⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第48回 [2023.9.22]

第九巻 八雲打ち 琴つくる文 (6)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 やくもうちことつくるあや (その6)
 八雲打ち 琴つくる文 https://gejirin.com/hotuma09.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 くしきねあわの さささきに かかみのふねに のりくるお
 とえとこたえす くゑひこか かんみむすひの ちゐもこの
 をしゑのゆひお もれおつる すくなひこなは これといふ

―――――――――――――――――――――――――――――
 クシキネ アワの サササキに 鏡の船に 乗り来るを
 問えど答えず クヱヒコが 「カンミムスビの 千五百子の
 教えの結ひを 漏れ落つる スクナヒコナは これ」 と言ふ

―――――――――――――――――――――――――――――

クシキネ

■アワ ■サササキ
アワは アワ国の略で、「近江の国」 を指します。
サササギは ササ(酒)+ササキ(捧ぎ) の短縮で、太古初めて酒を醸して
ウビチニに捧げた 「井の口スクナミ」 の別名と考えます。
ササキは ササケ(捧げ)の変態で、「醸成」 と 「献上」 の意が重なります。

 沙沙貴神社 (ささきじんじゃ)
 滋賀県近江八幡市安土町常楽寺1。
 現在の祭神:少彦名命
 ・<筆者注> もとはスクナミ守を祭っていたと思われますが、現在の祭神は少名彦神です。
       これは名前の近似もありますし、スクナヒコナがこの地に着いたことにも
       関わりがありそうです。

 近江国蒲生郡の一帯は、ササキノゴウ(沙沙貴郷・鷦鷯郷)、ササケノショウ(篠笥庄)、
 ササキノショウ(佐佐木庄) などと呼ばれました。今も 「神乃滴」(かみのしずく)という
 酒が造られていて、沙沙貴神社の御神酒となってるそうです。


■鏡の船 (かがみのふね)
船首に鏡を飾った船で、「御上(中央政府)の公用船」をいうように思います。
鏡と榊は 徳川時代の “三葉葵” に相当する、御上の権威を示すシンボルでした。
なお この時代には、船で淀川をさかのぼって琵琶湖まで行けたようです。


■クヱヒコ
クヱヒコはスクナヒコナの出自をオホナムチに告げますが、
クヱヒコ本人については何も説明がありません。
他文献では 久延毘古・久延彦 と記されます。

 久延彦神社 (くえひこじんじゃ)
 奈良県桜井市三輪大御輪寺98、大神神社末社。 
 現在の祭神:久延毘古命


カンミムスビ

■教えの結ひ (をしゑのゆひ)
ユヒ(結ひ)は 「結び・束ね・縛り・範囲・枠」 などの意です。


■スクナヒコナ
アワのササザキに鏡の船で乗り付けた人物で、カンミムスビの1500人の子の内の
落ちこぼれといいます。記紀には 少名毘古那神/少彦名命 と記されます。

 

【概意】
近江のサササキに御用船で乗り来る者に、
オホナムチは尋問するが、答えない。
クヱヒコが 「カンミムスビの1500人の子の内、
その教えの枠から漏れ落ちる者、スクナヒコナはこれ」 と言う。



―――――――――――――――――――――――――――――
 くしきねあつく めくむのち ともにつとめて うつしくに
 やめるおいやし とりけもの ほおむしはらひ ふゆおなす

―――――――――――――――――――――――――――――
 クシキネ篤く 恵む後 共に努めて 現し地
 病めるを癒し 鳥獣 蝕虫払い 振ゆをなす

―――――――――――――――――――――――――――――

■現し国・▽俯し地 (うつしくに)
ウツシは ウツ(▽俯つ)の形容詞形、あるいはそれが名詞化したもので、
「下って凝り固まるさま」 を意味します。これは天地創造での陰の動きです。
したがって ウツシと、クニ(地・国)・ツチ(土・地)は同義語同士の関係です。
ようするに 「物質界・現世・この世」 をいい、“現し国・顕国” と記されます。


■病める (やめる)
ヤム(病む)の連体形です。ここでは名詞化して 「病気・病人」 を意味します。
ヤムは 「曲る・逸れる・外れる・異常となる」 などが原義です。


蝕虫 (ほおむし)

■振ゆ (ふゆ)
フル(振る)の変態の フユ(振ゆ)が そのままの形で名詞化したものです。
「振りまくこと・回しめぐらすこと」 が原義で、「恵み・施し」 の同義語です。
辞書には “みたまのふゆ” という言葉が載っています。

