⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第9回 [2023.7.19]

第二巻 天七代 とこ酒の文 (4)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 あめななよとこみきのあや (その4)
 天七代 とこ酒の文 https://gejirin.com/hotuma02.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 あめのかみよの ななよめお つくいとくちは
 とこよかみ きのみひかしに うゑてうむ はこくにのかみ
 ひたかみの たかまにまつる みなかぬし
―――――――――――――――――――――――――――――
 天の尊節の 七代目を 継ぐ糸口は
 トコヨ尊 木の実 東に 植えて生む ハコ国の尊
 ヒタカミの タカマに纏る ミナカヌシ
―――――――――――――――――――――――――――――

■天の尊節 (あめのかみよ) ■七代目 (ななよめ)
“天の尊節” は 「中央政府の君の治め」 という意味です。
“アメ” には非常に多くの意味がありますが、ここでは “タカマ” の換言で、
「高み・中心・中央政府」 を表します。カミ(尊)は ここでは「君」と同じです。
ヨ(節・代)は「まとめ・治め・まとまり・範囲・区分・時代」 などを意味します。

 ★ (よ)
 ミユ(見ゆ)の名詞形 “ミヨ” の略で、「合わせ・集まり・まとめ」 などを原義とし、
 「まとめ・まとまり・治め・範囲・節・区分」 などを表します。
 辞書は “節・代” を “世” と同源と説いていますが、これは同意できません。
 “世” は 「下・低・地」 が原義で、ヨ(夜) と同源です。


糸口・緒 (いとぐち)

■トコヨ尊 (とこよかみ)
クニトコタチ の別称です。 ▶トコヨ ▶尊(かみ)
この場合はおそらく クニサツチ を指します。

 ミナカヌシ─天の八尊─地の十一尊─クニサツチ─トヨクンヌ┐
 ←……… クニトコタチ  ………→            │
 ←………………  最広義のクニトコタチ …………… ……→│
       ┌―――――――――――――――――――――┘
       │
       └ウビチニ
          ├――――ツノクヰ
         スヒヂ     ├――――オモタル
               イククイ     ├ … (断絶) … イサナキ
                     カシコネ        │
                               イサナミ


■木の実 東に植えて生む (きのみひがしにうゑてうむ)
“東” は この場合 「後にヒタカミの国となる地」 を意味します。
“木の実を植えて生む” とは、文字通りの意味だと思います。
つまり モモヒナキ&モモヒナミ の出生の方法と同じです。

 木の実を以て 生れませば 庭に植えおく 三年後 三月の三日に 花も実も
 百成るゆえに 百の木  二尊の名も 百雛木 百雛実なり    〈ホ2-2〉


■ハコ国の尊 (はこくにのかみ)
ハコクニは 「分けた国・分国」 の意で、これもヒタカミ国を指します。
ですからハコクニの尊とは「ヒタカミ国の君」という意です。
日本書紀には 葉木国野尊(はこくにののみこと) と記され、豊斟渟尊の別名とされます。

 ★ハコ (箱・▽吐・▽分・▽別)
 ハク(吐く・捌く・掃く・剥ぐ)の名詞形で、ハクは ワク(分く)の変態です。
 ですから 「分け・分離・派生」 などが原義です。


■ヒタカミ (日高み)
ヒ(日)+タカミ(高み) で、タカミは タカム(高む) の名詞形です。
「日の高まり・日の昇り」 が原義で、日(太陽)の昇る方角の 「東」 を意味します。
ヒタカミの国は おおよそ今の 「青森県を除いた東北地方」 に当たり、塩竈付近を都としました。


■タカマ (高ま・高天)
これも タカム(高む) の名詞形で、「高み・頂き・中心・中枢」 などが原義です。
ここでは 「都・中央政府」 を表します。


■纏る (まつる)
マトフ(纏う)マトム(纏む)マツム(集む・纏む) などの変態で、
「合わす・とりまとめる・処置する・手当する・ケアする・調える」 などの意を表します。
この場合は、ヒタカミのタカマに 「神をまとわす・鎮座させる」 という意です。

 マツル(祭る・祀る) や マツラフ(服ふ・順ふ)も 原義はこれで、
 “祭る・祀る” は 「神を世にまとわす」 また 「心を神にまとわす」 の意。
 “服ふ・順ふ” は 「まとい付く・懐く」 ことをいいます。

