アマテル君」 です。


素直 (すなお)
ス(素・▽直)+ナオ(直) の連結です。
「反り曲りのないさま・片寄りのないさま・中庸なさま」 をいいます。
言葉を換えれば 「和らぐさま・調和するさま」 です。


■セオリツ姫 (せおりつひめ)
この名前の由来がここで語られています。
セ(背)+オリ(下り・降り)+ツ(=の)+ヒメ(姫) で、
セ()は 「男・夫」 を意味し、ここではアマテル君を指します。
オリツ(降りつ)は 「降りたる」 という意です。
ですから 「アマテル君が階段を踏み降りたる姫」 という意味です。

セオリツ姫はさきに “サクナダリ・セオリツ・ホノコ” と紹介されてますが、
サクナダリは 「勢いよく滑り落ちること」 を意味し、セ(背/瀬) にかかる
枕言葉です。これはアマテルが速川の瀬で禊していた時、滝から滑り落ちた
ことに由来します。ですから サクナダリ・セオリツ・ホノコは
「滝から滑り落ちる如くの勢いで、君が階段を降り下ったホノコ姫」 という意味です。

 昔 ハタレを 敗らんと 禊なす時 神の裳の 岩に懸かりて
 ひた引けば 滝落ち下る “さくなだり”    〈ホ28-8〉


■ミヤビ
ミユ(見ゆ)+ヤフ(▽和ふ・▽結ふ) の同義語短縮 “ミヤフ” の名詞形で、
「合わせ・結び・調和・同調・協調・協和」 などが原義です。
多くの意味に使われますが、ここでは セオリツ姫の 「協調性・協和性」 をいいます。

 辞書にある 雅(みやび) も、語源は同じと考えますが、
 後世、大きく意味が変わってしまったようです。


きざはし (階・▽刻橋)
「きざみのある橋・ギザギザの橋」 の意で、「階段」 をいいます。
おそらく、君の玉座である 高御座(たかみくら) の階段をいうのでしょう。

 ハシ(橋)は ハスの名詞形で、ハスは ハサム(挟む挿む)の母動詞です。
 ですから 「間にはさむもの」 を意味します。ゆえにハシ(箸)も同源です。


■踏み降る (ふみおる)
このフムは フル(振る・▽奮る)の変態で、「勢いよく・奮って」 の意を
続く動詞に添えます。ここでは 「勢いよく降りる・跳び降りる」 という意です。


■あまさかるひに向つ姫 (あまさかるひにむかつひめ)
“アマサカルヒ” はアマテルを指しますが、3つの意味が重なります。
 (1) “天下がる日”  高御座を下る日の神。
 (2) “陽陰下がる霊” 日月が世に下った神霊。
 (3) “和栄る日”   やわして照らす日の神。

ムカツヒメ(向つ姫)は、その神に「向かう姫・相対する姫」という意で、
アマテル君の内宮となったセオリツ姫のまたの名です。
日に向つ姫(ひにむかつひめ)、また 日の前向つ姫(ひのまえむかつひめ)
とも呼ばれます。

 廣田神社 (ひろたじんじゃ)
 兵庫県西宮市大社町7-7。
 現在の祭神:撞賢木厳之御魂天疎向津媛命
       (つきさかきいつのみたまあまさかるむかいつひめのみこと)
 
・かつて 「向か津峰」 と呼ばれた六甲山全山は、廣田神社の社領であったという。

 日前国懸神宮 (ひのくまくにかかすじんぐう)
 和歌山県和歌山市秋月365。 
 現在の祭神:日前大神、国懸大神 他

  
■内宮・内つ宮・内つの宮 (うちみや・うちつみや・うちつのみや)
「宮の中心部(最奥部)」 の意で、ここは国君の 「居住区」 です。
そしてまた 君と共にそこに居住する 「正妃」 を “内宮” と呼びます。

 他の12人の后は 斎侍/側室 の扱いですが、
 内宮は 「皇后・正妃・中宮」 の身分です。
 “内宮に入れる” というのは、「皇后に選出する」 ことを意味します。

 

【概意】
東・西・南・北の4局は交替で宮仕え。
その中一人、素直なるセオリツ姫の協調性には、君も階段を飛び降りて、
ついに “あまさかる日に向つ姫” を内宮に入れます。



―――――――――――――――――――――――――――――――
 かなやまひこか うりふひめ なかこおすけに そなえしむ
 これおこよみの うりふつき 
 みなはたおりて みさほたつ
―――――――――――――――――――――――――――――――
 カナヤマヒコが ウリフ姫 ナカコを典侍に 備えしむ
 これを暦の “ウリフ月”
 皆 機織りて 操立つ
―――――――――――――――――――――――――――――――

