⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第63回 [2023.10.18]

第十三巻 ワカヒコ 妹背すずかの文 (3)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 わかひこいせすずかのあや (その3)
 ワカヒコ 妹背すずかの文 https://gejirin.com/hotuma13.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 おきつひこ はらあしことに つまあれて
 みさほたたぬと ちきりさる ちちうほとしか ゐせみやに
 なけけはみうち もろめして まふつのかかみ うつさるる

―――――――――――――――――――――――――――――
 オキツヒコ 腹悪し言に 妻 荒れて
 「操立たぬ」 と 契り更る 父ウホトシが 妹背宮に
 嘆けば 御内 両召して マフツの鏡 映さるる

―――――――――――――――――――――――――――――

■オキツヒコ (息つ彦)・オキヒコ (息彦)
オオトシクラムスビの子です。カマドカミ(竈神)として知られ、
古事記/先代旧事本紀には 奥津日子神/奥津彦神 と記されます。
オキツヒコ&オキツ姫の夫婦で神社に祀られることが多いです。

 ソサノヲ
   ├──オオトシクラムスビ─オキツヒコ(竈尊)
 イナタ姫


腹悪し言 (はらあしこと)

操立つ (みさほたつ)

■契り更る (ちぎりさる)
チギリ(契り)は 「交じえ・結び」 が原義で、「しばり・契約・取り決め・規則」
などを意味し、チカヒ(誓ひ)の変態です。ここでは 「夫婦の契り」 をいいます。
サル(▽更る)は 「一周して元に返す・戻す・改める」 などを原意とし、
ここでは 「まっさらにする・チャラにする・白紙に戻す」 などの意です。


■ウホトシ
オオトシクラムスビを指します。 ▶ウホとオオ
ソサノヲとイナタ姫の4男で、オキツヒコの父です。
また古事記の記述を信じれば、ヤマクイ (24アヤで登場) の父でもあります。
この名前 (大歳倉結び) のせいか、後に豊穣神と混同されてしまいました。

      ┌オオヤヒコ
      ├オオヤ姫
      ├ツマツ姫
      ├コトヤソ
 ソサノヲ │
   ├──┼オホナムチ
 イナタ姫 ├オオトシクラムスビ──┬オキツヒコ
      │           └ヤマクイ (古事記から推測)
      ├カツラギヒトコトヌシ           
      └スセリ姫


■妹背宮 (ゐせみや・いせみや)
「陰陽和合の宮」 という意で、イサワの宮の別名です。
ただし今の伊勢神宮とは別物です。
伊勢神宮は ホツマでは “ウチ(内)の宮” と呼ばれ、この時点ではまだ存在しません。

 ★妹背 (いせ・ゐせ)


■御内 (みうち)
ミ(御)は カミ(上・神)の略、ウチ(内)は 「内部・内輪・近間」 を意味し、
この場合は 「アマテル神の内宮」 である セオリツ姫 を指します。


■マフツの鏡 (まふつのかがみ)
「心の真実を映す鏡」 です。
心の真実は人の目に見えないため、マス鏡とも呼ばれます。

 マフツは 「ありのまま・その通り・真実」 などの意です。
 セオリツ姫はこの鏡を、万人がいつでも見ることができるように、
 伊勢二見浦のフタミの岩に置きます。

 

【概意】
オキツヒコの心悪しき言葉に、その妻は荒れて、
「操を通せぬ」 と、夫婦の契りを解消する。
父のオオトシクラムスビが、イセ宮でそのことを嘆くと、
御内のセオリツ姫は両名を召して、マフツの鏡にお映しになる。



―――――――――――――――――――――――――――――
 をせはけかるる にすてかま めはかくさるる つくまなへ
 わかかんはせも あえみえす はちはつかしく あめにこふ