 

【概意】
オホナムチはスクナヒコナを厚く遇した後、共に努めて、
現世の病める者を癒し、また鳥・獣・害虫を払い、民に恵みをなす。



―――――――――――――――――――――――――――――
 すくなひこなは あわしまの かたかきならひ
 ひなまつり をしゑていたる かたのうら あわしまかみそ

―――――――――――――――――――――――――――――
 スクナヒコナは アワシマの カダカキ習ひ
 雛纏り 教えて至る 加太の浦 アワシマ神ぞ

―――――――――――――――――――――――――――――

■アワシマ (▽合州・▽和州)
このアワシマは アワ国の別名で、「近江の国」 をいいます。
シマ(州・島)は 「締め・区分・区画」 が原義です。


カダカキ (葛掻き)

雛纏り (ひなまつり)
スクナヒコナは、別姓の男女が和合する意義を、
カダカキのしらべに乗せて説いて回ったと考えられます。


■加太の浦 (かだのうら)
和歌山県和歌山市の 「加太海岸」 です。

 カダは クズ(葛)の変態で、「繁茂するもの」 を意味しますが、
 加太の浦の ‘カダ’ は 「ワカメ」 を言うように思います。
 加太浦は カダメ(加太和布) と呼ばれるワカメの特産地だからです。
 もしそうなら加太の浦は “わかめ海岸” という意味になります。


■アワシマカミ (淡島神)
スクナヒコナの贈り名です。
このアワシマは 「合島」 の意で、加太の沖にある今の 友ヶ島 の古名と考えます。
スクナヒコナはカダカキを弾きながら雛纏りの意義を説いて各地を遊行した後、
友ヶ島に到達して昇天したようです。
江戸時代の淡島願人は、スクナヒコナの遊行のリバイバルでしょう。

 淡嶋神社 (あわしまじんじゃ)
 和歌山県和歌山市加太116。
 現在の祭神:少彦名命、大己貴命、息長足姫命
 ・毎年3月3日、お雛様を白木の舟に乗せて加太の海へ流す雛流し神事が行われる。
  また神の名を針才天女とも伝え、冬に針供養が行われる。

 

【概意】
スクナヒコナはアワ国のカダカキを習い、
そのしらべに乗せて男女和合の意義を教えて回り、
加太の浦に至って淡島神となる。



―――――――――――――――――――――――――――――
 おほなむち ひとりめくりて 
 たみのかて けししゆるせは こゑつのり みなはやかれす

―――――――――――――――――――――――――――――
 オホナムチ 一人恵りて
 民の糧 獣肉許せば 肥え募り みな早枯れす

―――――――――――――――――――――――――――――

恵る (めぐる)

■糧 (かて)
カツ(▽活つ)という動詞の名詞形で、「活かすもの・活を与えるもの」 が原義です。
カツ(葛)、カダ(荷田・加太)、カド(葛)、クズ(葛) などは変態です。


■獣肉 (けしし・がしし)
「穢れの肉」 の意で、具体的には 「鳥獣の肉」 をいいます。 ▶穢れ
それゆえここでは “獣肉” と当字しています。
アマテルは鳥獣の肉食を厳しく戒めていました。その理由は15アヤで説明されます。

 

【概意】
その後オホナムチは一人で民を恵んで回るが、
糧として獣肉を許したため、肥え過ぎてみな早死であった。



―――――――――――――――――――――――――――――
 そはほむし くしきねはせて これおとふ
 したてるひめの をしえくさ ならいかえりて をしくさに
 あふけはほをの むしさりて

―――――――――――――――――――――――――――――
 稲蝕虫 クシキネ馳せて これを問ふ
 シタテル姫の 教え種 習い帰りて 押草に
 扇げば蝕の 虫去りて

―――――――――――――――――――――――――――――

■稲蝕虫 (そはほむし)
ソ(▽繁・▽稲)+ハホムシ(▽蝕虫) で、ソは ソロの短縮です。


シタテル姫教え種 (したてるひめのをしえぐさ)
「稲蝕虫を追い払う方法」 をいい、押草で扇ぎながら、
32音の祓いの歌を360回歌うというまじないです。

・田の東に立ちて 押草に 扇ぐワカ姫 歌詠みて 祓ひ給えば 虫去るを   〈ホ1-4〉
・“田根・畑根 大麦・小麦・盛豆 大豆・小豆らの そろ葉も蝕めぞ 虫もみな締む”〈ホ1-4〉
・その押草は 射干玉の 花はほのぼの 明らす花の 赤きは日の出 ヒアフギの
 板もて造る 扇して 国守り治む 教え種                 〈ホ1-5〉

