⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第24回 [2023.8.6]

第六巻 日の神十二后の文 (3)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ひのかみそふきさきのあや (その3)
 日の神十二后の文 https://gejirin.com/hotuma06.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 みよもゆたかに をさまりて やよろとしへて
 ふそふすす ゐもゐゑはつに みやつより はやきしとへは
 あまひかみ いそきまなゐに みゆきなる
―――――――――――――――――――――――――――――
 御世も豊かに 治まりて 八万年経て
 二十二鈴 五百五枝初に ミヤツより 早雉飛べば
 太陽神 急ぎマナヰに 御幸なる
―――――――――――――――――――――――――――――

■御世 (みよ)
この場合は 「まとまり・家・国家・社会」 などを意味します。
適当な漢字がないため、やむなく “御世” と当てています。

 ★みよ (▽見・▽和・▽御世・御代・▽世・▽代)
 ミユ(見ゆ)の名詞形で、「合い/合わせ・まとまり・和・結い・節」 などが原義です。
 また ミヨの略が ヨ(節・代)です。


■二十二鈴五百五枝初 (ふそふすずゐもゐゑはつ) [数詞]
真榊(=鈴木)による暦法で、1鈴=6万年、1枝=60年、1穂=1年 です。
アマテルの即位が、21鈴126枝58穂3月1日 (満87歳) ですから、
以来 8万2622年が経過しています。

 二十一鈴 百二十六枝 年サナト 三月一日
 陽陰御子は ヒタカミよりぞ 移ります     〈ミ4-4〉


■ミヤヅ (宮津)
トヨケ(斎名タマキネ)は 自ら宮津に出向いてサホコチタル国を治めています。

 タマキネは 行きてサホコの 国を治す ミヤヅの宮ぞ 〈ホ6-2〉


■早雉 (はやきじ)
「急ぎの伝令使」 をいい、この場合の発送者はタマキネです。
 
 ★キジ/キヂ・キギス (雉・雉子)
 「伝書使・伝令使」 のことを “キジ” または “キギス” と呼びます。
 おそらく地上を 往き来する(ユキキスル) という意味だと思います。
 キキスキキシキシ と変化したのでしょう。

 鳥のキジに喩えて、「キジ飛ぶ」 とか 「キジを飛ばす」 とか言います。
 しかしキジは走るのは得意ですが、飛ぶのは実は苦手です。
 それをむりやり飛ばすということですから、よほどの緊急事態です。



■太陽神 (あまひかみ)
アマヒ(▽太陽)の位に就いた アマテル(斎名ワカヒト) を指します。
“日の神” ともいい、数多あるアマテルの別称の一つです。

 御子は太陽の 位 乗る  〈ホ6-15〉

 
■マナヰ (▽招居)・アマノマナヰ (▽陽陰の招居)
アマノマナヰ の略で、ミヤヅ(宮津) の別名です。ヨサ、カサヌヒ とも呼ばれます。

 アマ(陽陰)+マナ+ヰ(居) で、マナは マネク(招く)の母動詞 “マヌ” の名詞形、
 「合わす・寄す・召す・招く」 などが原義です。ヰ(居) は 「居場所」 を意味します。
 つまり トヨケがアマテルを 「召し寄せる所」 を意味します。


■御幸・行幸・御行 (みゆき)
「巡って恵むこと」 が原義で、「国君、またはそれに準ずる貴人の外出」 を意味します。

 ミ(‘回る’の連用形)+ユク(往く) の名詞形で、両語とも 「回る/回す・巡る/巡らす」 を
 原義とし、ここでは 「巡ってめぐらす・巡って恵む」 という意です。
 ですから メグル(▽恵る)の 同義語です。それゆえ “御幸・行幸” と当てられ、
 また “巡幸” とも呼ばれます。またミユキは多くの場合、“なる” を述語とします。

 

【概意】
国家も豊かに治まり、8万年を経て、
22鈴505枝の初年に宮津より早雉が飛ぶと、
太陽神は急いで真名井に御幸なさる。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ときにたまきね あひかたり
 むかしみちのく つくさねは ここにまつとて さつけまし
―――――――――――――――――――――――――――――
 時にタマキネ 会ひ語り
 「昔 道奥 尽くさねば ここに全つ」 とて 授けまし

―――――――――――――――――――――――――――――

■昔道奥尽さねば (むかしみちのくつくさねば)
「昔 道の奥義を教え尽してなかったので」 という意です。
“昔” とは、アマテルがタマキネから陽陰の道を学ぶため、
ヒタカミの都に滞在していた頃をいいます。

 ★道奥 (みちのく)
 ミチノオク(道の奥)の短縮で、「奥義」 と同じです。


■▽全つ (まつ)
ミツ(満つ)の変態で、「満ちる・至る・全うする・完成する」 などの意です。

 

