⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第144回 [2024.4.7]

第二七巻 御祖神 船霊の文 (2)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 みをやかみふなたまのあや (その2)
 御祖神 船霊の文 https://gejirin.com/hotuma27.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 ときにあすかの みやまかる ははちちひめは のちのよお
 いせにはへれは ををんかみ ゐおおなしくす
 つけききて ははのなけきは つきもなや

―――――――――――――――――――――――――――――
 時にアスカの 宮 罷る 母チチ姫は 後の代を
 イセに侍れば 大御神 居を同じくす
 告げ聞きて 母の嘆きは 「嗣も無や」

―――――――――――――――――――――――――――――

アスカの宮 (あすかのみや)
クシタマホノアカリ(斎名テルヒコ) を指します。 =アスカ皇君

 ヤソキネ─タカキネ─タクハタチチ姫┐
                  ├クシタマホノアカリ(斎名テルヒコ)
 サクラウチ─セオリツ姫┐     │
            │     ├ニニキネ(斎名キヨヒト)
            ├オシホミミ┘
 イサナギ┐      │
     ├─アマテル─┘
 イサナミ┘


罷る (まかる)
ここでは「元にもどる・あの世に還る」などの意です。


チチ姫 (ちちひめ)
オシホミミの御后で、テルヒコとニニキネの母であるタクハタチチ姫です。
オシホミミの死後、その遺言により皇太后のチチ姫はイサワの宮に来て、
アマテルに仕えながら晩年の日々を送ります。

チチ姫も 後には妹背の 御神に 仕え スズカの 道を得て 〈ホ13ー7〉
さきにタラチヲ ひたる時 ハコネの洞に 入りますを 母チチ姫は 言ありて
 イセに到りて 御神に 朝夕仕え 奉らしむ
  〈ホ25-1〉


イセ (妹背)

大御神 (ををんかみ)

■嗣も無や (つぎもなや)
アスカの朝廷を 「継ぐ者もいないではないか」 という意です。
結局テルヒコは最後まで子に恵まれまれなかったのです。

 

【概意】
時にアスカの宮が罷る。
母チチ姫は後の代をイセの宮に侍れば、大御神と居を同じくす。
告げを聞きて、母の嘆きは 「代嗣も無や。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 かみのをしゑは はらみやの くにてるおつき
 あまてらす にきはやひきみ

―――――――――――――――――――――――――――――
 神の教えは 「ハラ宮の クニテルを嗣
 和照らす “ニギハヤヒ君”」

―――――――――――――――――――――――――――――

■神 (かみ)
“大御神”  “アマテル神” などの略です。


ハラ宮 (はらみや)
ハラ宮の主である ホノアカリ(斎名ムメヒト) を指します。=ハラ皇君(2代目)

 アマテル─┐
      ├オシホミミ┐
 セオリツ姫┘     ├┬クシタマホノアカリ
            ││
 タカキネ──チチ姫──┘└ニニキネ  ┌ホノアカリ(斎名:ムメヒト)
                ├───┼ホノススミ(斎名:サクラギ)
 カグツミ───マウラ──┬アシツ姫  └ヒコホオデミ(斎名:ウツキネ)
             │
             └イワナガ


クニテル
ハラ皇君の長男です。

 アマテル─オシホミミ─ニニキネ┐
                ├ホノアカリ┐
 カグツミ──マウラ──アシツ姫┘     ├クニテル
                      ├タケテル
 オホナムチ─クシヒコ─コモリ──タマネ姫─┘
                  (2女)


和照らす (あまてらす)

■ニギハヤヒ
大御神がクニテルに授けた名前です。
ニグ(▽和ぐ)+ハヤブ(▽栄ぶ) の名詞形で、「和して照らす・和して恵る」 という意です。
つまりこれは 和照らす(あまてらす) の換言です。
記紀には 邇藝速日命/饒速日命 と記されます。

 先代旧事本紀は 天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊 と記します。
 
(あまてる・くにてる・ひこ・あまのほのあかり・くしたま・にぎはやひのみこと)
 和照らすクニテル(斎名)+ホノアカリニギハヤヒ ですが、さらに
 ホノアカリ(斎名ムメヒト)を クシタマホノアカリ(斎名テルヒコ)と混同しています。
 その結果、テルヒコ・ムメヒト・クニテル の3人のキャラクターが、
 ニギハヤヒという1人の人物に集約されてしまいました。

 

【概意】
大御神の教えは、
「ハラ宮の子のクニテルを嗣に。名も 和照らす “ニギハヤヒ君”。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 もにいりて しらにわむらの みはかなす
 のちにとくさの ゆつりうけ
 としめくるひも もにいりて あすかのかみと まつるなり

―――――――――――――――――――――――――――――
 喪に入りて 領庭村の 陵 成す
 後に十種の 譲り受け
 年回る日も 喪に入りて アスカの神と 纏るなり