■カナヤマヒコ (▽要山彦)
美濃国を知行する地守で、中山道を開きました。
カナ(▽要)は カヌ(兼ぬ)の名詞形で、「中 (中央・中心)にあるさま」 の意。
“要山” は “中山” と同義で 「木曾山脈」 をいい、また 「その山の国=美濃」 を表します。
ヒコ(彦)
は 「臣・守」 の換言です。記紀には 金山毘古神/金山彦神 と記されます。

 南宮大社 (なんぐうたいしゃ)
 岐阜県不破郡垂井町宮代字峯1734-1。  
 現在の祭神:金山彦大神、彦火火出見命、見野命
 ・旧名は仲山金山彦神社といいます。


■ウリフ姫ナカコ (うりふひめ・なかこ)
カナヤマヒコの娘で、“ウリフ姫” は通称、“ナカコ” は斎名です。
内宮に昇格したセオリツ姫の空きを埋めるため、南の局の典侍に入ります。
ウリフは “瓜生” の意で、「真桑瓜の生える国=美濃」 を表すと考えます。


■暦のウリフ月 (こよみのうりふつき)
局の人員の調整にウリフ姫を入れましたが、12后は月になぞらえるため、
暦の調整のために加える月も、“ウリフ月” と呼ぶことにしたのでしょう。
これが後に “閏月(うるふづき)” と呼ばれるようになったと考えられます。

 ★暦 (こよみ)
 コユ(越ゆ)ヨム(読む) の短縮 “ヨコム” の名詞形で、
 両語とも 「行き来する・回る・巡る・進む・還る・繰り返す」 などが原義です。
 ですからコヨミ(暦)は 「回転・巡回・進展・帰還」 などが原義で、
 60年/60日で一巡する ヱト(干支) の換言です。


■機織りて操立つ (はたおりてみさほたつ)
ミサホ(操)は 「他にそれないさま・一筋・一途」 などが原義です。
タツ(立つ・▽達つ)は ここでは 「達する・つらぬく・通す」 などの意です。
ですから 「機を織って一筋を通す」 という意味になります。

 “機を織る” ことは、まっすぐな経糸に緯糸を隙間なくぴったり添わせて通す
 ということですが、キミ(木実)と同じ理由で、男は経に、女は緯に喩えます。
 そのため機織りは、妻が夫にぴったりと添って一筋を通すこと、つまり
 操を立てることを象徴する行為となるわけです。

 ★操 (みさほ)
 ミス(見す)+サフ(障ふ・支ふ) の同義語短縮の名詞形で、サフは ソフ(添ふ・沿ふ)の
 変態です。両語とも 「合わす・添う/沿う・離れず・逸れず」 などが原義です。
 マメ(忠)と同義ですが、マメ(忠)は主従関係に、ミサホ(操)は男女関係に用います。

 

【概意】
カナヤマヒコのウリフ姫ナカコを典侍に配備させれば、
これが暦の “ウリフ月” の名の起りである。
后らは皆、機を織って君に一筋を通す。



 【内宮選定後のアマテルの13后】             出身地

 内宮    :セオリツ姫ホノコ  (サクラウチの娘)  ホツマ国

 北の局 典侍:マス姫モチコ    (クラキネの娘)   根の国
     内侍:コマス姫ハヤコ   (  〃   )   根の国
     乙下:アチコ       (カダの娘)     ヤマシロ

 東の局 典侍:オオミヤ姫ミチコ  (ヤソキネの娘)   ヒタカミ
     内侍:タナハタ姫コタヱ  (  〃   )   ヒタカミ
     乙下:ソガ姫       (ツクバハヤマの娘) ツクバ

 南の局 典侍:ウリフ姫ナカコ   (カナヤマヒコの娘) 美濃
     内侍:ワカ姫ハナコ    (   〃   )  ホツマ
     乙下:イロノヱ姫アサコ  (カスヤの娘)    ツクシ

 西の局 典侍:ハヤアキツ姫アキコ (カナサキの娘)   ツクシ
     内侍:オリハタ姫オサコ  (ムナカタの娘)   ツクシ
     乙下:トヨ姫アヤコ    (  〃   )   ツクシ



―――――――――――――――――――――――――――――
 おとつきよみは ひにつきて たみのまつりお たすけしむ
 いよのふたなの をさまらて つきよみやれは
 いふきあけ とのみやにたす
―――――――――――――――――――――――――――――
 弟ツキヨミは 日に次ぎて 民の纏りを 助けしむ
 イヨの二名の 治まらで ツキヨミ遣れば
 息吹上げ 凸の宮に治す
―――――――――――――――――――――――――――――

ツキヨミ

■日に次ぐ/継ぐ (ひにつぐ)
“日” は 「日の神」 すなわち アマテル君を指します。
ツキヨミは、ここを含めた3か所で “日に次ぐ/継ぐ” ことを言われています。

