⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第56回 [2023.10.7]

第十一巻 三種譲り見受けの文 (1)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 このアヤは 皇太子オシホミミが即位する時の模様を語ります。
 時間軸でいうと 前のアヤの冒頭の時代とかぶっていて、
 タカキネが代の殿に就任したばかりの頃の話です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 みくさゆづりみうけのあや (その1)
 三種譲り見受けの文 https://gejirin.com/hotuma11.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 みくさゆつりみうけのあや
 ふそゐすす ももゑそひほに ひたかみの みくらのあとに
 またみやこ うつしてなつく たかのこふ

―――――――――――――――――――――――――――――
 三種譲り 見受けの文
 二十五鈴 百枝十一穂に ヒタカミの 御座の跡に
 また都 移して名付く “タカの首”

―――――――――――――――――――――――――――――

■三種譲り見受け (みくさゆづりみうけ)
「三種の授受」 の意で、この授受がの皇位継承の儀式となります。
“三種” とは いわゆる 三種の神器 です。

 ★見受け (みうけ)
 ミル(見る)+ウク(受く) の同義語短縮 “ミウク” の名詞形で、
 両語とも 「合わす・寄す・入れる・得る」 などが原義です。
 ですから “受け” と同義です。

後代においては 皇位の継承=皇の退位 であり、それはほとんどの場合
皇の崩御という形で起こるわけですが、この時代はそうではありません。
下り居(=退位)を宣言するまでは、前の皇も存続します。つまり新たな
皇がその地位を受けることと、前の皇がその地位を下りることは別個で、
複数の皇が併存し得るのです。ちなみにアマテルが下り居するのは
25鈴130枝58穂 ですが、アマテルの場合はまた別格で、国家の存続に
関する重大な意志決定に際しては、下り居の後も “神の声” が響きます。


■二十五鈴百枝十一穂 (ふそゐすずももゑそひほ)  ▶数詞
真榊(=鈴木)による暦法で、1鈴=6万年、1枝=60年、1穂=1年 です。
ウビチニ&スヒヂの時代に植え継ぎが500回の限界に達し、累計年数が
一旦リセットされていますので、この暦の起点はその頃と考えられます。
以来ホツマに暦年の記載されている出来事を振り返ると、次の通りです。

・21鈴125枝31穂 アマテル誕生。 ・21鈴126枝58穂 アマテル即位。
・22鈴505枝1穂 トヨケ帰天。 ・24鈴999枝60穂 六ハタレ蜂起。
・25鈴93枝37穂 カシマ直ち開始。


ヒタカミの御座 (ひたかみのみくら)
ミクラ(御座・神座)は 「尊い位置」 の意で、「神や君の座所」 を意味します。
“ヒタカミの御座” とは、アマテルがヒタカミに滞在していた頃の座所をいい、
すなわちそれは ケタツボ(方壺) を指します。

 ★御座・上座・神座 (みくら)
 ミ(御・▽上・▽神)+クラ(座・坐・位) で、ミ(御)は カミ(上・神)の短縮形、
 クラは クラブ(比ぶ)の母動詞 “クル” の名詞形で、「合わす所・居る所・位置」
 などを意味します。カンクラ(神座/上位・上座)ともいいます。

 ★ケタツボ (方壺)
 「ヒタカミ国の都」 の名です。場所は今の塩釜市付近です。
 ケタ(方)は 「地方・片田舎」、ツボ(壺)は 「集積・集中・中心・要所」 を意味します。
 二尊の時代の国家首都 “奥壺” に対して、ヒタカミの都は “方壺” と呼ばれました。
 方丈宮(かたたけみや)とも、またヒタカミの宮とも呼ばれます。


■タカの首 (たかのこふ/かふ/こう)
“タカ” は ヒタカミ の略、“コフ” は コウベ(首・頭) と同じです。
ですからタカノコフは 「ヒタカミの首都」 という意です。
ケタツボとタカノコフの関係は、今の東京と首都の関係と同じで、
つまり地方都市のケタツボに、国家首都を置いたということです。

