⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第119回 [2024.2.16]

第二三巻 衣定め 剣名の文 (2)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 みはさだめつるぎなのあや (その2)
 衣定め 剣名の文 https://gejirin.com/hotuma23.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 われはとのちに をさむゆえ おみもとみなり そのゆえは
 もともとあけの みをやかみ ゐますうらには きたのほし
 いまこのうえは みそむめの とのかみゐます
 そのうらか なかはしらたつ くにのみち

―――――――――――――――――――――――――――――
 我はトの道に 治む故 オミもトミなり その故は
 元々明の ミヲヤ神 坐す裏には 北の星
 今この上は 
見染む目の トの神 坐ます
 その心が 中柱立つ 国の道

―――――――――――――――――――――――――――――

■トの道 (とのち・とのみち:▽調の道)
「調和の道」 の意で、マト道ヤマトの道アメの道 とも呼ばれます。
八元神 ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メの 「トの神」 が この道の源です。
トは 「調える」 という言葉に代表されるため “調” と当て字しています。


■オミもトミなり
「臣」 は “オミ・ヲミ” とも “トミ” とも呼ばれますが、アマテルは “ト” の道に
治めるため、それに音を合せて “トミ” と呼ぶ、ということです。
そうすることで 「臣はトの道を教える身」 であることを常に再認識させています。

・臣ら ひめもす 倦まなくて 教えを常の 業となせ 〈ホ17-2〉
・教えぬ者は 臣ならず 教え受けぬは 民ならず 〈ホ17-2〉
・物知るとても 蠢かで トの導きに 入らざらんをや 〈ホ17-2〉
・蔀は臣の トの教え 通るを見るぞ 〈ホ21ー4〉


 
★オミ・ヲミ (臣)
 オムの名詞形で、オムは オフ(合ふ和ふ負ふ)の変態。
 「(民を) 合わす者・まとめる者・束ねる者」 を意味し、トミ(臣)の換言です。
 尊敬を込める場合は “ヲミ” と表します。


元元明 (もともとあけ) ■ミヲヤ神 (みをやかみ)

■坐す裏 (ゐますうら)
ヰマス/イマス(居ます・在す・坐す)は ヰル(居る)の尊敬表現です。
ウラ(心・裏・占)は 「中心・源・奥・こころ・本質」 などを表しますが、
この場合は 「奥」 の意で、「ミヲヤ神が坐す アウワの宮 の奥」 という意です。


■北の星 (きたのほし)
「北極星・北辰」 をいいます。 ▶北辰
つまりアウワの宮は、地上から見た時、北極星の位置に重なるということです。

 北辰信仰ではミナカヌシを妙見菩薩として祀ります。


■見染む目 (みそむめ)
「隣接する区画」 という意です。 ▶フトマニ図

 ★見染む (みそむ)
 ミ(‘見る’の連用形)+ソム(染む) の短縮で、ムスブ(結ぶ)・ムツム(睦む) などの変態。
 両語とも 「合う・添う・付く」 などを原義とし、ここでは 「隣接する」 という意です。
 メ(目)は マ(間)の変態で、「場所・区画・マス」 などを表します。


トの神 (とのかみ)
ミナカヌシの御子として日本に降臨し、“トの尊” と呼ばれました。
兄の “ヱの尊” と共に原始日本を治め、国の基礎を築きました。
地上での仕事をなし終えて天に還ると、アメノミヲヤにより星となされます。
しかしどの星がトの神なのかは不明です。

・ミナカヌシ 地球八方に 万子生み 果つにヲウミの 兄弟の子の
 兄御子(=ヱの尊) 上に継ぎ ヲウミ治す 〈ミ6-3〉
・弟御子(
トの尊)の統む トシタ国 ・・・ 百ハカリ後 トの尊 ヱに受け治む
 これよりぞ 代わる代わりに 治を継ぎて 天に還れば
 ミナカヌシ および ヱ・ヒ・タ・メ ト・ホ・カ・ミも 
天に配りて 星となす 〈ミ6-4〉


■その心 (そのうら)
ウラ(心・裏・占)は 「中心・源・奥・こころ・本質」 などを意味しますが、
この場合は 「こころ・本質・エッセンス・精神・スピリット」 などを表します。
“そのうら” とは 「トの心・トの精神」 をいい、それは “ととのふ” という言葉に代表されます。
ですから 「調和の心・調和の精神・調和のエッセンス」 をいいます。

