⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第95回 [2023.12.16]

第十七巻 神鏡ヤタの名の文 (8)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 かんかがみやたのなのあや (その8)
 神鏡ヤタの名の文 https://gejirin.com/hotuma17.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 われみるに ひとのみやひは なさけゑた あめよりさつく
 たまとしゐ むすふゐのちの たまなかこ うむちはきもそ

―――――――――――――――――――――――――――――
 我見るに 人のミヤビは 情枝 陽陰より授く
 魂と魄 結ぶ命の 霊・中子 潤む霊は肝ぞ

―――――――――――――――――――――――――――――

ミヤビ
これについて今からアマテルが語りますが、「肉体と心を結ぶネット」 として説明しています。


■情枝 (なさけゑだ)
「情を伝える枝」 という意です。
“枝” は ここでは 「枝分かれ・網・ネット」 を意味します。
ですから 「感情伝達ネット・人のインナーネット」 とでもいうべきでしょうか。


■陽陰より授く魂と魄 (あめよりさづくたまとしゐ)
アメ(陽陰)は ここでは特に 「日と月」 をいいます。
“魂” は日を起源とする陽霊 (=日の神霊)、“魄” は月を起源とする陰霊 (=月神霊)
という意味です。 ▶魂と魄


■結ぶ命の霊・中子 (むすぶゐのちのたまなかご)
魂と魄が 「結んで生む、命そのものである霊(=中子)」 という意で、
「魂と魄の結合が人の生命と心情を生ずる」 ことをいいます。

 “結ぶ” は 「魂と魄が結んで(結合して) 結ぶ(生む) 命」 と、2重に使われています。
 “霊” と “中子” はどちらも 「心」 の換言です。

 陽陰 日月 魂魄 =  中子


■潤む霊は肝ぞ (うむちはきもぞ)
チ(霊)は タマ(霊)の換言で、「霊(=心・中子)を養生するのは肉体の臓器ぞ」 という意です。
臓器が 霊(=中子・心) を養生する理由は後に説明されます。

 ウム(▽潤む・熟む) は 「高める・勢いづける・潤す・養生する」 などの意。
 キモ(肝)は 「重要な所」 を意味し、この場合は 「主要臓器」 をいいます。
 特に 「肝臓」 を指す場合もありますが、ここでは違います。

 

【概意】
我が見るに、人のミヤビは “情を伝えるネット” である。
陽陰(日月)より授かる魂と魄が結合して生むのが、命そのものである “霊”、
すなわち中子であるが、それを養生するのは体の臓器なのである。



――――――――――――――――――――――――――――――
 しゐのねは むらとこころは ふくしゆふ よくらよこしや
 ねのむくら わたるみやひか ものおしる

――――――――――――――――――――――――――――――
 魄の根は ムラト・ココロバ フクシ・ユフ ヨクラ・ヨコシや
 根の六臓 渡るミヤビが ものを知る

――――――――――――――――――――――――――――――

■魄の根 (しゐのね)
「肉体の根源・身体の根本」 という意です。
これは 「人体の主要臓器」 をいい、上記のキモ(肝)と同じです。

 ★魄 (しゐ・しい)
 シモ(下)・スヱ(末)・スイ(垂) などの変態で、「下」 が原義です。
 これは天地創造の際、重くて下に降っていった 「陰」 を起源とし、
 “魂魄” と言う場合の “魄” は 降っていった 「陰の霊」 を意味します。
 陰の霊は さらに下ると、自分の重力で凝り固まって物質化しますが、
 ここに言う “魄” は 「陰霊の凝固」 のことで、「肉体」 を意味します。


ムラト (腎)
「腎臓」 の古名です。“むら”  “あふみ” とも呼ばれます。

・七月 臓・腎(くら・むら) 八月 腑 〈ホ14-4〉
・七月 血を煮て 五色埴 これ臓腑と 腎(あふみ) 成す 〈ホ16-3〉


■ココロバ (心派)
これは 「心臓」 をいうのでしょう。“心派” は 「中心からの枝分かれ」 が原義ですが、
心臓から分岐する血管の姿をイメージすれば、まさにそれであるように思います。