 ヒタカミは 「東」 の意、コフ(首)は 「」 と同じですから、なんと “東京” ですね。

 

【概意】
三種譲り見受けの文
25鈴100枝11穂、<大御神が滞在した> ヒタカミの御座の跡に、
また国家の都を移し、これを “タカの首” と名付ける。



―――――――――――――――――――――――――――――
 つほわかみやの とのしまも たかやいらかも ふつくなり
 うらのよきひに わたましの きみはあまてる よつきみこ

―――――――――――――――――――――――――――――
 ツボ若宮の 門の締も 高屋甍も 悉く成り
 占の吉き日に 渡座しの 君は和照る 代嗣御子

―――――――――――――――――――――――――――――

■ツボ若宮 (つぼわかみや:壺若宮)
“ツボ” は ケタツボ の略で、“若宮” は 「新宮」 の意と 「皇太子」 の意が重なります。
近江の多賀を都としていた頃は、“タガ若宮” と呼ばれていました。


■門の締 (とのしま)
シマは シメ(締め・閉め)の変態で、「門の締め・戸締まり・入出の取締り」 を意味します。
これは 宮の門の両脇にある ヒノシマ(日の締)とツキノシマ(月の締) をいい、
“日の締” にはクシイワマドの神が、“月の締” にはトヨイワマドの神が入って、
門から汚穢が侵入するのを防ぎます。

 今でも神社の正門にはよく見られ、門の両脇のブースに弓矢を持った神像が
 座っていますが (随神門)、門の両脇のブースが “門の締”、その中に座す神像が
 クシイワマドとトヨイワマドです。 ▶画像


■高屋甍 (たかやいらか)
タカヤ(高屋)は 「宮の正門と一体化した高楼」 をいうように思います。 ▶画像
ですから 「正門の高楼の屋根」 という意です。

 ★高屋 (たかや)
 1.四方を見渡せる 「高い建物」 をいい、ウテナ(台) ともいいます。
 2.御幸の君が仮宮とする施設をいい、高宮(たかみや)とも呼ばれます。

 ★甍 (いらか)
 イラ+カ(処)のイラは イル(煎る・鋳る)の名詞形で、「上げ・高め」 が原義です。
 ですから 「高い所・頂・棟・屋根」 をいいます。


■占の吉き日 (うらのよきひ)
ヱト(干支)フトマニに照らして吉凶を判断するものと思います。

 ★占・心・裏 (うら)


渡座 (わたまし)
ワツ+マス(坐す・座す) の名詞形で、ワツは ワタル(渡る)の母動詞、
ワタルは ウツル(移る) の変態です。「移りすわること・移って居をすえること」 が原義です。


■和照る (あまてる)
アム(▽和む)+テル(照る) で、アマテラス(和照らす)と同じです。
日月のように天が下を 「ほどよく調えて恵みを与える」という意味で、
ヤワシテメグル(和して恵る)ともいいます。

 天が下 和して恵る 日月こそ 晴れて明るき 民の父母なり 〈ホ7-4〉


■代嗣御子 (よつぎみこ)
「皇太子」 をいいます。 ▶代嗣 (よつぎ) ▶御子

 

【概意】
ケタツボの新宮は その門の締から高屋の甍まですっかり完成し、
占の吉き日に渡座の君は、天が下を和して照らす代嗣御子。



―――――――――――――――――――――――――――――
 はははひのまえ むかつひめ いむなほのこの
 うふみやは ふちおかみみの おしほゐに あれますみこの
 ちにむせふ むつきしめして おしひとの をしほみみとそ
 きこしめし たかわかみやに ひたします

―――――――――――――――――――――――――――――
 母は日の前 向つ姫 斎名ホノコの
 産宮は 縁丘耳の オシホヰに 生れます御子の
 乳にむせぶ ムツキ湿して オシヒトの ヲシホミミとぞ
 聞し召し タガ若宮に 養します