―――――――――――――――――――――――――――――
 背は汚るる ニステ竈 女は隠さるる ツクマ鍋
 我が顔映も あえ見えず はぢ恥づかしく あめに悔ふ

―――――――――――――――――――――――――――――

■ニステ竈 (にすてがま)
ニステは ニ(▽和)+ステ(棄て・捨て) で、「和合と離別」 の意と考えます。

 ニ(▽和・似)は ニル(似る)の名詞形で、「合い/合わせ」 が原義です。
 カマ(竈・釜・窯)は カム(▽上む・醸む)の名詞形で、「高めるもの」 が原義です。


■ツクマ鍋 (つくまなべ)
ツクマは 「付きと離れ」 を意味しますから (後述)、原義的にニステと同じです。
ナベ(鍋)は ナフ(▽和ふ・並ぶ)の名詞形で、「合せ・入れ・容器」 が原義です。

しかしそうだとすると、マフツの鏡にはいったいどんな像が映ったのでしょうか?
(まさか 寄ったり離れたりする竈と鍋の動画 ?!!)

 筑摩神社 (ちくまじんじゃ)
 滋賀県米原市朝妻筑摩1987。 
 現在の祭神:御食津神、宇迦乃御魂神、大歳神
 ・<筆者注> 御食津神はオキツヒコとその妻ではないかと思います。
 ・鍋冠祭は日本三大奇祭として知られる。昔は神輿に従う婦人が、
  関係を結んだ男の数だけの鍋をかぶったと云う。

鍋冠祭の祭事から逆に察すると、オキツヒコの夫婦問題は、妻の浮気が原因だった
ということになりそうです。


顔・容 (かんばせ)
カン(上・頭・顔)+ハセ(映せ)で、「上部の映り・顔の映り」 をいいます。
ハセは ハヱ(映え)と同じです。


■あえ見えず (あえみえず)
アエは打消の語を伴いますと、「〜できない」 の意を主動詞に添えます。
“ヱ(得・能) 〜ズ” と同じです。ここでは 「見ることができない」 の意です。


■外ぢ恥づかし (はぢはづかし)
「非常に恥ずかしい」 という意です。

 ハヅ(外づ・恥づ)+ハヅカシ(▽外かし・恥づかし)で、ハヅは ハズル(外る)の母動詞。
 ハヅカシは ハヅの形容詞形で、「外れる如し・非常/異常なる如し」 が原義です。
 ここではハヅを連ねて 「並外れて恥ずかしい・異常に恥ずかしい」 の意を表します。


■あめに悔ふ (あめにこふ)
「大いに悔いる」 の意に解しています。

 アメは アム(▽上む)の名詞形で、「高まるさま・盛んなさま・甚だしいさま」 を意味します。
 コフは クフ/クユ(悔ゆ)の変態と考えます。これは 「往き来する・振る・回る・返る」 などを
 原義とし、「(過去を) 振り返る・改める」 などの意を表します。

 

【概意】
すると男は汚れたニステ竈、女は隠されたツクマ鍋が鏡に映る。
そこに自分の顔を見ることはできず、猛烈に恥ずかしくて大いに悔いる。



―――――――――――――――――――――――――――――
 をせゆるさねは いやはちて まからんときに くらむすひ
 ととめてしかる わかこのみ にすてのつらお みかかせと

―――――――――――――――――――――――――――――
 夫 許さねば いや恥ぢて 罷らん時に クラムスビ
 留めて叱る 「我が子の実 ニステの面を 磨かせ」 と

―――――――――――――――――――――――――――――

■いや (弥)
ここでは 「いよいよ・ますます」 の意です。


罷る (まかる)
ここでは 「天に還る・死ぬ」 の意となります。


■クラムスビ
オキツヒコの父のオオトシクラムスビです。ウホトシと同一です。


■実 (み)
ミ(実)は ここでは サネ(実・核) の意です。この場合は「本質・実体」などを表します。


■ニステの面 (にすてのつら)
「ニステ竈の上っ面=オキツヒコの顔」 をいいます。


■磨かせ (みがかせ)
ミガク(磨く)+セ(尊敬を表す ‘’ の命令形) で、「磨かれよ」 の意です。

 

