ヲ  wo

  

【陽・男・日】「うゆ(上ゆ・大ゆ)」の名詞化「うを(上・大・央・敬)」の短縮。=
 正の方向に離れるさま。 うをせ(空火風)陽霊日霊明り

『ゐとしふゆ ははかまきる めはかつき』ホ1
『いにしえの あめつちうひの きはなきに きさしわかるる あうのめをホ2
はあめとなり ひのわなる めはくにとなり つきとなる』ホ2
『まさかきの うゑつきゐもに みつるころ よつきのをかみホ2
『このひなかたの はかむり うおそてはかま めはこそて うはかつきなり』ホ2
『かれはとのそ めはまえと やもつつきまて』ホ2
ひひめみをうむとののあや』ホ3
『やとれはあたる ちちのをゑ をのこはははの くまとなる』ホ3
『ことあけに めはひたりより はみきに わかれめくりて』ホ3
めはあなにえや ゑをとこと はわなうれし ゑおとめと』ホ3
『とつきとは めのにわなふり をゆれなく とりなきさる』ホ3
はひたり めはみきめくり あひうたふ あめのあわうた』ホ3
『ことさかのをか みちきけは とこみきはまつ めかのみて のちにすすむ』ホ4
『とこいりの めはことあけす のよそい めかしりとつく』ホ4
『かれうひるきの みことなり きねはめをとの のきみそ』ホ4
『めはのらす ふたをやふたつ にうけて こおうむゆえに』ホ4
『さきにたらちを はなきねは ねのくにさほこ しらすへし』ホ6
『いきおひは あめにのほりて おかゑす あひわかみやに ととまりて』ホ6
『つくしにやれは つくみおれ たなきねはとる はちちに めはははにつく』ホ7
『ましわりさると すかさあを やゑはゐもとむ したたみの さすらやらひき』ホ7
さすらをは みことおうけて ねにゆかん あねにまみゆる しはしとて』ホ7
『ねにいたるのち こおうまん めならはけかれ はきよく これちかひなり』ホ7
はちちにゑて はおいたけ めはははにゑて あとゐねよ』ホ7
『くはちとたかふ くはきうの をのほおいとふ』ホ8
『くはきうの をのほおいとふ はしかみの をかめかふすへ ひしかんと』ホ8
『つきはかつらき ひことぬし つきはすせりめ ゐみめそ』ホ9
にみつありて もゆるほの なかのくらきは ほのみつよ』ホ13
はおもてわさ つとむへし めはうちをさめ きぬつつり』ホ13
『またとわく ひはにかえり みつはめに ひとはひとみに かえらんか』ホ13
はきよく かろくめくりて あまとなり めはなかにこり くにとなる』ホ14
のうつほ かせうむかせも ほおうみて はみつとなり めはふたつ』ホ14
はさきに めおつつむゆえ せはめられ ついにほすゑの はせいてて』ホ14
『みとりしちなる のはしめ これをのこうむ あくりなり』ホ14
『めははやく はつつまれて しちならす たましまかとに いゑりなす』ホ14
『ひといきか めをとわかれて はあめに めはつちとなる』ホ15
のうつほ かせうみかせも ほとわかれ うをせのむねは ひのわなる』ホ15
『あめとふるなり さむかせに ゆきとこほれと にとける』ホ15
まつのほりて あめとなり めはのちくたり くにとろの』ホ16
のうつほ かせとうこきて ほとはける をせのむなもと ひとまろめ』ホ16
『をせのむなもと ひとまろめ あちかくめくり にくはる』ホ16
ははにむかひ とつくとき かりのししなみ ほねあふら』ホ16
のいきす よろみちむやそ めのいきす よろみちもやむ』ホ16
まつめくりて めおつつむ めかせはまりて はゑいつる』ホ16
『はゑいつる はなくきはしち のはしめ をのこうむなり』ホ16
『のちうくるひの ましわりは めまつめくりて おつつむ はしちならす』ホ16
『おひはゐわみの かためなり はしたあわせ めはうえそ』ホ16
『かれもろはねお よりたたし つるおたてに めおよこに』ホ16
『かはねおとえは はこもり めはかつてひこ たまふなは』ホ31
『すへらきのみこ はゐそゐ めはふそむすへ やそひなり』ホ38
『みやつひめまた のちのつま たけたとさえき ふたりうむ そよひめあり』ホ40
『めはたはらに あたらしと すつおかなさき おもえらく』ミ1
ひめみをのあや』ミ3
『あわうひの あわはきよくて むねをかみ うひはにこりて みなめかみ』ミ6
はかろきよく あめとなり めはおもりこる くにのたま』ミ6
『ゑにゆつるきり ひおまねき ふゆひかえす』
ミ6
『こほしまつりて をめくりに くろまめゐひの ちからそふ』ミ7
『めのなめは うめのいもみつ うつきより うをおまねきて なつおつく』ミ7
『かみなつき うめしりそけて しくれなす ややそこにみち おつくす』ミ7
『かたちはゑみつ のはしら』ミ9
『めはつねにすむ みつのかみ うつきはうめの おまねく』ミ9
『かはにしそらの をあけかみ はつきなかより みめのとく』ミ9
『みはきさにすむ そのめふり をかみしりそく はつしくれ』ミ9
『こころさためて ふぬむえけ もとをのこえお わけしれは』ミ10
『あそのよの なるかんをかも すみめかも わけやかえらん たのしきわなり』フあその
のねせは めのまつりこと おきふしも わかぬまよひの はねせにけり』フをねせ

