⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第30回 [2023.8.15]

第七巻 遺し文 清汚を直つ文 (4)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 のこしふみさがおたつあや (その4)
 遺し文 清汚を直つ文 https://gejirin.com/hotuma07.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 そさのをしわさ あちきなく のしろしきまき あおはなち
 ゐのらすみその にいなめの かんみはおれは とのけかす
―――――――――――――――――――――――――――――
 ソサノヲ仕業 あぢきなく のしろ・頻捲き 阿汚放ち
 祈らす御衣の 新嘗の 尊衣 織れば 殿 穢す
―――――――――――――――――――――――――――――

ソサノヲ


あぢきなし (▽与き無し)
「あずかる者がいない・関わる者がない」 が原義です。
あづきなし”  “あぢけなし” ともいいます。

 アヂキ+ナシ(無し) で、アヂキは アヅク(預く)の名詞形、
 アヅクは今風には アヅカル(与る・関る) です。


■のしろ
「おどし・揺すり」 などをいうかと考えてます。

 ノシロは ノシルの名詞形です。ノシルは ナジル(詰る)ナスル(擦る)
 ニジル(躙る)
などの変態で、「往き来させる・震わす・揺する」 が原義です。


頻巻き (しきまき)


■阿汚 (あお)
ヲヱ(汚穢)の変態です。具体的にはソサノヲから湧き出す怒りのオーラ
またその荒々しい形相や言葉などをいうものと思います。“阿汚” は筆者の当て字です。

 ★阿 (あ)
 「曲り・隈・欠陥・穴」 などを意味します。


■祈らす御衣 (ゐのらすみそ)
イノル/ヰノル(祈る)は 「(心を)結び付ける・交える」 などの意で、は尊敬の助動詞。
ミソ(御衣)は ミス(見す)の名詞形で、ミスは メス(召す)の変態です。
ですから 「神と交わる時のお召し物」 という意です。

 ヰノラスは オシテ原文では ミノラス(実らす) となっています。
 かなり微妙ですが、誤写と判断して修正しています。


■新嘗 (にいなめ・さなめ)
「一年最初の行事」 の意で、初嘗(ういなめ)ともいいます。
冬至の日に行われました。後世は 「新嘗祭」 と呼ばれます。

 ★嘗 (なめ・なゑ)
 ナム(▽和む・舐む)の名詞形で、「合わせ・治め・纏り」 などが原義です。
 ここでは 「身に合わす事・する事・行う事」 の意で、つまりは 「行事」 です。


■上衣・尊衣 (かんみは)
「上の衣(みは)・尊い衣装」 という意で、「神と交わる時のお召し物」、
 つまり “祈らす御衣” と同じです。ヰンハ(斎衣)ともいいます。


■殿 (との)
この場合は 「尊衣を織る機殿」 のことで、“斎衣殿(ゐんはどの)” といいます。

 

【概意】
ソサノヲの仕業は関わろうとする者がないほど酷かった。
興奮して大声で騒ぎ、息巻いて汚穢隈を撒き散らす。
君が神と交わる時の装束、すなわち新嘗の尊衣を織れば、
その殿をけがす。



―――――――――――――――――――――――――――――
 これたたされて そさのをか
 ひとりかふむる ゐんはとの とつれはいかる
 ふちこまお ゐらかうかちて なけいるる
―――――――――――――――――――――――――――――
 これ正されて ソサノヲが
 一人被る 斎衣殿 閉づれば怒る
 悉駒を 甍 穿ちて 投げ入るる
―――――――――――――――――――――――――――――

■被る (かふむる)
この場合は 被る(こうむる・かぶる・かむる) の自動詞形で、コモル(籠る)と同義です。


■斎衣殿 (ゐんはどの)
ヰンハ(斎衣)は「神と交わる時の装束」をいい、カンミハ(尊衣)と同じです。
これを織るための機殿を “斎衣殿(ゐんはどの)・斎服殿(いみはたどの) といいます。


■太駒・悉駒 (ふちごま)
「立派に成長した大きな馬」 をいうのではないかと思います。⇔小馬
フチは フツ(▽悉つ)の名詞形で、フト(太)の変態。「満ち至るさま・完全」 を表します。
記紀は “斑駒” とし、「斑毛の馬」 と解釈されてますが、馬の毛色を云々する状況とは
思われません。

 ★駒 (こま)
 コマは コロ(転)の変態で、「回すもの・めぐらすもの・動かすもの・働かすもの」
 などを原義とし、この場合は 移動・運搬に使う 「馬」 を意味しますが、将棋の “駒” も、
 あるいは回して遊ぶ コマ(独楽) も同じです。またクルマ(車)同義です。


■穿つ (うがつ)

 

【概意】
それを戒められ、一人が籠るべき斎衣殿の門戸を閉じれば、
ソサノヲは怒って 大きな馬を殿の屋根を破って投げ入れる。



―――――――――――――――――――――――――――――
 はなこおとろき ひにやふれ
 かみさりますと なくこえに きみいかりまし
 そさのをに なんちきたなく くにのそむ
―――――――――――――――――――――――――――――
 ハナコ驚き 杼に破れ 
 「神更ります」 と 泣く声に 君 怒りまし
 ソサノヲに 「汝 きたなく 地のぞむ」
―――――――――――――――――――――――――――――

ハナコ
斎衣殿に一人籠って尊衣を織っていたのはハナコでした。


■驚く (おどろく)
オドル(躍る)+オク の短縮で、オクは ユク(往く・行く)の変態。
いずれも 「往き来する・回る・揺れる・振れる・動く」 などが原義で、
「(心が) 揺れ動く・動揺する・動転する」 の意を表します。


