⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第52回 [2023.9.27]

第十巻 カシマ直ち 連り鯛の文 (4)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 かしまたちつりたいのあや (その4)
 カシマ直ち 連り鯛の文 https://gejirin.com/hotuma10.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 このたひは たかみむすひの とみかれお
 のそくかとての かしまたち 
 はにすきまつる かみはかり
―――――――――――――――――――――――――――――
 この度は タカミムスビの 臣枯れを
 除く門出の カシマ直ち
 埴 直き纏る 守諮り

―――――――――――――――――――――――――――――

■タカミムスビ
7代タカミムスビのタカキネです。タカミムスビはヒタカミ国の統治者を
指す役名ですが、タカキネはカフノトノ(代の殿)に就任し、病弱の和つ君
オシホミミに代わり、近江の多賀で中央の政を執っています。ヒタカミでは
この間、子のヨロマロがタカミムスビの職務を代行しています。

 クニトコタチ─クニサツチ┐
   (I)     (II)  │
 ┌───────────┘
 ├トヨクンヌ─ウビチニ┬ツノクヰ─オモタル
 │ (III)    (IV) │  (V)   (VI)    ┌クラキネ
 │          │           ├ココリ姫
 │          └アメヨロツ┬アワナキ─┴イサナキ┐
 │          (養子)↑  └サクナキ   (VII) ├ヒルコ
 │             └─────┐       ├アマテル
 ├ハコクニ─東のトコタチ┬アメカガミ─アメヨロツ    ├ツキヨミ
 │      (初代)  │               ├ソサノヲ
 └ウケモチ       └タカミムスビ─トヨケ┬イサナミ┘
               (2〜4代)   (5代)├ヤソキネ─タカキネ─オモヒカネ
                        │ (6代)   (7代)
                        ├カンサヒ
                        └ツハモノヌシ


■臣枯れ (とみがれ)
「臣としての落ちぶれ・醜態・恥辱」 などをいいます。
これは、君の代理として国家の政を司る “代の殿” のタカキネが、
過去3度イヅモを正すことに失敗していることを指します。


■門出 (かどで・かどいで)
カドデは「門を出ること・出発」という意ですが、
角/才が出ること・開運」 という意を常に含みます。
ここでは後者の意味合いが強いようです。

 ★門 (かど)
 カツ(糅つ)の名詞形で、カツ()の変態です。
 「合わせ・締め・閉じ・括り」 などが原義です。


カシマ (▽曲染・▽汚染) ■直ち (たち)
”カシマ直ち” は 「さかしま/よこしまの直し・正し」 という意です。


■埴 (はに)
「下・地・土」 を意味し、この場合は 「天下・国土」 を表します。


■直き纏る (すきまつる)
スク/スグ(直く/直ぐ)+マツル(纏る) の連結で、「直し治める・まっすぐに調える」 などの意です。
このスク/スグは ススグ(濯ぐ)の母動詞ですが、単独の動詞としては現在残っていません。

 

【概意】
この度はタカミムスビの臣枯れを除く命運をかけたカシマ直ち。
天下を直し調える守諮り。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ふつぬしよしと みないえは たけみかつちか すすみいて
 あにたたひとり ふつぬしか まさりてわれは まさらんや
 たかきいさみの みかつちや ふつぬしそえて かしまたち

―――――――――――――――――――――――――――――
 「フツヌシ良し」 と 皆 言えば タケミカツチが 進み出で
 「あに唯一人 フツヌシが 優りて我は 優らんや」
 タカギ 「勇みの ミカツチや」 フツヌシ副えて カシマ直ち

―――――――――――――――――――――――――――――

■フツヌシ
この人物の素性についてホツマには記述がなく、誰の子かわかりません。
また子孫も無かったようです。日本書紀に 経津主神 と記されます。

 香取神宮 (かとりじんぐう)
 千葉県香取市香取1697。
 現在の祭神:経津主大神

ヰソラミチの軍を敗り、またヰツナミチのモノマに対しては
ツハモノヌシタケミカツチと共に史上初の “霊還し” を実行しました。
それらの功に対しアマテルは ”カトリ尊” の名を授け、ホツマ国の治めを任せます。
フツヌシは 「ホツマ国の主」 という語義です。