 

【概意】
稲蝕虫が発生すると、クシキネは <ヤスカワへ> 走ってこれを問う。
シタテル姫の教え種を習い帰り 押草に扇げば、蝕虫は去り、


 ★参考:古語拾遺 〈葛木御歳神社の由緒より部分引用〉
 神代、大地主神が田を作る日に、農夫に牛の肉をご馳走した。 その事に怒った御歳神
 田にいなごを放ち苗の葉を喰い枯らしてしまった。そこで大地主神は、白猪・白馬・白鶏を
 献上して謝したところ、そのお怒りが解けたばかりでなく、御歳神は 「麻柄で糸巻きを作り、
 麻の葉で掃い、天押草で押し、烏扇であおぎなさい。 それでも出て行かなければ、牛の肉を
 溝口に置き、男茎形を作ってこれに加え、(これは男性の印を意味し、その神の怒りを鎮め、
 陰陽の和合を称えたものである。) ジュズダマ・キハジカミ・クルミの葉と塩を畔に置きなさい」
 と教えてくださったので、その通りにすれば苗の葉がまた茂って豊作になった。

   大地主神=オホナムチ、御歳神=シタテル姫 として読んでみてください。



―――――――――――――――――――――――――――――
 やはりわかやき みのるゆえ むすめたかこお たてまつる
 あまくにたまの おくらひめ これもささけて つかえしむ
 したてるひめは ふたあおめ めしてたのしむ やくもうち
―――――――――――――――――――――――――――――
 やはり若やぎ 実るゆえ 娘タカコを 奉る
 アマクニタマの オクラ姫 これも捧げて 仕えしむ
 シタテル姫は 二青侍 召して楽しむ 八雲打ち
―――――――――――――――――――――――――――――

タカコ

  ソサノヲ┐      
      ├オホナムチ┐┌クシヒコ
  イナタ姫┘     ││
            ├┼タカコ
  アマテル┐     ││
      ├タケコ──┘└タカヒコネ
  ハヤコ─┘


■アマクニタマ
カナヤマヒコ(金山彦)の子で、美濃国を治める領主です。
記紀には 天津国玉神/天国玉 と記されます。

 ★アマクニ (▽上国・天国)
 アマは アム(▽上む)の名詞形。「上の国・高い国・山国」 を意味し、「美濃国」 の別名です。

 ★タマ (玉・珠・▽頭・▽尊)
 「上にあるもの・頭・ヘッド・主」 を意味します。


■オクラ姫 (おくらひめ)
アマクニタマの娘で、大倉姫/大倉比売 の名で神社に祀られています。

        アマテル
         ┃
       ┌ナカコ
 カナヤマヒコ┴───アマクニタマ┬アメワカヒコ
                 │
                 └オクラ姫

 大倉姫神社/大倉比売神社 (おおくらひめじんじゃ)
 奈良県御所市古瀬377/奈良県御所市戸毛1610。
 現在の祭神:大倉比売命
 ・2つの論社あり。


■青侍 (あおめ)
「若い侍女」 をいい、“二青侍” とは タカコとオクラ姫を指します。


八雲打ち (やくもうち)

 

【概意】
元通り若やいで実を結んだため、娘タカコを侍女として奉る。
アマクニタマの娘のオクラ姫、これも捧げて仕えさせる。
シタテル姫はこの2青侍を召して、八雲打ちの琴を楽しむ。



―――――――――――――――――――――――――――――
 おほなむちには くしひこお おおものぬしの かわりとて
 ことしろぬしと つかゑしめ おのはいつもに をしゆるに
 ひふみむもやそ ふたわらの ひもろけかそえ

―――――――――――――――――――――――――――――
 オホナムチには クシヒコを オオモノヌシの 代りとて
 コトシロヌシと 仕えしめ 己はイヅモに 教ゆるに
 一二三六百八十 二俵の ヒモロケ数え

―――――――――――――――――――――――――――――

クシヒコ

  ソサノヲ┐      
      ├オホナムチ┐┌クシヒコ
  イナタ姫┘     ││
            ├┼タカコ
  アマテル┐     ││
      ├タケコ──┘└タカヒコネ
  ハヤコ─┘


