⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第35回 [2023.9.3]

第八巻 霊還しハタレ打つ文 (2)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 たまかえしはたれうつあや (その2)
 霊還しハタレ打つ文 https://gejirin.com/hotuma08.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 ややしるまこと はたれとは あめにもおらす かみならす
 ひとのねちけの ときすくれ こりゑてむつの はたれなる
―――――――――――――――――――――――――――――
 「やや知る真 ハタレとは 天にも居らず 神ならず
 人のねぢけの 研ぎ過ぐれ 凝り合て六つの ハタレ生る」
―――――――――――――――――――――――――――――

やや

ハタレ
ここでは 「ハタレのモノ」 の略で、オロチ(折霊) の換言です。

 ★折霊・愚霊 (おろち)
 「折れ曲った霊・邪霊」 という意です。これは生きている人間が放つ、羨み・妬み・恨み
 などの曲った想念が “生き霊” に転じたものです。生き霊は “同類相求む” の法則により、
 同種の念を放つ人や動物に寄り付いて、干渉・支障を働きます。
 ハハ(▽蝕霊)・イソラ(▽逸霊)・ハタレ(▽外れ) などとも呼ばれます。
 これが具象した生き物が、曲がりくねって下を這う オロチ(蛇) と考えられているようです。

 当講座では 「邪霊」 をいう場合には “折霊”、「へび」 をいう場合には “蛇” と表記します。
 邪と蛇、どちらも “ジャ” と読むところが なんとも意味深です。


■天・▽上 (あめ)
このアメは 「天上界・霊界」 をいいます。いわゆる 「あの世」 です。


神 (かみ)
物質の上位にある存在形態で、「霊・神霊」 と同じですが、“神” という場合は、
比較的高級な霊をいうことが多く、それ以外の低級な霊は “モノ” と呼ぶことが多いです。
高級な霊というのは、主にはアメミヲヤの分霊、つまり創造神のエッセンスを持っている
「人霊」 をいい、あるいは、世に生きる人霊(=人間)の生活を支援する 「自然神・精霊」 の
類をいいます。


■人のねぢけ (ひとのねぢけ)
この場合は 「人の心のねじけ・人のねじけた想念」 をいいます。


■研ぎ過ぐる (とぎすぐる)
「研ぎ過ぎる・鋭さの度を超える・程度が進んで化ける」 というような意です。


■凝り合て (こりゑて)
「結び合って・凝集して」 という意です。

 

【概意】
「しだいにわかってきた真実を言えば、
ハタレとは天上界にも居らず、神でもなく、
人のねじけた想念が進化凝集して6つのハタレが生る。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 にしきおろちの しむみちや はるなははみち ゐそらみち
 みたるきくみち ゐつなみち なるかみもとむ あゑのみち
―――――――――――――――――――――――――――――
 「錦蛇の シムミチや ハルナハハミチ ヰソラミチ
 乱るキクミチ ヰツナミチ 鳴神求む アヱノミチ」
―――――――――――――――――――――――――――――
 
■錦蛇 (にしきおろち) のシムミチ
「ニシキヘビの霊の進化」 という意です。
以後は単に “シムミチ” と、略されて呼ばれます。

 ★錦 (にしき)
 丹(に)+白(しろ)+黄(き) の短縮で、「カラフル」 の意です。
 イロ(色)と呼ばれることもあります。

 ★蛇 (おろち)
 オル(折る)+オツ(堕つ) の短縮 “オロツ” の名詞形で、
 「曲がりくねって地を這うもの」 を意味します。つまり 「へび」 です。

 ★シム (▽霊・▽精)
 ここでは 「本質・エッセンス・精髄・精・霊」 を意味します。

 ★ミチ (満ち)
 「満ちたもの・進化発展・行き着くさま・成れの果て」 などの意です。


■ハルナハハミチ
「親分格の邪霊の進化」 という意です。

 ★ハルナ
 ハル(▽治)+ナ(=の)+モノ(物・者) の略で、「治める者・長」 を意味します。
 
 ★ハハ (▽蝕・▽這) ★ハハチ (▽蝕霊・▽這霊)
 ハフ(▽蝕ふ・這ふ) の名詞形で、「蝕み・曲り・汚穢・這うもの」 を意味します。
 ほとんどの場合、ハハチ(▽蝕霊)の略で、「蝕まれた霊・邪霊」 をいいます。
 またその具象としての 「蛇」 を意味する場合もあります。ですから オロチ(折霊/蛇) の同義語です。


