⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第47回 [2023.9.20]

第九巻 八雲打ち 琴つくる文 (5)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 やくもうちことつくるあや (その5)
 八雲打ち 琴つくる文 https://gejirin.com/hotuma09.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 もろかみはかり そさのをか こころおよする しむのうた
 みのちりひれは かはきえて たまふをしては ひかはかみ
 はたれねおうつ いさおしや そこにもとゐお ひらくへし

―――――――――――――――――――――――――――――
 諸守諮り ソサノヲが 心を寄する シムの歌
 実の塵 放れば 曲 消えて 賜ふヲシテは ヒカハ尊
 「ハタレ根を打つ 功や そこに基を 開くべし」

―――――――――――――――――――――――――――――

■シムの歌 (しむのうた:▽統の歌)
次の歌をいいます。

 上下に振る 吾が実のかさゆ シムの幹 三千日挟まで あらぶるおそれ 〈ホ9-3〉


■実の塵放る (みのちりひる)
ミノチリ(実の塵)は 「心の曲り・心の穢れ」 という意で、
“シムの歌” の中の ミノカサ(▽実の曲) の換言です。
ヒル(放る簸る)は 「放つ・離す・除く・排出する」 という意です。
ですから 「心の穢れを除く」 という意になります。

 チリヒル(塵放る) という言葉はどうか記憶しておいてくさだい。
 はるか後の事になりますが、「あー そうか!」 と思う時がやってきます。


(かは・かわ)

ヲシテ (押手)
 
■ヒカハ尊/ヒカワ尊 (ひかはかみ/ひかわかみ)
「曲り/汚穢を払い除く尊」 という意です。

 ★ヒカハ・ヒカワ (▽放曲・▽簸汚・簸川・氷川)
 ヒ(放・簸)+カハ/カワ(▽曲) で、ヒは ヒル(放る簸る)の名詞形。
 「曲り/汚穢/塵 を払い除くこと」 を意味します。曲り/汚穢は次の2つがあります。
  (1) ソサノヲ自身の心の曲り (=実のかさ・実の塵)
  (2) ヒカワの地に屯する汚穢 (=ハタレ・オロチ)

 氷川神社 (ひかわじんじゃ)
 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町一丁目407番地。 
 現在の祭神:須佐之男命


■ハタレ根 (はたれね)
「ハタレの根源」 という意で、サホコ国のマスヒト アメオシヒと、それに群がる
シラヒト・コクミ、またその裏で糸を引くオロチら (モチコ・ハヤコ) をいいます。


基 (もとゐ)
モトオリ(回り・廻り) と同じです。
「回帰する所・源・中心・本拠」 などを意味します。

 

【概意】
諸守は、ソサノヲがその心を寄せた “シムの歌” を議り、
心の穢れを払って罪は消えたと判断。君より “ヒカハ尊” の称号を賜い、
「ハタレの根を打つ功や。そこに本拠を開くべし」 と、



―――――――――――――――――――――――――――――
 やゑかきはたも たまはれは ふたたひのほる
 あめはれて うやまいもふす くしひより
 すかはにきつく みやのなも くしいなたなり
 さほこくに かえていつもの くにはこれ

―――――――――――――――――――――――――――――
 八重垣機も 賜はれば 再び上る
 陽陰晴れて “敬い詣す 貴霊” より
 清郷に築く 宮の名も “クシイナタ” なり
 サホコ国 代えてイヅモの 国はこれ

―――――――――――――――――――――――――――――

■八重垣機・八重垣旗 (やゑがきはた)
ヤヱガキは 「モノノベ」 の別名、ハタ(機)は 「結い・編み・束ね」 を意味します。
ですから 「モノノベを結い束ねる者・モノノベの主」 という意です。
このモノザネとして 「機」 あるいは 「旗」 を賜ったものと思います。

 ★八重垣・▽汚穢垣 (やゑがき)
 「国家を汚穢から守る垣」 という意で、「モノノベ」 の別名です。 ▶八重
 (これについては23アヤで詳しく説明されます)