 ★調ふ・整ふ (ととのふ)
 トツ(綴づ・▽統つ)+ノフ(▽和ふ) の連結で、ノフは ヌフ(縫ふ)の変態。
 両語とも 「合わす・和す」 が原義です。


■中柱立つ (なかはしらたつ)
“中柱” は 「中心に立つ柱・中軸・大黒柱・屋台骨」 をいいます。
ここでは 「中軸として立てる・屋台骨として立てる」 という意です。

 

【概意】
我はトの道に治めるゆえ、オミ(臣)もトミと呼ぶ。
その故は、元々明のミヲヤ神がおわす区画の奥には北の星があり、
またその上の隣接する区画には トの神 がおわすが、
トの心(=調和の精神)こそ 中軸として立てる 国家の道だからである。



―――――――――――――――――――――――――――――――
 あめよりめくむ とのかみと むねにこたえて まもるゆえ
 ひとのなかこに あいもとめ ひとつにいたす とのをしえ
 なかくをさまる たからなり

―――――――――――――――――――――――――――――――
 天より恵む トの神と 旨に応えて 守るゆえ
 人の中子に 合いもとめ 一つに致す “トの教え”
 永く治まる 宝なり

―――――――――――――――――――――――――――――――

■天より恵むトの神 (あめよりめぐむとのかみ)
「天界より地上へ調和のエッセンスを配給するトの神」 という意です。
メグム(恵む)は 「回す・めぐらす・配る・ほどこす」 などが原義です。


■旨に応えて (むねにこたふ)
天より恵む “トの神” の 「調和のエッセンスに同調する」 という意味です。

 ムネ(旨・宗)は 「中心・本質・心」 などが原義で、この場合は その心(そのうら) の換言です。
 コタフ(応ふ)は ここでは 「反応する・呼応する・共鳴する・同調する」 などの意です。


守る (まもる・もる)

■人の中子に合いもとむ (ひとのなかごにあいもとむ)
人の中子に 「親和する・溶け込む・融合する」 などの意です。 ▶中子 ▶合いもとむ


■一つに致す (ひとつにいたす)
「一つに合わす・一つに結ぶ・合致する」 などの意で、トの神が天より配給する
調和のエッセンスと 「一つに結ぶ・一体化させる」 という意です。

 ★致す (いたす)
 イタス(致す)は イツ(▽結つ)+タス(足す) の短縮で、
 両語とも 「合わす・結ぶ・和す・なす・する・決着させる」 などの意です。


トの教え (とのをしゑ)

 

【概意】
天界より恵むトの神の、調和のエッセンスに同調して守るゆえ、
人の中子に溶け込んで、<トの神の恵みと> 一つに結ぶ “トの教え”。
永く世の治まる宝なり。



―――――――――――――――――――――――――――――――
 あめのひつきお うくるひの みつのたからの そのひとつ
 あめなるふみの みちのくそこれ

―――――――――――――――――――――――――――――――
 和の日月を 受くる日の 三つの宝の その一つ
 “陽陰和る文” の 道奥ぞこれ

―――――――――――――――――――――――――――――――

■和の日月 (あめのひつき)
アマツヒツキ(和つ日月) と同じです。この場合は 「皇位」 を意味します。


■陽陰和る文 (あめなるふみ)
皇位継承の証として授受する 「三種宝」 は
(1) 陽陰和る文 (2) ヤタの鏡 (3) 八重垣の剣 です。この3種の内、
旧皇から新皇に直接手渡される最も重要な宝が “陽陰和る文” です。

 “陽陰和る道” の奥義・秘伝を記した文と考えられますが、詳細は不明です。
 機(みはた)の文、香(かぐ)の文、上祖百編(みをやもあみ) などとも呼ばれ、
 オシホミミの時は これのモノザネとして ヤサカニの環珠 が授与されています。


道奥 (みちのく)

 

【概意】
これは、和の日月(=皇位)を継承する日に受ける
三種宝の一つ “陽陰和る文” の奥義である。



―――――――――――――――――――――――――――――
 またほこも たからのゆえは
 とのみちに くにをさむれと そのなかに よこきくものは
 おのかみに あわねはみちお さかにゆく

―――――――――――――――――――――――――――――
 また矛も 宝の故は
 トの道に 国治むれど その中に 横転く者は
 己が身に 合わねば道を 逆に行く

