⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第40回 [2023.9.10]

第八巻 霊還しハタレ打つ文 (7)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 たまかえしはたれうつあや (その7)
 霊還しハタレ打つ文 https://gejirin.com/hotuma08.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 きみやさかにの まかるたま せおりはまふつ やたかかみ
 あきつくさなき やゑつるき

―――――――――――――――――――――――――――――
 君 ヤサカニの 環る珠 セオリはマフツ ヤタ鏡
 アキツクサナギ ヤヱ剣

―――――――――――――――――――――――――――――

■ ヤサカニの環る珠 (やさかにのまかるたま)
「日月の和しと恵みを循環させる珠」 という意です。おそらく “マサカ瓊” と同一でしょう。
日本書紀は 八尺瓊勾玉・八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま) と記します。

 ★ヤサカニ
 日月が 「和して恵ること」、つまり 日月の 「和しと恵み」 を意味します。

  ヤス(▽和す)+サカヌ(▽探ぬ)の名詞形で、ヤスは 「和(やわ)す」 と同義、
  サカヌは サガネル(探ねる)の原動詞で、「行き来する/させる・めぐる/めぐらす」
  などが原義です。

  ・天が下 和して恵る 日月こそ 晴れて明るき 民の父母なり 〈ホ7-4〉
  ・
日月と我は 天下照らすさ                 〈ホ8-6〉

 ★環る珠・巻かる珠 (まかるたま)
 その “ヤサカニ” を 「回す珠・めぐらす珠・循環させる珠」 という意です。 ▶まかる
 またそのモノザネとしての 「まんまるの珠」 をいいます。
 


■マフツヤタ鏡 (まふつやたかがみ)
「真実を映すヤタ鏡」 という意です。日本書紀は 真経津の鏡 と記します。

 ★マフツ
 マフ(▽塗ふ)+フツ(▽付つ) の短縮の名詞形で、マフは マブス(塗す)の母動詞。
 フツは “ふっつく” のフッで、両語とも 「合う/合わす」 が原義です。
 「ぴったり合うさま・いつわりの無いさま・符合・合致・真実」 などの意を表します。

 ★ヤタ鏡・ヤタの鏡 (やたかがみ・やたのかがみ)
 “ヤタカガミ” には幾重の深い意味が重なっており、
 それについてはアマテル自身が17アヤで詳しく語りますが、簡単に要約すれば、
 「八方の民を和し養うために、その心(=魂魄)を写し収める周囲8尺の鏡」 となります。
 後に三種宝の一となり、記紀には 八咫鏡 と記されます。


■クサナギヤヱ剣 (くさなぎやゑつるぎ)
「曲りを直し汚穢を防ぐ剣」 という意です。

 ★クサナギ (▽曲和ぎ)
 クサ(▽曲)+ナギ(和ぎ・凪ぎ)で、 「曲り・汚穢の直し」 の意です。
 クサナギは 多く “草薙ぎ” にかけます。

  ★クサ (▽曲・▽腐・▽臭)
  クセ(曲・癖)の変態で、「曲り・逸れ・外れ・異常・不調」 などが原義です。

  ★ナギ (和ぎ・凪)
  ナグ(和ぐ)の名詞形で、「和し・直し・調和」 などを意味します。

 ★ヤヱ剣 (やゑつるぎ)
 ヤヱにも複数の意味がありますが、このヤヱは ヲヱ(汚穢)ヤレ(破れ)の変態です。
 ツルギ(剣)は 矛(ほこ)と同じく 「ほころばす物」 を意味します。
 ですから 「汚穢・曲りをほころばす物」 の意です。

 

【概意】
君はヤサカニの環る珠、セオリツ姫はマフツの(真実を映す)ヤタ鏡、
ハヤアキツ姫はクサナギのヤヱ剣を携える。


 この 珠・鏡・剣 は、後に 「三種宝」 へと発展するプロトタイプと考えられます。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ときにいふきと ゆえおとふ はるなこたえて
 やつかれに ねのますひとか をしえけり
 いさおしならは くにつかみ これそさのをの みことなり