―――――――――――――――――――――――――――――

喪に入る (もにいる)

■領庭村 (しらにわむら)
「鳥の領庭の跡地の村=イカルカ宮の跡地の村」 をいうと考えます。 ▶領庭 ▶イカルカ宮
ここはテルヒコが大和国に入って最初に宮を建設した場所で、
奈良市の 鳥見町、三碓町 付近と推測しています。


陵 (みはか)
「還る所・送る所・あがりの所」 などが原義です。

 ミ(‘回る’の連用形)+ハク(捌く) の名詞形で、ハクは ハコブ(運ぶ)の母動詞。
 どちらも 「回る/回す・還る/還す・送る・あがる」 などが原義です。


■十種 (とくさ)
テルヒコが大和国へ下る際に、アマテルが授けた 「十種宝」 をいいます。

 ここにト祖の 天つ神 十種宝を 授けます 〈ホ20ー1〉


年回る日 (としめぐるひ)

■アスカの神 (あすかのかみ)
「テルヒコの贈り名」 です。 ▶贈り名


■纏る・祀る (まつる)
「身柱に神霊を纏る」 ということでしょう。 ▶身柱 ▶まつる
これはアマテルが教えた 年回る日に神を纏る作法で、
死者の身丈と同じ長さに揃えた木柱に神を招き入れて、人が神と心を交えます。

 アワの数 経て喪を脱ぎて 政聞く 年回る日は 喪に一日 その身柱に 纏るべし 〈ホ26ー4〉

 

【概意】
<ニギハヤヒ君は> 喪に入りて、領庭村の陵を成す。
後に十種宝を譲り受けて、命日にも喪に入り、“アスカの神” と纏るなり。



―――――――――――――――――――――――――――――
 さきにみこなく かくやまか あめみちひめお ゑゑなして
 あにたくりかこ たくらまろ なおことなせと
 はせひめは とみとにくみて すてさしむ
 きみまたいかり はせおすつ

―――――――――――――――――――――――――――――
 さきに御子なく カグヤマが アメミチ姫を ゑゑなして
 兄タクリが子 タクラマロ 猶子となせど
 ハセ姫は 臣と憎みて 捨てさしむ
 君また怒り ハセを捨つ

―――――――――――――――――――――――――――――

カグヤマ・カグヤマツミ
アマテルによりテルヒコの 右の臣(=モノヌシ) に任命されています。

 孫テルヒコの 羽の臣 フトタマはよよ 祀り執れ またカグヤマは モノヌシよ 〈ホ23-8〉


  サクラウチ─┬─カグツミ──カグヤマ
 [初代ヤマズミ]│  [2代]
        │
        ├─ホノコ
        │  ├──オシホミミ┬クシタマホノアカリ(斎名テルヒコ)
        │ アマテル     │
        │  │       └ニニキネ(斎名キヨヒト)
        └─ハナコ


■アメミチ姫 (あめみちひめ)
カグヤマが アマテルの娘のタキコを娶って生んだ姫です。 ▶タキコ
アスカ皇君(=テルヒコ)の后の一人として召されます。
先代旧事本紀に 天道日女命 と記されます。

      ┌カグツミ─カグヤマ
      │       │
      │  ハヤコ  ├───┬タクリ(カゴヤマ)タクラマロ
      │   ├──タキコ  │           │
      │ アマテル      └アメミチ姫      ↓(養子)
      │   ├──オシホミミ   ├──────タクラマロ
 サクラウチ┴──ホノコ   ├──クシタマホノアカリ
               ├ニニキネ │  │
         タカキネ─チチ姫    │  │
                     │  │
         スガタ───────スガタ姫 │
                        │
         トヨマド──────────ハセ姫


 櫛玉比賣命神社 (くしたまひめのみことじんじゃ)
 愛媛県松山市高田702。 
 現在の祭神:天道姫命、配祀 御炊屋姫命
 ・天道姫命は櫛玉饒速日尊の妃。
 ・御炊屋姫命は櫛玉饒速日尊が大和へ入ってからの妻。

 青衾神社 (あおぶすまじんじゃ)
 尾張国愛智郡。愛知県名古屋市熱田区白鳥 2-6-1。(熱田神宮境外摂社)
 現在の祭神:天道日女命
 ・高倉下命の母である天道日女命を祀る。


■ゑゑなす (▽合和す)
ヱユ+ナス(▽和す) の同義語連結で、ヱユは アユ(肖ゆ)・アフ(合ふ)・ユフ(結ふ) などの変態。
ですから 「結い合わす・和合する」 などが原義です。主に 「男女を結い合わす」 ことをいうようです。