杼・梭 (ひ) ■梭 (かひ)
ヒは ヒル(▽翻る)の名詞形、カヒは カフ(交ふ替ふ)の名詞形で、
いずれも 「往き来・回転」 が原義です。カヒ(櫂・回・改・械) なども同根です。▶画像


■神更る (かみさる)
サル(▽更る)は サラフ(浚う・渫う・復習う)の母動詞で、
「回る・一回りして元に返る・回帰する・帰還する・改まる」 などの意です。
ですから “神更る” は 「神に戻る・天に帰還する」 という意味です。


きたなし (汚し・穢し・▽段無し)
キダ(段)+ナシ(無し) で、キダ(段)は 「わかち・区別・分別・弁別」 などをいいます。
ですから 「見分けがつかない・見境がない・分別がない・けじめがない・でたらめ」 などが原義です。


■地のぞむ (くにのぞむ)
この場合、クニは  “天” に対する “地” をいい、「世・人間世界・社会」 などを意味します。

 ★のぞむ (望む・臨む)
 ノス(▽和す・乗す・載す)+ソム(染む) の短縮で、両語とも 「合ふ/合わす」 が原義。
 「見る・接する・入れる・捉える・考える」 などの意を表します。
 原義的にはノゾク(臨く・覗く・覘く)と同じです。

 

【概意】
ハナコは驚いて杼で負傷し、「神にもどられました」 と泣く声に
君はお怒りになり、ソサノヲに 「汝は分別なく世の中に接している。」


 
―――――――――――――――――――――――――――――
 みちなすうたに
 あめかした やわしてめくる ひつきこそ
 はれてあかるき たみのたらなり
―――――――――――――――――――――――――――――
 道なす歌に
 『天が下 和して恵る 日月こそ
 晴れて明るき 民の父母なり』
―――――――――――――――――――――――――――――

■道なす (みちなす)
「道を表す・道を示す」 などの意です。


天が下 (あめがした)
 
■和して恵る日月 (やわしてめぐるひつき)
「ほどよく調えて恵みを与える日と月」 という意味です。 ▶和す(やわす) ▶恵る(めぐる)


晴る・▽治る・ (はる)
ハル(▽治る・晴る)は 「直る/治る・調う・調和する・穏やかになる」 などが原義です。


■明るし (あかるし)
アカル(明る)+シ(=如し) で、今の “明るい” とは少し意味が異なり、
「直ぐで曲りがない・調って治まる如し・調和する如し」 などが原義です。
そのゆえに 「見通しがよく明らか・わかりやすい」 の意を表します。
ようするにこれは “晴れるさま” を表す形容詞です。


父母 (たら)

 

【概意】
 道を示す歌に
『地をほどよく調えて恵みを与える 日月の如き存在こそ 
 素直で調和した民を生む父母である』 <君は日月の如くあるべし>


 このアマテルの歌はホツマツタヱの中で最も重要な歌です。
 この中の “和して恵る” は、今後さまざまに形を変えて出てきますが、
 この意味を理解してないと先に進めません。常に意識してください。

 何の見返りもなく、来る日も来る日も、ただ地球を和して恵る日と月、
 地上でこれを行うことが、臣民の上に立つ君の務めであるということです。



―――――――――――――――――――――――――――――
 そさのをは いわおけちらし なおいかる
 きみおそれまし いわむろに いりてとさせは
 あめかした かかもあやなし
―――――――――――――――――――――――――――――
 ソサノヲは 忌を蹴散らし なお怒る
 君 恐れまし 結室に 入りて閉ざせば
 天が下 明暗も紋無し
―――――――――――――――――――――――――――――

■忌を蹴散らす (いわおけちらす)
「汚穢を撒き散らす」 という意です。

 ★忌 (いわ)
 イム(忌む)の名詞形 イマ(忌)の変態で、「離れ・逸れ・曲り・外れ」 などが原義です。
 ですからこれも ヲヱ(汚穢)アオ(阿汚) の同義語です。“忌” は筆者の当て字です。

 ★蹴散らす (けちらす)
 ケ(“蹴る” の連用形)+チラス(散らす) の同義語連結で、
 「放つ・出す・ばらまく」 などの意です。足で蹴ることに限りません。


■結室 (いわむろ)
結わえられた空間・塞がれた区画・閉ざされた部屋」 などの意です。

 ★イワ (▽結)
 ユフ(結ふ)の変態 イフの名詞形で、「結わえ・結び・締め・閉じ」 などの意。
 イワ(岩)もこれです。

 ★ムロ (室)
 ムル(群る)の名詞形で、「囲まれた空間/区画・入れ物・器・部屋・内部」 などを意味します。


■明暗 (かが)
「明暗・陽陰・日月・上下・清汚・直曲」 などを意味し、
ここでは 「明と暗・昼と夜」 を表します。


■紋無し (あやなし)
アヤはアワ(陽陰・和)の変態で、「陽陰とその交わり」 を原義とします。
互いに鏡像関係にある “陽陰・明暗・白黒・縦横” などが交わり合って作る
模様やコントラストを アヤ(紋・綾・文) といいます。
ですから “紋無し” は 「模様やコントラストが無い」 という意で、
ここでは 「明暗が無い・昼夜の区別が無い」 ということです。

 

【概意】
しかしソサノヲは汚穢を撒き散らしながら、さらに怒る。
君はお恐れになり、閉ざされた部屋に入って戸を閉めると、
地上には昼夜の区別がなくなる。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