 ★モノノベ・モノベ・モノフ・モノ (▽模の侍・物部)
 トミ(臣)カミ(守)ツカサ(司) の別称で、「公務員・役人・官吏」 をいいます。
 武官に限りません。 ▶モノ

モノノベの主の証としての “旗” は、後には “剣” に代わり、
その職名も 「八重垣の臣・垣臣・剣臣・モノヌシ」 などと呼ばれるようになります。


■再び上る (ふたたびのぼる)
これは罪人として下民の身分に落とされたソサノヲが、
再び臣として皇宮に上り、君に仕えることをいいます。

 以後ソサノヲは、領主としてサホコの国を知行すると同時に、
 その身は中央政府に置いて、モノノベの主としての職務を執ることになります。


陽陰晴る (あめはる)

■敬い詣す (うやまいもふす)
「敬って参上する」 という意です。このモフスは ここでは モフヅ(詣づ)の変態で、
「(上位者の所へ) 上る・参る・参上して仕える」 ことをいいます。


■貴霊・奇霊 (くしひ・くしい・くしゐ・くしみ・くしひる)
「尊い神霊(みたま)・尊いエネルギー」 という意で、 ▶霊
ここでは 「日月の神霊」 をいい、すなわちアマテルを指します。


■清郷 (すがは・すがわ)
スガ(清)+ガハ/ガワ(側・▽郷) の短縮で、「直き区画・清き区画」 の意です。
これはおそらく ヒカハ(▽卑郷) の反対語で、「汚穢が払われた後のヒカワ」 を意味します。

 須我神社 (すがじんじゃ)
 島根県雲南市大東町須賀260。
 現在の祭神:須佐之男命、稲田比売命、清之湯山主三名狭漏彦八島野命


■クシイナタ (▽貴霊懐)
“敬い詣す貴霊” の換言です。クシイは クシヒ(貴霊)の変態。
ナタは ナツク(懐く)の母動詞ナツの名詞形で、「懐く者・奴(やつこ)」 意味します。
ですから 「貴霊に懐く者・アマテル神の奴」 という意で、ソサノヲ自身を表します。
以後この宮が ミヤヅの宮に代わり、イヅモ国 (旧サホコ国) の政庁となります。

 熊野大社 (くまのたいしゃ)
 島根県松江市八雲町熊野2451番。
 現在の祭神:櫛御気野命
 <筆者注> 櫛御気(クシミケ)の、クシミは クシイ(貴霊)と同じ。ケは 「供」 で、
      「供の者・添う者」 の意と考えます。つまりクシイナタと同義です。


■イヅモ (▽霊詰・出雲)
これまでの イヅモ とは意味が異なります。
この場合は イ(▽霊)+ツモ(▽詰・▽集) で、イは クシイ(貴霊)の略です。
ツモは ツム(詰む・集む)の名詞形で、「詰め寄る・付く・侍る・仕える」 などの意です。
ですから 「貴霊に侍る者」 という意となり、これは “クシイナタ” と同義です。

 

【概意】
八重垣旗 (モノノベの主の証) も賜われば、再び都に上る。
陽陰晴れて “敬い侍る貴霊” より、清郷に築く宮の名も
“クシイナタ” なり。サホコ国を改めてイヅモの国というはこれ。



―――――――――――――――――――――――――――――
 あめのみちもて たみやすく みやならぬまに
 いなたひめ はらめはうたに やくもたつ いつもやゑかき
 つまこめに やゑかきつくる そのやゑかきわ

―――――――――――――――――――――――――――――
 陽陰の道以て 民やすぐ 宮 成らぬ間に
 イナタ姫 孕めば歌に 『八雲直つ イヅモ八重垣
 妻籠めに 生え画造る その栄え堅磐』

―――――――――――――――――――――――――――――

陽陰の道・和の道 (あめのみち)

■やすぐ (和ぐ・安ぐ)
ヤス(▽和す)+スグ(直ぐ) の短縮で、「和して直る/直す・健やかに調う/調える」 などの意で、
ヤスム(安む)・ヤスブ(安ぶ)・ヤワス(和す)・ヤスラグ(安らぐ) などの換言です。