―――――――――――――――――――――――――――――

■矛も宝 (ほこもたから)
アヤの冒頭でモノヌシがその理由を尋ねた “切るも宝” の換言です。

 ★矛・鉾・戈 (ほこ)
 ホクの名詞形で、ホクは ホグス(解す)の母動詞です。

 ★宝 (たから)
 タク(長く)カル(▽上る) の同義語短縮 “タカル” の名詞形です。
 「高まるさま・優れるさま・尊いさま・高貴・尊貴」 を意味します。


■横転く (よこきく)
ヨク(避く)+キク(▽転く) の連結で、どちらも 「曲る・逸れる・外れる」 などの意です。
ヨク(避く)は ヨコ(横)の母動詞で、キクは コク(転く・倒く)の変態です。
逸れて外れた結果を表して、「脱落する・転落する」 の意味もあります。

 

【概意】
また “矛も宝” の理由は、トの道に国を治める中にも、
ねじけた者は 我が身に合わなければ 道を逆に行く。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ひとりもとれは ともおまし むれあつまりて
 わたかまり みちさまたけは めしとりて
 たたしあかして つみおうつ

―――――――――――――――――――――――――――――
 一人悖れば 朋を増し 群れ集りて
 わだかまり 道 妨げば 召し捕りて
 糺し明かして 罪を打つ

―――――――――――――――――――――――――――――

悖る (もとる)

わだかまる (蟠る)

■妨ぐ (さまたぐ)
サム+タク の連結で、サムは ソム(染む)の変態、タクは タカル(集る)の母動詞。
どちらも 「合う・添う・付く・つっかえる」 などが原義で、「障る・差し支える」 などの意です。


■糺し明かす (ただしあかす)
タダス(正す・糺す・質す)アカス(明かす) の同義語連結です。
両語とも 「まっすぐにする」 が原義で、ごちゃごちゃして不明瞭な状態を
「まっすぐにする・クリアにする」 という意味です。


■罪を打つ (つみおうつ)
「曲りを直す・ズレを合わす」 などの意です。 ▶罪 ▶打つ

 

【概意】
1人が逸脱すれば、朋を増して群れ集まり、
曲がりねじけてトの道の障りとなれば召し捕って、
糺し明かして曲りを直す。



―――――――――――――――――――――――――――――
 をさむるみちの みたれいと きりほころはす うつわもの
 あめのをしゑに さからえは みにうくあまの さかほこそ

―――――――――――――――――――――――――――――
 治むる道の 乱れ糸 切り綻ばす 器物
 和の教えに 逆らえば 身に受く “和の 逆矛” ぞ

―――――――――――――――――――――――――――――

■治むる道 (をさむるみち)
「世を治める道」 の意で、具体的には 「トの道」 です。


■乱れ糸 (みだれいと)
機を織る時に障害となる 「ねじけ曲った糸」 をいいます。 ▶乱る
これを 「横転く者・逆に行く者」 になぞらえています。

 ★糸 (いと・ゐと)
 イツ(▽結つ)の名詞形で、「結び・つなぎ」 が原義です。
 分割していないさまを表す ヒト(一)、イツ/イチ(一) の変態です。


器物 (うつわもの)


■和の教え (あめのをしゑ)
「調和の教え・調和の道」 の意で、“トの教え”  “マトの教え” の換言です。 ▶和


和の逆矛 (あまのさかほこ)

 

【概意】
治める道の乱れ糸を切りほころばす器物。
の教えにらえば、その身に受ける “和の逆矛” ぞ。



―――――――――――――――――――――――――――――
 くにみたるれは たもあれて みつほのほらす まつしきお
 つみひときりて たかやせは みつほのなりて たみゆたか
 ちからおほとし ささくれは やものにきわひ たからてる
 かれにたからそ さかほこも うちをさむゆえ たからなり

―――――――――――――――――――――――――――――
 国 乱るれば 田も粗れて 瑞穂上らず 貧しきを
 罪人切りて 耕せば 瑞穂の成りて 民 豊か
 力・大年 捧ぐれば 八方の賑わひ ‘タ’ から出る
 故に宝ぞ 逆矛も 打ち治むゆえ 宝なり

―――――――――――――――――――――――――――――

瑞穂 (みづほ)

