⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第16回 [2023.7.27]

第四巻 日の神の瑞御名の文 (4)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ひのかみのみつみなのあや (その4)
 日の神の瑞御名の文 https://gejirin.com/hotuma04.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 たらちめの つかれにちしる ほそけれは
 ほいゐのかみの みちつひめ ちちたてまつり ひたすれと
 ひとみおとちて つきひなや
―――――――――――――――――――――――――――――
 タラチメの 疲れに乳汁 細ければ
 補飯の守の 充ちつ姫  乳 奉り 養すれど
 瞳を閉ぢて 月日無や
―――――――――――――――――――――――――――――

■タラチメ ■タラチヲ
タラチ+メ(女)、タラチ+ヲ(男) で、タラチはタラチネの略です。
タラチメは 「和合した男女(=夫婦)の女・母」 を意味し、
タラチヲは 「和合した男女(=夫婦)の男・父」 を意味します。

 ★タラチネ・タラチ・タラ (▽陽陰因・▽父母)
 タ(▽陽・▽天)+ラ(▽陰・▽地)+チネ(▽因) で、「陽陰の因み」 を原義とし、
 タラチ、タラ と簡略されます。多くの場合は 「和合した男女・夫婦・父母」 を表します。

 ‘タ’ と ‘ラ’ が なぜ 「陽」 と 「陰」 を表すのかについて、ホツマの17アヤで
 アマテルが語っていますが、それはオシテ(文字)の形状を根拠とします。

 ‘タ’ のオシテ 三光 円の 内に入る 足り助く法 天と父
 上下反す ‘ラ’ のオシテ 地と母法        〈ホ17〉


■乳汁・血汁・霊汁 (ちしる)
チ(霊・血・乳)は シム(染む)の名詞形の短縮で、(シはチとよく入れ替わります)
「中に染み込んでいるもの・エッセンス・精」 などが原義です。
シル(汁)は シル(▽垂る・痴る)の名詞形で、「垂れるもの・液体」 が原義です。
ですから 「精が染み込んでいる液体・血や乳」 をいいます。この場合は 「乳」 です。


■補飯の守 (ほいゐのかみ)
ホヒ+イヰ(飯) の短縮です。ホヒは ホフの名詞形で、ホフはオフ(負ふ・覆ふ)の変態です。
「補うこと・埋め合わすこと・カバーすること」 などをいいます。
ですから 「食を補う守り」 という意です。

 ★飯 (いゐ・ゐひ)
 イヤ(弥)イヨ(弥) などの変態で、「上げ・高まり・勢い・活き」 などが原義です。
 「生かすもの・活かすもの・勢いづけるもの」 をいい、カテ(糧) と同義です。


■充ちつ姫 (みちつひめ)
ミチ(充ち・満ち)+ツ(=の)+ヒメ(姫) で、「充当の姫・補って充たす姫」 などの意です。
後に言う 「乳母」 です。 ▶乳母


養す (ひたす)

■月日無や (つきひなや)
まだアマテルの目が開かないので、残念ながら、
「月日の潤/エネルギーは放たれなかった」 という意です。

 

【概意】
母イサナミは長孕みの疲れで乳の出が細いため、
食を補う守りの “充ちつ姫” が 乳を献上して用を足すが、
まだ瞳を閉じているので、月日の潤は放たれなかった。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ややはつあきの もちのひに ひらくひとみの しほのめは
 たみのてふちの よろこひに つかれもきゆる みめくみや
―――――――――――――――――――――――――――――
 やや初秋の 望の日に 開く瞳の 初の目は
 民の長ぢの 喜びに 疲れも消ゆる 御恵みや
―――――――――――――――――――――――――――――

やや
ここでは 「ようやく」 の意です。


■初秋 (はつあき)
「陰暦の7月」 をいいます。


望の日 (もちのひ)
望月(=満月)となる日」 をいい、「陰暦の毎月の15日」 です。


初の目 (しほのめ)

長ぢ (てふち)

■御恵み・神恵み (みめぐみ)
ミ(▽上・▽神)+メグミ(恵み) で、メグミ(恵み) の尊敬語です。
ここでは 「アマテルの開眼」 に対して “御恵み” と言ってます。

 

【概意】
ようやく初秋の望の日に、開く瞳の “初の目” は、
民が成長を喜ぶありさまに、疲れも消える御恵みであった。



―――――――――――――――――――――――――――――
 あめにたなひく しらくもの かかるやみねの ふるあられ
 やすみにこたま このみつお ぬのもてつくる やとよはた
 やすみにたてて きみとなる