フツヌシの妹のアサカ姫は、大和国の春日県を知行するヰチチと結婚して、
カスガマロ(=アマノコヤネ 斎名:ワカヒコ)を生みます。

         ┌フツヌシ
        ??┤
         └アサカ姫┐
              ├─アマノコヤネ
 ツハヤムスビ─??─ヰチチ─┘


■タケミカツチ
以前アマテルに国絵を描くように命じられた、ヒノハヤヒコの別名です。
記紀には 健御雷神/武甕槌命 と記されます。

 鹿島神宮 (かしまじんぐう)
 茨城県鹿嶋市宮中2306-1
 現在の祭神:武甕槌大神

ヰツナミチの軍を破り、そのモノマに対してはツハモノヌシフツヌシ
共に史上初の “霊還し” を実行しました。
アマテルはそれらの功に対し、カフツチ(曲槌)カナイシツチ(要石槌)を賜い、
タケモノヌシ(武モノノベの主)に任じます。

 トヨケ──??──ヲバシリ──タケミカツチ


あに (豈)
ナニ(何)と同じで、ここでは 「なんで?・どうして?」 の意を表します。


■優らんや (まさらんや)
‘ん’ は 打消の ‘ぬ’ の音便。「や」 は疑問詞です。
ですから ”あに” に導かれて、「なんで優らぬか?」 という意を表します。

 ★ん
 ‘ん’ は、推量/意志/勧誘の意にも使われますが、それは打消の反語から発展したものです。
 この例で言えば、「どうして優らぬか?」 → 「優るだろう」 と、打消が推量に転じます。


■タカギ
7代タカミムスビ ”タカキネ” の略形です。

 

【概意】
「フツヌシが良い」 と皆が言えば、タケミカツチが進み出て、
「どうしてフツヌシばかりが一人が優れて、我は優れぬのか」 と。
タカギは 「ミカツチの勇ましさよ」 と、ミカツチにフツヌシを副えてカシマ直ち。



―――――――――――――――――――――――――――――
 いつもきつきに かふつちの つるきおうえて うつくまり
 なちりとふなり みほこりて あさむくみちお
 ならさんと われらつかふそ そのこころ ままやいなやや

―――――――――――――――――――――――――――――
 イヅモキツキに 曲治の 剣を植えて うづくまり
 詰り問ふなり 「みほこりて あざむく道を
 平さんと 我ら仕ふぞ その心 随や否やや」

―――――――――――――――――――――――――――――

■キツキ (屹き)
キツキは キツシ(▽屹し)の連体形が名詞化したもので、
「高まるさま・上にあるさま・至るさま」 などを原義とし、
「高み・中心・都」 などの換言です。
この場合はイヅモ国の 「中心・都/宮・政庁」 をいいます。

 この当時の出雲国の政庁は現在の神魂神社付近と考えていますが、
 後に移転され、その場所をキツキ(杵築)と呼ぶようになったと推しています。

 神魂神社 (かもすじんじゃ)
 島根県松江市大庭町563。 
 現在の祭神:伊弉冊大神、伊弉諾大神
 ・大庭大宮(オウバオウミヤ)とも呼ばれ、出雲国造の大祖の天穂日命が
  この地に天降られて御創建。斉明天皇の勅により出雲大社が成るや、
  杵築(出雲大社)へ移住したる。


曲治の剣 (かふつちのつるぎ)

■剣を植ゆ (つるぎをうゆ)
これは 「大地に剣を突き刺す」 ことをいいます。

 現在でも地鎮祭では鍬や鋤を土に入れたり、鎮物を埋めたりしますが、
 精錬した金属 (地から採取される粗金を精げたもの) を埴に戻し入れる
 ことで、穢れた土地も精げる効果があると考えられていたようです。
 ですから ”剣を植える” という行動は、先出の ”埴 直き纏る” の
 モノザネ
として行ったものと考えていいでしょう。


詰り問ふ (なぢりとふ・なじりとふ)

■みほこる
ミ(見)+ホコル(誇る) の短縮で、「充ちて至る・結んで成る・成功する」 などの意です。

 ミは ミル(見る)の連用形で、「合わす」 が原義の、「結ぶ・充ちる・成る」 などの意。
 ホコルは オコル(怒る/驕る)、アガル(上がる)、イカル(怒る) などの変態で、
 「高まる・勢いづく・優れる・熟す・至る」 などが原義です。


