⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第14回 [2023.7.25]

第四巻 日の神の瑞御名の文 (2)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ひのかみのみづみなのあや (その2)
 日の神の瑞御名の文 https://gejirin.com/hotuma04.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 ひたかみの みやにかえれは
 いさなみの ちちにもふして よつきこも かなとおほせは
 うらなひて つきかつらきの いとりやま
―――――――――――――――――――――――――――――
 ヒタカミの 宮に帰れば
 イサナミの 父に詣して 「代嗣子もがな」 と 仰せば
 占ひて “尽き桂来の 霊鳥山”

―――――――――――――――――――――――――――――
  ここは五七調が少々いびつなため言葉の区切りを調整しています

■ヒタカミの宮 (ひたかみのみや)
「ヒタカミの都」 です。この宮の主がトヨケです。 ▶ヒタカミ ▶宮
ケタツボ(方壺) または カタタケミヤ(方丈宮) の名で呼ばれました。

 
申す/設す/詣す (もふす・まふす・もうす・まうす) ■申す/設す/詣す (ます)
3種類あります。
1. 申す : マワス(回す)の変態。 往き来させる。伝える。言う。
2.▽設す : マフス(塗す)の変態。 世にまぶす。設置する。
3.▽詣す・申す : マフツ(詣づ)の変態。 @上がる/上げる。A相手への尊敬 (自分への謙譲)。

 この場合は3-@の意味で、上位者のもとへ 「上がる・詣でる・参ずる」 の意となります。


もがな
モグ+カナ(哉) の短縮ではないかと思います。モグは マグ(覓ぐ・求ぐ)の変態です。
モガナ が略されて  “もが”  や  “がな”  ともなり、
また モグ+カモ が縮まって、“もがも” とも言います。


仰す (おほす)
“言う” の尊敬語です。


■占ふ (うらなふ)
ウラ(心・裏)+ナフ(▽和ふ・綯ふ) で、「本質を見る」 という原義です。
ウラは 「奥に潜む所/もの」 をいい、「本質・本源・原理」などを意味します。

 万象の本源を フトマニ といい、それはすなわち アワの48神 (日本語の48音) です。
 ですからウラナフは、具体的には 「言葉を見る」、あるいは 「語呂を合わす」 ということです。
 またその方法は不明ですが、物事が起こる方位を知ることができるといいます。


■尽き桂来の (つきかつらきの)
ツキ(尽き)は 「行き着くさま・至り・極み・究極」 を意味します。
カツラ(桂・鬘) は カツ(▽上つ・勝つ)+ラ(場所を表す) で、「上・高み・頭」 を意味し、
カシラ(頭)の変態です。ゆえに ツキカツラ は 「上位の極み・至上・究極のヘッド」 などの
意となり、これは アメミヲヤ を指します。キ(来)は クル(来る)の名詞形です。
よって 「究極のヘッドが来た〇〇・アメミヲヤが来た○○」 という意味になります。


■霊鳥山・斎鳥山 (いとりやま)
「神聖な鳥が現れる山」 という意です。この話は16アヤを待たねばなりませんが、
この山は現在 鳥海山 と呼ばれ、イトリ(霊鳥・斎鳥)は後に 鳳凰 と呼ばれます。

 なぜ 高御座(たかみくら)神輿(みこし) の上に
 鳳凰が乗っているか知ってますか? ぜひ知ってください! ▶画像1 ▶画像2

 

【概意】
ヒタカミの宮に帰れば、
イサナミが父に詣でて 「代嗣子ほしいな」 と仰せば、
トヨケは占って “尽き桂来の霊鳥山”。



―――――――――――――――――――――――――――――
 よつきやしろの いろしては あめのみをやに いのらんと
 とよけみつから みそきして やちくらちきり
 ぬきんつる いつちかみのり とほりてそ

―――――――――――――――――――――――――――――
 代嗣社の 色垂は アメノミヲヤに 祈らんと
 トヨケ自ら 禊して 八千回契り
 抜きんつる厳霊 神祈り通りてぞ