 いいなづく(言ひ名付く)、ゆひなふ(結ひ和ふ) の同義語で、
 その名詞形が いいなづけ(許嫁)ゆひなづけ(許嫁)ゆいのう(結納) などです。


■タクリ
カグヤマの子で、アメミチ姫の兄です。別名がカゴヤマです。
先代旧事本紀には 手栗彦 と記されます。


■タクラマロ
タクリ(=カゴヤマ)の子ですが、テルヒコ&アメミチ姫夫婦の養子に入ります。
タクラマロは幼名で、後の名は タカクラシタ(高倉下) です。 ▶幼名

 今日では タクリ(=カゴヤマ)と タクラマロ(=タカクラシタ)は 混同されています。
 タクリ・タクラ・タカクラ は地名で、“カミクラ(上座・神倉)” の換言と考えています。

  神倉神社 (かみくらじんじゃ)
  和歌山県新宮市神倉1-13-8。 
  現在の祭神:高倉下命
  ・神倉山は熊野権現の降臨地とされる。
  ・神倉神社は熊野速玉大社奥院といわれ、熊野根本神蔵権現とも称された。
  <筆者考> 二尊が紀州に来て建てた都の跡と考えます。


■猶子 (なおこ)
ナオ(尚・猶)+コ(子) で、今に言う 猶子(ゆうし) です。


ハセ姫 (はせひめ)
この時点でのアスカ皇君(=テルヒコ)の御后で、スガタ姫に次ぐ2人目です。

 

【概意】
<アスカ皇君は> さきに御子がなく、
カグヤマの娘のアメミチ姫を結い合せて、
その兄タクリの子の タクラマロを猶子となすも、
御后のハセ姫は “臣の娘と孫ではないか” と憎み追放させる。
君はそのことにまた怒り、ハセ姫を追放したのであった。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
 かくやまをきみ ははとめし こはめせとこす
 ふとたまの まこみかしやお つまとして うましまちうむ
 なかすねは おものとみなり

―――――――――――――――――――――――――――――
 カグヤマ皇君 母と召し 子は召せど来ず
 フトタマの 孫ミカシヤを 妻として ウマシマチ生む
 ナガスネは 主の臣なり

―――――――――――――――――――――――――――――

■カグヤマ皇君 (かぐやまをきみ)
アスカ皇君の別称ですが、この場合はクニテル(=ニギハヤヒ)を指します。
ここでは テルヒコを “アスカの宮” と呼んでいるので、それと区別するためです。

 テルヒコがアスカの地に香久山を造った時、アスカ宮は カグヤマ宮とも
 呼ばれるようになりましたが、それに準じて、アスカ皇君という称号にも
 カグヤマ皇君 の別称が添えられました。


フトタマ
アマテルによりテルヒコの 左の臣(=祀りの臣) に任じられています。

 孫テルヒコの 羽の臣 フトタマはよよ 祀り執れ またカグヤマは モノヌシよ〈ホ23-8〉


 トヨケ┬ヤソキネ─タカキネ─┬オモイカネ
    │          ├フトタマ
    └イサナミ      ├クシタマ
               ├ヨロマロ
               ├アヒミタマ
               ├イクタマ
               ├アヨミタマ
               ├タクハタチチ姫 (オシホミミ内宮)
               └ミホツ姫 (クシヒコ妻)

 
■ミカシヤ・ミカシヤ姫 (みかしやひめ) ■ウマシマチ
ミカシヤ姫はフトタマの孫で、ナガスネヒコの妹です。
ニギハヤヒの后となり、ウマシマチを生みます。
他文献は 三炊屋媛/御炊屋姫、また 宇摩志麻遲命/可美眞手命/宇摩志麻治命 などと記します。


 ニニキネ─ホノアカリ┐
           ├┬─────クニテル(ニギハヤヒ)
 コモリ──タマネ姫─┘└タケテル   │
                    ├ウマシマチ
 タカキネ─フトタマ─??┬ナガスネヒコ │
            └─────ミカシヤ姫


 石切劔箭神社 (いしきりつるぎやじんじゃ)
 河内国高安郡。大阪府東大阪市東石切町 1-1-1。 
 現在の祭神:饒速日命、可美真手命
 石切登美霊社:三炊屋媛

 
■ナガスネ・ナガスネヒコ
フトタマの孫で、ミカシヤ姫の兄です。
記紀には 長髄彦/登美能那賀須泥毘古 などと記されます。

 ナカ(中・長)+スネ(▽髄)+ヒコ(彦) で、スネは サネ(核・実)の変態。
 ですから 「中核・主要」 を意味します。


■主の臣・重の臣 (おものとみ)
「主要の臣・重臣」 という意で、ナガスネヒコ(中髄彦・長髄彦)の換言です。

 

【概意】
カグヤマ皇君(=ニギハヤヒ・斎名クニテル)は
アメミチ姫を母として召し戻すが、子(=タクラマロ)は召しても来ず。
フトタマの孫のミカシヤ姫を妻としてウマシマチを生む。
ナガスネは主要の臣である。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