―――――――――――――――――――――――――――――
 時にイブキト 故を問ふ ハルナ答えて
 「僕に 根のマスヒトが 教えけり
 “功 成らば 地つ守 これソサノヲの 御言なり”」

―――――――――――――――――――――――――――――

■イブキト
イブキトヌシ の略です。

■ハルナ
ハタレナルナ の略です。

僕 (やつがれ)


■根のマスヒト (ねのますひと)
根の国マスヒト」 という意ですが、(根国とサホコ国の区別は曖昧)
この場合はサホコチタル国の新マスヒトとなったアメオシヒを指します。

 アメオシヒはモチコの仲介によりクラ姫を娶り、サホコ国のマスヒトになります。
 そしてあろうことか、“交わり去る” の刑でヒカワに流されたシラヒトとコクミを
 臣として召し入れます。そこにウサの宮居を出奔したモチコとハヤコが合流して、
 オロチ(折霊)に取り入られるのです。〈ホ7-3


■功成らば地つ守 (いさおしならばくにつかみ)
「成功すれば地方の国の司に取り立てる」 という意ですが、
どこかで聞いたせりふです。 ▶功(いさおし) ▶地つ守(くにつかみ)

 ソサノヲが 湛えかねてぞ 剣持ち 行くをハヤコが 押し止め
 「功 成らば 天が下」 〈ホ7-3〉


ソサノヲ
アマテルの南の内侍ハナコを殺害するなどの罪により、死罪を宣告されますが、
ハナコの姉でもある内宮セオリツ姫の温情により “交わり去る” の刑に減免され、
サホコ国のヒカワへ向かいます。ソサノヲとしては 父イサナキの遺言に従って
サホコに向かっているだけで、モチコ・ハヤコらの陰謀には気づいていません。


御言 (みこと)
9アヤで明らかとなりますが、“ソサノヲの御言” というのはいつわりで、
アマテルの弟という威厳を借り、旗印として名前を利用されてるだけです。

 

【概意】
時にイブキトヌシは反逆蜂起の理由を問う。
ハルナは答えて、
「根のマスヒトが僕に教えたのだ。
“成功すれば地つ守に取り立てる。これはソサノヲの御言である” と。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ときにいふきと まふつなら かんかみんとて
 みかかみに うつせはふつく つはさあり
 いふきといわく このはたれ ぬゑあしもちそ
 はけわさに たふらかすもの みなきらん

―――――――――――――――――――――――――――――
 時にイブキト 「マフツなら 鑑みん」 とて
 御鏡に 写せば悉く 翼あり
 イブキト曰く 「このハタレ ヌヱアシモチぞ
 化け術に たぶらかす者 みな斬らん」

―――――――――――――――――――――――――――――

マフツ

■鑑みん (かんがみん)
カンガミ(鑑みるの連用形)+ン(意志) です。
カンガミルは カガミルの音便で、「比べ見る・照らし合わす」 などの意です。

 ★カガミル (鑑みる・▽明暗見る)
 カガ(▽明暗)+ミル(見る) で、「明暗 (陽陰/日月/昼夜/上下/魂魄) を合わす」
 というのが原義です。カガミルの名詞形が カガミ(▽明暗見・鑑・鏡) です。


■御鏡 (みかがみ) ■神鏡・尊鏡 (かんかがみ)
ミ(御)+カガミ(鏡) で、ミは カミ(上・▽尊・神) の略形です。
これは セオリツ姫が携えている マフツのヤタ鏡 を指します。


悉く (ふつく)

■ヌヱアシモチ・ヌエアシモチ
これは化けモノの名前と思われますが、不詳です。
語義としては ヌエ(▽萎)+アシ(▽褪)+モチ(▽没) かなと思ってます。
病気を引き起こすと信じられた疫病神の一種なのかもしれません。