―――――――――――――――――――――――――――――
  ここは五七調が少々いびつなため言葉の区切りを調整しています

■代嗣社 (よつぎやしろ)
代嗣子を得るため、トヨケが “尽き桂来の霊鳥山” に建てた社です。

記事が少なくて不詳なのですが、代嗣子が生れないのは、邪霊の障りが
原因と考えられていました。そこで、代嗣として生れてくる予定の神霊を
代嗣社に収容保護した上で、代嗣文(よつぎふみ) と呼ばれる文の言霊で、
邪霊の障りを祓います。これもトヨケの考案で この時が最初のようです。

 妬み煩ふ 胸の火が 愚霊となりて 子種噛む 障り除かん 代嗣文 〈16文〉


■色垂 (いろしで)
八響旗(やとよはた)、八元旗(やもとはた)、八色旗(やいろはた) などとも呼ばれます。 ▶画像
これは中心の アメミヲヤ(=アウワの神) を守る、八元神(ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ)
表すものと考えられます。 ▶フトマニ図
ということは、トヨケはアメノミヲヤの神霊を代嗣社に招き入れようとしていることが窺えます。

 ★色 (いろ)
 ヨル(揺る)の変態 “イル” の名詞形で、「揺れ動くさま」 を原義とし、
 「多種多様・いろいろあるさま・たくさんあるさま」 を意味します。ヨロ(万)の変態です。

 ★垂 (しで)
 シヅ(垂づ)の名詞形で、「垂れ下がるもの」 が原義です。 ▶画像


■祈る (いのる・ゐのる)
イヌ(▽結ぬ)+ノル(▽和る・乗る) の同義語短縮で、
「(思いを) 結び付ける・フォーカスする・交える・通じさせる」 などが原義です。

 
禊 (みそぎ)
ミソギは 「曲りを直して調和すること・汚穢を祓うこと」 が原義で、
この場合は “障る邪霊の祓い” です。 ▶汚穢 ▶祓ふ
邪霊の障りを祓うことを 物忌(ものいみ) ともいいます。(今は意味が変わってます)

 大物忌神社 (おおものいみじんじゃ)
 山形県飽海郡遊佐町。  
 現在の祭神:大物忌大神
 <筆者注> 大物忌大神は8千回の禊(=物忌)を行ったトヨケを指します。

 ★モノ (物)
 物の怪 の “物” で、「見えないけれど存在する何か」 をいう代名詞です。
 「霊」 を意味しますが、モノは、神(かみ)・霊(たま)・神霊(みたま) に比して、
 「低レベルな霊・下級霊・邪霊」 などに対して用います。
 本講座では 「霊」 を意味する “もの” については、通常カタカナで表記しています。
 
 ★斎む (いむ)・忌む (いむ) ★斎・忌 (いみ)
 「合わす・直す・調える」 などを原義とし、一義的には
 「心を添える・大切にする・尊ぶ・曲りを直す・清める」 などの意〈斎む〉を表します。
 またそのために 「(曲り・不浄の原因を) 離す・避ける・除く」 の意〈忌む〉が派生します。


■回・転 (くら)
クラは “くるくる回る” のクル(▽転る) の名詞形で、コロ(転)の変態です。
「回転・くりかえし」 を原義とし、カイ(回)・タビ(度) と同義です。
“回・転” は筆者の当て字です。


■契る (ちぎる)
「交える・結ぶ・しばる」 などが原義で、チカフ(誓ふ)の変態です。
この場合は “祈る” の言い換えです。


■抜きんつる (ぬきんつる)
抜き出づる” の音便変化で、「あらわれでる・出現する」 という意です。


■厳霊 (いつち)
イツ(厳・稜威)チ(霊) で、「おごそかなる神霊(みたま)」 の意です。
これは 「アメミヲヤの神霊」 をいいます。 ▶アメミヲヤ

 