 マツルは 後世大きく意味が変わった言葉の一つです。早くも神武天皇の頃から
 「上げる・敬う・まつり上げる・あがめる・崇拝する」 という意味合いが強くなっています。


■ミナカヌシ (真中主・御中主)
地球に現れた最初の人間で、クニトコタチの元祖です。
記紀では 天御中主(あめのみなかぬし) と記されます。ミナカは マナカ(真中)の変態です。
“アウワ現るミナカヌシ” とありますから、ミナカヌシは 創造神アメミヲヤの直接の顕現と
考えられていたようです。

 空 動きて 風となる 風 火となれば 地もまた 水 埴となる
 この五つ 交わり生れる 神人は 
アウワ現る ミナカヌシ 〈ミ6〉
 
 ★アメミヲヤ・アメノミヲヤ (▽陽陰の上祖) ★アウワ (▽陽結陰・▽陽融陰)
 大宇宙 (霊界を含む) の創造神で、フトマニ図 の真中に坐す “アウワ” の神 です。
 アは 「陽」、ワは 「陰」 を、ウは 「結・融」 を表します。
 アウワ(陽結陰) は 「陽と陰の融合する状態・陽陰の区別がない混沌状態」 を表すものです。
 その神霊が 陽と陰に分離することで大宇宙は開闢しました。ゆえに “陽陰の上祖” です。

クニトコタチの元祖であるミナカヌシを ヒタカミの都に纏るということは、ヒタカミの地も、
かつてクニトコタチが建てた国々(=トコヨ国) に仲間入りすることを意味するようです。

 

【概意】
<二尊が> 中央政府の君の治めの7代目を継ぐ端緒は、
トコヨ尊が木の実をヒタカミに植えて生むハコ国の尊。
この尊はヒタカミの都にミナカヌシを纏る。



―――――――――――――――――――――――――――――
 たちはなうゑて うむみこの
 たかみむすひお もろたたゆ きのとこたちや
―――――――――――――――――――――――――――――
 タチバナ植えて 生む御子の
 タカミムスビを 諸 称ゆ 「東のトコタチや」
―――――――――――――――――――――――――――――

■タチバナ (▽立木・橘)
「香り立つ木」 の意で、柑橘類の総称です。香(かぐ)とも呼ばれます。
太古、クニトコタチが “国を立つ” のモノザネとして植えた木です。 ▶モノザネ
そのため “トコヨの木” (とこよのはな) とも呼ばれます。 ▶トコヨ ▶木(はな)


タカミムスビ (高み結び)

■東のトコタチ (きのとこたち)
ハコ国の尊 の子で、初代のタカミムスビです。
キ(東)ヒタカミ(日高み) の換言、トコタチ(▽疾立ち)は 「先発者・先達」 の意です。

 クニトコタチ─クニサツチ┐
   (I)     (II)  │
 ┌───────────┘
 ├トヨクンヌ─ウビチニ┬ツノクヰ─オモタル
 │ (III)    (IV) │  (V)   (VI)   
 │          │           
 │          └アメヨロツ┬アワナキ──イサナキ
 │          (養子)↑  └サクナキ    │
 │             └─────┐     │
 ├ハコクニ東のトコタチ┬アメカガミ─アメヨロツ  │
 │      (初代)  │             │
 └ウケモチ       └タカミムスビ─トヨケ─イサナミ
               (2〜4代)   (5代)

 

【概意】
 橘を植えて生んだ御子は、タカミムスビとなり、
 諸が 「東のトコタチや」 と称える。



―――――――――――――――――――――――――――――
 そのみこは あめかかみかみ つくしたす
 うひちにもうく このみこは あめよろつかみ
 そあさたし あわさくうめは
―――――――――――――――――――――――――――――
 その御子は アメカガミ尊 ツクシ治す
 ウビチニ儲く この御子は アメヨロツ尊
 ソアサ治し アワ・サク生めば
―――――――――――――――――――――――――――――

