⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第44回 [2023.9.16]

第九巻 八雲打ち 琴つくる文 (2)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 やくもうちことつくるあや (その2)
 八雲打ち 琴つくる文 https://gejirin.com/hotuma09.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 ひめはゆけやに かくしいれ
 すさはやすみの ひめすかた ゆつのつけくし つらにさし
 やまのさすきに やしほりの さけおかもして まちたまふ

―――――――――――――――――――――――――――――
 姫は弓削屋に 隠し入れ
 スサは優みの 姫姿 髻の黄楊櫛 面に挿し
 山の桟敷に 八搾りの 酒を醸して 待ち給ふ

―――――――――――――――――――――――――――――

■弓削屋 (ゆげや)
弓削のツルメソの家です。ソサノヲはこの家にイナタ姫を隠しますが、
佐久佐神社 (現在の八重垣神社) の奥の院の伝承は この記憶を留めます。

 佐久佐神社 (さくさじんじゃ)
 島根県松江市佐草町227。 
 現在の祭神:素盞嗚尊、櫛稻田姫命
 ・社殿背後の佐草女の森に鏡の池、二本の大杉(夫婦杉)があり、奥の院が鎮座する。
  稲田姫が八俣大蛇退治の際、身を隠した場所との故事による。


■スサ
ソサノヲを指すものと思います。誤写でなければの話ですが、
ホツマツタヱの中で “ソサ” ではなく、“スサ” と記されている唯一の箇所です。


■優みの姫姿 (やすみのひめすがた)
ヤスミ(▽和み・▽安み・▽優み)は ここでは 「柔和・優柔」 などの意で、
「女性的なやわらかさ」 を表します。つまり 「女装」 した ということです。

 ソサノヲがとったこの戦術は、どうか記憶しておいてください。
 はるか後の話になりますが、「そうかなるほど!」 と思う時がやって来ます。


髻の黄楊櫛 (ゆつのつげくし)

■面に挿す (つらにさす)
ツラはここでは 「表面・前面」 を意味し、「前髪に櫛を挿す」 ことをいいます。
辞書には 面櫛(つらぐし) という言葉があります。
髪を頭頂にまとめている櫛を外すわけですから、髪の毛が解けて垂れ下がり、
女性っぽく見えることを意図したのではないかと思います。


桟敷・仮庪 (さすき・さずき)
サジキ(桟敷)の古形と辞書はいいます。
おそらく ザシキ(座敷)、ザセキ(座席) も同じで、ムシロ(席) の換言でしょう。

 サス(差す・挿す)+スキ(空き・隙) の短縮で、「(身を)挿し入れる空間」 が原義と考えます。


■八搾りの酒 (やしぼりのさけ)
“搾り酒” というのは、どういう酒・製法をいうのかよくわかりませんが、
ミカサフミは これが搾り酒の初めと書いてます。
ヤシボリ(八搾り)というのは、“頭が8つある蛇” に合せた数でしょう。

 また搾り酒 ソサノヲの イヅモに初め 造るこれなり  〈ミ2-6〉

 

【概意】
姫は弓削ツルメソの家に隠し入れて、
スサは柔和な姫姿を装う。髷を束ねる黄楊櫛を前髪に挿し、
山の桟敷に八搾りの酒を醸して待機なさる。



―――――――――――――――――――――――――――――
 やまたかしらの おろちきて
 やふねのさけお のみゑいて ねむるおろちお つたにきる
 ははかをさきに つるきあり ははむらくもの なにしあふ

―――――――――――――――――――――――――――――
 八岐頭の 蛇 来て
 八槽の酒を 飲み酔いて 眠る蛇を 寸に斬る
 蝕霊が汚離きに 剣あり “ハハムラクモ” の 名にしあふ

―――――――――――――――――――――――――――――
 
■八岐頭の蛇 (やまたかしらのおろち)
「頭が八つに分岐した蛇」 で、ヤマタノオロチ(八岐の蛇)ともいいます。
これは 病曲の折霊 が憑依・支配しているオロチ(蛇)を表現したものですが、
その実体は蛇ではなく、心が曲がりくねってしまった人間たちです。
その中でも特に モチコとハヤコの “二さすら姫” をいいます。

 さすらなす 二さすら姫 憤り ヒカハに怒り 成る折霊 〈ホ7-3〉


■つだ (寸)
ずたずた」 の意です。


酔ふ (ゑふ)
ヨフ(酔ふ)ヤル(破る)ヨル(揺る)ユル(揺る) などの変態で、
「曲る・逸れる・外れる・異常になる」、また 「揺れる・ふらふらする」 などが原義です。


