⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第41回 [2023.9.11]

第八巻 霊還しハタレ打つ文 (8)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 たまかえしはたれうつあや (その8)
 霊還しハタレ打つ文 https://gejirin.com/hotuma08.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 ちわやより あめゑのみちか をんかみに ことかたらんと
 よはらしむ きみいふきとに しつめしむ

―――――――――――――――――――――――――――――
 チワヤより アメヱノミチが 御神に 「言 語らん」 と
 呼ばらしむ 君 イブキトに しつめしむ

―――――――――――――――――――――――――――――

■チワヤ (千早・知和夜)
ちわやふる” の ‘ちわや’ に由来すると思われる地名ですが、場所は不明です。
候補としては、千早城があった現在の大阪府南河内郡千早赤阪村。
また津秦天満宮の所在地は、古くは “知和夜の森”、“千早の杜” と呼ばれたといいます。


アメヱノミチ・アヱノミチ

■イブキト
イブキトヌシ の略です。

 
■しつむ (▽執む・為集む・鎮む)
為集む鎮む と同一ですが、「うまくまとめる・治める・調える・処置する」
などが原義で、マツル(纏る) と同義です。「下げる・低める」 の意ではありません。

 この時にもアマテルは御幸していますが、アメヱノミチとの直接交渉には、
 御使としてイブキトを差し向けたということです。

 

【概意】
チワヤよりアメヱノミチが、御神に 「話し合おう」 と、
使者をして呼びかければ、君はイフキトにこれを纏らしむ。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 いふきとぬしは みゆきこし はたれかとわく かんかみか
 こたえてかみの やつこなり またとふやつこ こしはなに
 いわくなんちお やことせん ゆえにのるなり

―――――――――――――――――――――――――――――
 イブキトヌシは 御幸輿 ハタレが問わく 「上尊か」
 答えて 「神の 奴なり」 また問ふ 「奴 輿は何?」
 曰く 「汝を 奴とせん ゆえに乗るなり」

―――――――――――――――――――――――――――――

■御幸輿 (みゆきこし)
通常は 和つ君 以外は乗ることを許されないものですが、
この時のイブキトは君の御使であるため、御幸の輿に乗ります。
これは 「霊鳥の出車八房輿」 と同じものです。


■ハタレ
アメヱノミチの軍勢を率いるハタレ頭をいいます。これは人間です。


■上尊 (かんかみ)
「上位の尊」 という意味です。
この場合は 「中央政府の最高位者」 をいいます。


■神 (かみ)
アマテル神 をいいます。


奴・臣 (やつこ・やこ)
ヰユ(居ゆ)の名詞形 ヰヤと、ツク(付く・▽仕く)の名詞形 ツコの連結 “ヰヤツコ” の
短縮で、両語とも 「合わせ・添い・付き」 などを意味し、「居合わす者・添い付く者・
侍る者・仕える者」 などの意です。イツキ(斎)の変態で、斎は女、奴は男です。

 

【概意】
イブキトヌシは御幸輿に乗る。
ハタレが 「上様か?」 と問えば、答えて 「神の奴なり。」 
また問ふ 「奴の分際が輿とはどういうことだ?」
曰く 「汝を奴とせんがゆえに乗るなり。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 またはたれ なんちわかはゑ はちみする やつことせんと
 なりめくる はたたかみなり
―――――――――――――――――――――――――――――
 またハタレ 「汝 若生え 恥 見する 奴とせん」 と
 鳴り巡る ハタタ神なり

―――――――――――――――――――――――――――――

若生え (わかばゑ)

■鳴り巡る (なりめぐる)
メグル(巡る)は ここでは 「伝わる」 の意で、“響く” と同じです。


ハタタ神 (はたたがみ:霹靂神)
カミナリのことです。ナルカミ(鳴神)、イカツチ(雷)ともいいます。
さきに 「鳴神求むアヱノミチ」 とありますので、雷と関わりを持つハタレなのでしょう。

 

【概意】
またハタレは「汝 若生えめ、恥をかかすわ。奴としてくれる」と、
言うやいなや鳴り響く雷であった。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 いふきとは うつろゐまねき これおけす
 むらくもおおひ くらませは しなとおまねき ふきはらふ
 ほのほおはきて むろやけは たつためまねき これおけす
―――――――――――――――――――――――――――――
 イブキトは ウツロヰ招き これを消す
 むら雲覆ひ 暗ませば シナトを招き 吹き払ふ
 炎を吐きて 室 焼けば タツタ姫招き これを消す
―――――――――――――――――――――――――――――