■ヰソラミチ・イソラミチ
これも 「邪霊の進化」 という意味です。

 ★イソラ・ヰソラ (▽逸霊)
 イス/ヰス(逸す)+ソル(反る) の短縮 “イソル” の名詞形で、「曲り逸れるさま」 が
 原義です。これもほとんどの場合、「曲り逸れた霊・邪霊」 をいいます。


乱る (みだる)
後で出てきますが、この場合は 「咲き乱れる」 という意です。


■キクミチ
キクは 「ツネとツネ」 の略です。
ですから 「キツネとクツネ(霊の)の進化」 という意味になります。

 クツネは、通説ではキツネの別名ですが、ホツマは似て非なるものとして区別しています。


■ヰツナミチ・イツナミチ
ヰツナは ヰツ(▽結つ)+ツナ(▽繋・綱) の短縮で、
「結いつなぎ」 を意味し、「異種交配・ハイブリッド」をいいます。
ですから 「交配種の(霊の)進化」 という意味です。

 おそらくこれが 飯綱(いづな)管狐(くだきつね) の起源でしょう。
 しかしこの飯綱伝説は、ホツマのヰツナミチとはだいぶイメージが違い、
 キクミチの伝承と混合したもののように思えます。


■鳴神求む (なるかみもとむ)
ナルカミ(鳴神)は 「ゴロゴロ鳴る神・雷の神霊」 の意です。
モトム(求む)は ここでは マトム(纏む)・マトフ(纏う) などの変態で、
「まつわる・付きまとう」 などの意です。


■アヱノミチ・アメヱノミチ
ア/アメ(▽上・天)+ヱノ(狗)+ミチ(満ち) で、「上等な獣の進化」 という意です。
おそらくこれが天狗伝説の起源でしょう。

 ★アメ (▽上・天) ★ア (▽上・天)
 アム(▽上む)の名詞形で、「上(うゑ・かみ)」 が原義です。アは アメの略形です。

 ★ヱノ (▽犬・▽狗・▽猪)
 ヱヌ(▽穢ぬ) の名詞形で、「けがれ=逸れ・外れ」 が原義です。
 「人に非ざるもの・外道のもの」 を意味し、ケモノ(獣)、シシ(獣) の同義語です。

 

【概意】
「錦蛇のシムミチや、ハルナハハミチ、ヰソラミチ、
咲き乱れるキクミチ、ヰツナミチ、鳴神のつきまとうアヱノミチ。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 みなそのしむお ぬきとりて わさにもゑつく おこりひの
 ひひにみたひの なやみあり
―――――――――――――――――――――――――――――
 「皆その霊を 抜き取りて 技に燃え着く 瘧火の
 日々に三度の 悩みあり」

―――――――――――――――――――――――――――――

■瘧火・起り火 (おこりび)
「発熱」 のことで、瘧(おこり)と同じと思います。
この1日3回の発熱は 三の火(みのほ)、日三の炎(ひみのほのほ) とも呼ばれます。


悩み (なやみ)
ナヱ(萎え)+ヤミ(病み) の短縮です。

 

【概意】
「ハタレのモノ(=邪霊)に憑かれた者は、皆その霊を抜き取られ、
邪霊の技に燃え着く発熱により、1日3度の悩みがある。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 いかておそれん かんちから はらいのそかは
 おのつからははもいそらも よりかゑし いるやもうけす
 かみのやは かならすあたる はたれみの わさやあらはす
―――――――――――――――――――――――――――――
 「如何で恐れん 神力 祓い除かば
 自ずから ハハもイソラも 揺り返し 射る矢も受けず
 上の矢は 必ず当る ハタレ霊の 技や露す」
―――――――――――――――――――――――――――――

如何で (いかで)

