⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第33回 [2023.8.20]

第七巻 遺し文 清汚を直つ文 (7)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 のこしふみさがおたつあや (その7)
 遺し文 清汚を直つ文 https://gejirin.com/hotuma07.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 そさのをいわく なおそれそ むかしねのくに ゆけとあり
 あねとまみゑて のちゆかん
 はるかにくれは うたかわて いつかゑしませ
―――――――――――――――――――――――――――――
 ソサノヲ曰く 「な怖れそ 昔 根の国 行けとあり
 姉とまみえて 後行かん
 遥かに来れば 疑わで 稜威返しませ」
―――――――――――――――――――――――――――――

■な怖れそ (なおそれそ)
「な」 + 「動詞の連用形」 + 「そ」 の形は、ゆるやかに禁止する意を表します。
ここでは 「怖れないでくれ・怯えなくていいよ」 などの意になります。


根の国 (ねのくに)
根の国とサホコチタルは共に、イサナキの父アワナギが開拓した国であるため、
両国の区別は明確でなく、サホコチタルは根の国の延長として扱われています。 ▶サホコチタル

 さきにタラチヲ 「ハナキネは 根の国・サホコ 領すべし」  〈ホ6-5〉


まみゆ (見ゆ)
マミル(塗る)の変態で、「合う/会う・交じる・交わる」 の意です。


稜威 (いつ)
ここでは 「活きの良さ・元気・威勢」 などの意です。

 

【概意】
ソサノヲ曰く、
「怖れなくていいよ。昔 父は根の国に行けと言ってたから、
姉とまみえた後に行こうと思う。
はるばる来たのだから疑わないで、威勢を返しませ。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 あねとわく さこころはなに
 そのこたえ ねにいたるのち こおうまん
 めならはけかれ をはきよく これちかひなり
―――――――――――――――――――――――――――――
 姉 問わく 「直心は何?」
 その答え 「根に到る後 子を生まん
 女ならば汚れ 男は清く これ誓ひなり」

―――――――――――――――――――――――――――――

問わく (とわく)

■直心・素心 (さこころ)
「まっすぐな心・いつわりなき心・素(す)の心・本心」 です。


■女ならば汚れ男は清く (めならばけがれをはきよく)
これは 「生れてくる子が女ならば自分は汚れているが(有罪)、男ならば自分は
清い(無罪)」 ということです。なぜこんなことを言い出したのでしょうか?

それはたぶん、天地創造の説明の中で、
「陽(男)は清くて天となり、陰(女)は濁って地となる」 と言っているからです。

・陽は清く 軽く回りて 天と成り 陰は中に凝り 〈ホ14〉
・泡は
清くて 宗陽神 泥は濁りて 鄙陰神    〈ミ6-2〉

ソサノヲもこれを聞いたことがあったのでしょう。単純で子供っぽい彼は、
清い陽(男)の子を生んだなら、その親も清いのだと勝手に決めつけ、それを
以て自分の正邪を占おうとしたようです。世話になった姉のヒルコにだけは、
悪意から犯した罪ではないことを証明したかったのだと思います。


■誓ひ (ちかひ・ちかい)
チカヒは 「交じえ・結び」 が原義で、「しばり・約束・契約・きまり・規則」
などを表します。チギリ(契り)の変態です。

 

【概意】
姉が問うに、「素の心は何か?」
その答え、「根の国に至る後、子供を生もう。その子が女ならば我は汚れ、
男ならば我は清し。この契りを立てるなり。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 むかしきみ まなゐにありて
 みすまるの たまおそそきて たなきねお もちにうませて
―――――――――――――――――――――――――――――
 「昔 君 マナヰにありて
 ミスマルの 珠を濯ぎて タナキネを モチに生ませて

―――――――――――――――――――――――――――――

■君 (きみ)
アマテルを指します。


マナヰ
アマテルは一時期、トヨケの後を引き受けて自らサホコ国を治めたことがあります。
この時、ソサノヲ、また北の局のモチコ・ハヤコも宮津の宮で君に侍っていました。


ミスマル (御統)

濯ぐ (そそぐ)
「まっすぐにする・曲りを直す・調える」 などが原義です。
ススグ(濯ぐ)・ユスグ(濯ぐ)・イスグ(濯ぐ) ともいいます。


タナキネ

■モチ
モチコ の略です。

 