―――――――――――――――――――――――――――――
 天に棚引く 白雲の 掛かる八峰の 降る霰
 八隅にこだま この瑞を 布もて作る 八響幡
 八隅に立てて 君となる

―――――――――――――――――――――――――――――

■天・▽上 (あめ)
アム(▽上む)の名詞形で、「上・高み・中心」 などを原義とし、
ここでは 「上・空・上空・天空」 を意味します。


棚引く (たなびく)
タヌ(▽足ぬ)+ヒク(引く) で、「連なり続く・延び続く」 などの意です。
タヌは タル(足る)の変態で、ここでは 「合わす・加える・連ねる」 の意です。
タヌの名詞形が タナ(棚)・タネ(種/胤) などです。


■八峰 (やみね・やつみね)
これはハラミ山(=富士山)の 「山頂火口壁上の八峰」 をいいます。
現在は 八神峰、富士八峰、八葉、芙蓉八朶(ふようはちだ) などと呼ばれます。
 1. 大日岳(朝日岳) 2. 伊豆ヶ岳  3. 勢至ヶ岳 4. 駒ケ岳(浅間ヶ岳)
 5. 三島岳 6. 剣ヶ峰 7. 白山岳 8.久須志岳
富士山は何度も噴火していますので、当時の姿は現在とは違うはずです。

 ★峰 (みね)
 ムネ(棟)の変態で、「高いさま・高み・頂き・極み」 などが原義です。


■霰 (あられ)
「パラパラと荒々しい降り」 をいいます。

 アル(散る・粗る荒る)+アル(粗る) の短縮 “アラル” の名詞形で、
 はじめのアルは 「ばらけるさま」、また 「荒々しいさま」 をいい、
 次のアルは オル(下る)アユ(零ゆ)の変態で、「降る」 の意です。


■八隅にこだま (やすみにこだま)
「霰の降る音が国家の八隅に響き渡る」 という意味です。
(ヤスミは 原文では “ヒスミ” となっていますが、誤写と判断して修正しています)

 ★八隅・八角 (やすみ)
 「八方の端」 が原義で、スミは スエ(末)、シモ(下)、シマ(州) などの変態です。
 「国家全土・全国」 を意味し、ヤシマ(八州)ヤモ(八方) などとも言います。

 ★こだま (木霊・谺)
 コタムの名詞形で、コタムは コタフ(応ふ・答ふ)の変態です。


■瑞 (みづ)
ミヅ(瑞・蜜・水)は 「上澄み」 が原義で、「純粋・精髄・透明」 などを意味し、
ここでは 「素晴しいさま・麗しいさま・めでたいさま」 をいいます。

  
■八響幡 (やとよはた)・八響の御幡 (やとよのみはた)・八幡 (やはた)
ハラミの八峰に降る霰の “パタパタ” という音が  “八隅に響き渡る” という瑞兆を表した旗で、 
これは 「中心が八方を和し恵むこと」、つまり オノコロ を表すモノザネです。 ▶響(とよ)
色垂(いろしで)、八色幡(やいろはた)、八元幡(やもとはた)、八色和幣(やいろにぎて)
などとも呼ばれます。 ▶画像

 ★幡・旗 (はた)
 「“はたはた・ぱたぱた” と、はためくもの」 をいいます。


■八隅に立つ (やすみにたつ)
この八隅は 「高御座の八隅」 をいいます。高御座(たかみくら)は
皇宮における君の玉座ですが、八角柱の神輿のような形をしています。
この八つの角/隅に “八響幡” を立てます。八角はフトマニ図の中心部分を表し、
これもやはり 「中心のアメミヲヤが八方を和し恵むこと」 を意味します。
アマテルが即位する時を初として、即位の礼での恒例式典となりました。

 

【概意】
<アマテル誕生の時>
天に棚引く白雲が八峰に掛かり霰が降る。
その音が八隅にこだまする瑞兆を、布を以て表す八響幡。
<高御座の> 八隅に立てて君となる。


 ミカサ逸文はこの部分を次のように記しています。

 あまねき神の 生れの時 天に棚引く 白雲の 掛かる八峰の 白玉の
 霰降れども 天晴るる 瑞の兆を 白布に 八響の幡の 代々に立つ
 皇の御子の 初めなりけり                〈ミ逸〉



