たち  タチ  tati

  

【(連・類)・達】
近いもの。似ているもの。匹敵するもの。類。連。

『もろかんたちも しかときけ きみはいくよの みをやなり』ホ6
『たとえははへる あおめたち ゐいろのはなそ』ホ16
『たたねこいはふ さをしかと むらしかふとの みこたちお みゆきのそなえ』ホ40

 
たつ(閉つ・綴つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・似る・釣合う・匹敵する」の意。

類語:「ら(等)」「なと(等)」「とも(共)」「つれ(連れ)」「そえ(添え)

 
 

【(治ち・直ち)】
 合わせ。収め。治め。直し。

『このたひは たかみむすひの とみかれお のそくかとての かしまたちホ10

 
たつ(治つ・直つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす。治(収)まる/治(収)める・直る/直す」などの意。

派生語:「かしまたち(曲様治ち)

 
 

【断ち・絶ち】【発ち・起ち・立ち・建ち】
B: 離れる/離すこと。分れる/分けること。放ち。発し。起り。

『いまににきねの さきみたま くにとこたちの わさみたま あらはるいつと』ホ序
『たちはなうゑて うむみこの たかみむすひお もろたたゆ きのとこたちや』ホ2
『いさなみと よもつひらさか ことたちす』ホ5
『ふそひすす ももふそむゑた としさなと やよいついたちホ6
『これとこたちの ことのりと ほらおとさして かくれます』ホ6
『なもみつきつね みそみよろ たまたちせんお かたかこふ』ホ8
『こおうむのちは ちなみたつ なそゐかにたす つつします さらたちたせす』ホ26
『ちちにたつねは うなつきて これたけつみに たまわれは かあひのたちそ』ホ27
『すすむれは きみのなかねの をゑさめて もろもさむれは いくさたちホ29
しらかしの  たちおはらみの みはしらと いのるひみつの きよはらひ』ホ39
『あはれひとまつ ひとにせは きぬきせましお たちはけましお』ホ40

 
たつ(断つ・起つ)」の名詞化。

派生語:「とこたち(常立)」「ことたち(言立ち)」「ついたち(一日)」「たちはな(橘)

 
 

【立ち・経・(奉ち・達ち・十)】
D: 正の方向に離れる/離すさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

『うまれひは かしみけそなえ たちまひや』ホ1
『このたひは たかみむすひの とみかれお のそくかとての かしまたち
ホ10
『きみかみに ひとたひかはり たちまちに たちはたらきて』ホ12
『てれはひめきみ さはらねと いきすひたちと なすおひそ』ホ16
『またさるた むかしさつくる さかほこき うつくしきすす わいきたちホ28

 ●高さ。丈。縦。経。

『めはなより おほねえやたの つつたちは ゐたゐきのりお』ホ192
『あさひめに こかひきぬおる たちぬひの みちをしゆれは やもとほり』
ホ24

  ●おだて。
  ● 10。十。達し。 =そ・と・とお・た

『あるしとふ さくすすはたち のひいかん かれにうせたり これもあめ』ホ28

 
たつ(立つ・達つ)」の名詞化。

派生語:「たちはな(橘)

 
 

【太刀・(断ち・絶ち・盾)】
B: 離すもの。分けるもの。切断する物。遮断する物。垣。たて(盾)
E: 負の方向に離すもの。「低める・端に置く・勢いを奪う・劣らす・縮小する・静める・果てさす」もの

『いかりゆるめて たちおさめ みとのみやひお さとさんと こたえのうたに』ホ10
『そのひとは またたちもたす つゑうたす ひとうちころす ゆえもなし』ホ16
『ゆみやにやふり ちかつけは たちうちはらふ みのかきそ』ホ23
『もとちはたれは たちおちに ひとみにもれと なおいかり』ホ25
『おおすけは やゑかきのたち ささけもち こもりにあたふ』ホ27
『またさるた むかしさつくる さかほこき うつくしきすす わいきたちホ28
『たかくらしたは たちぬかす みなまつろえは みことのり』ホ31
『あにはきたちお ぬきおきて みつあひよへは おともまま』ホ34
『あにまつあかり おとかたち はけはおとろき ゐいりねも』ホ34
『あかりてあにか きたちはく あにたちぬきて きりかくる』ホ34
『ぬかれぬたちに ゐいりねは やみやみふちに きえうせぬ よにうたふうた』ホ34
『やくもたつ いつもたけるか はけるたち つつらさわまき あわれさひなし』ホ34
『いつしこかたな いつしほこ ひかかみくまの ひもろけす いてあさのたちホ35
『うらとえはよし ゆみやたち もろのやしろに をさめしむ』ホ37
『あまのおさかへ ちのへきへ たちはかせへの としなへお あはせたまわる』ホ37
『ひかかみくまの ひもろけす いてあさのたち やつのうち』ホ37
『さきのくれ こたちみつから きたれとも そのあすのひに またうせぬ』ホ37
しらかしの  たちおはらみの みはしらと いのるひみつの きよはらひ』ホ39

 
たつ(断つ・絶つ)」の名詞化。

変態:「たて(盾)」「つち(槌)
類語:「ほこ(矛)」「つるき(剣)

 
 

【館・経】
1.治める所。政庁殿。 則るもの。経(たて)
2.正の方向に離れるもの。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心にある・主導する」こと/もの
  ●中心の高みに在って周りを治めるもの。政庁殿。

ものぬしか たちにおわれは すすきしま おもむろおさめ たけふかみ』ホ28
『なかくすむゆゑ いもとむこ あめのみちねお くにつこと きのたちたまふ』ホ31
『みすすよりひめ かわまため しきくろはやか たちにゆき』ホ31
『みそみとし みわのたたねこ やましろか たちにいたれは さらすとふ』ホ37
『うちまろか たちてまこうむ ゐこころか いむなおこえは』ホ38
『きみそりにめし ゆきいたる さかむのたちに いりませは』ホ39
『はしきやし わきへのかたゆ くもいたちくも』ホ40

 
たつ(治つ・綴つ/立つ・達つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・収(治)まる/ 収(治)める」、また「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心にある・主導する」などの意。

類語:「おなか(央中)」「みや(宮)」「みやつや(見和つ屋)」「にゐみや(和宮)」「たかみや(高宮)」「かんみや(上宮)」「との(殿)」「おおとの(央殿)」「うてな(央殿)」「やかた(館)」「やしろ(社)」「くにかけ(国懸)

 
 

【立ち】(他の動詞の接頭語)
勢いよく。速やかに。急いで。

『ひかしはるかに なみたかく たちのほるひの ひたかみや』ホ4
『うおろちか ほのほおはきて おとろかす かなさきしはし たちかえり
ホ8
『きみかみに ひとたひかはり たちまちに たちはたらきて』
ホ12

 
たつ(立つ)」の連用形。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・速まる・急ぐ」などの意。

  

11/06/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】