 ヌヱアシモチが かさくさも コゲウ・ハコベラ イタヒラコ
 スズナ・スズシロ スセリ・ナヅ この七種に 除くなり  〈ホ192〉


■化け技 (ばけわざ)
人を 「化かす技・惑わす技」 の意です。


たぶらかす (誑かす)
タブル(狂る)の他動詞形で、「逸らす・曲げる・狂わす・惑わす」 などが原義です。

 

【概意】
時にイブキトは、「それが真実なら照合してみよう」 と、
マフツのヤタ鏡に写せば、明らかに翼あり。
イブキト曰く、「このハタレの正体はヌヱアシモチぞ。
化かし技に惑わす者どもはみな殺そう。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ときにくすひか くまのかみ まねけはからす やつきたる
 ここにはたれの ちおしほり ちかひととめて うしほあひ
 かけうつすとき むますたり ひとなるはみな たみとなる

―――――――――――――――――――――――――――――
 時にクスヒが 隈の神 招けばカラス 八つ来たる
 ここにハタレの 血を絞り 誓ひ留めて 潮 浴び
 影映す時 六十万人 人成るは皆 民となる

―――――――――――――――――――――――――――――

クスヒ

■隈の神・曲の神 (くまのかみ)
汚穢隈を滅ぼす神」 の意で、「イサナミの神霊」 をいいます。
この名は黄泉辺境におけるイサナミの言立ちに由来します。

 イサナミ曰く 「麗しや かく為さざらば 千頭を 日々にくびらん」 〈ホ5-3〉


カラス (烏・鴉)
隈の神は 鬼霊の化身のカラスを使って、人の魄を枯らします。 ▶鬼霊(しこめ)
魄は ここでは 「肉体・形・見た目・うわべの装い」 を意味します。 ▶魄(しゐ)
つまり 「人の外見を取り払って本質(心)をあらわにする」 のがカラスです。

 隈の神 鬼霊が魄を 枯らす神 纏れば黒き 鳥 群れて “カラス” と名付く〈ホ6-5〉


■霊・血 (ち・しむ)
チは シムの短縮形で、シムは シム(染む)の名詞形です。
「中に染み込んでいるもの」 が原義で、「本質・エッセンス・精髄・精・霊」 などを
意味します。この場合は “血” を意味しますが、霊/精が液化して体内を巡るのが
“血” で、それが人を生かしていると考えられていたようです。


■誓ひ留む (ちかひとどむ)
「誓書を書き留める」 ということです。絞った血で書いたのでしょう。


■潮浴ぶ (うしほあぶ)
「心身を濯ぐこと・禊すること」 を意味します。 ▶禊(みそぎ)

 ★潮 (うしほ・みしほ・しほ)
 「往き来・満ち引き・回転・循環」 などが原義で、
 「改め・洗い・濯ぎ・リフレッシュ」 などを意味します。
 そのため海で禊を行うことも多いのです。

 

【概意】
時にクスヒが隈の神を招くと、カラスが8羽飛び来たる。
ここにハタレの血を絞り、それで誓書を書いて、潮で身を濯ぎ、
あらためてマフツのヤタ鏡に影を映す時、人となった60万人は、
みな民にもどる。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 さきのつつかの むはたれも はるなかものま ゐちたりと
 くにあつけよち みなめして ちおそそくとき
 きくみたり すくにきつねの かけあれは 
―――――――――――――――――――――――――――――
 さきのツツガの 六ハタレも ハルナがモノマ 五千人と
 国預け四千 みな召して 霊を濯ぐ時
 キク三人 直ぐに狐の 影あれば

―――――――――――――――――――――――――――――

■ツツガの六ハタレ (つつがのむはたれ)
「拘置されている6人のハタレ頭」 をいいます。 ▶ツツガ
シムミチイソラミチヰツナミチの頭と、キクミチの3人の頭です。


■ハルナがモノマ
「ハルナが率いるモノマ」 です。


■国預け四千 (くにあづけよち)
地元の同輩に預けた四千人のモノマをいいます。
それはすなわち、シムミチの3,000人とイソラミチの1,100人です。
辞書には “村預け” という言葉があります。