 この場合は、ソサノヲはアマテルの “道なす歌” の意を悟り、
 領民に対してその通りに行ったということでしょう。

 天が下 和して恵る 日月こそ 晴れて明るき 民の父母なり 〈ホ7-4〉


イナタ姫 (いなたひめ)
ソサノヲの妻です。


■八雲直つ (やくもたつ)
「汚穢隈を直す」 という意で、“イヅモ” にかかります。 ▶八雲 ▶直つ(たつ)
汚穢隈というのは、次の2つです。
1.ソサノヲ自身の心の穢れ (=実のかさ実の塵)
2.ヒカワの国に屯する汚穢 (=ハタレ・オロチ)
“八雲直つ“ は 換言すれば、“ヒカハ”(▽放曲・▽放汚) となります。


■イヅモ八重垣 (いづもやゑがき)
イヅモは 「貴霊に侍る者」 の意。ヤヱガキは 「国家を汚穢から守る垣」 という意で、
モノノベの別名ですが、ここではその主を表します。
ですから 「貴霊(アマテル)に仕えるモノノベの主」 という意になります。
そしてこれは 八重垣機を賜ったソサノヲ自身を指します。


■妻籠め (つまごめ)
「妻の身籠り(妊娠)」 の意と、「妊娠した妻を籠らせる所」 の
2つの意をかけているように思います。


■生え画 (やゑがき)
ヤヱ(▽生え)+カキ(垣・▽限・▽画) で、ウブヤ(産屋) の換言です。
ヤヱは ハヱ(生ゑ)の変態。また赤子の別名 “ヤヤ” の変態です。
カキは ここでは 「区分・区画」 を意味します。

 この生え画が 須我神社 ではないかと考えています。


■その栄え (そのやゑ)
このヤヱは ハヱ(栄え)ヤブ(藪)ヤヲ(八百) などの変態で、「繁栄・繁茂」 の意です。
“その栄え” には、「八重垣 (=モノノベの主である自分) が守る国家の繁栄」 と、
「自分が造った産屋の繁栄」、つまり 「我家の子孫の繁栄」 の2つをかけます。


堅磐 (かきわ)
トキワ(常磐)トワ(永久)と同意で、「限りないさま」 をいいます。

 

【概意】
和の道を以て民を和し調える。
まだ宮の成らぬ間にイナタ姫は孕んだゆえ、その歌に

 八雲直つ イヅモ八重垣 妻籠めに 生え画造る その栄え堅磐

 汚穢隈を直した 貴霊に仕える汚穢垣は 身籠る妻を籠めるために
 産屋を造る その栄え (国家と我が子孫の繁栄) に限りはなし



―――――――――――――――――――――――――――――
 このうたお あねにささけて やくもうち ことのかなてお
 さつかりて うたにあわせる いなたひめ
 ついにくしたえ あらはれて やゑかきうちの ことうたそ

―――――――――――――――――――――――――――――
 この歌を 姉に捧げて 八雲打ち 琴の奏でを
 授かりて 歌に合わせる イナタ姫
 ついに貴妙 現れて 八重垣大人の 別歌ぞ

―――――――――――――――――――――――――――――

■姉 (あね)
ソサノヲの姉のヒルコ(=ワカ姫)です。


八雲打ち (やくもうち)

■奏で (かなで)
カナデは 「回り/回し・往き来・動き・波」 などが原義で、
ここでは 「曲・旋律・演奏」 などを意味します。


■貴妙 (くしたえ)
クシ(奇し・▽貴し)+タエ(妙) で、タエは タマ(霊)の変態です。
「貴い神霊」 を意味し、これは 貴霊(クシヒル・クシヒ・クシイ・クシヰ・クシミ) の換言です。


■現る (あらはる・あらわる)
「人として世に生れる・顕現する」 ということです。


■八重垣大人 (やゑがきうち)
ヤヱガキは 「国家を汚穢から守る垣」 という意で、モノノベの別名。
ウチは ウシ(大人)ヲサ(長)ヌシ(主) などの変態で、「治める者」 を意味します。
よって 「モノノベの主」 という意で、オオモノヌシの古名です。
(“オオモノヌシ” という職名は まだこの時点では生れていません)

