⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第107回 [2024.1.7]

第二〇巻 皇御孫十種得る文 (3)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 すめみまごとくさゑるあや (その3)
 皇御孫十種得る文 https://gejirin.com/hotuma20.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 ひたかみおてて かしまみや そのみちたみの いてむかひ
 たかやしかくと きこしめし いせにはんへる みこのおと
 きよひとにかみ みことのり

―――――――――――――――――――――――――――――
 ヒタカミを出て カシマ宮 その道 民の 出迎ひ
 耕し欠くと 聞し召し イセに侍る 御子の弟
 キヨヒトに神 御言宣

―――――――――――――――――――――――――――――

カシマ宮・カシマの宮 (かしまみや・かしまのみや)
カシマの国(=ヒタチの国)を治める政庁宮で、今の鹿島神宮です。
この国は中国の太平洋沿岸部であるホツマ国の最北・最東部に位置し、
ヒタカミ国と境を接しています。 ▶中国 ▶ホツマ国 ▶ヒタカミ国


聞し召す (きこしめす)
ここでは 「心に留める・考える・慮る」 などの意の尊敬表現となります。


イセ (▽妹背・伊勢)
この場合は イセ宮イサワの宮 をいいます。


御子 (みこ)
オシホミミの長男 クシタマホノアカリ(斎名:テルヒコ) を指します。


■キヨヒト
クシタマホノアカリの弟、ニニキネの斎名です。

 ヤソキネ─タカキネ─タクハタチチ姫┐
                  ├クシタマホノアカリ(斎名テルヒコ)
 サクラウチ─セオリツ姫┐     │
            │     ├ニニキネ(斎名キヨヒト)
            ├オシホミミ┘
 イサナギ┐      │
     ├─アマテル─┘
 イサナミ┘


■神 (かみ)
アマテルを指します。

 

【概意】
ヒタカミを出てカシマ宮。その道には民の出迎え。
「それでは田畑の耕しを欠く」 と心に留められ、
イセに侍る御子の弟キヨヒトに 神は御言宣。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 なれとちからと はやふねに ゆきていわふね すすむへし
 よりてみまこと たちからを わにふねにのり かんふさの
 つくもにつきて かとりみや かんことのれは

―――――――――――――――――――――――――――――
 「汝とチカラと 速船に 行きてイワ船 奨むべし」
 よりて御孫と タチカラヲ ワニ船に乗り 上総の
 ツクモに着きて カトリ宮 神言宣れば

―――――――――――――――――――――――――――――

汝 (なれ)
ナンヂ(汝)と同じです。


■チカラ
タチカラヲの略です。この頃はイサワの宮で日夜見(ひよみ)を務めています。
“日夜見” とは 「陽陰/日月を見て暦を作ること/者」 をいい、後世にいう “陰陽師” です。


■イワ船 (いわふね:▽斎船・▽祝船)
イワクス船と同じで、「御幸の船・巡幸の船」 を意味します。


■ワニ船 (わにふね:鰐船) ■ワニ (鰐)
ワニ(鰐)は 古くはサメ(鮫)のことをいいますから、鮫が水面に背びれを出して泳ぐさまに
似た船をいうものと考えます。つまり 「帆船」 でしょう。
“速船に行け” という要請に応えて 「ワニ船」 の選択です。

 ★船・舟・槽 (ふね)
 語源は未解決ですが、「槽」 つまり 「容器」 が原義なのだろうと思います。
 ホツマには一般的な船として、ワニ、カモ、カメ の3種が登場しますが、
 ワニが最も速く、次いでカモ、カメはやはり一番遅いようです。
 対馬では今でも ワニ・カモ という船の呼び名が残っているそうです。


御孫 (みまご)
ニニキネを指します。


■上総 (かんふさ)
カンは カミ(上)の音便変化で、この場合は 「中心・都に近い側」 をいいます。
フサ(房・総)は、その垂れた乳房のような地形から 「房総半島」 を指します。
その根っこ側が 上総(かんふさ・かづさ)、さきっぽ側が 安房(あわ)です。

 この時代には下総はまだ無いようで、上総の北はすぐ常陸(ひたち)となります。


■ツクモ (九十九)
現在の千葉県の九十九里浜だとしても それほど不都合はないのですが、
もとは 香取海 の 「船の発着場」 を “ツクモ” と呼び、中でもカトリ宮は
非常に重要な発着場 (港湾都市) だったと考えています。 ▶図解