【概意】
時にタマキネは会い語り、
「昔 道の奥義を教え尽さねば、ここに全うする」 と、授けまして、

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 もろかんたちも しかときけ きみはいくよの みをやなり
 これとこたちの ことのりと ほらおとさして かくれます
―――――――――――――――――――――――――――――
 「諸守たちも 確と聞け 君は幾代の 御祖なり
 これトコタチの 言宣」 と 洞を閉ざして 隠れます
―――――――――――――――――――――――――――――

■幾代の御祖 (いくよのみをや)
「後に続く幾代の皇統の先祖」 という意味です。日本はクニトコタチに始まる皇統を、
直系の子孫が代々受け継いで来ましたが、オモタル&カシコネの代でそれが途絶え、世は乱れます。
その後をトヨケと二尊が継ぎ、暫定的に国家を治めてきましたが、
ここに日月の神霊の顕現であるアマテルが国君となります。
トヨケはクニトコタチの皇統に代る、新たな皇統の誕生をここで告げているわけです。

 ★幾 (いく)
 イク(行く)の名詞形で 「回転・巡回・繰り返し」 などを原義とし、
 「回転しながら成長発展するさま・雪だるま式」 を意味します。

 ★御祖・上祖 (みをや)


■トコタチの言宣 (とこたちのことのり)
“トコタチ” は 天界に還ったクニトコタチの神霊をいいます。
ホ13アヤで語られていますが、クニトコタチはトヨケの過去世の一つでした。

 昔 トヨケの 御言宣 「我 三世を知る 初の世は クニトコタチぞ
 天に逝き 回る元明の 守 定め」           〈ホ13〉

“言宣” というのは、トヨケがトコタチから霊的なメッセージを受けたということでしょう。
前皇統の祖であるトコタチが、次の皇統の祖を宣言するわけですから、これに勝る公式認定はありません。


■洞 (ほら) ■辞洞・去洞 (いなほら)
古代の国君は帰天の時を悟ると、あらかじめその身 (体・骸) を納める
洞を掘っておき、多くの場合は生きながらその洞に入って世を辞みました。
この洞を特に “いなほら” と呼びます。

 

【概意】
「諸守たちも確と聞け。アマテル君はこの後に続く幾代の皇統の先祖となる。
これはトコタチの言宣である」 と、洞を閉ざして隠れます。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 そのうゑにたつ あさひみや きみねんころに まつりして
 のちかえまさん みてくるま
 ととむるたみお あわれみて みつからまつり きこしめす
―――――――――――――――――――――――――――――
 その上に建つ 朝日宮 君ねんごろに 纏りして
 後 帰えまさん 御出車
 留むる民を 憐みて 自ら政 聞し召す
―――――――――――――――――――――――――――――

■その上に建つ (そのうゑにたつ)
「トヨケが入って閉ざした辞洞の上に建てる」 という意味です。


■朝日宮 (あさひみや)
“朝日” はトヨケの贈り名です。贈り名とは 「天に送る神霊(みたま)に贈る名」 をいいます。
朝日=日の出=日高み ですから、「日の神を世に出した神」、また 「ヒタカミの神」 を
表すものと考えます。

” は 「神霊を招き入れる器」 をいいます。これは 依代(よりしろ)神籬(ひもろぎ)社(やしろ) など、
いろんな呼び方がありますが、最高格の神霊を招き入れる器だけが “宮” と呼ばれます。
この朝日宮の面影を今に残すのが、籠神社奥宮の真名井神社です。

 真名井神社 (まないじんじゃ)
 京都府宮津市江尻、籠神社奥宮。
 現在の祭神:豊受大神


■ねんごろ (懇ろ)
「心を込めるさま・念入り」 をいいます。

 ネグ(▽和ぐ・労ぐ)コル(梱る) の名詞形ネゴロの音便変化です。
 ネグは ネギラフ(労う犒う)の母動詞、コルは コム(籠む・込む)の変態で、
 両語とも 「合わす・添える・入れる」 などが原義です。

 
■纏り (まつり)
マツリ(纏り)は 「まとめ・治め・手当て・処置・ケア」 などを意味しますが、
この場合は モマツリ(喪纏り) をいいます。


■御出車 (みてぐるま)
出車(てぐるま) の尊敬語です。


■政 (まつり)
マツリ(纏り)が原義で、「まとめ・治め・手当て・処置・ケア」などを表します。
ここでは 「サホコチタル国の治め・政治」 を言うため、“政” と宛てています。