■ウツロヰ (▽空埋)
「ウツロ(空間・空気)を支配する自然神」 です。”鳴神の主” と呼ばれます。
この神は他の文献には登場せず、また とある理由により祀る神社もありません。


シナト (科戸・級長戸)・シナトベ (級長戸辺)
「風を支配する自然神」 です。

 龍田大社 (たつたたいしゃ)
 奈良県生駒郡三郷町立野南1丁目29-1。
 現在の祭神:志那都比古神(しなつひこのかみ)、志那都比売神(しなつひめのかみ)


タツタ姫 (たつため・たつたひめ)
「竜を司る自然神」 です。水界の王者である竜を駆使して、火災と高波を鎮めます。

 龍田神社 (たつたじんじゃ)
 奈良県生駒郡斑鳩町龍田1-5-6。
 昔の祭神:龍田比古大神、龍田比女大神

 ★竜・龍 (たつ・たつた・たった)
 タツ(立つ・▽達つ)の名詞形で、「成長して達したもの」 を原義とし、
 「ウロコの動物の頂点に立つもの」 を意味します。
 幼児語で “立つこと” を “たった” といいますが、これと同じく
 タツタは タツ(竜)と同じです。現在は “竜田・龍田” と当て字します。

  火の神と埴の神より生れながらも、竜は水の属性です。そのため水を操って、
  火を消したり 高波を鎮めたりする能力を持ちます。シナの伝説でも同じです。
  西洋のドラゴン(dragon)は dragの名詞形で、「(地を)引きずるさま」 を意味します。
  ですから本来は、蛇やトカゲの類を指す言葉だったと考えられます。

 

【概意】
イブキトはウツロヰを招いて雷を消す。
むら雲が空を覆って暗ませば、シナトを招き吹き払ふ。
炎を吐いて室を焼けば、タツタ姫を招いてこれを消す。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 はたれむせんて このはして つふてあられに たみせめる
 みかたひれきて かくいれて うちこほさせは
 はたれまの うはひはむまに とりしはる

―――――――――――――――――――――――――――――
 ハタレむせんで このはして つぶて霰に たみ攻める
 御方 領巾着て 香 入れて 打ちこぼさせば
 ハタレマの 奪ひ食む間に 捕り縛る

―――――――――――――――――――――――――――――

■咽んで (むせんで)
ムセンデは ムセテ(咽せて)、ムセビテ(咽びて)」 の音便です。

 ムス(咽す)は ムスブ(結ぶ)の母動詞で、ムセブはムスブ(結ぶ)の変態。
 「結ぶ・せばまる・塞がる・詰まる」 などが原義です。


■このはす
カナワス(適わす)の変態で、「適応する・工夫する」 などの意と思います。


つぶて (飛礫・礫) ■霰 (あられ)


■たみ攻める(たみせめる)
タミは タム(回む・廻む)の名詞形で、「まわり・周囲・周辺」 をいいますが、
この場合は 「離れてるさま」 を意味し、「遠隔攻撃する」 という意です。


領巾・肩巾 (ひれ)                [画像]
「ひらひらした大きめのショール・天の羽衣」 みたいなものです。
魚の鰭(ひれ)も同源で、ひらひらと翻る(ひるがえる)ものをいいます。


香 (かぐ)
この場合は 「香の菓・橘の実」 です。


打ち (うち)

■奪ふ (うばふ)
「そらす・曲げる・外す」 などが原義で、ここでは 「気をそらす」 という意です。

 

【概意】
(消えた火の煙に)
むせるハタレは工夫して、つぶての霰で遠くから攻める。
御方は領巾を着て、中に橘を入れて打ちこぼさせ、
ハタレマが気をそらして食む間に捕り縛る。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 はたれもひれし まはすはゐ みておとろけは かんかゑて
 ほらかゐふかせ まひれけし かくむさほらせ これおうつ
 はたれつちもて かみおうつ
 かみはにきてに うつつちの やれてとへらの はうちわや

―――――――――――――――――――――――――――――
 ハタレも領巾し 回す貝 見て驚けば 考えて
 ホラ貝吹かせ マ領巾消し 香 貪らせ これを打つ
 ハタレ槌以て 神を打つ
 神は和手に 打つ槌の 破れて海桐花の 葉団扇や