 ツクモは ツクマ(▽付離・▽着分)の変態と考えます。この場合は 「発着」 の意です。
 “九十九” と当て字するのは 「継ぐ百・次ぐ百」 の意からと考えられます。


カトリ宮 (かとりみや)

■神言 (かんこと)
「神の言葉」 という意です。この場合、神はアマテルです。

 

【概意】
「汝とチカラと速船で行って、イワ船での御幸を奨めるべし。」
これにより御孫とタチカラヲは ワニ船に乗って上総のツクモに着き、
カトリ宮にて神言を宣れば、

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ほのあかり まうらおめして うらとえは まうらふとまに
 あきにとる こちにひもとけ つみのかる いまはるなれは
 にしのそら たみつかれなし よしよしと みことさたまる

―――――――――――――――――――――――――――――
 ホノアカリ マウラを召して 占問えば マウラ フトマニ
 “アキニ” 採る 「“東風に冷も融け 弊 逃る” 今 春なれば
 西の空 民 疲れ無し よしよし」 と 御言定まる

―――――――――――――――――――――――――――――

マウラ

占問ふ (うらとふ)

フトマニ (太兆)
フトマニは占いの方法としても使われます。特定の事柄を象徴する音を、
“ア・イ・フ・ヘ・モ・ヲ・ス・シ” の8種と “ヤマ・ハラ・キニ・チリ・ヌウ・ムク・エテ・
セネ・コケ・オレ・ヨロ・ソノ・ユン・ツル・ヰサ・ナワ” の16種を組合せた3音から選び、
その3音から意味を導き出して、事柄の本質を読み解きます。

 アマテルは八百万の守に御言宣して、このフトマニをモトウラ(基)とする
 歌を詠ませ、自らが編者となって添削し、128歌を選んで占いの基盤とします。
 これを “モトラツタエ(基伝え)の文” といいますが、それ以後はこの文に記される
 歌を以てフトマニと呼ぶようにもなります。

 “モトラツタエの文” の128歌は、アーヤマ、アーハラ、アーキニ ・・・、・・・、・・・、
 シーヰサ、シーナワ の各々に、その3音をテーマとする歌が当てられており、
 占おうとする者は 128種の組み合わせの内から3音を選び、その歌によって
 事柄の本質を得て、その状況下における行動指針とします。


■アキニ
マウラが選んだ128種の中の3音です。
“アキニ” に当てられている モトラツタエの歌の全文はこうです。

 アキニとは 東風に冷も融け 弊逃る 噤み心の 張ぞ来にける 〈フ-3〉


■東風に冷も融け弊逃る (こちにひもとけつみのがる)
コチは語源不明ですが、辞書は 東風 と当てて 「春の東風」 と説きます。
“ヒ(冷・氷)も融く” は 「冬の厳しい寒さが緩む」 ということでしょう。
ツミは ツエ(費・潰)の変態で、ツイエ(費え・弊え・潰え)と同義です。
「費え・消耗・疲弊・損失」 などを表します。
ですから 「春の東風に冬の寒さによる疲弊を逃れる」 という意です。


■西の空 (にしのそら)
“西” は 「コチ(東風)が吹き込んで冷を融く方角」 です。
またテルヒコ一行が これから向かおうとしている方角でもあります。
“空” は この場合は 「天の下・人が住む空間」 を意味します。 ▶空(そら)

 

【概意】
ホノアカリはマウラを召して占うと、マウラはフトマニの “アキニ” を採る。
「“東風に冷も融け弊逃る” 今は春なれば西の空の下は <東風が吹き込み> 民の疲れも無し。
<ゆえにその東風に乗る帆船で西に向うは> 吉々」 と、御言宣が定まる。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ににきねと たちからとゆく ひたかみの
 きみおをかみて よしおつけ
 のちにみまこと たちからと いさわにかえり かえことす

―――――――――――――――――――――――――――――
 ニニキネと タチカラと行く ヒタカミの
 君を拝みて 由を告げ
 後に御孫と タチカラと イサワに帰り 返言す

―――――――――――――――――――――――――――――

■ヒタカミの君 (ひたかみのきみ)
クシタマホノアカリとニニキネの父 「オシホミミ」 を指します。
この時点での国家君主で、ヒタカミのタカノコフを都としています。 ▶タカノコフ


由 (よし)

イサワ

返言 (かえこと)

 