・ツキヨミの尊 日に次げと アメに上げます   〈3アヤ〉
・弟ツキヨミは 日に次ぎて 民の政を 助けしむ 〈6アヤ〉
・昔 二尊 日の神を君 月は次ぐ 次ぐは臣    〈28アヤ〉


纏り・政 (まつり)
ここでは 「まとめ・束ね・治め」 の意です。


■イヨの二名 (いよのふたな)
イヨアワフタナ(伊予阿波二名) の略形です。


息吹・気吹 (いぶき)
イブク(息吹く・気吹く)の名詞形で、「勢い・栄え・活発・活躍」 などの意を表します。
イサオシ(功)と同義です。


■凸の宮 (とのみや)・凸宮 (とつみや)
“イブキトの宮” の短縮で、四国を治める役所の名です。これは 「イブキを上げた宮」 の
意と思われるので、‘ト’ は タチ(立)と同義でしょう。それゆえ仮に “凸” と当てています。
このことにより四国は トツクニ(▽凸国) とも呼ばれるようになります。

 これ以前は、四国はイヨツヒコ (またの名アワツヒコ) が治めていました。
 ツキヨミは イヨツヒコの娘のイヨツ姫を娶って四国の治めを引き継いだようです。
 ツキヨミとイヨツ姫の間に生まれる子が イブトキヌシ/イブキヌシ です。

 ツキヨミの妻 イヨツ姫 生むモチタカは イブキヌシ 〈ホ6〉


治す (たす)

 

【概意】
弟ツキヨミは  “日に次ぐ” とて、民の纏りを助けさせる。
四国が治まらぬのでツキヨミを派遣すれば、勢いを上げて凸の宮に治す。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ちたるくに ますひとこくみ おこたれは たまきねつけて
 ひたかみは やそきねにたす たかきねお きみのたすけと
 たまきねは ゆきてさほこの くにおたす みやつのみやそ
―――――――――――――――――――――――――――――
 チタル国 マスヒト・コクミ 怠れば タマキネ付けて
 ヒタカミは ヤソキネに治す タカキネを 君の輔と
 タマキネは 行きてサホコの 国を治す ミヤツの宮ぞ
―――――――――――――――――――――――――――――

■チタル国 (ちたるくに)
ホソホコチタル国/サホコチタル国 の略称です。

 
■マスヒト (益人・▽纏人) ■天のマスヒト (あめのますひと)
「天(=中央)から任命されて地方の国を纏る統治者」 をいい、地守のトップです。
副マスヒトが2人添えられます。アマテルが君になってからは ツウヂ(通ぢ) とか
クニツコ(国造) と呼ばれることが多くなります。

 マスは マス(増す・▽纏す)の名詞形で、「合わせ・まとめ・統べ」 などの意です。
 ヒト(人)は ヒトクサ(人草)と言う場合のヒトで、この場合は 「臣」 の換言です。
 大祓詞に 天之益人(あまのますひと) として登場します。

 安国と 平らけく 知し食さむ国中に 成出(なりい)でむ
 
天之益人等が 過ち犯しけむ 雑雑の罪事は  〈大祓詞


■コクミ
サホコチタル国のマスヒトの名です。大祓詞に “胡久美” と記されます。

 白人(しろひと) 胡久美(こくみ) 己が母犯せる罪 己が子犯せる罪
 母と子と犯せる罪 子と母と犯せる罪         〈
大祓詞


■タマキネ・トヨケ・トヨウケ
タマキネは、5代タカミムスビで、オモタル&カシコネの後を受けて
暫定的に国家を統べた トヨケ/トヨウケ(響受け) の斎名です。 ▶タカミムスビ

 クニトコタチの皇統を受け継ぐ本来の中央政府が、オモタル&カシコネを最後に
 断絶した後、その国家危機を支えたのはヒタカミ国主のトヨケでした。
 トヨケは根の国主の息子タカヒトと、自分の娘のイサコを婚姻で結び、
 この夫婦を国家君主として新たな中央政府(皇統)を打ち立てるのです。
 二尊の代嗣として貴い神霊が顕現することを願うトヨケは、出羽国の鳥海山
 8千回のモノ忌みを行って根源神アメノミヲヤに祈ります。その祈りが通じ、
 日月の神霊の顕現として誕生するのがアマテル神(斎名ワカヒト)です。ワカヒトは
 若い頃、ヒタカミに滞在して祖父のトヨケから 陽陰の道 を学んでいます。