■フクシ
「肺」 をいうようです。辞書には “フクフクシ” とあります。


■ユフ
今日この名は残っていないようですが、消去法で考えると 「肝臓」 です。
これを キモ(肝) という場合もあります。


■ヨクラ
これも名は残っていませんが、消去法で考えると 「すい臓」 です。

 ★参考 『Wikipedia “脾臓” より抜粋』
 東洋医学でいう五臓(肝・心・脾・肺・腎)の一つである 「脾」 は
 「脾臓」 とは異なっている。五臓の 「脾」 は主に消化吸収などを担って
 おり、解剖学的に対応する臓器はむしろ 膵臓(すいぞう) である。
 これは脾臓と膵臓を別の臓とは考えず、ひとつの臓(脾臓+膵臓=脾)と
 考えられていたのではないかという説もあるが、正確な理由は現在も
 わかっていない。


ヨコシ (脾)
「脾臓」 の古名です。


■根の六臓 (ねのむくら)
“根” は 「魄の根」 ということです。
“六臓” は 上記の 「ムラト・ココロバ・フクシ・ユフ・ヨクラ・ヨコシ」 です。
心派の六端人の六根六宗 とも呼ばれます。

 なお “六臓” は場合によって、五臓(ゐくら)、五腑(ゐわた)、六腑(むわた) とも呼ばれます。


■渡るミヤビ (わたるみやび)
「中子/心から六臓へ渡るミヤビ」 という意です。


 したがっておおまかに言えば、ミヤビとは 「心と臓器を連絡する通信線」 であり、
 さきの “情枝” であるという説明と合わせて考えれば、
 「心と肉体を結んで情を伝達する通信ネット」 ということになります。

 ここで注意が必要なのは、“人の中子も人ふたり”、すなわち 中子/心の2重構造 です。
 これは 「人の心・人情」 が 「神の心・神性」 をすっぽりと覆っているさまをいいます。
 人の心は 魂と魄を 霊の緒 で結ぶことにより生じますが、問題なのは、人の心と神の心は
 接続が無いということです。つまり 神の心からは人の心が見えるのですが、人の心は
 神の心の存在すら知らず、通信不能です。そこでミヤビの出番です。
 ミヤビは六臓と人の心を結び、さらに人の心を突き抜けて神の心まで通じているため、
 ミヤビを介して 肉体・人の心・神の心 の3つが連絡します。
 (それでも 人の心と神の心の直接通信は不可)。

 

【概意】
魄(=肉体)の根は ムラト(腎臓)、ココロバ(心臓)、フクシ(肺)、
ユフ(肝臓)、ヨクラ(膵臓)、ヨコシ(脾臓)である。
中子から根の六臓へと渡るミヤビがものを知るのである。



―――――――――――――――――――――――――――――
 なさけなかこに かよえると たとえはくせと まいなひて
 さかゐまさんお とみもほし とりひきまして よろこへは
 へりにくむたみ またつよく ねかえはいかる とものおみ
 せまるおゑらみ わけかえす めくみよろこふ まけにくむ

―――――――――――――――――――――――――――――
 情 中子に 通えると 例えば曲人 賄ひて
 栄い増さんを 臣も欲し 取引増して 喜べば
 減り憎む民 また強く 願えば 怒る 朋の臣
 迫るを選み 分け還す 恵み喜ぶ 負け憎む

―――――――――――――――――――――――――――――

■曲人 (くせど)
「曲った人・それた人・ずれた人」 の意で、ハルナの言う “スリ”  “サソ” の同義語です。
この場合は 「政府御用達の悪徳商人」 をいうようです。


賄ふ (まいなふ)

■迫る (せまる)
ここでは 「近づく・寄り付く・仲間になる/する」 などの意です。


■分け還す(わけかえす)
「分け前を回す」 という意です。


■恵み喜ぶ負け憎む (めぐみよろこびまけにくむ)
「初めは収賄の利を喜び、後には同僚に削り取られた損を憎む」 という意です。

 

【概意】
感情がミヤビによって中子(=神の心)に伝えられると、 …
例えば曲者の商人が贈賄して栄えを増やそうとする。
役人もそれを欲して合意し、取引が増えて喜んでいると、
それによる取引の減少を嫌う他の商人が 再度強く願い出て、
同僚の役人が不正に気づき怒る。
仲間にして口を封じようと、分け前を回す。
初めは収賄の利を喜び、後には同僚に削り取られた損を憎む。


 この喩え話で何を言おうとしているのか、非常に判りづらいのですが、
 結局 「“利” を欲する人の心に対して、神の心は “損” の思いを返す」
 ということではないかと思います。つまり 人の心がある方向に傾く/曲ると、
 神の心は反対方向に作用して、その傾き/曲りを修正するということです。