 これはモノノベの主であるソサノヲの、代嗣の誕生を意味します。
 世に人として生れた “貴妙” が、後に初代のオオモノヌシとなるのです。


■別歌 (ことうた)
“コト” はうまい当て字がないのですが、「分け・分娩・出生」 などを意味します。
ですから 「生みの歌」 という意です。もちろんこれは コトウタ(琴歌) に語呂合せしています。

 

【概意】
この歌を姉ヒルコに捧げれば、
八雲打ちの琴の曲を授かり、歌に合わせるイナタ姫。
ついに貴い神霊が誕生すれば、 “八重垣大人の別歌” ぞ。



―――――――――――――――――――――――――――――
 うむこのいみな くしきねは ことにやさしく をさむれは
 なかれおくめる もろかなも やしましのみの おほなむち

―――――――――――――――――――――――――――――
 生む子の斎名 クシキネは ことにやさしく 治むれば
 流れを汲める 諸が名も ヤシマシの身の オホナムチ

―――――――――――――――――――――――――――――

■クシキネ
オホナムチの斎名です。クシは クシタエ(貴妙)に由来するのでしょう。
キネは斎名の ノリ(乗り・和り) の一種で、ヒト・ヒコ・キネ・ウシ などの種類があります。

 クシキネはソサノヲの第5子の三男ですが、ソサノヲが罪を許され、
 臣の身分に復帰してからの最初の子で、臣としての格式上の長男といえます。
 それ以前の子は下民の子の扱いのようです。


■ことに (異に・別に・殊に)
「とりわけ・格別に・並外れて・特に」 などの意です。
コトウタの コト(別・琴) にかけています。

 ★こと  (異・別・殊)
 コス(越す)の変態 “コツ” の名詞形で 「往き来・回転・移動・変化」 などを原義とし、
 「変りあるさま・普通でないさま・並外れるさま・抜きん出るさま」 などを意味します。


■やさし (優し・▽和さし)
ヤス(▽和す・▽安す)+シ(=如し) で、「和合する如し」 が原義です。
非常に広い意味を持ち、また具体的な行動が示されていないため、ここでの意味を推測
するのは極めて困難ですが、後段の記事から察するに、民を飢えさせないよう食料の
不足に備えたり、害虫の駆除を自ら行ったり、また病人を癒したりと、民を我が子のように
心配して細々と足らし助けたことを、“やさし” と表現しているのではないかと考えてます。


■諸が名 (もろがな)
「諸人が呼ぶ名」 の意で、「慣れ名(なれな)・通り名・通称」 をいいます。


■ヤシマシの身 (やしましのみ)
ヤシマシは ヤス(▽和す)+マス(▽纏す) の名詞形で、「やさしく纏るさま」 をいいます。
マス(▽纏す)は マスヒトのマスと同じです。
記紀には 八島士奴美神・八嶋篠・八島野命 などと記されます。


■オホナムチ
オホ(▽合・▽和)+ナム(嘗む)+チ(方・▽人) で、
これもやはり 「やわし治める方」 という意味を表した名と思います。
記紀には 大己貴命・大穴牟遅神・大名持神・大汝命 などと記されます。

 オホは オフ(合ふ和ふ)の名詞形、ナム(嘗む)は “纏る” と同義。
 チは アチコチ(彼方此方)のチで、カタ(方)と同じ。

 

【概意】
生む子の斎名クシキネは、ことに優しく治めれば、
その流れを汲む通称も、"ヤシマシの身のオホナムチ"。



―――――――――――――――――――――――――――――
 つきはおおとし くらむすひ つきはかつらき ひことぬし
 つきはすせりめ ゐをみめそ

―――――――――――――――――――――――――――――
 次はオオトシ クラムスビ 次はカツラギ ヒコトヌシ
 次はスセリ姫 五男三女ぞ

―――――――――――――――――――――――――――――

■オオトシクラムスビ
ソサノヲとイナタ姫の4男です。この人はこの名のゆえに、豊穣神と混同されています。
ホツマにも目立った事績は記述されていませんが、カマド尊のオキツヒコの父です。
また古事記の記述を信じればヤマクイの父でもあります。