 クニトコタチ─クニサツチ┐
   (I)     (II)  │
 ┌───────────┘
 ├トヨクンヌ─ウビチニ┬ツノクヰ─オモタル
 │ (III)    (IV) │  (V)   (VI)    ┌クラキネ
 │          │           ├ココリ姫
 │          └アメヨロツ┬アワナキ─┴イサナキ┐
 │          (養子)↑  └サクナキ   (VII) ├ヒルコ
 │             └─────┐       ├アマテル
 ├ハコクニ─東のトコタチ┬アメカガミ─アメヨロツ    ├ツキヨミ
 │      (初代)  │               ├ソサノヲ
 └ウケモチ       └タカミムスビ─トヨケ┬イサナミ┘
               (2〜4代)   (5代)├ヤソキネタカキネ┬オモヒカネ
                        │ (6代)   (7代) ├ヨロマロ
                        ├カンサヒ     ├フトタマ
                        └ツハモノヌシ   ├タクハタチチ姫
                                  └ミホツ姫

 
 大物忌神社 (おおものいみじんじゃ)
 山形県飽海郡遊佐町。  
 現在の祭神:大物忌大神
 ・<筆者注> 大物忌大神は8千回の物忌を行ったトヨケを指します。

 真名井神社 (まないじんじゃ)
 京都府宮津市江尻、籠神社奥宮。
 現在の祭神:豊受大神

 豊受大神宮 (とようけだいじんぐう)
 三重県伊勢市豊川町279番地。
 現在の祭神:豊受大御神


ヒタカミ
 
■ヤソキネ ■カンミムスビ
タマキネ(=トヨケ)の代嗣子で、イサナミの兄弟です。
トヨケを継いでタカミムスビ6代目となります。ヤソキネは斎名です。
子のタカキネにその位を譲って以降は、カンミムスビ とも呼ばれます。


■タカキネ・タカギ
ヤソキネの代嗣子で、7代のタカミムスビです。幼名をフリマロといい、
若きアマテルがヒタカミに滞在している間、常にそばに侍っていました。
オモイカネの父です。タカキネは斎名で、タカギとも呼ばれます。

 高天彦神社 (たかまひこじんじゃ)
 奈良県御所市北窪158。 
 現在の祭神:高皇産霊神


■サホコの国 (さほこのくに)
これも ホソホコチタル国/サホコチタル国 の略称です。


■ミヤヅ (宮津)
天の橋立で有名な、今の京都府宮津市です。 ▶宮 ▶ツ(津/都)
サホコチタル国
は ここを都としていました。マナヰ、ヨサ、カサヌヒ とも呼ばれます。

 

【概意】
チタル国は マスヒトのコクミが怠るため、タマキネを付けて、
ヒタカミはヤソキネに治めさせる。
タカキネをアマテル君の補佐となして、
タマキネは現地に行ってサホコの国を治す。ミヤツの宮ぞ。



―――――――――――――――――――――――――――――
 つきすみは しまつひこより ななよすむ いまかなさきの
 ゑたかはね むなかたあつみ たすけしむ
―――――――――――――――――――――――――――――
 ツキスミは シマツヒコより 七代統む 今カナサキの
 枝姓 ムナカタ・アヅミ 助けしむ
―――――――――――――――――――――――――――――

ツキスミ


■シマツヒコ
太古アワ国の安曇川で 朽木に乗って羽を乾かす鵜を見て、イカダを発明した人です。
子も孫も船の開発者でしたが、この一族は船を得て海に乗り出し、
九州北部の地に新天地を見出して開拓したようです。

 シマツヒコ─オキツヒコ─シガ─?─?─?─カナサキ

 船はいにしえ シマツヒコ 朽木に乗れる 鵜の鳥の アヅミ川行く
 イカダ乗り 棹差し覚え 船となす 子のオキツヒコ 鴨を見て 櫂を造れば
 孫のシガ 帆ワニ成す 七代カナサキは オカメを造る 〈ホ27〉


■統む (すむ)
スブ(統ぶ) の変態で、「結う・まとめる・束ねる」 などの意です。


カナサキ
シマツヒコの7代の孫が カナサキです。

 ナカ川に生む 底ツツヲ 次 中ツツヲ 上ツツヲ これカナサキに 纏らしむ
                                〈ホ5-3〉


ムナカタ ■アヅミ
どちらもシマツヒコを先祖とする造船一族の末裔で、カナサキと同族です。

 またアツ川に 底と中 上ワタツミの 三守生む これムナカタに 纏らしむ
 またシガ海に シマツヒコ 次 オキツヒコ シガの守 これはアヅミに 纏らしむ
                                  
〈ホ5-3〉

 

【概意】
九州は、シマツヒコより七代に渡って統べきたる氏族の、
当代のカナサキに委ね、枝姓のムナカタとアヅミに補佐させる。


 つまり、イサナキが敷いた九州経営の基盤を、
 アマテル君はそのまま踏襲したわけです。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