■アメカガミ尊 (あめかがみかみ)
東のトコタチの御子で、筑紫を治めたという記述しかありません。
日本書紀には 天鏡尊(あまのかがみのみこと) と記されます。

 アメ(陽陰)+カガミ(屈み) で、「日月が屈む所=ツクシ」 と考えます。


■ツクシ (▽尽州・▽究州・筑紫)
「九州」 の古名で、ツキスミ(▽尽州)とも呼ばれます。
「(日月が)尽きる地方」 つまり 「西の州」 という意です。

 ツクは ツク(尽く・着く)の名詞形で、「行き着いて果てるさま・終着・ゴール」 などの意。
 シは シイ/シヰ(州)の短縮で、「締め・区分・区画」 を意味します。


■儲く (もうく・もふく)
「まわりくる・めぐりくる」 が原義で、「恵まれる・もらう・おこぼれにあずかる」
などの意になります。


■アメヨロツ尊 (あめよろつかみ)
アメカカミ尊の御子ですが、ウビチニの養子となってソアサ(四国)を治め、
アワナギとサクナギを生みます。
日本書紀には 天萬尊(あまよろずのみこと) と記されます。

 アメ(陽陰・和)+ヨロツ で、アメは アワ(陽陰・和・阿波)の換言。 ▶阿波
 ヨロツは ヨロス(▽寄ろす)の名詞形で、「寄せる・まとめる・治める」 の意と考えます。


■ソアサ
語義は未解決ですが、これも 四国(しこく) の古名の一つです。
四国も別名の多い所で、ソアサ・イヨ・アワ とすでに3つ出てきました。
まだ他にもあります。

 
■アワ・サク
“アワナキ” と “サクナキ” の略です。アワナキについては次段で説明されますので、
他文献には登場しないサクナキについて少し書きます。

サクナキは、父アメヨロツ尊の後を継いで、四国を治めたようです。
そしてイヨツヒコを生み、イヨツヒコも父を継いで四国を治め、イヨツ姫を生みます。
後にこの姫を、アマテルの弟のツキヨミが娶って四国を治めます。


 クニトコタチ─クニサツチ┐
   (I)     (II)  │
 ┌───────────┘
 ├トヨクンヌ─ウビチニ┬ツノクヰ─オモタル
 │ (III)    (IV) │  (V)   (VI)   
 │          │           
 │          └アメヨロツ┬アワナキ──イサナキ
 │          (養子)↑  └サクナキ    │
 │             └─────┐     │
 ├ハコクニ─東のトコタチ┬アメカガミアメヨロツ  │
 │      (初代)  │             │
 └ウケモチ       └タカミムスビ─トヨケ─イサナミ
               (2〜4代)   (5代)



―――――――――――――――――――――――――――――
 あわなきは ねのしらやまと ちたるまて のりもとほれは
 うむみこの いみなたかひと かみろきや
―――――――――――――――――――――――――――――
 アワナキは 北の白山麓 チタルまで 法も通れば
 生む御子の 斎名タカヒト カミロキや
―――――――――――――――――――――――――――――

■アワナキ
語義は未解決です。
記紀では 沫那芸神/沫蕩尊 と記されます。


■北・寝・根 (ね)
“北” は 太陽の巡回の 「根」、つまり 「根源・始発/終着点・寝静まる方向」 が原義です。
▶キ・ツ・サ・ネ

・夜は寝るゆえ 北は “ネ” ぞ 〈ホ1-3
・会わねば北よ 会ふば日手 帰る北 
北/寝より来たりて 北/寝に返る 〈ホ1-3
・木は春 若葉 夏 青葉 秋 煮え紅葉 冬 落葉 ・・・ 
根は北に 萌す東や 〈ホ1-3


■白山麓 (しらやまと)
シラヤマ(白山)+ト(下・麓・本・元) で、“シラヤマ” は現在の 白山(はくさん)
“ト” は モト(下/本・元)の略です。これは 「根の国」 を換言したものです。 ▶根の国


■チタル
ホソホコチタル の略です。


■法も通る (のりもとほる)
「法が通って治まる」 という意です。

 ★法・則・典・範 (のり)
 ノル(乗る)の名詞形で、「乗るもの・則る(のっとる)もの」 が原義です。
 “法・則・典・範・矩” みな同じで、「道・システム・制」 などを意味します。


斎名 (いみな)

 
■タカヒト ■カミロキ
タカヒトはイサナキの斎名です。
カミロキはイサナキを指す別名であるのは確かですが、
どういう名なのか、またどういう意味なのかは不明です。
大祓詞に 「神漏岐」 と記されます。

 クニトコタチ─クニサツチ┐
   (I)     (II)  │
 ┌───────────┘
 ├トヨクンヌ─ウビチニ┬ツノクヰ─オモタル
 │ (III)    (IV) │  (V)   (VI)   
 │          │           
 │          └アメヨロツ┬アワナキ──イサナキ
 │          (養子)↑  └サクナキ    │
 │             └─────┐     │
 ├ハコクニ─東のトコタチ┬アメカガミ─アメヨロツ  │
 │      (初代)  │             │
 └ウケモチ       └タカミムスビ─トヨケ─イサナミ
               (2〜4代)   (5代)