【概意】
アメノミヲヤに祈らんと、代嗣社に八色の旗を立て、
トヨケ自ら障る邪霊を祓い、8千回祈れば、
ついに現れ出る厳霊。神への祈りが通ってぞ。



―――――――――――――――――――――――――――――
 あめのみをやの まなこより もるるひつきと
 あもとかみ みそふのかみの まもるゆえ
 こたねなること おほゑます
―――――――――――――――――――――――――――――
 アメノミヲヤの 眼より 漏るる日月と
 天元神 三十二の神の 守るゆえ
 子種生ること 覚えます
―――――――――――――――――――――――――――――

■漏るる日月 (もるるひつき)
アメノミヲヤ(=アウワ)の、ア(陽・日)ワ(陰・月) が漏れ出ることをいいます。


■天元神 (あもとかみ)
「天の元座の神」 という意味で、フトマニ図の、中心宮アウワの
すぐ外側の輪に座す 「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ の8神」 の総称です。
八元神(やもとかみ)、元元(もともと) とも呼ばれます。


三十二の神 (みそふのかみ)

 

【概意】
トヨケはアメノミヲヤの両眼より日と月が漏れ出ることを、
また天元神と三十二の神の守りにより、子種が生ることを心に覚えます。



―――――――――――――――――――――――――――――
 このころきみは はらみやま のほりていわく
 もろともに くにくにめくり たみおたし
 ひめみこうめと つきこなく たのしなきとて いけみつに
 たのめおあらひ ひるにのり かのめおあらひ つきにのり
―――――――――――――――――――――――――――――
 この頃キミは ハラミ山 登りて曰く
 「諸共に 国々恵り 民を治し
 姫御子生めど 嗣子なく 楽しなき」 とて 池水に
 左の目を洗ひ 日に祈り 右の目を洗ひ 月に祈り
―――――――――――――――――――――――――――――

キミ (木実)

ハラミ山 (はらみやま:孕み山)

恵る (めぐる)

■池水 (いけみづ)
この池は、ハラミ山頂の コノシロ池 をいうものと思います。

 
■左 (た) ■右 (か)
タ(左)は 「日が ツ(立つ) 方向」 で 「東」 と同義です。
また 「朝・明」 を表し、太陽に対応します。
カ(右)は 「日が ル(枯る) 方向」 で 「西」 と同義です。
また 「暮・暗」 を表し、月に対応します。


■洗ふ (あらふ)
なぜ目を洗うかというと、日月の霊は目から入ってくるからです。
このことは14アヤで説明されます。


■日・昼 (ひる)
ヒル(▽秀る)の名詞形で、「上るさま」 が原義です。天地創造の際に上に昇った 「陽」、
また陽の極みである 「日・太陽」 を表します。ヒルの略形が ヒ(陽/日) です。


■祈る (のる)
イノル” の母動詞であるため “祈る” と当て字しています。
イノル(祈る)は イヌ(▽結ぬ)+ノル(▽和る・乗る) の同義語短縮で、
「結ぶ・合わす・交える・付ける」 などが原義です。

 

【概意】
その頃イサナキとイサナミの木実は、ハラミ山に登って曰く、
「夫婦もろとも国々を巡って恵み、民を足らし助けて、
姫御子は生んだものの、嗣子がなくては楽しみがない」 と、
池水に左目を洗って日に祈り、右目を洗って月に祈る。



―――――――――――――――――――――――――――――
 いしこりとめか ますかかみ いつくりすすむ
 いさなきは あめおしらする うつのこお うまんおもひの
 ますかかみ まてにひるつき なつらえて
 かみなりいてん ことおこひ くひめくるまに あくりこふ
―――――――――――――――――――――――――――――
 イシコリトメが マス鏡 鋳造り進む
 イサナキは 陽陰を領らする 現の子を 生まん思ひの
 マス鏡 両手に日・月 なづらえて
 神生り出でん 事を乞ひ 首回る間に あくり乞ふ
―――――――――――――――――――――――――――――

■イシコリトメ
イシコリは イ(‘鋳る’の連用形)+シコル(痼る・凝る) の名詞形で、「鋳造」 を意味します。
トメは 「留」 で、「まとめる者・束ねる者・司」 をいいます。
ですからイシコリトメは「鋳造の司」という意です。鏡造(かがみつこ)とも呼ばれます。
日本書紀には 石凝姥命 と記されます。
 