 これが 己が鋭き 逆り欺く 報ひあり〈ホ17-7〉 の意味であり、
 また みな翻る この鏡 何のためぞやホ17-3〉 の答えです。
 すなわちこれが “マス鏡”  “裏鏡” の原理なのです。

 今日的には、神の心は 「良心」、その反作用は 「呵責」 と考えていいかと思います。
 この喩えでは、他の商人が再び強く願い出た時、おそらく良心の呵責により
 肉体 (言葉や表情) に異変が表れたのでしょう。それを見た同僚役人が不正を嗅ぎ付け、
 それに分け前を回す羽目となり、結局は利が損へと転じます。



―――――――――――――――――――――――――――――
 きみめすおそれ たたされて かるるかなしさ
 もろこえと きみのいかりに またゆりす 
 かなしきのちの いさおしと もろかもらえは ゆるさるる
 おそれはまとひ あらためて まめなることし

―――――――――――――――――――――――――――――
 君召す 怖れ 正されて 枯るる悲しさ
 諸乞えど 君の怒りに まだ許りず
 悲しき “後の 功” と 諸が守らえば 許さるる
 怖れば惑ひ 改めて 忠なる如し

―――――――――――――――――――――――――――――

君 (きみ)
この場合は 「収賄した役人の上司・責任者」 をいいます。


諸 (もろ)
「収賄した役人の同僚の役人たち」 をいうものと思います。


■後の功 (のちのいさおし)
「一度は罪を犯したけれども、長〜い目で見て将来の忠功に期待して下さい」
というような意で、多く 第三者が犯人の罪の減免を請う時に用います。


■守らふ (もらふ)
モル(守る)+アフ(合ふ) の短縮で、「守り合う・世話し合う・見張り合う」 などの意です。
ここでは 「諸が連帯して保証する」 という意味です。


■惑ひ (まどひ)
マドフ(惑ふ)の名詞形で、「曲り・それ・外れ・狂い」 などの意です。

 ★惑ふ (まどふ)
 マツ(▽曲つ)+トフ(▽外ふ・▽遠ふ) の同義語短縮で、
 「曲る・それる・ずれる・外れる・狂う」 などの意です。


忠 (まめ)

 

【概意】
ある時 上司に呼び出されると、
「バレたか」 という恐怖に正され、自供して枯れる悲しさ。
同僚たちは赦免を願うも、上司の怒りにすぐには許されない。
悲しき “後の功” と、皆が連帯で保証してようやく許される。
恐れれば、曲りを改めてまっすぐになるようである。


 この喩えでは、不正を働くと 神の心の反作用 (良心の呵責) によって、
 恐怖の思いが付きまとい、常にビクビクしていることを言ってます。
 その状況から逃れたいという思いは、何らかの機会を得ると 正直に
 自供することを促します。さきの盗人の例と同じパターンです。

 己が胸 騒ぎあるより 言 震え 見目に表れ
 その主は 故に問ひ詰め 九々さとし また心問えば つい語る 〈ホ17-6〉



―――――――――――――――――――――――――――――
 まとえるも みやひなかこに つけおけは ひとうつときは
 いたみしる そしれはうらみ うつわもの ぬすまはおしむ
 そこなはは しむのいたみも しるなかこ

―――――――――――――――――――――――――――――
 惑えるも ミヤビ 中子に 告げおけば 人打つ時は
 痛み知る 誹れば恨み 器物 盗まば惜しむ
 損なわば シムの痛みも 知る中子

―――――――――――――――――――――――――――――

■惑える (まどえる)
マドフ(惑ふ)の 「終止形+える」 の形の連体形です。


■損なふ (そこなふ)
「身体を害す・健康を損なう」 という意味です。


器物 (うつわもの・うつはもの)

■シムの痛み (しむのいたみ)
シム(▽親)は 「近しい人・親族・身内・家族」 などを意味します。
ですから 「親族の痛手・家族の心痛」 などの意です。

 

【概意】
人の心が曲り外れても、ミヤビはそれを中子に伝えているため、
〈神の心の 修正機能/良心の呵責 が働いて〉
他人を打てば 打たれた人の痛みを知り、〈以後打てなくなる〉
他人を誹れば 謗られた人が抱く恨みを知り、〈以後謗れなくなる〉
器物を盗めば〈盗まれた人の口惜しさを知り〉物を惜しむようになる。
健康を損なえば、その家族の痛みまでも承知している神の心である。



―――――――――――――――――――――――――――――
 こころはあしき わさなせは みやひなかこに つくあわれ
 ひとかひとうつ ころすおも みれはのそかん おもひあり
 ころふもおこす あわれゑた

