⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第34回 [2023.9.2]

第八巻 霊還しハタレ打つ文 (1)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 たまかえしはたれうつあや (その1)
 霊還しハタレ打つ文 https://gejirin.com/hotuma08.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 たまかえしはたれうつあや
 ををんかみ あめかしたてる くしひるに たみもゆたかに
 ふそみよろ ふちみもやその ふたとしお へてもやすらや
 みかたちも なおわかやきて をわします
―――――――――――――――――――――――――――――
 霊還しハタレ打つ文
 大御神 天が下照る 貴霊に 民も豊かに
 二十三万 二千三百八十の 二年を 経ても安らや
 御形も なお若やぎて 御座します
―――――――――――――――――――――――――――――

■霊還し (たまかえし) ■ハタレ
本文中で説明します。


大御神 (ををんかみ)

天が下照る (あめがしたてる)
「天の下を照らす・地に恵みを与える」 という意です。


貴霊・奇霊 (くしひる)

■二十三万二千三百八十の二年 (ふそみよろふちみもやそのふたとし)
「23万2382年」。これはアマテルが即位した21鈴126枝サナトからの経過年です。
真榊(=鈴木)の暦で表せば、1鈴=6万年、1枝=60年、1穂=1年 ですから、
「3鈴873枝2穂」 となります。 [数詞]


■安ら (やすら)
ヤス(▽和す)の連体形 “ヤスル” の名詞形で、「調和するさま・安穏」 を意味します。
“安らか” と同じです。


御形・神形 (みかたち)
ここでは 「アマテル神の見た目の姿」 をいいます。

 

【概意】
霊還しハタレ打つ文
大御神の天が下を照らす貴霊により、
民も豊かで23万2382年を経ても、なお世は安らかであった。
その御姿も、なお若やいでおられます。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ことしふそよの さくすすお ふそゐのすすに うゑかえて
 ふしにあたれは ねのくにと さほこのくにの ますひとか
 うちのしらひと こくみらか をやもおかして こもおかす
―――――――――――――――――――――――――――――
 今年二十四の 幸鈴を 二十五の鈴に 植え替えて
 節に当れば 根の国と サホコの国の マスヒトが
 内のシラヒト コクミらが 親も犯して 子も犯す

―――――――――――――――――――――――――――――

■今年・此年 (ことし)
此の年」 の略です。


■二十四の幸鈴 (ふそよのさくすず)
「24本目の幸鈴」 の意です。ウビチニ&スヒヂの即位以来、
6万年×24=144万年 が経過したことになります。


 ★幸鈴 (さくすず)
 「6万年の天寿を全うした鈴」 をいいます。スズ(鈴)は マサカキ(真榊)の別名です。


■二十五の鈴 (ふそゐのすず)
アマテルが即位した21鈴126枝58穂に、前段に示される 23万2382年、
すなわち 3鈴873枝2穂 を加えると、ぴったり24鈴999枝60穂となり、
真榊を植え替える年に当たります。


節 (ふし)
この場合は 陽陰の節 (あわのふし・あめのふし) をいいます。
「陽陰(日月)の区切り・周期」 という意で、これが “厄年” の起源と考えられます。
男の数え年25歳が厄年になっているように、24と25の境には陽陰の節があるようです。
しかし残念ながら どういう理論・計算でそうなるのかについては説明がありません。


根の国 (ねのくに) ■サホコの国 (さほこのくに)

マスヒト (益人・▽纏人)
少し前の話で、クラキネが根の国とサホコの国のマスヒトだった頃です。


■内 (うち)・内臣 (うちとみ)
ウチトミ(内臣) の略で、「側近の臣」 をいいます。


シラヒト ■コクミ


■親も犯して子も犯す (をやもおかしてこもおかす)
親とはサシミメ、子とはクラ姫を指します。
シラヒトとコクミは、この母と娘を犯します。

 

【概意】
今年 24本目の幸鈴が成り、25本目の鈴に植え替えるが、
陽陰の節 (=厄の節) に当るため、根の国とサホコの国のマスヒトの
側近のシラヒト・コクミらが、親も犯して子も犯す。