【概意】
ニニキネとタチカラヲはその足でヒタカミに行き、
ヒタカミのオシホミミ君に拝謁して事情を告げた後、
御孫とタチカラはイサワに帰って神に報告する。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ときにすめみこ いわくすの ふねおもふけて
 まらかおち あまつははらお ふなおさに
 まらはかちとり あかうらお ふなこつかさに
 あかまろと あかほしものお そえかこに まうらはかせみ

―――――――――――――――――――――――――――――
 時に皇御子 斎奇の 船を設けて
 マラが叔父 アマツハハラを 船長に
 マラは舵取り アカウラを 船子司に
 アカマロと アカホシ モノを 添え水手に マウラは風見

―――――――――――――――――――――――――――――

■皇御子 (すめみこ)
「皇となる予定の御子」 の意で、今風に言えば 「皇太子」 です。
クシタマホノアカリ(斎名:テルヒコ)を指します。


イワクスの船 (いわくすのふね)
イワ船 と同じです。


■マラ
アマツマラ の略です。


■アマツハハラ
アマツマラの叔父で、旧事記には 天津羽原 と記されます。


アカウラ

■船子司 (ふなこつかさ)
「船員の司・船長(ふなをさ)・船頭」 です。 ▶ふなこ


アカマロ

アカホシ

■モノを添え (ものおそえ)
「モノノベを添えて」、つまり 「人夫を増員して」 という意です。 ▶モノ


水手・水夫 (かこ)
「船の漕ぎ手」 をいいます。
カコは カク(掻く)の名詞形で、“掻く” は “漕ぐ” の変態です。


■風見 (かぜみ)
「風の向きや強さを見る者」 をいうのでしょう。

 

【概意】
時に皇御子はイワクスの船(=巡幸用の船)を設けて、
アマツマラの叔父のアマツハハラを船長に、マラを舵取り、アカウラを船子司に、
アカマロとアカホシは モノノベを添えて漕ぎ手とし、マウラは風見とす。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 つくもより いつのみさきに ほおあけて おきはしるめは
 おほそらお はるかにかけり みくまのの みやゐおかみて

―――――――――――――――――――――――――――――
 ツクモより 逸の岬に 帆を上げて 沖走る目は
 大空を 遥かに駆けり 御隈野の 宮居拝みて

―――――――――――――――――――――――――――――

■逸の岬・伊豆の岬 (いつのみさき)
イツ(厳・稜威・逸)は ここでは 「並外れるさま・抜きん出るさま」 をいいます。
ミサキ(岬)は 「突出・突起」 を意味します。
ですから 「並外れて大きな 陸の突出」 である 「伊豆半島」 をいいます。

 ★岬・崎・碕 (みさき)
 ミス+サク(離く・放く) の同義語短縮 “ミサク” の名詞形で、
 両語とも 「離れるさま・放つさま・突き出すさま」 を意味します。
 ミスは ミステル(見捨てる)ミサカイ(見境い) などの母動詞ですが、
 “見” を当て字するため、今は意味が少し変わっています。


■帆 (ほ)
ホフという動詞の名詞形の短縮で、ホフは オフ(覆ふ)の変態です。
「覆い・包み・含み・ふくらみ」 などが原義です。


■沖走る目 (おきはしるめ)
船が 「沖を走る見た目・姿・様子」 をいいます。
“走る” は この場合は 「まわる・めぐる・行く」 の意です。 ▶走る

 ★沖・奥 (おき)
 オクの名詞形で、オクは アク(空く)・ワク(分く・別く) などの変態です。
 「間隔が空いている所・遠く離れる所・奥深い所」 を意味します。


大空・▽覆空 (おほぞら・おおぞら)
オホ(▽覆)+ソラ(空) で、オホは オフ(覆ふ)の名詞形です。
「地を覆う空間・地にかぶさる空間」 の意です。

 ★空 (そら)
 ソル(剃る・逸る)の名詞形で、「離れ・空き・からっぽ」 などが原義です。
 アキ(空き)、ウツホ/ウツロ(空・虚)、カラ(空)、スキ(空き・隙) などと同義です。


■駆けり (かけり)
カク(駆く)+ナリ(断定) の短縮です。

 ★駆く掻く (かく)
 コク(漕ぐ)の変態で、「行き来する/させる・回る/回す・巡る/巡らす」 が原義です。
 ですから ハシル(走る) の換言です。


■御隈野の宮居 (みくまののみやゐ)
「隈の神を祀る宮」 をいい、かつて二尊が紀州を都とした時の宮の跡と思います。 ▶隈の神
場所は現在の和歌山県新宮市の神倉山周辺と考えます。 ▶御隈野 ▶宮居