■霊を濯ぐ (ちおそそぐ)
この場合は 「霊・本質・エッセンス・精髄 を濯ぐ」 の意で、
鬼霊の化身のカラスを招いて魄を枯らし、血を絞って誓書を書き、
潮を浴びる、という先の一連の手順で行います。


■キク三人 (きくみたり)
「キクミチの軍勢を率いる3人のハタレ頭」 をいいます。これは人間です。


■直ぐに (すぐに)
「曲り無く・ストレートに・まさしく・確かに・明らかに」 などの意です。

 

【概意】
さきに拘留した6人のハタレ頭も、ハルナのモノマ5,000人と
また国預けの4,000人も、みな呼び召して、その霊を濯ぐ時、
キクミチのハタレ頭3人は、明らかに狐の影が映れば、

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 なもみつきつね みそみよろ たまたちせんお かたかこふ
 もろゆるさねは かたのかみ ななたひちかふ のりこちに
 ややゆるさるる みことのり
―――――――――――――――――――――――――――――
 名も “三狐” 三十三万 霊断ちせんを カダが乞ふ
 諸 許さねば カダの守 七度誓ふ 宣り言に
 やや許さるる 御言宣

―――――――――――――――――――――――――――――

■三狐 (みつぎつね)
マフツの鏡に狐の影が映った 「キクミチのハタレ頭3人」 に付けられた名です。


■三十三万 (みそみよろ)
キクミチのハタレ頭3人が率いるキツネとクツネの総数です。
これは本物の生きたキツネとクツネです。


霊断ち (たまだち)

カダ

■宣言・宣詞 (のりこち)
ノル(宣る)コツ で、コツは コト(言)の母動詞です。
「鳴り響かす言葉・知らせの言葉・伝える言葉」 などが原義で、
ノトコト・ノト・ノリト などともいいます。


やや

 

【概意】
名も三狐と名付け、この3人と配下のキツネ・クツネ33万を
霊断ちしようする時、カダが赦免を乞う。
諸守が許さねば、カダの守は7度までも誓いの言葉を繰り返す。
これによりようやく御許しの御言宣を得る。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 みつひこかこと もろきつね うけのみたまお まもらせよ
 もしもたかはは すみやかに たまたちなせよ
 このゆえに なかくなんちに つけるなり

―――――――――――――――――――――――――――――
 「三彦が如 諸狐 ウケノミタマを 守らせよ
 もしも違はば すみやかに 霊断ちなせよ
 この故に 永く汝に 付けるなり」

―――――――――――――――――――――――――――――

■三彦 (みつひこ)
「三狐」 を指しますが、ヒコ(彦)は 「臣」 の同義語です。よってこれは
正式に三狐を中央政府に仕える従者として認めた名であるように思います。


■如・事 (ことごと)
コツの名詞形で、コツは カツ(糅つ・▽括つ)の変態です。
「まつわるもの・類似・ひとくくりであるさま・1セット」 などが原義です。
この場合は 「たぐい・同類・仲間」 などの意です。


ウケノミタマ

 

【概意】
「三彦の仲間の諸狐にウケノミタマ(=稲荷神) を守らせよ。
もし背いた場合には、すみやかに霊断ちをなせよ。
これを条件として、永く汝(=カダ) の配下として付けるなり。」


 このアマテルの御言宣により、稲荷神とキツネの密な関係が始まります。
 辞書にも 三狐神(さぐじ) という言葉が見つかります。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 あまつみことの おもむきお つけてあにひこ ここにとめ
 なかはやましろ はなやまの おとはひかしの あすかのへ
 きつねもみつに わけゆきて たはたのとりお おわしむる
 うけのみたまと うけもちも かたのかみなり
―――――――――――――――――――――――――――――
 陽陰つ御言の おもむきを 告げて兄彦 ここに留め
 中は山背 花山野 弟は “ひがし” の アスカ野へ
 狐も三つに 分け行きて 田畑の鳥を 追わしむる
 ウケノミタマと ウケモチも カダの神なり
―――――――――――――――――――――――――――――