―――――――――――――――――――――――――――――
 心派悪しき 業なせば ミヤビ 中子に 告ぐあわれ
 人が人打つ 殺すをも 見れば除かん 思ひあり
 転ぶも起す あわれ枝

―――――――――――――――――――――――――――――

■心派悪しき業 (こころばあしきわざ)
「気分の晴れない所業・後味の悪い行い」 をいいます。

 “心派” は 「中心からの枝分かれ」 が原義で、この場合は
 「心から分れ出るもの/湧き出るもの」、つまり 「人情・感情」 を意味します。
 心情・感情は 神の心からではなく、「人の心から発するもの」 であることに
 注意が必要です。


■あわれ枝 (あわれゑだ)
アワレは 「心に感じ入るもの/さま」 を表し、この場合は “心派” (人情・感情) の換言です。
したがって “あわれ枝” は “情枝” と同じです。

 ★あわれ (哀れ)
 まだ思案中ですが、アフ(合ふ)+ハル(貼る) の短縮 “あわる” の名詞形で、
 「いたわるさま・いとおしむさま・いたましく思うさま」 を意味すると考えています。


■転ぶも起す (ころぶもおこす)
「(人の心が) 転んでも起こす」 という意です。

 

【概意】
気持ちの晴れない行いをすれば、ミヤビは中子にその感情を伝える。
〈すると神の心の修正機能/良心の呵責 が働いて〉
人が人を打ち、殺そうとするのも、見れば防ごうとする思いさえ湧くのである。
転んでも起こす情枝。〈それがミヤビである〉


  
―――――――――――――――――――――――――――――
 ましてわかみは みやひより むねにとほれは あやしなく
 みおをさむれと こころはは おこりおきけは ほしにしむ

―――――――――――――――――――――――――――――
 まして我が身は ミヤビより 宗に通れば 怪しなく
 身を治むれど 心派は 奢りを聞けば 欲に染む

―――――――――――――――――――――――――――――

■宗 (むね)
ムネ(宗・胸・旨・棟)は 「中心・核心・頂」 を表し、
この場合は 「神の心・神性」 の換言です。


■我が身はミヤビより宗に通る (わがみはみやびよりむねにとほる)
「アマテルのシステムは ミヤビから直接 中子(神の心) に通じる」 という意です。 ▶身


■怪し (あやし:名詞)
アユ(肖ゆ)+ヤス(▽和す) の短縮 “アヤス” の名詞形で、
「まじり・紛れ・混交」 などを意味します。
”怪しなく” は 「紛れもなく・間違いなく・誤りなく」 などの意です。


■心派 (こころば)
「人の心・人情・感情」 をいいます。
人の心は タマノヲ(霊の緒)を介した 魂と魄の結合が生じさせているため、
“心派” はタマノヲの別名でもあります。


 トヨケの2度目の過去生が その人生を終えて天上界に還った時、
 人間にタマノヲを付けることになります。

  二世 ムスビの 百万寿 逝きて霊の緒 なすを聞く 〈ホ13-4〉

 これにより ウビチニ&スヒヂ以降の人間は、魂と魄をタマノヲを介して結ぶことになり、
 その結果として、魂と魄はつながってはいるものの、融合一体化しなくなりました。
 これにより人には男女の区別が生じ、また 「人の心・人情・感情」 というものが生れます。

 アマテルの場合はおそらく例外的に、タマノヲを介した魂魄結合ではなく、
 かつてのクニトコタチと同様、魂魄が融合一体化していたと考えられます。
 これが “我が身はミヤビより宗に通れば” の意味で、そうするとアマテルは
 普通の人間が持つような 「人の心・人情・感情」 を持たないということになります。

 

【概意】
まして我が身はミヤビより中子に直に通じるため、誤りなく身を治めるが、
人の心は 他人が奢るさまを見聞きすれば 欲に染まる。



―――――――――――――――――――――――――――――
 あちもいろめも よこしまに しゐにあやかり みおからす
 ほしもそそけは あちなおり いせのみちなる

―――――――――――――――――――――――――――――
 味も色目も よこしまに 魄に肖り 身を枯らす
 欲も濯げば 味直り 妹背の道 生る

―――――――――――――――――――――――――――――

■味 (あぢ) ■色目 (いろめ)
上にいう “欲” の代表的なものとして、「食欲」 と 「色欲・性欲」 をあげています。


よこしま (邪・▽汚染・▽横様)