蝕霊が汚離き (ははがをさき)
“蝕霊が汚”は 蛇を支配する 「邪霊の汚穢」 の意で、「邪霊の干渉・影響」 をいいます。
サキ(離き)は サク(離く・放く) の名詞形で、「放ち・分離・切断」 などを表します。
ですから 「邪霊の影響の切断」 という意味です。


■剣あり (つるぎあり)
ここは 「剣が見つかる」 という意味ではなく、「剣の力あり・剣の活躍あり」 という意と考えます。


■ハハムラクモ (▽蝕霊群曇)
ソサノヲが 「八岐頭の蛇を斬った剣」 に付けられた名です。
ハハ(▽蝕霊)は、「八岐の蛇に憑依する邪霊」 をいいます。
ムラクモは ここでは 「汚穢・曲りの直し」 という意です。
ですから 「邪霊の汚穢/曲りを直す剣」 の意で、これは “蝕霊が汚離き” の換言です。

 ★ムラクモ (群曇)
 このムラクモは これまでの “むら雲” とは意味が異なります。
 ムラは ムル(群る)の名詞形で、「合わせ・中和・調和・直し」 などが原義です。
 クモ(曇)は クマ(隈)の変態で、汚穢 と同じです。
 ですから 「汚穢/曲りの直し」 を意味し、クサナギの換言です。


■名にしあふ (なにしあふ)
シアフは シフ(▽狭ふ・▽締ふ)+アフ(合ふ) の短縮で、
両語とも 「合う/合わす・迫る・縛る・並ぶ・匹敵する/させる」 などの意を表します。
ですから “名にしあふ” は 「名に釣り合う/合わす・名に値する/させる」などの意です。
今は “名にしおう” といいます。

 

【概意】
八岐頭の蛇が来て、八槽の酒を飲み酔いて、眠る蛇をずたずたに斬る。
邪霊の汚穢を断ち切れたのは剣の存在が大きい。“ハハムラクモ” の名にしおう。



―――――――――――――――――――――――――――――
 いなたひめして おおやひこ うめはそさのを
 やすかわに ゆきてちかひの をのこうむ あかつといえは

―――――――――――――――――――――――――――――
 イナタ姫して オオヤヒコ 生めばソサノヲ
 ヤスカワに 行きて 「誓ひの 男の子生む 吾勝つ」 と言えば

―――――――――――――――――――――――――――――

イナタ姫

■オオヤヒコ
ソサノヲとイナダ姫の第1子の男子です。ホツマには名前だけで、
何の事績も記されません。他文献では 大屋毘古神 と記され、
また 五十猛神(いたける・いそたける)、有功の神(いさおのかみ)とも呼ばれます。

 伊太祁曾神社 (いたきそじんじゃ)
 和歌山県和歌山市伊太祈曽558。
 現在の祭神:五十猛命、大屋都比売命、柧津姫命


ヤスカワ
ソサノヲはヤスカワに住む 姉のヒルコに会いに行ったのです。


■誓ひの男の子 (ちかひのをのこ)
ソサノヲが一方的に、姉のヒルコと交わした誓いをいいます。

 根に到る後 子を生まん 女ならば汚れ 男は清く これ誓ひなり 〈ホ7-7〉

 

【概意】
イナタ姫によってオオヤヒコを生むと、ソサノヲはヤスカワに行き、
「誓いの男の子を生んだ。我は勝った」 と言えば、



―――――――――――――――――――――――――――――
 あねかめに なおきたなしや そのこころ はちおもしらぬ
 よのみたれ これみなそれの あやまちと おもえはむせふ
 はやかえれ

―――――――――――――――――――――――――――――
 姉が目に 「なおきたなしや その心 恥をも知らぬ
 世の乱れ これ皆それの 誤ちと 思えばむせぶ
 はや帰れ」

―――――――――――――――――――――――――――――

きたなし

■世の乱れ (よのみだれ)
”世の乱れ” とは、六ハタレが蜂起して、中央政府に反旗を翻したことをいいますが、
この背後には根国とサホコ国のマスヒト (シラヒト・コクミ) の汚職、北の局のモチコ
ハヤコの離反、そしてサホコ国の新マスヒトとなったアメオシヒのもとにこの4人が
集結して反体制勢力を築いたことがあります。
これに加えて、ソサノヲが北の局と不倫関係を結び、重罪を犯して皇室を追放される
という事件も重なります。ソサノヲは無邪気にも中央政府(皇室)の統治にヒビを入れ、
知らぬ間に反体制勢力の旗印として担ぎ出されたのです。