 

【概意】
アワナキは 北の白山麓からホソホコチタル国まで、法を通して平定する。
そして生む御子の斎名はタカヒト、カミロキや。



―――――――――――――――――――――――――――――
 たかみむすひの ゐつよかみ
 いみなたまきね とようけの ひめのいさこと
 うきはしお はやたまのをか わたしても とけぬおもむき
 ときむすふ ことさかのをそ
―――――――――――――――――――――――――――――
 タカミムスビの 五代尊
 斎名タマキネ トヨウケの 姫のイサコと
 うきはしを ハヤタマノヲが 渡しても 融けぬ趣き
 融き結ぶ コトサカノヲぞ
―――――――――――――――――――――――――――――

■タマキネ ■トヨウケ・トヨケ・トユケ
タマキネは 5代タカミムスビの斎名です。 ▶タカミムスビ
トヨウケは トヨ(響)+ウケ(受け)で、「中央政府を受け継いだこと」 を表す称え名です。
トヨケ または トユケ と略されます。現在は “豊受大神” として知られ、
アマテル神と同様に女神と信じられていますが、男性です。


 クニトコタチ─クニサツチ┐
   (I)     (II)  │
 ┌───────────┘
 ├トヨクンヌ─ウビチニ┬ツノクヰ─オモタル
 │ (III)    (IV) │  (V)   (VI)   
 │          │           
 │          └アメヨロツ┬アワナキ──イサナキ
 │          (養子)↑  └サクナキ    │
 │             └─────┐     │
 ├ハコクニ─東のトコタチ┬アメカガミ─アメヨロツ  │
 │      (初代)  │             │
 └ウケモチ       └タカミムスビ─トヨケイサナミ
               (2〜4代)   (5代)

 
 真名井神社 (まないじんじゃ)

 丹後国与謝郡。京都府宮津市江尻、籠神社奥宮。
 現在の祭神:豊受大神

 豊受大神宮 (とようけだいじんぐう)
 伊勢国度会郡。三重県伊勢市豊川町279番地。
 現在の祭神:豊受大御神


■イサコ
トヨウケの娘イサナミの斎名です。 ▶斎名


■うきはし
ウク(受く・請く)+ハス(▽合す・▽和す) の名詞形で、
ウケアイ(請合い)
ウケイ(誓ひ) と同義です。
「約束・契約・協力」 を意味し、この場合は 「タカヒトとイサコの 男女の結び/契り」 をいいます。


■ハヤタマノヲ
タカヒトとイサコの最初の結び役となりますが、失敗します。
イサナミと一緒に祀られることが多く、日本書紀には 速玉男命 と記されます。
名の意味は 「早すぎたタマノヲ (霊の結:陽陰の結び)」 と考えています。

 ★タマノヲ (▽霊の結・霊の緒)
 「タマ(魂)とシヰ(魄)の結合」 を タマノヲ(▽霊の結・霊の緒) といいますが、
 魂は陽霊、魄は陰霊であるため、「陽陰の結び・男女の結び」の意に解せます。


■主向き・趣 (おもむき)
オモ(主)+ムキ(向き) で、「主に向く方・主なる方向性」 を原義とし、
「主旨・表向き・ようす」 などの意を表します。
オモ(主)を 人の本質/主体=心 とすれば、
「心の向き・心が向かうさま・おもしろみ・趣」 の意になります。


■融き結ぶ (ときむすぶ)
「融かして一つに結ぶ・融合させる」 という意味です。


■コトサカノヲ
タカヒトとイサコの結びに成功した人物です。
やはりイサナミと一緒に祀られることが多く、日本書紀には 泉津事解之男 と記されます。
コト(事)+サカ(咲・栄) の ヲ(▽結・緒) で、「事を咲かせた結び役」 の意と考えています。

 

【概意】
タカミムスビの5代目の尊で、斎名はタマキネというトヨウケの
姫イサコとの契りを、ハヤタマノヲが仲介しても融けないようす。
それを融き結ぶコトサカノヲぞ。