【概意】
夫が許さないので、いよいよ恥じて死のうとする時に、
クラムスビはそれを留めて叱る。
「我が子の実体、ニステ竈の面を磨かれよ」 と。



―――――――――――――――――――――――――――――
 をやのをしえに おきつひこ ふたたひとつき
 むつましく ゐもせのみちお まもりつつ もろくにめくり
 よおをふる はしめおわりの つつまやか みちをしゆれは
 ををんかみ ほめてたまはる かまとかみ

―――――――――――――――――――――――――――――
 親の教えに オキツヒコ 再びとつぎ
 睦まじく 妹背の道を 守りつつ 諸国巡り
 世を
煽る 始め終りの 慎まやか 道 教ゆれば
 大御神 褒めて賜はる “カマド尊”

―――――――――――――――――――――――――――――

■再びとつぐ (ふたたびとつぐ)
このことが オキツヒコ(息つ彦) の名の起源です。 ▶とつぐ
オキ(息)は 「出し入れ・往き来・離別と和合・行ったり来たり」 などを意味します。


睦まじ (むつまじ)

妹背の道 (ゐもせのみち)

■世を煽る (よおをふる)
ヲフルは アフル(煽る)の変態で、「高める・勢いづける・栄す」 などが原義です。
ですから 「世を高める・人生を栄す」 などの意になりますが、ヨ(世)は この場合、
「次の人生・来世」 を意味します。


■始め終りの慎まやか (はじめおわりのつつまやか)
「常に中庸であるさま」 を意味します。
始終(しじゅう)には 「行く末・将来」 の意味がありますが、なぜでしょう?

 ★始め終り (はじめおわり)
 始終終始 と同じで、「常に・たえず・終始一貫」 などの意です。

 ★慎まやか (つつまやか)
 ツツム(包む)+ヤカ(▽如・▽然) で、上下/陽陰などの 両極端に振れることなく、
 「中ほどに収まるさま・中庸」 を意味します。
 
 ★か・け・げ・やか・らか (▽如・▽然)
 “か”  “け・げ” は シク(如く)の名詞形 シカ(然・爾) の略で、動詞や名詞に付いて 「〜のごときさま」
 の意の名詞形をつくります。先行する動詞や名詞によっては “…やか”  “…らか” となる場合もあります。


■道 (みち)
“慎まやかの道” をいいますが、これは言葉を換えれば、
陽陰和る道妹背の道和の道・調和の道」 などになります。


■カマド尊 (かまどかみ:竈尊)
アマテルがオキツヒコに授けた尊名で、「来世を高める尊」 という意味です。
なにゆえ来世を高めるか?については、少し後に説かれます。

 カマドは 「煮炊きする道具・設備」 をいいますが、「煮る・炊く」 の原義は
 「上げる・高める・栄す」 です。カマド(竈)は “ニステ竈” にかけた名でしょう。

よってオキツヒコは食事の煮炊きには関係がないのですが、“ミカマドの神” という
衣食住を守る神霊が別にいるため (22アヤ登場)、これとオキツヒコは混同されて、
炊事の神として祭られるようになったと考えられます。

 竃殿社 (かまどのしゃ)
 滋賀県大津市坂本5-1-1、日吉大社末社。
 現在の祭神:奥津彦神、奥津姫神
 ・<筆者注> 日吉大社はオキツヒコの兄弟と目されるヤマクイを祀る。

 

【概意】
親の教えに従って、オキツヒコは妻と再婚し、
心を一つにして妹背の道を守りつつ諸国を巡り、
来世を高める “終始中庸の道” を民に教えれば、
大御神は褒めて “カマド尊” の名を賜る。



―――――――――――――――――――――――――――――
 てなへおさくる きたなきも みかけはひかる かみとなる
 くにもりたみの さとしにも つくまなさせる いせのみち