―――――――――――――――――――――――――――――
 くらゐのやまの いちゐさく
 よになからゑて さくもつは かみのほすゑそ
―――――――――――――――――――――――――――――
 位の山の 一位笏
 世に永らえて 笏持つは 尊の穂末ぞ
―――――――――――――――――――――――――――――

■位の山 (くらゐのやま)
一位の木の繁る山」 の意で、岐阜県高山市の 位山(くらいやま) をいいます。
今も全山が一位の木で蔽われます。クラヰ(位)は クラブ(比ぶ・較ぶ)の名詞形です。

 水無神社 (みなしじんじゃ)
 岐阜県高山市一之宮町5323番地。 
 現在の祭神:水無大神(御歳大神ほか15柱の総称)
 ・西南方の位山(1529m)を神体山として祀る神社。
  御即位・改元等の都度、位山の一位材を以って御用の笏を献上する。


■一位笏 (いちゐさく)
一位の木を材とした」 です。


尊 (かみ)

■穂末 (ほずゑ)
「子孫・末裔」 をいいます。

 

【概意】
位の山の一位笏。世に永らえてその笏を持つ家の者は、尊の末裔ぞ。



―――――――――――――――――――――――――――――
 おはひめか こゑねのくにに みはおりて たてまつるとき
 なくみこの こゑききとれは あなうれし これよりもろか
 なおこひて おはよりとえは うひるきと みつからこたふ
―――――――――――――――――――――――――――――
 叔母姫が 還根の国に 御衣織りて 奉る時
 泣く御子の 声 聞き取れば 「あな嬉し」 これより諸が
 名を乞ひて 叔母より問えば 「ウヒルキ」 と 自ら答ふ
―――――――――――――――――――――――――――――

■叔母姫 (おばひめ)
イサナキの姉妹の シラヤマ姫(白山姫) をいいます。
ココリ姫、キクキリ姫とも呼ばれます。


還根の国 (こゑねのくに)

御衣 (みは)

あな

■ウヒルキ
赤ん坊のアマテルが自ら答えたという名で、“ウホヒルキ” と同じです。

 

【概意】
叔母のシラヤマ姫が、故郷の還根の国で織った御衣を献上する時、
泣く御子の声を 「あな嬉し」 と聞き取る。
これにより皆が御子の名を知りたがるので、
叔母より問えば、「ウヒルキ」 と自ら答える。



―――――――――――――――――――――――――――――
 みこのこゑ きききるときは おさななの うはおおいなり
 ひはひのわ るはひのちたま きはきねそ
 かれうひるきの みことなり きねはめをとの をのきみそ
―――――――――――――――――――――――――――――
 御子の声 聞き切る時は 幼名の ‘ウ’ は “大い” なり
 ‘ヒ’ は 陽の環 ‘ル’ は 日の精霊 ‘キ’ は “キネ” ぞ
 故 太陽霊貴の 尊なり ‘キネ’ は女男の 男の君ぞ
―――――――――――――――――――――――――――――

御子・皇子・神子 (みこ)

■聞き切る (きききる)
これがシラヤマ姫の別名、“キクキリ姫” の名の由来です。


‘ウ’ は “大い” なり (うはおおいなり)

陽の環 (ひのわ)

■日の精霊 (ひのちたま)
「日の神霊・太陽神霊」 をいいます。

 チ(精)は 「中に染み込んでいるもの」、タマ(霊)は 「上・中心にあるもの」 をいい、
 どちらも 「本質・エッセンス・精髄・精」 などを意味します。
 ですから ミタマ(神霊・御霊) と同じです。

 ★精・霊・血・乳 (しむ・ち)
 “シム” は シム(染む)の名詞形、“チ” はその短縮形です。
 「中に染み込んでいるもの」 が原義で、「本質・エッセンス・精髄・精」 などを意味します。
 カミ(神)、ミ(霊)、ヒル(霊)、ヒ(霊)、イ(気・意・霊)、ヰ(霊)、ル(霊) などの同義語です。
 また、これが液化して身体に染み込み、命のエッセンスとなっていると考えられたものが
 「血・乳」 です。


■キ (木・貴) ■キネ (木根)
キは キミ(木実) の “キ” で、「陽・男・夫」 を意味します。
木の結ぶ “実” に対して、“木の根本” という意味から、キネ(木根) と言う場合もあります。