■聞し召す (きこしめす)
キク(聞く)の二重尊敬語です。(キク → キコスキコシメス)
さらにもう一段尊敬を重ねる時には “聞こし召さる” と表現します。
キク(聞く)は 「(身に) 合わす・寄せる・我がものとする」 などが原義です。
かなり広範な意味を表しますが、ここでは 「(政を) 見る/取る/執る」 の意です。

 

【概意】
その上に建てる “朝日宮”。君は心を込めて喪儀を行い、
その後 お帰りになろうと御出車を召すが、引き留める民を憐みて、
自らサホコチタル国の政をお執りになられる。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 おもむきつける ききすにて むかつひめより ことのりし
 たかみにまつる とよけかみ
 もちこのすけと はやこうち あちことみたり はやゆきて
 まなゐのはらの みやつかゑ
―――――――――――――――――――――――――――――
 主向き告げる キギスにて ムカツ姫より 言宣し
 タカミに纏る トヨケ神
 「モチコの典侍と ハヤコ内 アチコと三人 はや行きて
 マナヰの原の 宮仕え」
―――――――――――――――――――――――――――――

主向き・趣 (おもむき)

キギス (雉・雉子)


■ムカツ姫 (むかつひめ:向つ姫)
あまさかる日に向つ姫” の略で、セオリツ姫の別名です。
“日の前向つ姫(ひのまえまかつひめ)” とも呼ばれます。


■タカミに纏るトヨケ神 (たかみにまつるとよけかみ)
「タカミ(ヒタカミの略)にトヨケの神霊をまとわす」 という意です。
つまり、ヒタカミの地に宮なり社なりを建ててトヨケの神霊を
招き入れたということです。

 このトヨケの神霊を纏る宮/社は 現在も残っているはずと思うのですが、
 東北地方の神社は由緒の不明・不詳が多く、現状手がかりがありません。


■モチコ ■ハヤコ ■アチコ
北の局の 典侍モチコ、内侍ハヤコ、乙下侍アチコ です。 ▶13后一覧

 ★局 (つぼね) ★典侍 (すけ) ★内侍 (うちめ) ★乙下侍 (おしもめ)
 アマテルの斎侍(=后)は、合計12人備えられましたが、北・東・南・西の
 四局に3人ずつ配置されます。3人のうち、最上位の斎侍が典侍(すけ)で、
 次席は内侍(うちめ)、最下位は乙下侍(おしもめ)と呼ばれます。
 これも1年が四季に分かれ、四季は各々3ヶ月に分れることがモデルです。
 アマテルに始まるこの局の制は、以降の皇君にも引き継がれます。

北の局の3人が選ばれた理由は、(1)宮津は都から北の方向にあること、
(2)モチコ・ハヤコ姉妹の出身地に近いこと、(3)たまたま北の局が当番
だったことなどが考えられます。このモチコとハヤコの派遣は将来に
禍根を残すことになりますが、それはホツマ7アヤで語られます。


■マナヰの原 (まなゐのはら)
マナヰ(真名井)は ミヤツ(宮津) の別名です。

 ★原 (はら)
 ハル(張る)の名詞形で、ハリ(張り)・ヒロ(広)の変態です。
 「広がり・縄張り・領域・区画」 などを意味します。

 

【概意】
その主旨を告げる伝令を受けて、ムカツ姫より言宣し、
トヨケの神霊をヒタカミに纏る。
「典侍モチコ、内侍ハヤコ、乙下侍アチコの3人は、急ぎ行きて
マナイの原の宮仕え」 と、

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ことのりあれは かとてして みやつのみやに あるときに
 きみのみかりに ちたるくに みちおさためて をさむのち
―――――――――――――――――――――――――――――
 言宣あれば 門出して ミヤツの宮に ある時に
 君の巡幸りに チタル国 道を定めて 治む後
―――――――――――――――――――――――――――――

■巡幸り (みかり)
ミ(‘回る’の連用形)カル(▽転る・駆る) の同義語連結の名詞形で、
「回ってめぐらすこと・巡って恵むこと・巡幸」 を意味し、
メグリ(恵り)
ミユキ(御幸) の同義語です。“巡幸り” は筆者の宛字です。

 

【概意】
言宣りがあれば、門出してミヤツの宮にある時に、
君の巡幸により道を定めてチタル国を治めた後、

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 やそきねのおと かんさひお ますひととなし
 またおとこ つはものぬしと こくみそゑ
 つほねととめて かえらんと
―――――――――――――――――――――――――――――
 ヤソキネの弟 カンサヒを マスヒトとなし
 また乙子 ツハモノヌシと コクミ副え
 局 留めて 帰らんと
―――――――――――――――――――――――――――――