魄 (しゐ)

肖る (あやかる)

濯ぐ (そそぐ)


■味 (あぢ)
アヂ(味)は「本質・精髄・エッセンス・スピリット」などが原義です。


妹背の道 (いせのみち)
この場合は 「調和の道・中庸の道」 の意です。

 

【概意】
食欲も色欲もよこしまに体に交わり、人のシステムを損ねる。
しかし欲も 濯げばその本質が直くなり、調和の道が備わる。



―――――――――――――――――――――――――――――
 いさむとも ぬすむこころは みやひより ゐくらにつけて
 やすからす みめにことはに せくくまり ぬきあしこたふ
 はにこころ よろますしれと みやひから

―――――――――――――――――――――――――――――
 勇むとも 盗む心派 ミヤビより 五臓に告げて
 安からず 見目に言葉に せくぐまり ぬき足 応ふ
 埴 心 万・十万知れど ミヤビから

―――――――――――――――――――――――――――――

■勇むとも (いさむとも)
これは 「たとえ勇んで良心の呵責には打ち勝っても」 という意です。


■五臓 (ゐくら)
ここでは肉体の根本である 「根の六臓」 と同じです。


せくぐまる

ぬき足 (ぬきあし)

■万・十万 (よろます)
ヨロ(万)は 「10,000」、マス(枡・升)は 「100,000」 を表す数詞です。

 

【概意】
たとえ勇んで良心の呵責には打ち勝っても、盗む心情〈に対する中子の反作用が〉
ミヤビから五臓に伝えられるため、身体が楽でない。
それが外見にも言葉にも表れ、縮こまってぬき足で歩くという反応となる。
埴神は 1万・10万の人心を掌握するわけであるが、結局それは人のミヤビから。


 盗もうとする心に対して、中子(=神の心)の修正作用が働き、それをミヤビが
 根の六臓(=五臓)に伝えると、人の心には良心の呵責が起きます。
 ここで心を改めれば問題は解決なのですが、欲望が呵責に打ち勝って
 さらに盗みを続けると、今度は根の六臓が衰弱して身体に障害を起すというわけです。
 これが 2度の盗みでせくぐまってぬき足となり、3度目には身体を損なう理由です。

 ・隠し盗むも 身に添ふる 風より陽陰に 告ぐるなり
  二の盗みは 
せくぐまり ぬき足なすも 〈ホ17-6〉
 ・三度 損なふ 己が胸 騒ぎあるより 
言 震え 見目に表れ
  ・・・ ・・・ 心問えば 
つい語る 〈ホ17-6〉



―――――――――――――――――――――――――――――
 ときすきてなる はたれとも それこころみに わさおなせ
 われはやのそく みやひあり これまつかやの にへなるそ
 みやひなけれは みもかるる かれていろほし なんのためそや

―――――――――――――――――――――――――――――
 鋭き過ぎて生る ハタレども それ試みに 技をなせ
 我 早や除く ミヤビあり これ松・榧の 膠なるぞ
 ミヤビなければ 身も枯るる 枯れて色欲 何のためぞや

―――――――――――――――――――――――――――――

鋭き (とき)

■技 (わざ)
むかし六ハタレが使った 「幻術・トリック」 をいうのではないかと思います。

・ハタレシムミチ なす技に 山川あぶれ 大蛇が 炎を吐きて 驚かす〈ホ8-3〉
・諸に授けて 呪えば ハタレのモノの 技 成らず 〈ホ8-3〉


■膠 (にべ)
ニフ(▽和ふ)の名詞形で、「合わせ・付き・接着」 などを原義とし、
「べたべたするもの・糊・接着剤」 を意味します。“膠” は筆者の宛字です。
この場合は 「松や榧のヤニ(樹液)」 をいいます。

 木に外傷があるとそこから樹液が分泌され、有害虫の侵入を防ぐ効果を
 発揮するのですが、この木の免疫システムを人のミヤビに喩えています。

 人の場合は、曲った心を改めずにいると、ミヤビによって中子の反作用が
 主要臓器に伝達されて身体に障害を引き起こし、その難儀・苦痛が人の心に
 反省・自白を促すというしくみです。

 

【概意】
鋭利さが過ぎて生れるハタレどもよ。それ試みに術をかけてみよ。
我には素早くそれを除くミヤビがある。これは松・榧のヤニと同じぞ。
ミヤビがなければ身も枯れる。枯れて色欲 何のためぞや。

 

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