■むせぶ (咽ぶ)
ムス(▽結す)+セブ(▽狭ぶ) の短縮で、ムスブ(結ぶ)の変態です。
「結ぶ・狭まる・締まる・詰まる」 などが原義です。
ここでは 「胸が締めつけられる・切なくなる」 などの意となります。

 

【概意】
姉の目には、
「なお見境なしや その心。恥をも知らぬ。世の乱れはこれ、
みな其の方の誤ちと思うと胸が締めつけられる。はや帰れ。」



―――――――――――――――――――――――――――――
 そさのをはちて ねにかえる
 のちおおやひめ つまつひめ ことやそうみて かくれすむ

―――――――――――――――――――――――――――――
 ソサノヲ恥ぢて 根に帰る
 後 オオヤ姫 ツマツ姫 コトヤソ生みて 隠れ住む

―――――――――――――――――――――――――――――

根 (ね)
根の国とサホコの国は区別が曖昧で、
この場合はサホコ国のヒカワの地を指します。


■オオヤ姫 (おおやひめ) ■ツマツ姫 (つまつひめ)
オオヤ姫はソサノヲとイナダ姫の第2子で長女、ツマツ姫は第3子の次女です。
この2姫もホツマでは名前のみの紹介です。
他文献ではそれぞれ 大屋津姫/柧津姫 と記されます。

 大屋都姫神社 (おおやつひめじんじゃ)
 和歌山県和歌山市宇田森59。
 現在の祭神:大屋都姫命
都麻津姫神社 (つまつひめじんじゃ)
和歌山県和歌山市吉礼911。
現在の祭神:都麻津姫命


■コトヤソ
コトヤソは “異八十・別八十” で、「その他大勢」 の意と考えたいのですが、
少し後に “ソサノヲの子は五男三女ぞ” という記述があり、ホツマはコトヤソを
一人の男子として扱っています。
伏見稲荷の四大神の一人として “事八十神” の名で祀られます。

 

【概意】
ソサノヲは恥じて、根の国に帰る。
その後にオオヤ姫、ツマツ姫、コトヤソを生んで隠れ住む。



―――――――――――――――――――――――――――――
 たかまはむつの はたれかみ はちのことくに みたるれは
 かみはかりして はたれうつ

―――――――――――――――――――――――――――――
 タカマは六つの ハタレ醸み 蜂の如くに 乱るれば
 守諮りして ハタレ打つ

―――――――――――――――――――――――――――――

タカマ (高天)

六つのハタレ (むつのはたれ)

醸む (かむ)
カモス(醸す)の母動詞で、ここでは 「熟して成る」 という意です。


■蜂の如くに乱る (はちのごとくにみだる)
蜂起” という言葉は この状態を表すように思います。


守諮り (かみはかり)

 

【概意】
6つのハタレが醸成し、蜂の如くに乱れれば、
タカマでは守々が対策を協議し、ハタレ退治に当たる。



―――――――――――――――――――――――――――――
 きみはみそきの さくなたり はたれゐとふの たねおゑて
 みよをさまれと みなもとは ねのますひとに よるなれは
 いふきとぬしに うたしむる

―――――――――――――――――――――――――――――
 君は禊の さくなだり ハタレ厭ふの 種を得て
 御世 治まれど 源は 根のマスヒトに 因るなれば
 イブキトヌシに 打たしむる

―――――――――――――――――――――――――――――

禊 (みそぎ) ■さくなだり

■ハタレ厭ふの種 (はたれゐとふのたね)
「ハタレを射止めるまじないの種」 という意です。 ▶まじないの種

 アマテル神は さくなだり 速川の瀬に 禊して
 “ハタレ敗る” の まじないの 種を求めて 授けます 〈ホ8-3〉


御世 (みよ)

根のマスヒト (ねのますひと)

イブキトヌシ・イブキヌシ
ハルナハハミチアヱノミチのハタレ軍と戦ってこれを敗り、
またハタレマの誓書を埋めたタカノに出る化けモノを、宮を建てて
鎮めた手柄により、アマテルから “タカノ尊” の称号を賜っています。

 

【概意】
アマテル君は禊の滝下りに、ハタレを射止めるまじないの種を得て
社会は治まるも、その源はサホコのマスヒトにあるため、イブキトヌシに打たしめる。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