■陽陰つ御言 (あまつみこと)
アメ(陽陰)は 日月の神霊の顕現であるアマテルを指します。
ですから 「アマテル君の御言宣」 です。


おもむき

■兄彦 (あにひこ) ■中 (なか) ■弟 (おと)
“三彦” の 兄・中・弟 をいいます。


■ここ
ヤマタ/ヤマダです。 現在の豊受大神宮(=外宮)がある地です。

 倭姫命世記では、豊受大神宮の 調御倉神 (つきのみくらのかみ) を、
 「宇賀能美多麻神、三狐神、形尊形也、保食神是也」 と説明する。

調御倉神(=三狐神)は兄彦を祭ったもので、トヨケの神霊が真名井から
伊勢山田に移される前から、この地に祭られていたのではと推測しています。
このことは豊受大神が 「食の神」 とされた理由にも関わるように思います。


■山背花山野 (やましろはなやまの)
ヤマシロ(山背)は、琵琶湖側から見た 「山のうしろ」 という意で、
“山” は後の 「比叡山」 を指します。〈24アヤ出〉 ▶花山野

 花山稲荷神社 (かざんいなりじんじゃ)
 京都府京都市山科区西野山欠ノ上65。
 現在の祭神:宇迦之御魂大神、神大市比売大神、大土之御祖大神

 伏見稲荷大社 (ふしみいなりたいしゃ)
 京都府京都市伏見区深草藪ノ内町68。 
 現在の祭神:宇迦之御魂大神、佐田彦大神、大宮能賣大神、田中大神、四大神
 ・社内に間の峰・荷田社あり。また稲荷山全体の地主神を荷田の神という。


ひがし (▽日上し・東)
“ひがし” は ここでは方角をいうのではなく、“アスカ” の語義を説明しているようです。


■アスカ (▽明す日)
アスカは アス(明す)+カ(日) で、「日の改まり・新たな一日」 を意味しますが、
それは 「日がのぼること・日の出」 と同じであり、ヒガシ(東) の原義と一致します。


■アスカ野 (あすかの:▽明す日野)
現在の和歌山県新宮市付近をいうようです。阿須賀という地名が今もあります。
イサナキ&イサナミの二尊が 紀州に巡幸した際の宮 の東にあるため、
“アスカ野 (東の野)” と名づけられたと考えます。

 阿須賀神社 (あすかじんじゃ)
 和歌山県新宮市阿須賀1-2-25。 
 摂社 阿須賀稲荷神社祭神:三狐神
 ・『玉置山権現縁起』
   三狐神は 「天狐・地狐・人狐」 で、熊野新宮の飛鳥(阿須賀)を本拠とする。


ウケモチ

■カダの神 (かだのかみ)
この場合は 「糧の神」 という意で、「稲荷神」 と同じです。

 ★カダ (荷田・▽葛・▽糧)
 カダは カツ(▽活つ)の名詞形で、「勢い・活力、またその素」 を意味し、
 葛(かど・かつ・くず)、糧(かて) などの変態です。

 

【概意】
アマテル神の御言の主旨を告げて、兄彦をここに留め、
中彦は山背国の花山野へ、弟彦は “ひがし” のアスカ野へ遣る。
33万の狐も三つに分け行きて、田畑の鳥を追わしめる。
ウケノミタマとウケモチも糧の神なり。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 しむみちも ゐそらゐつなも ちおぬきて
 おしてにちかひ しほあひて うつすかかみに
 なおさると おろちとみつち かけあれは

―――――――――――――――――――――――――――――
 シムミチも ヰソラ・ヰツナも 血を抜きて
 オシテに誓ひ 潮浴びて 写す鏡に
 なお猿と 蛇と蛟竜 影あれば