【概意】
「昔 君がマナヰにあった時、
ミスマルの珠を濯いで、モチコにタナキネを生ませて、


 “珠を濯ぐ” は 「貴いものを清める」 という意です。
 このモノザネにより清い陽(男)が生れたという理屈なのでしょう。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 とこみきに はやこおめせは そのゆめに
 とつかのつるき おれみきた さかみにかんて みたとなる
 みたりひめうむ たのいみな
 われけかれなは ひめおゑて ともはちみんと ちかいさる
―――――――――――――――――――――――――――――
 とこ酒に ハヤコを召せば その夢に
 十握の剣 折れ三段 さがみにかんで 共となる
 三人姫生む “タ” の斎名
 我 穢れなば 姫を得て 共 恥見ん」 と 誓い去る
―――――――――――――――――――――――――――――

とこ酒 (とこみき:融酒・床酒)

ハヤコ

十握の剣・十束の剣 (とつかのつるぎ)
こぶし10つかみ分の長さの剣です。


■段 (きだ)
カツ(割つ)の変態 “キツ” の名詞形で、「わかち・分割・区別・分別・弁別」
などを意味します。キヅ(傷)、カタ(方・片・▽傾) などの変態です。


■さかみにかむ
サカムは “しがみつく” のシガムの変態で、「合う・寄る・結ぶ・集まる」
などが原義。カム(噛む・咬む)は サガムの母動詞であり、原義も同じです。
ですから 「寄って集まる・集結する」 などの意となります。


共 (みた)
ミツ(見つ)の名詞形で、ミナ(皆) の変態です。
ここでは「全部・一緒・一体」などの意です。


■三人姫 (みたりひめ)
ハヤコが生んだ タケコタキコタナコ の三つ子の姫です。


■“タ” の斎名 (たのいみな)
三段(ミキ)に折れた剣が、ミ(共)となり、ミリ(三人)の姫を
同時に生んだので、ケコ・キコ・ナコ と斎名を付けたということです。


■穢れなば (けがれなば)
ケガル(穢る)+ナ+バ で、ナは推量の “ん(ぬ・む)” の未然形。
“穢れんば” と同じです。「もし汚れているなら・もし罪があるなら」 という意です。

 ★穢る・汚る (けがる) ★穢れ・汚れ (けがれ)
 ケ(“蹴る” の連用形)+カル(離る) で、「離れる・逸れる・曲る・外れる・異常/不調である」
 などが原義です。名詞形が ケガレ(穢れ・汚れ) で、その短縮が ケガ(怪我) です。


■共 (とも)
ここでは 「それと共に・それを以て」 という意です。

 

【概意】
ハヤコを召してとこ酒に交われば、その夜、十握の剣が3つに折れ、
3つが寄り集まって一つにまとまるという夢を見る。
その後ハヤコは三つ子の姫を生んだため、その斎名に "タ" を付けた。
もし我が穢れているなら姫を得るだろうから、それを以て恥に甘んじよう」
と契って去る。


 “折る” は 「離れる・反る・曲る」 などが原義で、ケガル(穢る)と同義です。
 この夢のゆえに、濁る陰(女)が生れたという理屈なのでしょう。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ひめひとなりて おきつしま さかむゑのしま いつくしま
 みからさすらふ
 さすらをの かけのみやひの あやまちお
 はらしてのちに かえります
―――――――――――――――――――――――――――――
 姫 人成りて 奥津嶋 相模江の島 厳島
 身からさすらふ
 さすら男の 蔭のミヤビの 誤ちを
 晴らして後に 帰ります
―――――――――――――――――――――――――――――

■人成る (ひとなる)
ここでは 「一人前の人になる・成人する」 の意です。


■奥津島 (おきつしま) ■相模江の島 (さかむゑのしま) ■厳島 (いつくしま)
タケコタキコタナコ の成人後の通称と言ってますが、実際には贈り名と思われます。
“奥津島” は 「琵琶湖の沖島」。
“相模” と “江の島” は同義語で、どちらも 「境の国・間の国」 を意味します。
“厳島” は安芸国にありますが、古くは九州のウサ県の管轄でした。


■身からさすらふ (みからさすらふ)
ミカラ(身から)は ミヅカラ(自ら)と同義です。
サスラフは、ウサ宮でトヨ姫に養育されていた3姫が、母ハヤコがオロチ(▽折霊)になる
という恥から、立場を捨ててウサ宮を出たことをいいます。

・新局 置けば怒りて 養しせず 内に告ぐれば 「トヨ姫に 養し纏らし」
 さすらなす 二さすら姫 憤り ヒカハに怒り 成る折霊 〈ホ7-3〉
・折霊なる 恥に自ら さすらひて 愛うを知れば 〈ホ28〉


さすら男 (さすらを)

■蔭のミヤビ (かげのみやび)
ミヤビは ここでは 「男女の和合・交情」 を表し、「秘密の情事」 の意と考えます。
これはハヤスフ姫との縁談がうまくいかなかった後、ソサノヲが北の局に折々
宿っていたことをいうのだろうと思います。