 天の益人(あめのますひと)等が 過犯けむ雑々の罪事は 天津罪と 畦放 溝埋
 樋放 頻蒔 串刺 生剥 逆剥 屎戸 ここだくの罪を 天津罪と法別て
 国津罪と生膚断死膚断 
白人(しろひと)胡久美(こくみ) 己が母犯罪 己が子犯罪
 
母と子と犯罪(ははとことおかせるつみ) 子と母と犯罪 畜犯罪 昆虫の災
 高津神の災 高津鳥の災 畜仆し蟲物為罪 ここだくの罪出でむ 〈
六月晦大祓



―――――――――――――――――――――――――――――
 とかあやまちも ふためとの かしこところの ひきつりに
 ゆるせはかかゑ くにおたす まいないつかみ まめならす

―――――――――――――――――――――――――――――
 咎・過ちも 二女殿 賢所の 引き吊りに
 許せば抱え 国を治す 賂掴み 忠 成らず

―――――――――――――――――――――――――――――

■二女殿 (ふためとの)
メトノ(女殿・侍殿)は 「君に侍る御殿女中」 という意で、斎侍(=后・側室) をいい、
この場合は 北の局の典侍モチコと内侍ハヤコの姉妹を指します。 ▶局(つぼね)


賢所 (かしこどころ)
「畏き所・おそれ多い所」 という意味で、“大内宮” の別名です。
大内宮の内部は、中心に “内つ宮” があり、その周囲を東西南北の4局が囲みます。
内つ宮には君と正妃が居住し、4局の側室たちが交代制でお世話に当たります。


■引き吊り (ひきつり)
「引っぱり上げること」 をいいます。これはモチコが、クラ姫アメオシヒを娶せて、
その慶事を以て恩赦を発動し、シラヒト・コクミの死刑を免れさせたことをいいます。


■賂 (まいない)
マイナフ(賄ふ)の名詞形で、「上納・献納・奉納」 などを意味します。

 ★賄ふ (まいなふ)
 マフ(▽参ふ・▽詣ふ)+ナフ(▽和ふ・▽供ふ・▽納ふ) の連結です。
 マフは マイラス(参らす)の母動詞で、「上げる・捧げる」 の意。
 ナフは 「納める・納付する」 という意です。
 ですから 「上納する・献納する・奉納する」 などが原義です。


■忠 (まめ)
何かに対して 「一途なさま・一筋なさま・ぶれないさま・一直線」 をいいます。
辞書は “忠実・実” と当て字しています。

 マムの名詞形で、マムは マミル(塗る)・マモル(守る) などの母動詞です。
 「合わす・添う・付く」 などが原義で、「添って離れないさま」 をいいます。
 よってミサホ(操)と同義ですが、ミサホ(操)は男女関係に用いるのに対し、
 マメ(忠)は主従関係に用います。

 

【概意】
その咎・誤ちも、賢所の引き吊りに許せば、
<サホコ国のマスヒトのアメオシヒはそれを>
召し抱えて国を治す。しかし賂を掴み、忠は成らず。



―――――――――――――――――――――――――――――
 つひにおろちに なめられて のりのくつるる ふしふしに
 はたれのものの うくめきて さはいのこゑの おそろしく
―――――――――――――――――――――――――――――
 つひに折霊に 舐められて 法の崩るる 節々に
 ハタレのモノの 蠢きて 障いの声の 恐ろしく
―――――――――――――――――――――――――――――

折霊 (おろち)

■舐めらる (なめらる)
ナム(▽和む・舐む)+ラル(受身) で、ナムは 「合わす・入れる・触る・付く」
などが原義です。ここでは 「取り入られる・干渉される・憑かれる」 など、
折霊の影響を受けることをいいます。


法 (のり)
この場合は、人を人として機能させるシステムから始まって、
社会・国を構成する 「ありとあらゆるシステム」 をいうと考えられます。


■ハタレのモノ
ハタレは 「逸れて外れるさま・はみ出すさま・落ちこぼれるさま」 を表します。
モノは 「形の見えない存在・霊」 を表す代名詞です。
ですから “ハタレのモノ” は 「外れた霊・邪霊」 を意味し、“折霊” の換言です。

 ★ハタレ
 ハツ(▽外づ)+タル(▽出る) の短縮 “ハタル” の名詞形で、ハツは ハヅル(外る)の母動詞、
 タルは デル(出る)の変態です。「逸れ・外れ・曲り・異常・脱落」 などが原義です。