■神力 (かんちから)
「霊的な力・霊力・人知を越えた力」 をいいます。
この場合は 「邪霊の持つ魔力」、またそれに基づく 「魔術・幻術」 をいいます。


ハハ (▽蝕霊)

イソラ・ヰソラ (▽逸霊)


■揺り返す (よりかえす)
ヨル(揺る)+カエス(返す) の連結で、ヨミガエル/ヨミガエスの変態です。
「往き来する・回る・回帰する」 などを原義とし、ここでは 「もとにもどる」 という意。
つまり 「邪霊の曲りがもとにもどる・普通の霊にもどる」 ということです。


■上 (かみ)
ここでは 御上(おかみ) を意味します。カミ(上)は カン(官)・コウ(公)の変態です。


■ハタレ霊 (はたれみ)
ハタレのモノ” の換言で、「邪霊」 を意味します。

 ★霊 (ミ・ヒル・ヒ・イ・ヰ・ル)


■露す・表す・現す (あらはす)
「あらわにする・露見させる・裸にする・あばく」 などの意です。

 

【概意】
「どうして恐れようか。霊力を祓い除けば
ハハもイソラも自ずからもとに戻り、射る矢も受けない。
官軍の矢は必ず当たり、<目に見えない> 邪霊の技をあらわにする。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 ふつぬしか てたておとえは かなさきの をきなこたゑて
 われもなし ゐつくしおもて かんかたち
 なかこすなおに かんちから よくものしるは かんとほり
 ことなふたもつ くしひるそ たたやわらきお てたてなり
―――――――――――――――――――――――――――――
 フツヌシが 手立てを問えば カナサキの 翁 答えて
 「我も無し 慈しを以て 神形
 中子素直に 神力 良く物知るは 神通り
 異無保つ 貴霊ぞ ただ和らぎを 手立てなり」

―――――――――――――――――――――――――――――

■フツヌシ
この人物の素性についてホツマには記述がなく、誰の子かわかりません。
また子孫も無かったようです。日本書紀に 経津主神 と記されます。

 香取神宮 (かとりじんぐう)
 千葉県香取市香取1697。
 現在の祭神:経津主大神


■慈し (ゐつくし・いつくし)
イツク(斎く・傅く)シク(如く) から ‘ク’ をカットしたク語法で、
慈しみ」 と同じです。今風に言えば「愛」です。

 アイ(愛)は アフ(合ふ)の名詞形で、
 「心を合わすさま・心を一つに和すさま」 が原義です。


■上形・神形 (かんかたち)
カミ(上・神)は ここでは 「上にあるさま・上位・本源・本質」 などを表し、
カタチは 「現れ・具現・具象」 などの意です。
ですから 「本質の現れ・本質的な形・上位の形態・本来の姿」 などの意となります。


中子・中心・中処 (なかご)
ナカゴは ハシッコ(端っこ)・スミッコ(隅っこ) の反対語です。
「中心部・中枢・本源」 などを原意とし、「心・精神・霊・魂魄」 などの換言です。


■素直 (すなお)
ス(素・▽直)+ナオ(直) の連結です。
「反り曲りのないさま・片寄りのないさま・中庸なさま」 をいいます。
言葉を換えれば 「和らぐさま・調和するさま」 です。


■神力 (かんちから)
この場合は 「人の神霊(みたま)が持つ力・人の本来の能力」 をいいます。
“すべての人間は神の顕現” という思想が背景にあります。
ですから、他力ではなく 「人に潜在する神の力」 という意味です。


■良く物知るは・良く物知るば (よくものしるは・よくものしるば)
「良く物事を知ること」 あるいは 「良く物事を知れ」 のどちらかだと
思いますが、古くは に区別はなかったのかもしれません。

 シル(知る・領る)は 「(身に)合わす・和す」 が原義です。


■神通る (かんとほる)
「人の神霊(みたま)が通る・人の上位の意識が通う」という意で、
つまり 「人に潜在する神の能力が働く」 ということです。


■異無・事無 (ことなふ)
コト(異・事)+ナフ(無) で、ナフ(無)は ナフの名詞形。
コトナキ(事無き)の古形で、「無事・平穏」 を意味します。


貴霊・奇霊 (くしひる・くしひ)
「貴いエネルギー・尊い力」 という意です。
ここでは 「調和・和(やわ)し・やわらぎ」 こそ、それだと言ってます。


■和らぎ (やわらぎ)
ヤワラグ(和らぐ)の名詞形で、「和らげること・調和すること」 です。
カナサキの言う  “慈し”  “素直”  “知ること” は、いずれも原義的には
「合わせ・和(やわし)・和合・調和」 であることに留意してください。