 ★トベ・トメ (戸畔・留)
 トメ(留)・トモ(伴・供)・トミ(臣)・ツマ(妻・夫)などの変態で、
 「纏う者・まとめる者・治める者」 をいい、「妻・后」 や 「臣・守・司」 の換言です。


■マス鏡 (ますかがみ:増鏡)
合せ鏡」 のことで、ここではそれに使う 2枚1組の鏡をいいます。
この2枚の円鏡を日と月になぞらえます。

 マスは マス(増す)の名詞形で、「合わせ・足すこと・プラス」 が原義です。
 他文献では マスカガミ(真澄鏡・十寸鏡)、マソカガミ(真澄鏡・真十鏡)
 などと記されます。


■進む (すすむ)
ここでは 「進上する・献上する」 の意です。


■陽陰を領らす (あめおしらす)
「陽陰を我が物とする」 の意で、“陽陰の道得る” の換言です。 ▶アメ ▶領らす ▶陽陰の道

 陽陰の道 得て 人草の 嘆きを和す 尊あらず あらねば道も 尽きんかと 〈ホ4-1〉


■現の子 (うつのこ)
「現世の子・地に生きる子・肉体を持つ子」 の意です。

 ★現 (うつ)
 ウツムク(俯く) の “ウツ” で、「下・地・凝固」 などが原義です。
 天地創造の過程における 陰の動き (重くて下って凝り固まる) を表します。


左右・両手 (まて)

■首・頭 (くび・こふ・こう・かふ)
このクビは カブ(頭)クブ(頭)コウベ(首・頭) の コウ などの変態で、
「頭部・頂部」 を意味します。この場合は 「ハラミ山頂」 をいいます。


■あくり (明くり)
アクル(明くる) の名詞形です。これはオクリ(送り)やメクリ(巡り・捲り)の変態で、
「回転」 を原義とし、「物事の回転・事態の改善/進展・停滞の打開」 などの意を表します。
けっこう現代語に翻訳しにくい言葉ですが、“テコ入れ” と訳そうと思います。

 

【概意】
イシコリトメがマス鏡を鋳造して進めれば、
イサナキは 陽陰(和)を我が物とする現世の子を生まん思いで、
マス鏡を両手に持ち、日月になづらえて、神の生れ出ることを乞い、
山頂をめぐる間にテコ入れを願う。



―――――――――――――――――――――――――――――
 かくひおつみて みたまいる かとはちりけの あやところ
 おこなひちかに なるころは しらはきそみて さくらいろ
―――――――――――――――――――――――――――――
 かく日を積みて 神霊入る 門は身柱の あや所
 行ひ千日に なる頃は 白脛染みて 桜色

―――――――――――――――――――――――――――――

■身柱 (ちりけ)
背骨・脊柱」 をいいます。


■あや所 (あやどころ)
アヤの原義は 「合わせ・結び・交わり」 です。ですから 「結び目・連結部」 をいい、
ここでは 「背骨の関節」 をいいます。

 

【概意】
このように日を積みて神霊が入る。その入口は背首の骨の関節。
行いが千日になる頃には、白脛が桜色に染まる。



―――――――――――――――――――――――――――――
 あるひをかみか をゑとえは ひめのこたえは
 つきのをえ なかれととまり
 みかののち みのきよけれは ひまちすと

―――――――――――――――――――――――――――――
 ある日男尊が 汚穢問えば 姫の答えは
 「月の汚穢 流れ止まり
 三日の後 身の清ければ 日待す」 と

―――――――――――――――――――――――――――――

■月の汚穢 (つきのをえ)
女性の生理の出血をいいます。 ▶汚穢
女と陰は 共に “め” と呼ばれ、基本的に両者に区別はありません。
そして月(太陰)は陰の本源ですから、30日周期で満ち欠けする月が、
女性の生理を支配していると考えられたようです。


日待 (ひまち)
朝日の潤(あさひのうる)を得ようと、「日の出を待つこと」 をいいます。
「朝日の潤」 とは朝日が放射するエネルギーをいいます。14アヤで説かれますが、
これを目から受け入れることは、代嗣の男子を得るための “あくり” です。