■罪人 (つみびと)
「曲り逸れた人・道を踏み外した者・曲者」 などを意味します。 ▶罪


■豊か (ゆたか)
ユヅ(茹づ)カ(▽如・▽然) で、「高まるさま・勢いあるさま」 が原義です。


■力 (ちから)
チク+カル(上る) の短縮 “チカル” の名詞形で、チクは タク(長く)の変態。
両語とも 「上がる・高まる・勢いづく・盛る」 などが原義で、
この場合は 「上がり・生産高・収穫高」 を意味します。

 原義的には タク(長く)+カル(上る) の名詞形 タカラ(宝)と同じです。
 タク(長く)の名詞形の1つが タケ(竹) ですが、“竹” はチクとも読みます。


大年 (おほとし)
チカラ(力) の換言です。


■捧ぐ (ささぐ)
サス(差す)+アグ(上ぐ) の連結 “サシアグ” の短縮形です。
サスは “傘をさす” のそれで、両語とも 「上げる・高める」 が原義です。
「献上する・奉納する」 の意に使われる場合が多いのですが、
ここでは原義通り 「上げる・高める・アップさせる」 の意です。


■‘タ’ から出る (たからでる)
「民(ミ)が田()を耕す(ガヤス) ことから生れる」 という意です。


■宝ぞ (たからぞ)
「ゆえに切るも宝ぞ」 ということで、これがモノヌシの問いに対する回答です。
また罪人を切ることにより、八方の賑わいは ‘タ’ から出るため、「‘タ’ からぞ」 の意も重ねます。


逆矛 (さかほこ)

■打ち治む (うちをさむ)
”罪を打って治む” という意味で、 ▶罪を打つ
「罪人を直して治める・曲者を矯正して国を丸く収める」 ということです。

 

【概意】
国が乱れれば田も粗れて、成果も上がらず貧しいが、
曲者どもを排除して田を耕せば、成果の実りて民は豊か。
あがり・収穫を増やせば、八方の賑わいは ‘タ’ から出る。ゆえに <切るも> “宝” ぞ。
逆矛も 曲りを直して国を治めるゆえに宝なり。



―――――――――――――――――――――――――――――
 いさなみいわく あやまたは ひひにちかうへ ころすへし
 いさなきいわく うるはしや ちゐものかふへ うまんとて
 うみてをしゑる とのみちお うけてをさむる ちゐもむら
 とのみちとほり おおとしの みつほゑるなり

―――――――――――――――――――――――――――――
 イサナミ曰く 「誤たば 日々に千頭 殺すべし」
 イサナキ曰く 「麗しや 千五百の頭 生まん」 とて
 生みて教える トの道を 受けて治むる 千五百村
 トの道 通り 大年の 瑞穂得るなり

―――――――――――――――――――――――――――――

■誤たば日々に千頭殺すべし (あやまたばひびにちかうべころすべし)
■麗しや千五百の頭生まん (うるはしやちゐものかふべうまんとて)

黄泉辺境での二尊の言立ちです。5アヤでは次のように記されています。

 「麗しや かく為さざらば 千頭を 日々にくびらん」
 「麗しや 我 その千五百 生みて誤ち 無きことを 守る」〈ホ5ー3〉


誤つ (あやまつ)

千頭 (ちかうべ)
“日々に千頭殺す” は 「毎日1000人でも曲り逸れた臣を殺す」 という意味です。
曲り逸れた司を放置すれば、それが司るすべての民も曲り逸れることに
なってしまうからです。このゆえにイサナミは クマの神 と贈り名されます。 ▶頭


■千五百の頭 (ちゐものかふべ)
“千五百の頭生まん” は クマの神が、日々千人の曲り逸れた司を殺すのに対して、
イサナキは トの道 を教えて、「日々1500人の直き司を養成する」 という意味です。
このゆえにイサナキは タガの神 と贈り名されます。


■千五百村 (ちゐもむら)
「中国の全1500の村」 をいい、「中国の別名」 と考えて良いと思います。 ▶中国
“千五百” は、イサナキがトの道を教えて養成した、“千五百の頭” に由来します。

 

【概意】
イサナミ曰く 「もし道を誤れば、日々に千人の司を殺すべし」
イサナキ曰く 「麗しや、我は日々千五百人の司を生み育てん」 と、
生みて教えるトの道を、受けた司が治める千五百村。
その民にもトの道が通り、実りの成果を得るのである。

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