 「アカツチ宮に とつがん」と 言えど和なく 大内の 折々宿る 北の局〈ホ7-3〉


■晴らす (はらす)
ハラス(晴らす)は ハル(晴る・治る)の他動詞形で、
「曲りを直す・曇りを除く・治める・調える・正す」 などの意を表します。

 

【概意】
3姫は成人して 奥津島姫・相模江の島姫・厳島姫となり、自ら宮を離れる。
さすら男は、蔭の情事の誤ちを晴らした後に復帰します。


 日本書紀第八段の一書(4)に、素戔鳴尊が新羅国へ降るという話があります。

  素戔鳴尊所行無状、故諸神、科以千座置戸而遂逐之。
  是時、素戔鳴尊、帥其子五十猛神、降到於
新羅国、居曾尸茂梨之處。

 これはホツマの記の誤解釈と考えています。(曾尸茂梨ソシモリは9アヤに登場)

  みから (身から → 三韓) さすらふ さすらをの
  かけのみやひの あやまちお はらしてのちに かえります

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 むかしふたかみ のこしふみ
 あめのめくりの むしはみお みるまさかにの なかこりて
 うむそさのをは たまみたれ くにのくまなす あやまちそ

―――――――――――――――――――――――――――――
 昔 二尊 遺し文
 「陽陰の巡りの 蝕みを 見るマサカニの なかごりて
 生むソサノヲは 霊乱れ 国の隈生す 誤ちぞ」

―――――――――――――――――――――――――――――

二尊 (ふたかみ)
イザナギ&イザナミの夫婦の君をいいます。
ヒルコ、アマテル、ツキヨミ、ソサノヲの父母です。

 クニトコタチ─クニサツチ┐
   (I)     (II)  │
 ┌───────────┘
 ├トヨクンヌ─ウビチニ┬ツノクヰ─オモタル
 │ (III)    (IV) │  (V)   (VI)    ┌クラキネ
 │          │           ├ココリ姫
 │          └アメヨロツ┬アワナキ─┴イサナキ┐
 │          (養子)↑  └サクナキ   (VII) ├ヒルコ
 │             └─────┐       ├アマテル
 ├ハコクニ─東のトコタチ┬アメカガミ─アメヨロツ    ├ツキヨミ
 │      (初代)  │               ├ソサノヲ
 └ウケモチ       └タカミムスビ─トヨケ┬イサナミ┘
               (2〜4代)   (5代)├ヤソキネ─タカキネ┬オモヒカネ
                        │ (6代)   (7代) ├ヨロマロ
                        ├カンサヒ     ├フトタマ
                        └ツハモノヌシ   ├タクハタチチ姫
                                  └ミホツ姫


■遺し文 (のこしふみ)
「遺言・遺言書」 です。


■陽陰の巡りの蝕み (あめのめぐりのむしばみ)
“陽陰の巡り” は “陽陰の節” の換言です。
「陽陰/日月の循環の不調和・乱れ」 をいいます。


■マサカ瓊 (まさかに)
マサカは 「回転・循環・暦」 を意味します。
ニ(瓊)ニタマ(▽熟玉)の略で、「優れた玉・宝石・珠」 をいいます。
ですから「(陽陰/日月の) 循環を表す宝珠」という意味です。

これは後に三種宝の一つとしてアマテルからオシホミミに授与される、
ヤサカニの環る珠(やさかにのまかるたま)と同じ物だと思います。
陰陽太極図が立体化したような、ツートンカラーの珠と考えてます。[参考画像]
(後世、2色それぞれの部分に似た形の物を “勾玉” と称したのでは?)

 ★マサカ (▽回探)
 マス(▽回す・申す)+サク(▽探く) の短縮 “マサグ” の名詞形で、サクは サグル(探る)の母動詞です。
 両語とも 「回転・循環・改め・回帰・帰還」 などが原義です。


■なかごる (▽和交る)
ナグ(和ぐ)+コル(▽交る) の連結で、ニゴル(濁る)と同義です。
くっきり分れていたマサカ瓊の2色が交じって濁ることをいうと考えます。


■霊乱る (たまみだる)
タマ(霊)は 「本質・エッセンス」 を表し、「魂魂・精神・心」 などと同意です。
ですから 「精神が乱れる」 という意味です。これをシムノムシ(霊の蝕)とも呼びます。

 ★乱る (みだる)
 ミツ(見つ)+タル(足る) の短縮で、「合い混ざる・混沌とする・分別/区別/秩序を欠く」
 などが原義です。この動詞は自動詞にも他動詞にも使われます。後世 他動詞専用形として
 ミダス(乱す) という言葉が現れます。