■カンサヒ
トヨケの子で、ヤソキネの弟です。先代旧事本紀という書に “神狭日命” と
して登場します。そこには 『天忍日命 大伴連等祖 亦云 神狭日命』とあり、
天忍日命(あめおしひ) と混同されていますが、別人で、2人は父と子です。
カンサヒを祭る神社も天忍日命を祭神名とする場合が多いようです。

 
 クニトコタチ─クニサツチ┐
   (I)     (II)  │
 ┌───────────┘
 ├トヨクンヌ─ウビチニ┬ツノクヰ─オモタル
 │ (III)    (IV) │  (V)   (VI)    ┌クラキネ
 │          │           ├ココリ姫
 │          └アメヨロツ┬アワナキ─┴イサナキ┐
 │          (養子)↑  └サクナキ   (VII) ├ヒルコ
 │             └─────┐       ├アマテル
 ├ハコクニ─東のトコタチ┬アメカガミ─アメヨロツ    ├ツキヨミ
 │      (初代)  │               ├ソサノヲ─ヲオナムチ
 └ウケモチ       └タカミムスビ─トヨケ┬イサナミ┘
               (2〜4代)   (5代)├ヤソキネ─タカキネ┬オモヒカネ
                        │ (6代)   (7代) ├ヨロマロ
                        ├カンサヒ     ├フトタマ
                        └ツハモノヌシ   ├タクハタチチ姫
                                  └ミホツ姫


マスヒト
この場合は 「カンサヒをサホコチタル国のマスヒトに任じた」 ということです。


乙子 (おとご)
「末の子」 をいいます。

 
ツハモノヌシ・ツワモノヌシ
トヨケの子で、ヤソキネ・イザナミ・カンサヒの弟です。
ここでサホコ国の副マスヒトに任じられています。


■コクミ
もともとサホコチタル国のマスヒトでしたが、職務を怠るので
トヨケ(斎名タマキネ)が代わってサホコ国を治めます。

 チタル国 マスヒト コクミ 怠れば タマキネ付けて 〈ホ6-2〉

トヨケの帰天後は、アマテル自らがサホコ国の政を執っていましたが、
ここであらためて、コクミがサホコ国の副マスヒトに任じられます。
コクミの語義は未解明ですが、大祓詞に “胡久美” として登場します。

 白人(しろひと) 胡久美(こくみ) 己が母犯せる罪 己が子犯せる罪
 母と子と犯せる罪 子と母と犯せる罪        〈大祓詞〉


局留めて帰る (つぼねとどめてかえる)
アマテルのもとに派遣された 「北の局の三后を現地に残して帰る」
という意ですが、それは何故でしょうか。
ひとつ考えられるのは、アマテルと三后がミヤツに滞在中に、モチコとハヤコは
妊娠・出産しているため、産後と育児を考慮しての処置だということです。

 昔 君 マナヰにありて ミスマルの 珠を濯ぎて
 タナキネを モチに生ませて 床酒に ハヤコを召せば その夢に
 十握の剣 折れ三割 さがみにかんで 共となる 三人姫生む 〈ホ7〉

 

【概意】
ヤソキネの弟カンサヒを サホコ国のマスヒトとなし、
また末子のツハモノヌシと、コクミを副マスヒトとなし、
局を宮津に留めて帰ろうと、

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 こそよりむかふ そさのをと あまのみちねと かとてなす
 ねなとやよひの もちよりそ うつきのもちに かえります
―――――――――――――――――――――――――――――
 去年より向かふ ソサノヲと アマノミチネと 門出なす
 ネナト三月の 十五日よりぞ 四月の十五日に 帰ります
―――――――――――――――――――――――――――――

■去年 (こぞ)
コソ+トシ(年) の簡略で、コソは コス(越す)の名詞形です。


■むかふ (向かふ/迎ふ)
「日の神に向かう」 の意か、「臣として迎える」 の意か迷う所ですが、
どちらにしても 「臣としてアマテル君に仕える」 ことをいうのは
間違いありません。


ソサノヲ

■アマノミチネ
ヤソキネの曾孫で、先代旧事本紀には 天道根命 と記されます。
(神武天皇の時代に同名の人物が登場しますが、それとは別人です)

 アマ(陽陰) の ミチ(道)+チネ(▽因) の短縮で、「アマテルの道連れ」 の意と思います。
 つまり、この時アマテルの帰京のお供をしたことによる名です。


ネナト
ネナトは60年周期のヱトの10番目の年で、22鈴505枝10穂 にあたります。
アマテルがトヨケに呼び出されて宮津に来たのが 22鈴505枝1穂 ですから、
10年ほど宮津に滞在したことになります

 

【概意】
去年より迎えたソサノヲとアマノミチネと門出なす。
22鈴505枝10穂の3月15日に出発して4月15日に帰ります。

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