―――――――――――――――――――――――――――――

■回す貝 (まはすばゐ)
バヰは カヰ(貝)の別名です。マハスバヰは 「回す貝・貝回し
という意で、貝独楽(ばいごま・べいごま)と同じです。
これは 「領巾をかぶって回るハタレマの姿」 を喩えた表現と思われます。


■ホラ貝 (ほらがゐ)
これは “貝をホル(放る)” の意のモノザネです。
貝とは、ハタレの 「回す貝」 をいいます。


■マ領巾 (まひれ)
「ハタレ領巾」 という意味でしょう。


■和手 (にきて)
ニキ(和)+テ(手) で、「手の合わせ・手の結び・手の交え」 を意味し、
タミメ(手見目)
の換言です。


海桐花 (とべら)   [画像]


■葉団扇 (はうちわ)
アメヱノミチ の “アメヱノ” に漢字を当てると ”天狗” となりますが、
ハウチワ(葉団扇)は アメヱノミチが天狗の起源であることを裏付けるように思います。
天狗はハウチワ(羽団扇)を持つと伝えられるからです。

 八手(やつで)も “天狗の羽団扇” の別名があり、
 こっちの方が団扇のイメージにより近いです。

 

【概意】
ハタレも領巾を着てクルクル回れば、まるで貝独楽の如し。
見て驚けば考えて、ホラ貝を吹かせてハタレマの領巾を消し、
橘の実に熱中させてこれを平らげる。
ハタレは槌でアマテル神を打とうとするが、神がタミメを結ぶと、
打つ槌は破れて海桐花の葉団扇となる。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ここにはたれか むなさわき
 にくるおつかむ たちからを ついにわらひの なわしはり
 なんちやつこと なすへきや なるやといえと ものいわす

―――――――――――――――――――――――――――――
 ここにハタレが 胸騒ぎ
 逃ぐるを掴む タチカラヲ ついに蕨の 縄縛り
 「汝 奴と なすべきや なるや」 と言えど 物言わず

―――――――――――――――――――――――――――――

タチカラヲ

蕨の縄 (わらびのなわ)

 

【概意】
ここにハタレ頭は胸騒ぎを覚え、逃げようとするを、
タチカラヲが掴んで、ついに蕨の縄に御用となる。
「汝を奴とすべきだろうか、なるか!?」 と言えど、物言わず。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 きらんとすれは いふきぬし ととめてこれも ちかいなす
 ひますのものま あゐぬかけ ほのほものかれ
 ちわやふる かみのめくみと ちちをかむ

―――――――――――――――――――――――――――――
 斬らんとすれば イブキヌシ 留めてこれも 誓いなす
 一マスのモノマ アヰヌ影 炎も逃れ
 「幸振る 神の恵み」 と 散々拝む

―――――――――――――――――――――――――――――

■誓い (ちかい)
「ハタレマの霊の曲りを直す一連の過程」 をいいます。
それはすなわち、隈の神の使いのカラスを招いて魄を枯らし、
血を絞って誓書を書かせ、潮を浴びるというものです。
その後、マフツのヤタ鏡に映してハタレ霊の影が消えたかを鑑定します。

■一マスのモノマ (ひますのものま)
マスは 「100,000 を表す数詞」 です。“ハカリ” ともいいます。
モノマは ハタレマと同じです。


■アヰヌ影 (あゐぬかげ:天狗影)
アヰヌは アヱノ/アメヱノの変態で、「高等な獣=天狗」 をいいます。
カゲ(影)は それが人に与える 「影響」 をいいます。


■炎 (ほのほ)
瘧火」 のことです。

 技に燃え着く 瘧火の 日々に三度の 悩みあり 〈ホ8-2〉


幸振る (ちわやふる)


■散々・千々・▽繁々・▽幸々 (ちち・ちぢ・しじ)
チチは チツの名詞形で、チツは シッソウ(疾走)の シツ の変態です。
「高まるさま・勢いづくさま・栄えるさま・活発なさま・甚だしいさま」 などが原義で、
ここでは 「非常に多いさま・幾千・あまた」 などの意を表します。
ちなみに チチ(父) も同じで、「活発で先に上昇した」 が原義です。