オオモノヌシ
この時点ではオホナムチがこの職に就いています。


■コトシロヌシ (▽事知主・事代主)
「コトシロ(▽事知)の主・コトシロを司る者」 の意で、名前こそ異なりますが、
オオモノヌシと職掌は同じです。この時点ではオオモノヌシの代理的存在だった
ようですが、後には制度化されて、公式にオオモノヌシの代理職となっています。
ホツマには2人のコトシロヌシが登場しますが、記紀は 事代主~ と記し、
個人名として扱います。

 ★コトシロ (▽事知・▽事領)
 「事を知行する者」 の意で、語義としては “知事”  “領事” に相当しますが、
 ようするに 「実際に事に当たる者・担当者」 をいいます。


イヅモ (出雲)
サホコチタル国の新名で、この時点ではオホナムチが知行者(=領主)です。

 オホナムチはオオモノヌシですから、自領のイヅモを知行しながらも、
 都の中央政府に身を置いて、国家の政務を司るべき立場にあります。


ヒモロケ (胙・▽斎供)
「捧げるお供え」 の意で、この場合は、領主に納める 「みつぎ米、上納米」 をいいます。

 ヒモロ+ケ(供) で、ヒモロは ヒモルの名詞形です。
 ヒモルは イモフ(斎ふ)イワフ(斎ふ・祝ふ) などの変態で、「心を合わす・慕う」 などを
 原義とし、転じて 「上げる・高める・尊ぶ・称える」 などの意を表します。
 ケ(▽供)は クエ(食え)の短縮音で、「食わせ・配り」 が原義です。

 

【概意】
オホナムチは、クシヒコをオオモノヌシの代理として、コトシロヌシの名で
中央政府に仕えさせ、自分は知行地のイヅモに行き、民を教育すれば、
12万3千6百82俵に及ぶ年貢米を数え、



―――――――――――――――――――――――――――――
 たねふくろ つちはつちかふ をんたから
 うゑたすかても くらにみつ
 あめかせひてり みのらねと あたたらくはり うゑさせす
―――――――――――――――――――――――――――――
 種袋 槌は培ふ 御宝
 飢え治す糧も 倉に満つ
 雨・風・日照り 実らねど アタタラ配り 飢えさせず
―――――――――――――――――――――――――――――

■種袋 (たねぶくろ)
種袋をかついで槌を持つ姿は、大国主(=ダイコク様) を思い出させますが、
これはどうやらオホナムチを描いたものであることが この記から判ります。
では 大国主=オホナムチ なのかというと、これは後世の誤解なのです。
“大国主” は ニニキネがクシヒコに賜った尊名であることが21アヤで判明します。


■槌 (つち)
ツチ(槌)は 御宝(=民)をツチカフ(培う)心を表したモノザネであるようです。


御宝 (をんたから)

■アタタラ (▽充足)
アツ(当つ・充つ)タル(足る) の名詞形で、「充てがって足らすこと/物」 をいいます。
これは 「食糧の配給・配給の食糧」 を意味します。

 

【概意】
種袋をかついで、民を培う槌を持ち、飢えを賄う糧も倉に満ちる。
雨・風・日照りで実りがなくとも、アタタラを配って飢えさせず。



―――――――――――――――――――――――――――――
 のちにわかひめ ひたるとき やくもゐすすき かたかきお
 ゆつることのね たかひめお たかてるとなし わかうたの
 くもくしふみは おくらひめ さつけてなおも したてると
 なしてわかくに たまつしま としのりかみと たたゑます

―――――――――――――――――――――――――――――
 後にワカ姫 ひたる時 八雲・五濯ぎ カダカキを
 譲る ことの根 タカ姫を タカテルとなし ワカ歌の
 クモクシ文は オクラ姫 授けて名をも シタテルと
 なしてワカ国 タマツ島 “年乗り神” と 称えます

―――――――――――――――――――――――――――――

■ワカ姫 (わかひめ)
ヒルコの別名で、シタテル姫とも呼ばれます。
ワカ姫は 枯れた稲を 「ワカの歌(▽和の歌)で直し調えた姫」 という意です。
この姫は 歌の魔術師であると同時に、琴の名手でもありました。


■ひたる
ヒツ(▽秀つ)+タル(▽達る) の短縮で、イタル(至る)の変態です。
「行き着く・あがる・終る」などを原義とし、「人の一生を満了して天に還る」 という意です。