 

【概意】
フツヌシが手立てを問えば、カナサキの翁は答えて、
「我も無い。慈愛こそは人の本質の現れであり、
曲りなき心こそ人本来の力、良く物事を知れば人の神霊がそこに通り、
平穏無事を保つ尊き力となる。ただ “和” のみが手立てなり。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 かみのみこころ うるはしく みそきつかさお かなさきに
 ふつぬしそゑて みかつちも いさおしあわせ うたしむる
 あまのかこゆみ ははやそゑ はたれやふれと たまひけり
―――――――――――――――――――――――――――――
 神の実心 麗しく 禊司を カナサキに
 フツヌシ副えて ミカツチも 勇し合わせ 打たしむる
 陽陰のカゴ弓 ハハ矢添え 「ハタレ破れ」 と 賜ひけり
―――――――――――――――――――――――――――――

■神の実心 (かみのみこころ)
カミ(上・神)は ここでは アマテル神 を指します。
ミココロは 「じつの心」 の意で、「真心」 と同じです。


■禊司 (みそぎつかさ)
「曲りを直す司・汚穢を祓う司」 という意で、
この場合は 「6ハタレを平定する総司令官」 をいいます。

 ★禊 (みそぎ)

 ★司・▽束さ (つかさ)
 ツカス(▽束す)の名詞形で、「束ね・束ねる者・要」 を意味します。


カナサキ (▽要直)
カナは カナメ(要)、ツカサ(司) と同義です。
サキは スク(直ぐ)の変態 “サク” の名詞形で、「直し」 を意味します。
よってカナサキは 「要の直し・直しの司」 という意で、これは “禊司” の換言です。


■ミカツチ
タケミカツチの略称です。


勇し (いさおし)


■陽陰のカゴ弓 (あまのかごゆみ)
アマ(陽陰)は ここでは 「アマテル神」 また 「日と月」 を意味します。
カゴは 「籠」 ですが、これは 「囲い・包み・守り・加護」 が原義です。
ユミ(弓)は ユヒ(結い) の変態で、「合わせ・結び・生み」 を意味します。
よって 「日月の神霊の守りを結うもの」、そのモノザネとしての 「弓」 です。

 桑の木で造りました。は日月の運行そのままに成長する木だからです。〈ミ4-2〉


■ハハ矢 (ははや)
「ハハを射る」 のモノザネです。ハハは ハフ(蝕ふ)の名詞形で、
「曲り・汚穢・邪霊」 などを意味します。実際どんなものだったかは不明ですが、
神社で売ってる “破魔矢” は ハハ矢を起源とするものと思います。

 ★矢 (や)
 イル(射る)の変態 “イユ” の連用形が名詞化したものが イ(射) で、
 “イユ” の名詞形 “イヤ” が詰まって ヤ(矢) になったと考えます。


ハタレ
「反り曲って外れるさま/もの」 が原義で、詳しく見ると次の2種があります。
 (1) 曲り外れた霊。邪霊。 =ハタレのモノハタレ霊オロチ(折霊)
 (2) ↑に干渉を受けて曲り外れた人や動物。=ハタレマモノマ
1 が 2 を煽動して中央政府の転覆を企てているという状況です。


■賜ひけり (たまひけり)
タマフ(賜ふ)ケリ(=しかり) で、
ここでは 「御言宣を下されるのであった」 という意です。

 

【概意】
<カナサキの物言いに> アマテル神の御心は麗しく、
カナサキを禊司に任じ、フツヌシを副司とし、タケミカツチの勇も合せて平定させる。
“陽陰のカゴ弓” と “ハハ矢” を添えて、「ハタレを破れ」 と、御言宣を賜うのであった。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