 大歳神社 (おおとしじんじゃ)
 奈良県橿原市石川町宮ノ本332。
 現在の祭神:大歳神、大山咋命


■カツラギヒコトヌシ
ソサノヲとイナタ姫の5男で、ヒトコトヌシとも呼ばれます。
この人も これといった事績は記述されていませんが、その名からも判る通り、
早い時期から葛城国を領していたようです。しかしその経緯についての説明はありません。
カツテ尊の父です。

 葛城一言主神社 (かつらぎひとことぬしじんじゃ)
 奈良県御所市森脇432。 
 現在の祭神:葛城一言主大神


■スセリ姫 (すせりめ)
スサノヲとイナダ姫の3女です。名前以外の記はありません。

 大名持神社 (おおなもちじんじゃ)
 奈良県吉野郡吉野町河原屋86。 
 現在の祭神:大名持御魂神、須勢理比羊命、少彦名命


■五男三女 (ゐをみめ)
生れた順に列挙しますと、
1.オオヤヒコ 2.オオヤ姫 3.ツマツ姫 4.コトヤソ
5.オホナムチ 6.オオトシ 7.ヒコトヌシ 8.スセリ姫

1〜4はソサノヲの下民時代の子、5〜8は臣に復帰して以降の子です。
下民時代の子については名前しか紹介されず、扱いに大きな差があります。

 ソサノヲ┐┌オオヤヒコ
     ├┼オオヤヒメ
 イナタ姫┘├ツマツ姫
      ├コトヤソ
      ├オホナムチ
      ├カツラギヒコトヌシ
      ├オオトシクラムスビ
      └スセリ姫
ちなみに5男3女という構成は、アマテルの子の構成と同じです。
1.ホヒ 2.タケコ姫 3.タキコ姫 4.タナコ姫
5.アマツヒコネ 6.イキツヒコネ 7.クマノクスヒ 8.オシホミミ

 

【概意】
次はオオトシクラムスビ。次はカツラギヒコトヌシ。次はスセリ姫。
5男3女ぞ。



―――――――――――――――――――――――――――――
 きみくしきねお ものぬしに たけこおつまと なしてうむ
 あにはくしひこ めはたかこ おとはすてしの たかひこね

―――――――――――――――――――――――――――――
 君 クシキネを モノヌシに タケコを妻と なして生む
 兄はクシヒコ 妹はタカコ 弟はステシノ タカヒコネ

―――――――――――――――――――――――――――――
 
■モノヌシ ■オオモノヌシ
「モノノベの主・公務員の主」 の意で、この場合は オオモノヌシと同じです。 ▶モノノベ
オオモノヌシは 「中央政府のモノヌシ」 をいいますが、この時代には政府は1つしかないので、
モノヌシ=オオモノヌシ です。

 この官職はソサノヲが賜った 「八重垣機」 と基本的に同じですが、アマテルは
 これを “オオモノヌシ” と名を変え、きっちり制度化して行政システムに組み入れます。
 ゆえに初代オオモノヌシはオホナムチとされ、以降はその長男により世襲されます。

 以後オホナムチはイヅモの国を受け継いで知行すると同時に、
 その身は都の中央政府に置いて、オオモノヌシとして国家の政務を司ることになります。


タケコ

■クシヒコ
オホナムチとタケコの長男です。クシヒコは斎名です。


■タカコ
オホナムチとタケコの長女です。タカ姫とも呼ばれます。
(“タカコ” は斎名っぽい名ですが、そうではないと思います)


■ステシノタカヒコネ
オホナムチとタケコの次男です。最後に紹介されていますが、タカコの兄です。
アチスキタカヒコネとも呼ばれ、記紀は 阿遅鉏高日子根神/味耜高彦根命 などと記します。

 

【概意】
君はクシキネをモノヌシとなし、タケコを妻として生む
兄はクシヒコ、妹はタカコ、弟はステシノタカヒコネ。

 
  ソサノヲ┐      
      ├オホナムチ┐┌1.クシヒコ
  イナタ姫┘     ││
            ├┼2.タカヒコネ
  アマテル┐     ││
      ├─タケコ─┘└3.タカコ
  ハヤコ─┘

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