―――――――――――――――――――――――――――――

■日の前向つ姫 (ひのまえむかつひめ)
「日の神アマテルの正面に向う姫」 という意で、アマテルの内宮(=正妃)であることを
表す名です。あまさかる日に向つ姫 とも呼ばれ、日に向つ姫・向つ姫 と略されます。
またの名が セオリツ姫で、斎名は ホノコ。“日の前” は “太陽の前” の換言です。

  サクラウチ─┬─カグツミ─┬カグヤマ──カゴヤマ
 [初代ヤマズミ]│  [2代]   ├カンタマ
        │      └マウラ [3代]
        ├─ホノコ
        │  ├──オシホミミ┬クシタマホノアカリ(斎名テルヒコ)
        │ アマテル     │
        │  │       └ニニキネ(斎名キヨヒト)
        └─ハナコ


■縁丘耳 (ふちおかみみ)
フチオカアナ(縁丘穴) の換言です。
ミミ(耳)は “パンの耳” のそれで、「端・ふち・へり」 などの意です。


オシホヰ

生れます (あれます)
アル(生る)+マス(尊敬)で、「お生まれになる・出現なさる」 の意です。


乳 (ち) ■むせぶ (咽ぶ)

ムツキ (襁褓)


■オシヒト ■ヲシホミミ・オシホミミ     ▶アマテルの后と御子
アマテルの代嗣御子です。斎名はオシヒトで、オシホミミ/ヲシホミミと通称されます。
オシホ(=オシホヰ)+ミミ(耳)は、両語とも 「終・端」 を意味し、またミミは ミコ(御子)の換言です。
ですから 「産野ので生まれたの御子」 という意です。記紀には 天忍穂耳尊 と記されます。

 ★ミミ (御実・御子)
 ミ(御)ミ(実・子) で、ミコ(御子) の換言です。


■聞し召す (きこしめす)
キコス(聞す)メス(召す) で、この場合は 「言う」 の尊敬語です。


■タガ若宮 (たがわかみや:▽治曲若宮・多賀若宮)
オシホミミはタカノコフに来る前は、ヤスカワ(=近江)の “タガ若宮” にいましたが、
若年であり、また虚弱な生れ付きのため、叔父・叔母にあたるオモイカネ&ワカ姫の
夫婦が、御子守となって皇太子を守り育てながら その政務を代行しました。

・アメヤスカワの ヒルコ姫 皇子オシヒトを 養します 〈ホ6-5〉
・先に御子守 オモイカネ シナの辞洞 アチの神 よりて七代の 大嘗事
 タカキネ ヤスの 今宮に タガ若宮の 代の殿 〈ホ10-1〉

今も滋賀県犬上郡多賀町には “多賀若宮” という名のバス停があります。
近江のタガ(▽治曲・多賀)は 二尊の最後の宮があった場所です。

 多賀大社 (たがたいしゃ)
 滋賀県犬上郡多賀町多賀604。
 現在の祭神:伊邪那岐命、伊邪那美命


養す (ひたす)

 

【概意】
母は “日の前向つ姫”、斎名はホノコ。その産宮は縁丘の端にあり、
都のはずれに生れませる御子は、乳にむせび、おむつを濡らし、
名をオシヒトのヲシホミミとおっしゃって、タガ若宮にて養育します。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ひたるのときに おもいかね わかひめともに もりそたつ
 よろまろひとり そはにあり きみはよわくて みそきまれ
 おはさりませは かうのとの まつりとるゆえ
 よろまろお ひたかみのかみ

―――――――――――――――――――――――――――――
 ひたるの時に オモイカネ ワカ姫 共に 守り育つ
 ヨロマロ一人 側にあり 君は弱くて ミソギ稀れ
 叔母 更りませば 代の殿 政 執るゆえ 
 ヨロマロを ヒタカミの守

―――――――――――――――――――――――――――――

■ひたるの時 (ひたるのとき)
ヒタルは イタル(至る)の変態で、「満ちる・完了する・上がる・終る」などが原義です。
ですから 「人生の完了の時・晩年」 という意です。