・我が上は 日月の潤を 下すゆえ 代嗣生まんと 思ふ時 目の垢濯ぎ 朝日祈り
・目より月日の 潤を得て とつげば男背の 潤波が 玉島川の 妹が霊と 孕む精髄 〈ホ14〉
・代嗣子を 授くる妹背の 
あくりには 「朝日を受けて 暖まる 時にとつげば 子を孕み
 イキス・声・見目 備え生む」 
〈ホ14〉

 

【概意】
ある日男尊が汚穢について尋ねると、姫の答えは
「月の出血の流れが止まって三日、身が清いので “日待” する」 と。



―――――――――――――――――――――――――――――
 をかみもゑみて もろともに おかむひのわの とひくたり
 ふたかみのまえ おちととむ おもわすいたく ゆめここち
―――――――――――――――――――――――――――――
 男尊も笑みて 諸共に 拝む日輪の 飛び下り
 二尊の前 落ち留む 思わず抱く 夢心地
―――――――――――――――――――――――――――――

■拝む (おがむ・をがむ)
「上げる・上に置く・尊ぶ・敬う」 などが原義ですが、
その意を表すために 「身を低めて仰ぎ見る」 ことをいいます。


■陽の環・日輪 (ひのわ)
「陽の回帰する所・陽の根源」 などが原義で、「太陽・日」 の別名です。

 ★輪・環・回 (わ)
 ワは ウアの短縮音です。ウアは ウフの名詞形で、ウフは ウル(売る)の変態。
 「往き来する/させる・回る/回す・還る/還す」 などが原義です。
 ですから ワは 「回るさま・円・丸」、また 「回帰する所・根源」 などを意味します。


夢心地 (ゆめごこち)

 

【概意】
男尊も笑みて、諸共に日輪を拝むと、
日輪が飛び下って、二尊の前に落ちて留まるという、
夢のような心地を思わず抱く。


 これはハラミ山の山頂での出来事です。
 これによりイサナミは日月の神霊を孕みます。そのゆえに 「孕み山」 です。
 これは神霊レベルでの “孕み” で、この後 人間レベルの “孕み” があります。



―――――――――――――――――――――――――――――
 さめてうるほひ こころよく みやにかえれは
 やますみか ささみきすすむ
 かれをかみ とこみきしるや
―――――――――――――――――――――――――――――
 覚めて潤ひ 快く 宮に帰れば
 ヤマスミが ささ酒進む
 故 男尊 「床酒知るや」
―――――――――――――――――――――――――――――

■宮 (みや)
ハラミの宮 と呼ばれるホツマ国の都です。ハラミ山の麓にあります。
この時期の二尊は ここで国家の政を執っていました。
ここで人間レベルの “孕み” が発生したため、“孕みの宮” と呼ばれます。


■ヤマズミ
オオヤマズミの略です。
このヤマズミはサクラウチという名の、初代のオオヤマズミです。

  サクラウチ─┬─カグツミ─┬カグヤマ──カゴヤマ
 [初代ヤマズミ]│  [2代]   ├カンタマ
        │      └マウラ [3代]
        ├─ホノコ
        │  ├──オシホミミ┬クシタマホノアカリ(斎名テルヒコ)
        │ アマテル     │
        │  │       └ニニキネ(斎名キヨヒト)
        └─ハナコ


■ささ酒 (ささみき)
ササは サス(差す) の名詞形で、「合わせ・添え・付け」 などの意です。
よって 「男女を合わす酒」 という意で、トコミキ(▽融酒)の別名です。


故 (かれ)
シカレバ(然れば) の略です。シカレバは シク(如く)+あれば が縮まったものです。

 

【概意】
夢心地から覚めると心身が潤って、快く宮に帰れば、
オオヤマズミがささ酒を進める。
しかれば男尊は 「トコ酒を知るや?」



―――――――――――――――――――――――――――――
 めのこたえ ことさかのをか みちきけは
 とこみきはまつ めかのみて のちをにすすむ
 とこいりの めはことあけす をのよそい めかしりとつく
―――――――――――――――――――――――――――――
 女の答え 「コトサカノヲが 道 聞けば
 トコ酒はまず 女が飲みて 後 男に進む
 床入りの 女は言挙げず 男の装い 女が知りとつぐ」
―――――――――――――――――――――――――――――