 神倉神社 (かみくらじんじゃ)
 和歌山県新宮市神倉1-13-8。 
 現在の祭神:高倉下命
 ・神倉山は熊野権現の降臨地とされる。
  神倉神社は熊野速玉大社奥院といわれ、熊野根本神蔵権現とも称された。

 

【概意】
ツクモより伊豆の岬に帆を上げて、沖を走る姿は大空を遥かに駆けるようであった。
御隈野の宮居を <海上より> 拝みて、

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 なみはより かもにていたる いかるかの みねよりとりの
 しらにはに あまのいわふね おほそらお かけりめくりて
 このさとの なおもそらみつ やまとくに

―――――――――――――――――――――――――――――
 浪速より カモにて到る イカルカの 峰より ‘とり’ の
 領庭に 和のイワ船 大空を 駆けり巡りて
 この里の 名をも “空みつ 和国”

―――――――――――――――――――――――――――――

■浪速 (なみは・なみはや)
ナミ(波・浪)+ハヱ(栄え) の意で、「波が高く激しい海域」 をいいます。

 後世 海の水位が下がって陸が現れると、
 ナニワ(難波・浪速・浪花)・ナンバ(難波)・ナダ(灘) などの地名となります。


■カモ (鴨)
これは “カモ船” をいいます。鴨が足を前後に掻いて泳ぐさまを見て造った船で、
「櫂漕ぎ船」 をいうと考えられます。

 テルヒコ一行は ツクモからワニ船 (帆船) で浪速まで来て、ここからは
 カモ船 (櫂漕ぎ船) に乗り換え、淀川をさかのぼって大和国を目指します。


■イカルカの峰 (いかるかのみね)
「宮/都の峰・宮/都の山」 という意です。
そしてこれは 「生駒山」 をいうと考えますが、その理由は次回に述べます。

 ★イカルカ・イカルガ (斑鳩)
 イカル(怒る)+カ(処) で、“怒る” は 「高まる」 が原義です。
 したがって 「高い所・頂・中心」 を表し、これは タカマ(高天) の換言です。
 ゆえにイカルカは 「中央政府・朝廷・都」 などを意味すると考えられます。


■とり
これは “本日のとりを務める” と言う場合の “とり” で、トリ(▽踊り)と同源です。
「1巡/1周の完了・あがり」 が原義で、この場合は 「終点・ゴール・最終到達地」 を意味します。

 じつはこのトリには、もう1つ別の意味が掛けられているのですが、
 それは次回の講座でお話します。


■領庭 (しらには・しらにわ)
シラ(▽領)は シル(領る)の名詞形で、「知行・治め」 の意。ニハ(庭)は 「場」 と同じです。
ですから 「治めの場所・政所」 をいい、つまり 「朝廷」 です。

 これはシラス(領州)の換言で、またイカルカの換言でもあります。
 そのため “イカルカの峰” は シラニハヤマ(領庭山) とも呼ばれます。


■和のイワ船 (あまのいわふね)
「和して恵る船・ほどよく調えて恵む船」 という意で、「巡幸の船・御幸の船」 をいい、
イワ船イワクスの船 と同じです。 ▶和して恵る ▶和照らす

 
■駆けり恵る (かけりめぐる)・駆け恵る (かけめぐる)
カケル(駆ける)メグル(恵る) の連結で、両語とも 「回る/回す・めぐる/めぐらす」 が原義です。
この場合は 「巡って恵む・御幸する・巡行する」 の意となります。
“駆ける” は “駆く” の連体形から派生した動詞です。


里 (さと)
「イカルカの峰の麓・裾野」 をいいます。

■空みつ和国 (そらみつやまとくに)
場所は大和国 (現在の奈良県) をいうわけですが、多くの意味が重なります。
総合すると、「空を巡って、天が下を恵みつつ来た、皇太子が満たす、中央の和の国」
というような意味となります。

 ★そらみつ (空回つ/空見つ・空満つ)
 1.を巡る。 2.天が下を恵る。 3.空つ彦が満たす。

 ★和国 (やまとくに)   ▶ヤマト
 1.調和の国。 2.中央。中国おのころ

 

【概意】
浪速よりカモ船にてイカルカの峰に到り、それより終点の領庭に。
和のイワ船が大空を駆け恵って来たれば、この里の名をも “空みつ和国” と。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