―――――――――――――――――――――――――――――
 けたつほの つさのつくはの いさみやに
 うなつきあみて いさなきと いさなみとなる
―――――――――――――――――――――――――――――
 ケタツボの 西南のツクバの イサ宮に
 頷き編みて イサナキと イサナミとなる
―――――――――――――――――――――――――――――

■ケタツボ (方壺)
「ヒタカミ国の中枢都市・ヒタカミの都(みやこ)」 の名です。
今の塩釜市付近と思われ、イサナミは父のトヨケと共に ここに住んでいたはずです。
ケタ(方)カタ(方・片)の変態で、「地方の都市・片田舎の都」 を意味します。 ▶ツボ(壺)

 志波彦神社 (しわひこじんじゃ)・鹽竈神社(しおがまじんじゃ)
 陸奥国宮城郡。宮城県塩竈市森山1番1号。
 現在の祭神:志波彦神社 志波彦大神
       鹽竈神社  塩土老翁神、武甕槌神、経津主神
 ・志波彦神社は式内名神大社、鹽竈神社は陸奥国一宮。

 
■ツクバのイサ宮 (つくばのいさみや)
「ツクバ山麓の結びの宮」 の意で、タカヒトとイサコが結ばれた宮をいいます。

 28アヤには 「イサ川端なる宮」 と記されており、現在筑波山の麓を桜川が流れていますが、
 桜川は古くは 筑波川、伊佐々川(いさざがわ)と呼ばれました。 ▶桜川
 伊佐々川(いさざがわ)は “イサ川” が変化したものと考えられます。

 ★イサ (▽結)
 イサは イス(▽結す)という動詞の名詞形です。イスは ユスフ(結ふ)
 母動詞 “ユス” の変態で、「合わす・寄す・結ぶ・つなぐ」 などが原義です。
 したがってイサは “イセ”  “イサワ” の換言です。 ▶イセ・イサワ


■頷き編む (うなづきあむ)
“頷く” は ここでは 「合う/合わす」 の表示で、“編む” は 「交わる」 と同じです。
ですから 「合い交わる・交じり合う・とつぐ・交合する」 という意です。 ▶とつぐ
つまり タカヒトとイサコが交合して一つに融合することをいいます。

 非常に難解なので追々説明しますが、“頷き編む” には奥なる意味があり、
 “編む” は 「陽の能動性」 を、“頷く” は 「陰の受動性」 を表します。
 これは 「陽の働きかけを和(やわ)すように陰が対応する」 ことを意味し、
 “合ふ失す” “編むと和し”  “付離(つくば)” など、多くの換言があります。

 基つ音の アムとヤワシの 付離根を 結びまします アメミヲヤ
 いま二尊も なぞらえて “
付離の神” と 称え給ひき 〈ミ10-2


■イサナキ ■イサナミ
タカヒトイサコは、とつぎの後は それぞれ イサナキ/イサナミ と名のります。
イサは 「結」、ナは 「の」 と同じ、キは 「木」、ミは 「実」 です。
イサ(▽結)はこの場合、「一つに結んだ男女・融合一体化した夫婦」という意味です。
ですからイサナキは 「夫婦の男」、イサナミは 「夫婦の女」 という意味です。

 

【概意】
方壺の西南にある筑波山麓のイサ宮にて、
タカヒトとイサコはうなずき編みて、イサナキとイサナミとなる。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ふたかみの ましわるときに とこみきや
 とこはとほこに こおもとむ
―――――――――――――――――――――――――――――
 二尊の 交わる時に 融酒や
 融は経矛に 子を求む
―――――――――――――――――――――――――――――
 
■融の酒・融酒 (とこのみき・とこみき)
トコはトク(溶く・融く)の名詞形で、「(女男を) 融和する酒」という意です。
トコサカヅキ(床盃)ともいいますが、奥にある意味はこれです。


■融は経矛に子を求む (とこはとほこにこおもとむ)
「融和は法と戒めを得て繁栄を招く」というような意です。

 トコ(融)は 「融和」、トホコ(経矛) は 「法と戒め」 を表します。
 コ(子)は この場合は「繁栄・繁茂」を意味します。
 モトム(求む)は この場合は マトム(纏む)マトフ(纏ふ) の変態で、
 「合わす・寄す・呼ぶ・招く」 などの意です。

 

【概意】
二尊が交わる時に融酒や。
融和は法と戒めを得て繁栄を招く。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ささけはとこよ ゐのくちの すくなみかみの たけかふに
 すすめかもみお いるおみて みきつくりそめ すすめけり
―――――――――――――――――――――――――――――
 ササケはトコヨ 井の口の スクナミ守の 竹株に
 雀が籾を 入るを見て 酒造り初め 進めけり
―――――――――――――――――――――――――――――