オモイカネ ■ワカ姫 (わかひめ)


■ヨロマロ
タカミムスビ7代目タカキネの代嗣子で、オモイカネの兄弟です。ヨロマロは幼名でしょう。
この人がタカミムスビ8代目となったと考えられますが、ホツマのヒタカミに関する記述は、
タカキネの代で途絶えます。

                       ┌ソサノヲ
                       ├ツキヨミ
          イサナキ         ├アマテル
            ├──────────┴ヒルコ(ワカ姫)
         ┌イサナミ            │
   トヨケ───┤                ├タチカラヲ
(5代タカミムスビ) │                │
         └ヤソキネ───タカキネ──┬オモヒカネ
           (6代)     (7代)   ├ヨロマロ
                       ├フトタマ
                       ├タクハタチチ姫
                       └ミホツ姫


禊 (みそぎ)
ミソギ(禊)は 「曲り・穢れを直すこと」 が原義ですが、
ここでは 「水を浴びて穢れを濯ぐ」 という具体的な行動を言ってます。
オシホミミは 水浴びも滅多にできないほど 虚弱だったようです。


■叔母 (おば)
オシホミミの叔母である シタテル姫 を指します。


■更る (さる)
サラ(更・新)の母動詞で、「一回りして元に返る・戻る・還る・改まる・更新する」 などが原義です。
この場合は、一生を終えて 「あの世に還る・天界にもどる・帰天する」 という意味です。


代の殿 (かふ/かう/こふのとの)

 

【概意】
オモイカネとワカ姫は晩年、共に若君を守り育て、ヨロマロも一人 側に侍る。
君は弱くて禊も稀れ、叔母のシタテル姫が帰天なされば、代の殿タカキネが
<君に代って> 中央の政を執るゆえ、ヨロマロをヒタカミの守となす。



―――――――――――――――――――――――――――――
 きみはこそ つほおしたひて みゆきなる
 たかのみやこお ひきうつし かうのたくはた ちちひめと
 そふのつほねも そなわれは みうちのいわひ ととのひて
―――――――――――――――――――――――――――――
 君は去年 ツボを慕ひて 御幸なる
 タガの都を 引き移し 代のタクハタ チチ姫と
 十二の局も 備われば 御内の祝 調ひて
―――――――――――――――――――――――――――――

去年 (こぞ)

ツボ (壺)
この場合は ケタツボ(方壺) の略です。


■御幸なる (みゆきなる)
ミユキ(御幸・行幸)は “なる” と述語されることが多いのですが、
この “なる” は 広辞苑C-1によれば、「高貴の人の行為をあらわす」 と説明されています。


■タガの都 (たがのみやこ)
タガ若宮 と同じです。


■代 (かう)
代の殿 の略です。


■タクハタチチ姫 (たくはたちちひめ)
代の殿タカキネの娘で、オシホミミの内宮(=正妃)となり、
クシタマホノアカリ(斎名テルヒコ) と ニニキネ(斎名キヨヒト) を生みます。
日本書紀に 栲幡千千姫命 と記されます。

 ヤソキネ─タカキネ─タクハタチチ姫┐
                  ├クシタマホノアカリ (斎名テルヒコ)
 サクラウチ─セオリツ姫┐     │
            │     ├ニニキネ (斎名キヨヒト)
            ├オシホミミ┘
 イサナギ┐      │
     ├─アマテル─┘
 イサナミ┘


十二の局 (そふのつぼね)

■御内の祝 (みうちのいわひ)
ミウチの ミ(御)は カミ(上・神)の略、ウチ(内)は 「内部・内輪・近間」 を意味し、
この場合は 「尊き所の内部、皇宮の内輪」 という意です。
ですから 「皇宮内での祝の儀」 という意味です。

 内輪での儀式を調えた後、お披露目の儀式に進みます。

 

【概意】
君は去年、ケタツボを慕って御幸なされ、都をタガからケタツボに引き移す。
“代の殿” のタクハタチチ姫と12の局も備わり、皇宮内での祝の儀を調えて、

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