■八雲 (やくも) ■五濯ぎ (ゐすすぎ)
ヤクモは ヤクモウチ(八雲打ち)の略。
ヰススギ(五濯ぎ)は 「五絃の濯ぎ」 の意で、イスギウチ(濯ぎ打ち) の別名です。


■ことの根 (ことのね:琴の根/言の根)
ネ(根)は ここでは 「本質・源・精髄・奥義」 などを意味します。
コトは 「琴」 と 「言」 の2つを重ねています。すなわち 「琴の奥義」 と 「言の奥義」 です。
言の奥義とはつまり 「歌の奥義」 ということです。


■タカ姫 (たかひめ)
ワカ姫(=シタテル姫、斎名ヒルコ)に侍女として奉られた タカコ を指します。


■タカテル (高照)
これもワカ姫(斎名ヒルコ)の別名の一つです。
“日が高く照る時=昼” を意味し、昼に生れた “ヒルコ” を言い換えた名です。
タカ姫はこの名を譲られ、2代目タカテル姫となります。

 後に一姫を 生む時に 昼なれば名も “ヒルコ姫”  〈ミ1-4〉


ワカ歌 (わかうた・わかのうた)

■クモクシ文 (くもくしふみ)
クモ(雲)+クシ(▽薬)+フミ(文)は  「汚穢隈を直す伝え」 という意です。
クシは クス(薬)の変態、クモクシは イワクス(忌薬)の換言です。 ▶ふみ(文)
歌の力によって 「汚穢隈を祓う奥義の伝え」 なのだと思います。

タカ姫と同じく、ワカ姫の侍女として捧げられたオクラ姫は、
シタテル姫の名と共に、この伝えをワカ姫より受けます。

 大倉姫神社/大倉比売神社 (おおくらひめじんじゃ)
 奈良県御所市古瀬377/奈良県御所市戸毛1610。
 現在の祭神:大倉比売命
 ・一名を雲櫛(くもくし)社と言う。


ワカ国 (わかくに・わかのくに)

タマツ島 (たまつしま:玉津島)
ワカ姫はタマツ島のタマツ宮を住まいとしていました。


■年乗り神 (としのりかみ)
ワカ姫の贈り名です。
トシ(年・歳)+ノリ(乗り) は、「実が乗る神・みのりの神」 を意味します。
ワカ姫は押草とワカ歌により、蝕虫を払って枯れた稲を再生して実らせているため、
この名が贈られたのでしょう。“御歳神” (みとしがみ)は、これの換言と思います。

 葛木御歳神社 (かつらぎみとしじんじゃ)
 奈良県御所市東持田269。 
 現在の祭神 :御歳神、大年神、高照姫命
 ・摂社に稚日女命神社あり。

 

【概意】
後にワカ姫が罷る時、琴と言の奥義を譲る。
八雲打ち・五濯ぎ・カダカキの 琴の奥義はタカ姫に譲り、その名もタカテル姫となし、
ワカ歌のクモクシの伝えはオクラ姫に授け、名もシタテル姫となす。
ワカ国のタマツ島に “年乗り神” と贈り名して称えます。



―――――――――――――――――――――――――――――
 いつもやゑかき おほなむち
 やゑかきうちて たのしむる ももやそひたり こにみつるかな

―――――――――――――――――――――――――――――
 イヅモ八重垣 オホナムチ
 生え画内で 楽しむる 百八十一人 子に満つるかな

―――――――――――――――――――――――――――――

イヅモ八重垣 (いづもやゑがき)
「貴霊(=アマテル・皇)に仕えるモノノベの主」 という意で、
これは オオモノヌシ と同じ意味です。
ゆえに イヅモヤヱガキ は、初代オオモノヌシの “オホナムチ” にかかります。


生え画 (やゑがき)

■楽しむる (たのしむる)
タノシムの連体形で、この連体形はタノシムを他動詞化します。
ですから 「足らす・充足させる・満たす・増やす」 などの意となります。

 ★楽しむ (たのしむ)
 タノシ(楽し)+シム(染む) の短縮で、“シム” は形容詞を動詞化します。
 「楽しに染まる・満ち足りるさまに染まる」 が原義です。

 ★楽し (たのし:形容詞)
 タヌ+シ(▽如・▽然) で、タヌは タル(足る)の変態。
 「足る如し・充足する如し・満ち足りる如し」 などが原義です

 

【概意】
イヅモ八重垣オホナムチ、産屋内で繁殖する181人の子に満ちるかな。

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