■ササケ (篠笥・笹笥/捧げ)
サケ(酒)・ミキ(酒)の別名です。
この名の由来についてはすぐ後に説明されますが、ササケ(篠笥) と ササゲ(捧げ)の意味を持ち、
さらにササゲ(捧げ)は 「上げ・高め・熟成」 の意と、「進上・献上」 の意が重なります。


■トコヨ (▽疾代)
トコ(▽疾)+ヨ(代) で、トコは トク(疾く)の名詞形。
「早き時代・先行する時代・古き時代・いにしえ」 などが原義ですが、
「クニトコタチの時代」 を特に  “トコヨ” と呼びます。 ▶クニトコタチ

 クニトコタチの時代とは まだ男女に性別が分れていない時代であり、
 それはつまり ウビチニ&スヒヂ が生れる前の時代をいいます。

  
■井の口 (ゐのくち)
ヰ(井)は イケ(埋け・池)の略で、イケは イク(埋く)の名詞形です。
「溜め・埋め」 を原義とし、「水たまり・池・海」 などをいいます。
この場合 ヰ(井)は琵琶湖を指し、琵琶湖に注ぎこむ川の河口付近が “井の口” です。

 さらに具体的には、近江八幡市の沙沙貴神社付近と考えられます。
 近くにある繖山(きぬがさやま)は 猪口山(いのくちやま)とも呼ばれ、
 またこの一帯は 篠笥庄(ササケのしょう)と呼ばれていました。


■スクナミ守 (すくなみかみ)
「志賀の国を治める守・近江国を知行する司」 の意です。 ▶守
記紀には 少名御神/少御神(すくなみかみ) と記され、スクナヒコナと混同されています。

 ★スクナミ (▽直な廻・少名御・少御・周玖那彌)
 スク(直)+ナ(=の)+ミ(回・廻) で、スク/スグ(直)は  シキ/ジキ(直) の変態、
 ミ(回・廻)
は 「めぐり・周辺」 の意です。これは シキシマ(直州・敷島) の換言で、
 この場合は シガ(志賀)の国を指すものと考えます。つまりは ヲウミ(近江) です。


■竹株 (たけかぶ) ■篠笥・笹笥 (ささけ)
タケカブ(竹株)は、別の言い方をすれば ササケです。ササ(笹・篠・小竹)ケ(笥)


■雀 (すずめ) ■進めけり (すすめけり)
が籾を入るを見て 酒造り初め進めけり” と、スズメ(雀)とススメ(進め・勧め)を
掛けているわけですが、このススム(進む・勧む)は 「進上する・献上する」 という意で、
ササグ(捧ぐ) の換言です。

 つまりササケは、「ササケ(篠笥)で ササゲて(熟成して) ササゲた(献上した)物」
 という、3重の意味を持つわけです。

 ★けり
 シクアリ(如くあり) → シカリ(然り) → ケリ と変化したもので、
 「しかり・そうである・相違ない」 など、断定・確認の意を添えます。
 ケリは また “キ” にも転じます。

 

【概意】
ササケはトコヨに、井の口を治めるスクナミ守が、
スズメが籾を竹株(=ささけ)に入れるのを見て、初めて酒を造ってささげたのである。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ももひなきより ささなみと なおたまふより なもささけ
 そのかみいまに ささけやま
―――――――――――――――――――――――――――――
 百雛木より ササナミと 名を賜ふより 名もササケ
 その神 今に ササケ山
―――――――――――――――――――――――――――――

百雛木 (ももひなき)

■ササナミ
ササ(▽捧)+ナ(=の)+ミ(回・廻) で、「中心部・中央部」 を意味し、スクナミ の換言です。
これに ササ(酒)+ナミ(▽和み・▽綯み)で、「酒を造る者・醸造者」 の意をかけます。
なお 琵琶湖南西岸の地は、ササナミ(細波・小波・漣) とも呼ばれてきました。

 ★捧 (ささ) ★酒 (ささ)
 ササグ(捧ぐ)の母動詞 “サス” の名詞形で、「上げ・高み・中心・熟成」 などを意味します。
 この サスは 「傘をさす」 の “さす” と同じです。
 この場合は ササ(▽捧)は 「中心・中央」 を、ササ(酒)は 「熟成したもの」 を意味します。
 