 辞書では “千千・千箇・数千” と当てられていますが、さんざん(散々) も
 似たような意味と考え、当講座では多くの場合 “散々” と当て字しています。

 

【概意】
斬ろうとするを、イブキヌシが留めて、これも誓いをなす。
こうして10万のモノマは、天狗の影響も、1日3度の発熱からも逃れ、
「幸振る神の恵み」 と散々に拝む。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 すへてななます ここちみな ひとなるのりの みかかみお
 せおりつひめの もちいてて のちのはたれの ひととなる
 まふつのかかみ みるために ふたみのいわと なつけます

―――――――――――――――――――――――――――――
 すべて七マス 九千みな 人なる法の 御鏡を
 セオリツ姫の 持ち出でて 後のハタレの 人となる
 マフツの鏡 見るために “フタミの岩” と 名づけます

―――――――――――――――――――――――――――――

■七マス九千 (ななますここち)
「70万9千」 で、6ハタレの軍勢の総員数です。


■人なる法 (ひとなるのり)
邪霊/折霊の干渉を受けて心の曲った者が、「人となる法」 の意で、
マフツの鏡に映して邪霊の影をチェックすること」 をいいます。

 13アヤに “直からざれば人ならず” とあり、心が直ぐであることが
 人であるための第一要件です。
 邪霊/折霊は “同類相求む” の法則によって寄り付くわけですから、
 人の心が曲っていなければ、そもそも寄って来ません。

もし邪霊の影が映れば、反省・改善の心が起こるため、
「心の曲りを直す法」、すなわち 「人なる法」 です。


■後のハタレ (のちのはたれ)
「今後、邪霊の干渉を受けてハタレとなってしまう者」 という意です。


■フタミの岩 (ふたみのいわ)
フタミは マフツ の語順を逆にした換言で、フタは フツ(▽付つ)の名詞形。
ミは ミル(見る)の名詞形で、両語とも 「合い/合わせ」 が原義です。
ですから フタミの岩は 「符合・合致の岩・真実の岩」、つまり 「マフツの岩」 という意です。

 セオリツ姫は、万人がいつでもマフツの鏡を見れるようにと、持ち出して
 イサワ宮近くの海岸に置いたのです。それが現在の 二見浦夫婦岩 です。

 歌枕にもなっていて、藤原定家が次のように詠んでいます。
 マス鏡 (=マフツの鏡) フタミの浦に 磨かれて 神風清き 夏の夜の月

 

【概意】
総勢70万9千のハタレマ全員を人に戻した、その法である御鏡を、
未来のハタレが、人に戻るマフツの鏡を見るためにと、
セオリツ姫は外に持ち出し、鏡を置いた岩を “フタミの岩” と名づけます。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 よよあらしほの やもあひに ひたせとさひぬ かんかかみ
 いまなからえり
―――――――――――――――――――――――――――――
 弥々あら潮の 八百会に 浸せど錆ぬ 神鏡
 いま永らえり

―――――――――――――――――――――――――――――

■弥々 (よよ)
“いよいよ” の略形で、「連なり続くさま」 を意味し、
「連綿と・絶え間なく・常に・ときわに」 などの意を表します。


■あら潮 (あらしほ)
アラ(新)は ここでは 「あらたまるさま」 を意味します。
シホ(潮)も同義で、「往き来・満ち引き・回転・循環」 などを原義として、
「改め・洗い・濯ぎ・リフレッシュ」 などを意味します。


■八百会 (やもあひ)
これも “あら潮” の類語で、「無限に往き来すること・常に洗い改めること」 をいいます。


神鏡 (かんかがみ)

 

【概意】
ときわに寄せては返す波に、数限りなく洗い晒されても錆ない神鏡、
今なお永らえるなり。


 ところで現在は、二見浦の夫婦岩にマフツの鏡は存在しません。
 いずれかの時代に何らかの理由により、セオリツ姫のために建てられた 日の前宮 に移されて、
 その御神体となったと推測しているのですが、どうでしょう?

 日前國懸神宮 (ひのくまくにかかすじんぐう)
 紀伊国名草郡。和歌山県和歌山市秋月365。
 現在の祭神:日前大神、国懸大神
 ・日前大神(ひのくまおおかみ)は、日像鏡(ひがたのかがみ)を神体とし、
  國懸大神(くにかかすおおかみ)は、日矛鏡(ひぼこのかがみ)を神体とす。

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