【陽・表・面・主】同上。 おもて。 =まえ(前)むね(棟・胸)さき(先)そと(外)

をのなわの ゆうはさるたの つつまやか とりゐにほとお かくるかさなわ』フをなわ

【御・大・熟・上・兄・老・敬・斎】同上。 正の方向に離れるさま。

『たまつのをしか あちひこお みれはこかるる わかひめの わかのうたよみ』ホ1
『のほるほつまの をはしりの さかにゆきあふ をしかとは』
ホ11
『みうちにはへり みちおきく もろよろたみも をしらすに むれきくときに』ホ14
『あめのかたちは いわをやま ひつきもくにも はらこもり とはやゑにきて』ホ14
をはしりは むまやをさめそ きみとみと こころひとつに つかさとれ』ホ191
『ときにきみ をこぬしかみと なおたまふ はしらなもこれ』ホ21
『うつろゐの をまさきみとそ としのりに やしろたまわる』ホ21
『みかりのをとも こふゆえに むらくもめして みことのり』ホ24
『あやにしるして をてつから ふみおみまこに さつけます』ホ24
『すへらをみこは をにふより みつほにみゆき まみゑすむ』ホ27
『かしはてによる うさこひめ たねこかつまと ちちにとひ つくしのをしと』ホ29
『ひそかにし このたひたまふ をしもめは このゆりひめそ』ホ31
『くにまつり みけなへもふす をもちきみ ともにたすけよ』ホ31
『としはたち あすおしきねお をきみとし かすかおたまふ』ホ31
をとみかしまと たたねこと たまかえしのり まつらしむ かれにあかるき』ホ33
『かねてねかえは このたひは よしこおうちの をみことし』ホ36
『ゆくすくみちに いふきかみ をおろちなして よこたわる』ホ40
をやまとの みちはすなおに いつわらて ひとのことのは にゑにゆくなり』フをやま
をのきにの いさおしおとに あるなれは ゐゑもさかいも さにそきにける』フをきに
によろの こころはうちの さこくしろ うつひとはかみ かみはひとなり』フをよろ

【央・奥・治・長・主・王・太】同上。 中心・中軸・核。肝・心・要。 治者。長。

はきみの くにをさむれは きつをさね よもとなかなり』ホ1
『そさくににうむ そさのをは つねにおたけひ なきいさち くにたみくしく』ホ3
ここにをさめて うむみこは いむなしつひこ たちからをかな』ホ6
『あめつちも うちともきよく なるときに をうちにはへる とみたみも』
ホ17
『こえのは こわにおさまる のをして』
ホ18
『きのこかとこれ きつさね はうちおもる』ホ21
『これやゑかきは もののへの ななりとおのか をにこたゆ
ホ23
『てれはすへらの よよのかき おのかなりと ちかいなす』ホ23
『ををんかみ はらのをきみと なおたまふ にはりのたみか ことしたふ』ホ24
たまのをも あわとわかれて そとはあに なかはわとなる おしてより』
ミ10
『いのきにの きつさにとみの あらそひも つさはやめて きにやにくらん』フいきに
のこけは みちにさまよう みのすみか わさもやまいも こけやたすらん』フをこけ
のおれは くもるかかみも あからさま おれすはねすみ なこやかむらん』フをおれ
につるの まつりははなの かにのこり やむまつしさも にやつくらん』フをつる
をのゐさの みちすみやかに ゐさむるは あくたのちから ゐさはやのかみ』フをゐさ