 ★ナミ (▽和み・▽綯み) ★ナム (▽和む・▽綯む・舐む・嘗む)
 このナミは、ナフ(綯ふ)・ヌフ(縫ふ) などの変態 “ナム” の名詞形です。
 「合う/合わす」 が原義で、「付ける・結ぶ・造る・まとめる」 など多様な意を表します。


■ササケ
ササナミは 篠笥(=ささけ) に熟成して(=ささげて) 酒を捧げ(=ささげ) ました。
このため酒は “ササケ” とも呼ばれるようになります。


■ササケ山 (ささけやま)
ささけ(=篠笥) の山」 また「(酒を)ささげた(熟成した)山」という意でしょう。
篠笥庄の沙沙貴神社付近の山で、おそらく 繖山/猪口山 の古名かと思います。
この山に スクナミ守=ササナミ の神霊を纏ります。 ▶纏る

 地元には現在も “神乃滴(かみのしずく)” という、沙沙貴神社の神饌田で御田植祭・
 抜穂祭を行った酒米で造られた酒があり、沙沙貴神社の御神酒となっているそうです。

 沙沙貴神社 (ささきじんじゃ)
 近江国蒲生郡。滋賀県近江八幡市安土町常楽寺1。
 現在の祭神:少彦名命 (すくなひこな)
 <筆者注> 祭神はもとは少彦名命ではなく、スクナミ守(少名御神)だったように思います。
      スクナヒコナもこの地に関係ありなのですが、それは後の話です。

 

【概意】
百雛木がスクナミ守に “ササナミ” と名を賜ってより、
酒はササケとも呼ばれるようになり、その神霊を今ササケ山に纏る。



―――――――――――――――――――――――――――――――
 ここのくみとは やよいみか
 さかつきうめる かみのなも ひなかたけとそ たたゆなりける
―――――――――――――――――――――――――――――――
 九の酌み度は 三月三日
 さかつき生める 尊の名も 雛が岳とぞ 称ゆなりける
―――――――――――――――――――――――――――――――

■九の酌み度は三月三日 (ここのくみとはやよいみか)
“九の酌み度” とは、いわゆる 「三三九度」 をいいます。 ▶三三九度
これは 百雛木と百雛実 が初めて交わった三月三日に由来します。 ▶やよい

 三月三日 酒 造り初め 奉る 桃下に酌める 酒に月 映り進むる
 女尊まず 飲みて進むる 後 男尊 飲みて交わる “融の酒” 〈ホ2-2

 
★度 (と・ど)
 トヒ(訪ひ)の短縮で、トヒは タビ(度・旅)の変態です。
 「回ること・往き来・回転・循環・繰り返し」 などが原義です。


■さかつき (杯・盃)
2つの意味が重なります。
まずは “酒注ぎ” で、「酒を注ぐ器」 です。
また “逆月” で、「器に注いだ酒に映る逆さの月」 をいいます。


■尊の名・上の名 (かみのな)
「尊名・称え名」 をいいます。 ▶かみ(上・尊)


■雛が岳 (ひながたけ)
越国のヒナルの岳 に付けられた尊名です。“雛” は 百雛木&百雛実 を意味します。

 “ひながたけ” は多くの歌人に詠まれています。

 ・あすの月 雨占わん ひなが岳  〈松尾芭蕉〉
 ・雲はれて 仰ぐも高き 
日永嶽 みどり匂へる 春日影かな 〈松平春嶽〉

 
■称ゆ (たたゆ)
辞書には タタフ(称ふ) で載っていますが、語尾の ‘ふ’ は ‘ゆ’ と互換と考えてください。
つまり ‘ふ’ で終わるすべての動詞は、辞書には無くとも ‘ゆ’ で終わる異形を持ちます。
タタフ/タタユは 「立てて上げる」 が原義で、 タットブ(尊ぶ)の変態です。


■ける〈けり〉
ホツマ・ミカサでは “係結び” は厳密には行われてません。 ▶係結び
ゆえにこれは 係結びによる活用変化というわけではなく、ケリの古形なのかもしれません。
ナリ(断定)+ケリ(確認) は “なりき” と同じです。

 

【概意】
九の酌み度は三月三日に由来する。
三三九度の酒注ぎと逆月を生んだヒナルの岳を、
“雛が岳” の尊名を添えて称えるのであった。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