―――――――――――――――――――――――――――――
 手鍋をさくる きたなきも 磨けば光る 尊となる
 国守・民の 諭しにも ツクマなさせる 妹背の道

―――――――――――――――――――――――――――――

■手鍋をさくる汚き (てなべおさくるきたなき)
“手鍋” は 「自分の手でつくる料理」 の意で、「使用人を雇えない身分」 を意味します。
サクル(決る・刳る)は スクフ(掬う)の変態で、「すくい上げる・すする」 などの意です。
“キタナキ” は キタナシ(汚し)の連体形の名詞化で、「分別のない者・身分無き者」 をいいます。
ですから 「自分でつくった鍋をすくう卑賤の身」 という意です。


尊 (かみ)
ここでは 「尊き者・高位者」 などを表します。


国守 (くにもり)

■ツクマ・ツクバ (▽着分・▽付離)
ツク(付く・着く)+クブ/クム の短縮の名詞形で、陽陰の 「付きと離れ・和合と離別」 を
意味します。クブ/クムは クバル(配る)/クマル(分る) の母動詞で、「分れる/分ける」 の意です。
“筑波” の原義もこれです。

 これは 「付きと離れ」 を繰り返しながら、しだいに陽陰(男女)の関係が
 しっくりと落ち着いてゆき、最後には一つに融合することを意味します。
 つまり、「陰と陽が和合に至るまでに通過するプロセス」 をいうものです。


■妹背の道 (いせのみち)
イモセ(妹背)の道 と同じです。

 

【概意】
手鍋をすくう卑賤の身とて、磨けば光る尊者となる。
国守や民を諭すにも、実際に “付きと離れ” を経験させる妹背の道である。



―――――――――――――――――――――――――――――
 こすゑおもふに いましめの なけれはみたる
 はたれまの たからあつめて すゑきゆる これすすくらそ
 いきのうち ほしおはなるる これはすすかそ

―――――――――――――――――――――――――――――
 後末思ふに 戒めの 無ければ乱る
 ハタレマの 財 集めて 末 消ゆる これ “スズクラ” ぞ
 生きの内 欲を離るる これは “スズカ” ぞ

―――――――――――――――――――――――――――――

■後末 (こすゑ)
これは 「末・下・後・将来」 などの意ですが、辞書には 梢(こずえ) の漢字しかなく、
これでは枝の先端のイメージしか湧かないので、“後末” と筆者が当てました。
ここに言う “後末” は 近い将来ではなく、「次の人生・来世」 のことです。


■戒め (いましめ)
イム(▽結む)+シム(締む) の名詞形で、「引き締め・縛り・制限」 などが原義です。


乱る (みだる)

ハタレマ

■財・材 (たから)
タカル(集る)の名詞形で、「寄せ集め・材・財」 を意味します。
もう1つの タカラ(宝)は タカミ(高み)の変態で、「尊貴・貴重」 の意を表します。


■スズクラ (鈴暗)
「来世が暗いさま」 を意味します。

 ススク(煤く)の連体形 ススクル(煤くる)の名詞形で、「下げ・衰え・没落」
 などを原義としますが、これを スズクラ(鈴暗) に語呂合わせしています。
 スズ(鈴・▽寿)は 「進み・将来」 を意味し、クラ(暗)は クレ(暮)・クロ(黒)・
 カレ(枯れ) などの変態です。


■欲 (ほし)
ホス(欲す)の名詞形です。


■スズカ (濯か・涼か・清か/鈴明)
「偏りのないさま・執着/欲を離れるさま」、また 「来世が明るいさま」 を意味します。

 ススグ(濯ぐ)の名詞形で、「濯がれた状態・清らかな状態」 をいい、
 まっすぐで 「偏りのないさま・執着のないさま」 を意味します。
 そしてこれを スズカ(鈴明) に語呂合わせしています。
 スズ(鈴・▽寿)は 「進み・将来」 を意味し、カ(明)は 「明るいさま」 を意味します。
 よってスズカにはまた 「先行きの明るいさま・将来有望」 の意味もあります。

 “偏りのないさま” は “慎まやか” と同じです。

 

【概意】
来世を考える時、戒めがなければ乱れる。
ハタレマは財を集めて来世を失う。これ “鈴暗” ぞ。
世に生きる間に欲を離れる。これは “鈴明” ぞ。


 カスガの話は一旦ここで終ります。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