蠢く (うぐめく)
「虫が這うように絶えずモゾモゾ動く」 ことをいいます。
ここでは 「人知れず動く・暗躍する」 などの意です。


■障いの声 (さばいのこゑ)
この場合は 「ハタレのモノのちょっかい・邪霊の干渉」 ということです。
コヱ(声)は ここでは 干渉する邪霊の 「声・囁き・そそのかし」 をいいます。

 ★障い (さはひ・さわひ・さばい)
 サワリ(触り・障り)の変態で、「触り・干渉・支障」 を意味します。

 

【概意】
ついには折霊の干渉を受けて、法の崩れる節々に邪霊が暗躍し、
その見えない干渉のささやきは恐ろしく。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ここさわやまの はやききす ひなくるつけの たかまには
 かみはかりして すすみてる たけみかつちか そむたけの
 よろにすくるる ちからにも

―――――――――――――――――――――――――――――
 “ココ” 沢山の 早雉子 杼投ぐる告げの タカマには
 守諮りして 進み出る タケミカツチが 十六丈の
 万に優るる 力にも

―――――――――――――――――――――――――――――

■“ココ” 沢山 (ここさわやま)
ココ(呱呱)は 鳴き声を表すもので、“カカ”  “ケンケン”  “コンコン” などと同じです。
サワヤマ(沢山)は 「たくさん・頻繁・繁忙」 などの意です。


■早雉子 (はやきぎす)
ハヤ(早・速)+キギス(雉子) で、ハヤキジ(早雉)と同じです。
「急ぎの伝書使/伝令使」 をいいます。


■杼投ぐる告げ (ひなぐるつげ)
機織りの 「杼投げに匹敵するほど頻繁で多数の報告」 という意です。


タカマ (高天)

守諮り (かみはかり)


■タケミカツチ
以前アマテルに国絵を描くように命じられた、ヒノハヤヒコの別名です。
記紀には 健御雷神/武甕槌命 と記されます。

 鹿島神宮 (かしまじんぐう)
 茨城県鹿嶋市宮中2306-1
 現在の祭神:武甕槌大神


■十六丈 (そむたけ)
「16尺の身の丈・16尺の身長」 という意です。
当時は 1尺=1/8間=約22.5cm ですので、16尺=約3m60cm です。
これでもホツマに身長が記されている人物の中では2位です。

 

【概意】
“ケンケン” と忙しく往き来する早雉子が、
杼投げのような数の報告を中央政府にもたらす。
臣の会議が招集され、タケミカツチが進み出るも
その16尺の身長と、1万人分に勝る力にもかかわらず、



―――――――――――――――――――――――――――――
 しらぬはたれの いふかさお うつやひたりの かなさきも
 こたゑおしらて うかかゑは あまてらします みことのり
―――――――――――――――――――――――――――――
 知らぬハタレの 訝さを 訴つや ひたりの カナサキも
 応えを知らで 伺えば 和照らします 御言宣
―――――――――――――――――――――――――――――

■訝さ (いぶかさ)
いぶかしいさま」 の意で、今風には イブカシサ(訝しさ)です。
「気にはなるがどうにもできない感じ」 をいいます。


■訴つ (うつ)
ウツ(打つ)と同じで、「合わす」 が原義です。
ここでは 「現す・表す・言う・ぶつ」 の意です。


■ひたり
ヒツ(秀づ)+タル(足る・▽達る) の短縮の名詞形で、
「熟練・熟老」 を意味します。イタリ(至り)の変態です。


■応え (こたゑ:こたえ)
ここでは 「対応・対処法・対策」 などの意です。


伺ふ (うかがふ)


■和照らします御言宣 (あまてらしますみことのり)
アマテラス(和照らす)+マス(尊敬)+ミコトノリ(御言宣) で、
和(やわ)して照らします御言宣・ほどよく調えて恵みを賜う御言宣」 という意です。
アマテルミコトノリ(和照る御言宣)ともいいます。

 

【概意】
正体不明のハタレに苛立たしさを訴える一方、
老練のカナサキも対応を知らず、君に伺いを立てれば、
和照らします御言宣。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