■あざむく道を平す (あざむくみちおならす)
アザムク(欺く)は 「曲げる・逸らす・いつわる」 などが原義。ナラス(平す)は
「(凸凹を)平らにする」 ことをいい、「治める・調える・直す・正す」 と同じです。
ですから 「曲った道を正す」 という意で、“カシマ直ち” と同義です。

 ★あざむく (欺く)
 アス+ムク の連結で、アスは ウス(失す)の変態、ムクは マク(撒く・曲ぐ)の変態。
 両語とも 「離す・逸らす・外す・曲げる」 などが原義です。


■随や否やや (ままやいなやや)
「受け入れるか否むか・服従か拒否か」 という意です。 ▶まま ▶いなや

 

【概意】
イヅモの宮に “曲治の剣” を突き立て、座り込んで詰め寄る。
「おごり高ぶって曲げたる道を正さんため我らは仕えるぞ。その心、服従か拒否か?」



―――――――――――――――――――――――――――――
 おほなむち こたゑとわんと みほさきの つりえききすの
 いなせはき あめのこたえお とふときに ことしろぬしか
 ゑみすかほ われすすかにて たらちねに 

―――――――――――――――――――――――――――――
 オホナムチ 応え問わんと ミホサキの 連りへキギスの
 イナセハギ 天の応えを 問ふ時に コトシロヌシが
 笑す顔 「我 スズカにて」 タラチネに

―――――――――――――――――――――――――――――

■ミホサキ
「中の区分・中央の方・中央政府方・上方(かみがた)」 などの意です。

 ★みほ (美保・三保・美穂・三穂 …)
 ミホは ミフ(▽見ふ)の名詞形で、「合い/合せ」 を原義として、「合・和・中・間」 などの
 意を表しますが、ここでは 「中央・中央政府・御上」 を意味し、アメ(天)の同義語です。

 ★さき (▽割・先崎 …)
 このサキは サク(割く) の名詞形で、「分割・区分・方向」 などを意味します。
 これは “行き先” “宛先” などの サキであり、サカ(境)の変態です。


■連り (つり)
ツル(連る)の名詞形で、ツレ(連れ)の変態です。「連なること/もの」 を意味します。
この場合は 「オオモノヌシに連なる者・補佐代理・副官」 をいい、コトシロヌシ
クシヒコ
を指します。

 ツリ(連り)は ムラジ(連) の換言で、ムラジは 「群がり・群がるもの」 が原義です。
 なお ツリ(連り) と ツリ(釣り) は同義です。ただし ツリ(吊り) は意味が別です。


“ミホサキ” は地名としても登場し、それは今に言う美保関(みほのせき)を指すと思われます。

 釣舟よりぞ ミホサキの ワニ得てここに 着くことも 御胤思えば 〈ホ26〉

それゆえ “ミホサキの連り” は “美保関の釣り” と解釈されて、「コトシロヌシが美保関で鯛を
釣っていた」 と信じられ、それにより美保関に美保神社が建てられたと考えています。

 美保神社 (みほじんじゃ)
 島根県松江市美保関町美保関608。
 現在の祭神:事代主神、三穂津姫命

この後に “鉤の鯛” “ヱミスタヰ” の話も出てくるので無理もありませんが、中央政府方に
あって国政を司るクシヒコが、このとき美保関で釣りをしていたとは考えにくいため、
ここに言うミホサキと、島根半島東端の美保関とに 直接の関係は無いと見ています。


キギス・キジ (雉子)

■イナセハギ (否然接ぎ)
オホナムチがクシヒコに飛ばしたキギス(伝令使)の名です。
これは 「否然を取り次ぐ者」という語義ですが、日本書紀は 稲背脛 と記します。
イナセ(否然)は “随や否やや” の換言で、ハギ(接ぎ)は ツギ(接ぎ・継ぎ)と同じです。
この人物も 「神使」 の名で 美保神社に祀られています。

 美保神社 (みほじんじゃ)
 島根県松江市美保関町美保関608。
 神使社祭神:稲脊脛命


コトシロヌシ
クシヒコを指します。

  ソサノヲ┐      
      ├──オホナムチ──┐┌─クシヒコ
  イナタ姫┘ (オオモノヌシ) ││(コトシロヌシ)
                ├┤
  アマテル┐         │├─タカコ
      ├──タケコ────┘└─タカヒコネ
  ハヤコ─┘