―――――――――――――――――――――――――――――

■オシテに誓ふ (おしてにちかふ)
「誓書を書く」 ということです。オシテはここでは 「文書」 を意味します。


■猿と蛇と蛟竜 (さるとおろちとみづち)
ヰツナミチの正体は猿の邪霊、シムミチの正体は錦蛇の邪霊でした。
ヰソラミチの正体はミヅチ(蛟竜)の邪霊だったようです。

 ★ミヅチ (蛟)
 「未熟な竜・蛟竜」 をいいます。

 

【概意】
シムミチ・ヰソラミチ・ヰツナミチのハタレ頭も
血を抜いてオシテに誓い、潮を浴びてマフツの鏡に映すと、
なお猿と蛇と蛟竜の影があれば、

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 そそひてはけぬ ももみそは すてにころすお みことのり
 きらはみのほに なやまんそ ひとなるまては たすけおき
 ひとさかしれは かみのたね
―――――――――――――――――――――――――――――
 濯いで剥げぬ 百三十は すでに殺すを 御言宣
 「斬らば三の火に 悩まんぞ 人成る迄は 助け置き
 人 直曲知れば 尊の種」

―――――――――――――――――――――――――――――

すでに (既に・已に)

■三の火 (みのほ)
瘧火」 の別名です。

 技に燃え着く 瘧火の 日々に三度の 悩みあり 〈ホ8-2〉


直曲・清汚 (さが)

 

【概意】
濯いでも邪霊の剥げぬ130人は、
もはや殺そうとする時に御言宣。
「殺せば三の火に悩もうぞ。人となるまでは助け置けよ。
人は 直曲を知れば尊者となる素材なり。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 みねにあつけて そのをして はたれまこちと たみこよろ
 うつむたかのの たまかわそこれ

―――――――――――――――――――――――――――――
 峰に預けて そのヲシテ ハタレマ九千と 民九万
 埋むタカノの タマガワぞこれ

―――――――――――――――――――――――――――――

■峰 (みね)
「タカノの峰」 で、高野山 をいうのではないかと思います。


ヲシテ
霊を濯ぐために書かせた 「血の誓書」 をいいます。


■ハタレマ九千 (はたれまこち) ■民九万 (たみこよろ)
前に 「六つのハタレはヤマタあり 九千司七十万群れ集りて」 とありました。
ですから、ハタレマの総数は70万9千です。
この内60万は、あっさりと邪霊の干渉を断ち切って民に戻ります。
(この60万には、この後に出てくるアヱノミチのハタレマ10万も含まれます。)

 影映す時 六十万人 人成るは皆 民となる

よって 70万9千−60万=10万9千。
イツナミチのハタレマ1万は、全員死んでます。
よって 10万9千−1万=9万9千。

“ハタレマ九千” とは “九千司” をいうように思います。
それを除くと 9万9千−9千=9万 で、これが “民九万” の意味でしょう。
この9万9千は、邪霊の影響が強くてそれを除くのに手こずった人数
だったのだと思います。


■タカノのタマガワ (▽治曲野の霊郷)
タカノの場所は 高野山の 「高野」 と思いますが、意味は “治曲野” で、
ハタレマの 「曲りを治した野」 と考えます。
タマガワは タマ(霊)+ガワ(側・郷) で、「血(=霊)の誓書を埋めた郷」
という意味だと思います。

 丹生都比売神社 (にふつひめじんじゃ)
 和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野230。 
 現在の祭神:丹生都比賣大神、高野御子大神、御食都比賣大神、市杵島比賣大神

高野山には 「高野の玉川」 という川が流れています。
この名は “タカノのタマガワ” に由来するのだろうと思います。

 

【概意】
御言宣を受け、邪霊が剥げなかった130人は峰に預け、
ハタレマ9千と民9万の 血(霊)の誓書を埋めた場所こそ、
タカノのタマガワぞこれ。

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