【央・皇・公】同上。 和つ君。中央政府。

をにふにいたり みこいたき みめみてなてて はははいま』ホ26
をてれせゑつる たたことの うたにみちひき うむくにの またくとほれは』
ミ10
をのちりの たみはひおけす あらそひの おとかみたれは をもやちるらん』フをちり
ぬうなる みははもすそも ほころひす つうしよこへの いともかしこし』フをぬう
をのゆんの まつりやにわに おそるれと うまよりことの たみおひくなり』フをゆん

【秀・峰・穂・尾】同上。 頂き。棟。畝。尾根。

『よめちゆくねの をにおさむ ゑなかたけなる しなのくに』ホ28
『つましなぬしら このみゑな そのにおさめ まもるへし』ホ28
よしのをのゑの ゐひかりも いわわけかみも いてむかふ』ホ29
をのそのは やけてあわたの とりえあり みつとりえねは そののもえくさ』フをその

【重】同上。 重さの単位。「をむをふ」などの名詞化。

『みちのくよりは きかねと くまそやももて たてまつる』ホ39
『このゆきおもく ふもあり おいてもとむる』ホ39

【結・緒・治】(1)結び。統べ。治め。(2)何かと結合する端末部。(3)結ぶもの。契約。契り。誓い。

『はやたまのをか わたしても とけぬおもむき ときむすふ ことさかのをそ』ホ2
たまのをととむ みやのなも をとたちはなの あわきみや』
ホ5
『たまかえしせは ひとならん さきにまかるも をおときて ひとにうまるそ』ホ8
『よろものきれと たまかえし みたれをとけは かみとなる ここちかすかと』ホ8
『かはねのみやに かんくらお もふせはをとけ ひとなるそ』ホ13
『たまかえし なせはをとけて みやにいる なさねはなかく くるしむそ』ホ13
ほそのをとなる みはしらの ほとよくおもり めくりかけ』ホ14
『かししはくさく もみたれ とくはあらひみ うるとなも』ホ15
『ついにたねなる おのころの ゑなのへそのを かわくるま』ホ16
『いまややわるる こりたまの をとろそそきて のちのをおおくホ17
『うつろくつわや くにたまお ひとぬきのをと こころゑは』ホ191
『かすかにのれは ふとまにの あこけはしわさ うつをかみホ21
『もしあやまりて ころさるも かたきおとれは をおとくと』ホ23
をのゑなお ねにおさむれは よくまもり わさはひあるも しなかゑて』ホ28
『たみに おととけ あわおつかねて ひつきなす もすそおくめと』ホ28
『またひとなると をおきれ よろのをたうの やまそはこさきホ28
『むかしのひとの をおととむ をとたちはなと なおたまひ』ホ37
『いもせのみちは つらなりて たちわかるれと つりのをは きれはせぬそと』ホ40
『あきかせつけて まをまゆみ ゐとおつむきて たくはたや』ミ9

【放・穂・枝・派・葉】派出。突出。派生。枝分かれ。区分。種。個。

『やもひとくさお いけめくむ かれかつをやき ちきのうち そくはうちみや』ホ36
『このふとまにの よそこをは もともとあけの さこくしろ』フ序

【緒・端・派・辺・方・面】同上。
 (1)端。末端。非主要部。(2)周辺。ほとり。(3)区分。区画。 =は・ほ・へ

『おのつとこゑも あきらかに ゐくらむわたを ねこゑわけ』ホ1
『うえにある われはかんむり ひとくさは みみちかきをそ』ホ28
やをのあらひと いまなれて もろたのしめは かんかえて』ホ34

【穢・汚・衰】負の方向に離れるさま。陰。 =

『ははかをさきに つるきあり ははむらくもの なにしあふ』ホ9
『いまややわるる こりたまの をとろそそきて のちのをおおく』
ホ17
『としのりたまめ やまさかみ をころのかみも はにまつり』ミ8
をのはらは みちもつるきも かけさしと もとめさいわう をはらさしかみ』フをはら
のむくは ほことかかみお あらかしめ むかうあたなく たたにをさまる』フをむく

【尾・下】同上。  後部。終端。おしまい。

『とつきとは めのにわなふり ゆれなく をとりなきさる』ホ3
『みをすえは きぬふたなかれ よたけやた みこみをすえに すかりゆく』ホ40

  

10/09/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】