■笑す顔 (ゑみすかほ)
「円満な顔・にっこり笑む顔」 をいいます。このためクシヒコは “ヱビス” の別名を持ち、
それが 七福神 「ヱビス様」 のモデルです。  ▶画像


■スズカ (濯か・涼か・清か)
心が 「濯がれた状態・涼やかな状態」 をいい、
曲りなくまっすぐで、「偏りのない心・執着のない心」 を意味します。
スズカについては 13アヤで詳説されます。


タラチネ

 

【概意】
オホナムチは対応を相談しようと、
中央政府方にいる自分の副官に、イナセハギを伝令使として飛ばす。
そこで御上への対応を問ふ時に、コトシロヌシの笑す顔。
「我は心すずやかなれば」 と タラチネに、



―――――――――――――――――――――――――――――
 ほろろなけとも ちのたゐそ さかなときるも おろかなり
 たかまはたみの ゑみすたゐ いとかけまくそ みことのり
 わかちちさらは もろともの かえことなせは

―――――――――――――――――――――――――――――
 『ホロロ泣けども 鉤の鯛ぞ 肴と切るも 愚かなり
 タカマは民の 笑す尊 いとかけまくぞ 御言宣
 我が父退らば 諸共』の 返言なせば

―――――――――――――――――――――――――――――

ホロロ
悲嘆を表す擬音語 (泣き声) です。
ホロロは “ホロリ” の変態で、「ホロホロとくずれ落ちる感じ」 を表します。


■鉤の鯛 (ちのたゐ)
「釣り針にかけられた鯛・泳がせ釣りの餌の鯛」 という意で、泳がされているだけで、
結局は釣り針から逃れることのできない鯛の運命を表しますが、これを 御上に仕えて
働く 「臣の境遇」 になぞらえています。

 ★鉤 (ち)
 「釣り針」 をいいます。
 チは サツ(▽擦つ)の名詞形 “サチ” の略で、「往き来・やりとり・返り/返し」 などが原義です。
 釣り針には抜け防止のため 「かえし」 というものが付いていますが、これがチ(鉤)です。

 ★鯛・▽尊 (たい・たゐ)
 タフトブ(尊ぶ・貴ぶ)の母動詞 “タフ” の名詞形で、「高きさま・上にあるさま」 が原義です。
 ですから魚の “鯛” は 「上等な魚・高貴な魚・尊い魚」 などの意です。


■肴と切るも愚かなり (さかなときるもおろかなり)
釣り人(=御上)に逆らって 「酒のつまみに切られるも愚かなり」 という意です。

 ★肴・▽酒和 (さかな)
 サカ(酒)+ナ(▽和) で、「酒のつまみ」 の意です。
 ナ(▽和)は 「合わせ・添え」 が原義です。


タカマ
ここでは 「御上・中心・中央政府・皇」 などを意味します。天(あめ)と同じです。


■民の笑す尊 (たみのゑみすたゐ)
「民が笑顔で慕い従う尊き存在」 という意味です。


■いと
イタ(▽甚・▽至)の変態で、「いたく・至って・はなはだ」 などの意です。


■かけまく
辞書にはありませんが “カケマシ” という形容詞の連用形で、
カケマシは カシコシ(畏し・恐し)と同義です。
形容詞の連用形は “近く・遠く・多く・早く” などのように、名詞化する場合があります。
これも名詞化した例で、「尊いさま・畏きさま・恐れ多いさま」 を意味します。

 カケマシは カケム+シ(形容詞語尾:如・然) で、
 カケムは カク(▽上く)+ケム(▽上む) の同義語短縮です。
 カクは カグ(香・迦具)の母動詞、ケムは ケム(煙・烟)の母動詞で、
 どちらも 「上がる・のぼる・立ち上る」 などが原義です。


御言宣 (みことのり)
この場合は、国君オシホミミの代の殿タカキネによる “カシマ直ち” の御言宣をいいます。

 

【概意】
『ホロロ泣いても、我ら臣は所詮 釣り針にかけられた鯛ぞ。
 <釣り人(=御上)に逆らって> 酒のつまみに切られるも愚かなり。
 御上は民が笑顔で慕い従う 尊い存在なれば、その御言宣は甚だ畏きものぞ。
 父が退くならば、我も共に』との返言をなせば、

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