コトサカノヲ

床入り (とこいり)
男女が床に入ることをいいますが、これも本来は “融入り” で、
「男女が融けて入り交じること・男女の融合」 という意味と思います。


■言挙ぐ (ことあぐ)
「言葉を発する」 という意味です。声を上げることです。
言立つ(ことたつ)ともいいます。

 
■装い (よそい・よそひ・よそおひ)
ヨソフ(装ふ)の名詞形で、「装備・支度・準備・ふり・外見」 などを意味します。
ここでは 「外見・態度・様子」 などをいいます。

 ★装ふ (よそふ・よそおふ)
 ヨス(寄す)+ソフ(添ふ) の短縮が ヨソフ(装ふ)で、
 ヨス(寄す)+オフ(負ふ・帯ぶ) の連結が ヨソオフ(装ふ)です。
 「身に付ける・支度をする・準備する・ふりをする」 などの意です。


■とつぐ
トツ(閉づ・綴づ)+ツク(付く・接ぐ) の短縮で、「交わる・結ぶ・交合する」
などが原義です。チナム(因む)ともいいます。
辞書では “嫁ぐ” と当てられますが、これだと 女が男の家に入るという
イメージしか湧かないため、ひらがなを使ってます。

 

【概意】
女尊は応えて、「コトサカノヲより聞いた作法では、
トコ酒はまず女が飲み、後に男に進める。
床入りの際は女は言を発せず、男の様子を女が察知して交わる。」



―――――――――――――――――――――――――――――
 したつゆお すえはたかひに うちとけて
 たましまかわの うちみやに やとるこたねの とつきのり
 こおととのふる とこみきは くにうむみちの をしゑそと
―――――――――――――――――――――――――――――
 「垂液を 吸えば互ひに 打ち融けて
 玉島川の 内宮に 宿る子種の とつぎ法
 子を調ふる トコ酒は 国生む道の 教えぞと」
―――――――――――――――――――――――――――――

■垂液 (したつゆ)
シタ(▽垂)は シツ(垂づ)の名詞形で、「垂らすもの」 をいい、つまり 「唾液」 です。

 ★液・汁 (つゆ)
 
ツユ(潰ゆ)の名詞形で、「下るもの・落ちるもの・垂れるもの」 を原義とし、
 シル(汁)、タレ(垂れ) と同義です。


■打ち融く (うちとく)
ウツ(打つ)は 「合う/合わす」 が原義です。
ですから 「合って溶ける・融合する」 という意となります。


■玉島川の内宮 (たましまがわのうちみや)
タマシマ(玉島)は 「こんもり盛り上がった区画」 の意で、「恥丘」 をいいます。
カワ(川)は 「裂け目・割れ目」 が原義です。
ウチミヤ(内宮)は ここでは 「内部にある容器」 の意です。
ですから 「子宮」 をいいます。


■調ふる (ととのふる)
トトノフ(調ふ)の連体形で、今風には “調える” になります。
ここでは 「備える・調達する」 などの意です。


■国生む道 (くにうむみち)
二尊は 天のアワ歌 を歌って国を生みましたが、アワは 「陽陰とその和合」 を意味します。
それゆえ 「男女を融和するトコ酒も国を生む道」 ということです。
融和が国を生むという意味で、“融は経矛に子を求む” と同じです。

・二尊の 天のアワ歌に 国を生み 地のアワ歌に 音声和る 〈ミ1-4〉
・和してアワを 胞衣として ヤマト秋津洲 淡路島
 伊予阿波二名 隠岐三子 筑紫 吉備の児 佐渡 大島
 〈ホ3-2〉

 

【概意】
「また垂露を吸えば互いに打ち融けて、
玉島川の内宮に宿る子種のとつぎ法。
子(繁栄)を調える融酒は、国生む道の教えぞ」 と。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