 “木実” が男女(夫婦・陽陰)を表すのは、天地創造の時、陽は先に上って天となり、
 陰は後に下って地となりましたが、それと同じく、“木” は に立つもので、
 “実” は に木に付くものだからです。


故 (かれ)

■大日霊貴/太陽霊貴の尊 (うひるきのみこと)
アマテルの幼名で、「大いなる日の神霊の男尊」 という意です。ウホヒルキともいいます。
多くの神社は天照大神を 大日孁貴(おおひるめのむち) の名で祭っていますが、
大日孁貴=ウヒルキ であることは明らかだと思います。
密教の大日如来も同じ神霊でしょう。大日如来は別名を 遍照尊 といいます。

 

【概意】
御子の言葉を聞き切ると、これは幼名で、
ウは 「大い」、ヒは 「日」、ルは 「日の神霊」、キは 「キネ」 ぞ。
しかれば 大日霊貴の尊である。“キネ” は女男の男の君ぞ。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ふたかみおはお たたゑます
 きくきりひめも あなかしこかな

―――――――――――――――――――――――――――――
 二尊 叔母を 称えます
 キクキリ姫も 「あな畏かな」
―――――――――――――――――――――――――――――

■キクキリ姫 (聞く切り姫/菊桐姫)
アマテルの叔母のシラヤマ姫の別名です。
赤子アマテルの声を 「聞き切る姫」 という意味ですが、
それが 「菊桐姫」 の意味に転じ、また “ココリ姫” へと訛ります。

 白山比盗_社 (しらやまひめじんじゃ)
 石川県白山市三宮町ニ105-1。 
 現在の祭神:白山比淘蜷_ (菊理媛神:くくりひめのかみ)


畏・賢・恐 (かしこ)
カシグ(炊ぐ)の名詞形で、「高まるさま・上にあるさま・尊いさま」 が原義です。

 

【概意】
二尊は叔母を称えます。
聞く切り姫も 「なんて貴い御名なのでしょう!」 と。



―――――――――――――――――――――――――――――
 あかたまの わかひるのるは あおきたま
 くれひのみたま ぬはたまなりき

―――――――――――――――――――――――――――――
 天が球の 若日の霊は 青き霊
 暮日の神霊 ぬば霊なりき

―――――――――――――――――――――――――――――

■天が球 (あがたま)
「天空にある球」 の意で、つまり 「日・太陽」 です。
ア(▽天・▽上)は アメ(天)の略です。


■若日の霊 (わかひるのる)
ワカヒル=ワカヒ(若日) で、「若日(=初日の出) の霊」 を意味します。
ここでは初日の出と共に生れた日の神霊、つまりウヒルキを “若日の霊” と呼んでいます。

 ヒル(日・昼)は ヒル(▽秀る)の名詞形で、「上るさま」 を原義とし、
 天地創造の際に上に昇った 「陽」、また陽の極みである 「日・太陽」 を表します。
 “ヒル” は略されて、ヒ(陽・日・火・)  または  ル(霊) となり、いずれも
 「軽く上るもの・形なきもの・気・エネルギー・精・本質」 などを表します。


■青き霊 (あおきたま)
アオ(青)は 「まだ未成熟で元気なさま」 を表す色です。
タマ(霊)は ミタマ(神霊)、ル(霊)、チ(精・霊) などの同義語です。
ですから 「若くて元気なエネルギー」 という意味です。


■暮日の神霊 (くれひのみたま)
クレヒは 「暮れる日・夕日」 です。ミタマ(神霊)は ミ(▽上・▽神)+タマ(霊) の
同義語連結で、ミは カミ(上・神)の略形です。
よってこれも タマ(霊)、ル(霊)、チ(霊・精) などの同義語です。


■ぬば霊 (ぬばたま)
ヌバは ナエ(萎え)、ニブ(鈍) などの変態で、「勢いのないさま・衰え」 を表します。
ですから 「衰えたエネルギー」 という意味です。


■き
シクアリ(如くあり) → シカリ(然り) → ケリ → キ と変化したものです。
「如くなり・しかり・そうである・相違ない」 などの意を表します。
これは今の古典文法にいう 「助動詞のキ」 です。

 

【概意】
天の球の 若日の神霊は若くて元気なエネルギー。
暮日の神霊は老い衰えたエネルギーである。


 この一文は前後から独立していますので、歌であるようです。
 初日の出と共に誕生した 若日の神霊ワカヒトを 祝い称える歌なのでしょう。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