隈・曲・阿 (くま)
「曲り・逸れ・外れ・異常・病・厄」 などをいいます。

 

【概意】
昔 二尊は遺し文にて、
「陽陰の循環の蝕みを見るマサカ瓊の 濁る時に孕む
ソサノヲは霊が乱れ、国の厄を生む。我らが誤ちぞ。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 をはちちにゑて はおいたけ めはははにゑて あとゐねよ
 うきはしおゑて とつくへし
 めはつきしほの のちみかに
 きよくあさひお おかみうけ よきこうむなり
―――――――――――――――――――――――――――――
 「男は父に得て 地を抱け 女は母に得て 天と結ねよ
 うきはしを得て とつぐべし
 女は月潮の 後三日に
 清く朝日を 拝み受け 良き子生むなり」

―――――――――――――――――――――――――――――

■結ぬ (ゐぬ・いぬ)
これは ユフ(結ふ) の変態で、「和す・結ぶ・交わる」 という意です。
“祈る” の ヰノ/イノ は、このヰヌ/イヌから来ています。


■うきはし
「結び合わせ」 の意で、ここでは 「男と女を結ぶ橋」、つまり 「仲人」 です。


とつぐ

■月潮 (つきしほ)
女性の 「毎月の出血・生理の出血」 をいいます。
これは天体の月の作用によるものと考えられていたようです。

 ★潮 (しほ)
 「回転・循環・往き来・満ち引き・波」 などが原義で、おそらく シホ=シュウ(周) です。


■朝日を拝み受く (あさひおおがみうく)
「朝日を拝んで、朝気を受ける」 ことをいいます。
二尊がアマテルを孕む時がこうでした。この効能については14アヤで説明されます。

 月の汚穢 流れ止まり 三日の後 身の清ければ 日待ちす 〈ホ4-2〉

 

【概意】
「男は父より得て地を抱け、女は母より得て天と結べよ。
仲人を立ててとつぐべし。
女は月潮の後3日に 清く朝日を拝み受けて 良き子を生むなり。」


 陽 (男・父・天) と 陰 (女・母・地) の関係に留意願います。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――
 あやまりて けかるるときに はらむこは かならすあるる
 まえうしろ みたれてなかる わかはちお
 のちのおきての うらかたそ かならすこれお なわすれそこれ

―――――――――――――――――――――――――――――――
 誤りて 穢るる時に 孕む子は 必ず粗るる
 前後 乱れて流る 我が恥を
 後の掟の 占形ぞ 必ずこれを な忘れそこれ

―――――――――――――――――――――――――――――――

誤る謬る (あやまる)
アユ(肖ゆ)+マル の同義語連結で、マルは マヌ(真似)の変態。
両語とも 「合う/合わす」 が原義で、「紛う・混同する・分別しない」 などの意を表し、
その結果 「思い違いする・まちがう・しくじる」 などの意となります。


■穢るる時 (けがるるとき)
“穢るる” は ケガル(穢る・汚る)の連体形で、今風には “けがれる” です。
「曲る時・ずれる時・外れる時・不調和の時」 などが原義で、この場合は
「陽陰の巡りの蝕みが起る時」、つまり 「マサカ瓊が濁る時」 をいいます。


必ず (かならず)

粗るる (あるる)

■前後 (まえうしろ)
“前後” は天地創造の際に、に上昇した 「陽」 と、に下降した 「陰」 を表します。
よって “後先(あとさき)” と同じく、「陽陰/陰陽」の同義語です。


■流る我が恥 (ながるわがはぢ)
ヒヨルコの流産」 をいいます。
“我が恥” は アハヂ(吾恥)と同じで、これがアハヂ(淡路)の語源の一つです。
ハヂ(恥)は ハヅ(▽外づ)の名詞形で、原義は 汚穢 と同じです。

 イサナミは 「世の隈 生すも 我が汚穢」 と 〈ホ3-3〉


■掟 (おきて)
オキ(置き)+テ(手・方) で、「処置する手だて・対処の方法・仕置の法」 などが原義です。


■占形 (うらかた)
「本質・原理が現れた形」 が原義で、「占いの判断基準とする典型・類型」 をいいます。
この場合は 陽陰の乱れを軽視することを戒めるための 「悪い典型・悪い見本」 です。

 ★占・心・裏 (うら)
 ウル(▽揺る) の名詞形で、「回る・往き来する・還る・回帰する」 などが原義です。
 「回帰する所」 を原義とし、 「奥にある本質・本源・中心・原理」 などを意味します。

 

【概意】
「誤って陽陰不調和の時に孕む子は 必ず異常となる。
陽陰が乱れて流れた我が恥 (ヒヨルコの例) を、後の処置法の見本とせよ。
このこと決して忘れるなよ。」

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